栃木県の不思議

2017−10−25

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。







これだけ多くの企業が工場や事業所を栃木県内に持っていて、しかも農業も盛んで、温泉地などの観光業も盛んなのに、人口が約196万人というのは少な過ぎるのではないでしょうか? 労働人口はその2/3(130万人くらい)以下のはずですから。となると、やはり奴隷になっている戸籍のない人たちが大勢いるのではないでしょうか?誘拐されてきた日本人や外国人が大勢いるのでは?そして、その奴隷たちの中には現在も採掘している鉱山の地下工場で働かされている者たちもいるはず。

さすが(決して誉めているのではありませんが)、三河の松平家康になりすまして天下を取った徳川家康(=明智光秀あけちみつひで=アイゼンベルグ、ハトホルの父親というか造り主)が自分を祀った『日光東照宮』のある県だけのことはあります。

『お主、ほ〜んに ワルよの〜!』って感じ〜 (ー” ー)

ここら辺は宇都宮氏という武将が鎌倉時代からずっと支配してきた地域のようですが、何かアイゼンベルグには深い関係のある所なのでしょう。日光が日本一良質な金が採掘される場所だからでしょうか? ん〜、源頼朝はやっぱアイゼンベルグでんな〜!一番おいしい領地を自分のものにしたんざんしょ!

(Q_Q なんてったて欲の塊で守銭奴だし。。。

ちなみに、『徳川の埋蔵金』は徳川幕府を倒した新政府側の公家「岩倉具視」(いわくらともみ=新選組の土方歳三=佐久間象山=石田三成=ジョゼッペ)が手に入れたんだとか。

でも、第二次世界大戦終結直前に日本に原爆を落として優位に立ったハトホル&ジョゼッペが形勢を逆転させて、また徳川埋蔵金を取り戻しているかもね?



■ 大田原市






[ 栃木県水産試験場 ]


天然アユの溯上が日本一多いといっていますが、本当は生物工学を駆使して作られた養殖アユが多いのかもしれません。(ここの『水産試験場の沿革』の表を見ると、アユ人工採苗実験は1941年から始まっていますからね〜)アングロサクソン王族たちは "ダマして何ぼ"(対象は主に人間ですが。下位のサクソン人にもそうかも?) の世界に生きているようですから。






魚に『攻撃』を加えた後に、プロバイオテクノロジー(生物工学)で作ったエサを与えるなどして反応を調べているようです。放射能汚染された魚についても調査しているようです。

ここでの研究員たちは『イルミナティ』(=トップがハトホルで、ハトホルの絶対命令が最下部まで行き届くようになっているスパイ工作や暗殺をする暗黒の秘密組織)の命令で、魚類を人間を攻撃するために利用したり(巨大火龍や巨大マンタや巨大ザリガニとか巨大カメとか。。。)、また、魚類を人間が食べることによって健康被害を被(こうむ)るような研究もしているに違いありません。彼らがその真の目的を知っているかどうかは別として。



■ 日光市




先の冒頭のリンク先A、Bを合せて見ると、日光市の市域は一番広くて、鉱毒事件で有名な「足尾銅山」の他にも、日本国内一純度の高い金を産出していた「西沢金山」もあります。(でも、ここも他の鉱山と同様に現在でも内緒で地下で採掘しているのではないでしょうか。)


■ 鹿沼市


先のリンク先B「栃木県の廃鉱・採石場跡」の地図の中の「加蘇鉱山」(かそこうざん?)の説明を読むと、宝石のガーネットやロードナイトが産出されていました。(おそらく、現在も産出され続けていることでしょう。)

(まあ宝石を販売する側のこじつけもあるかもしれませんけどね〜)


鹿沼市内のもう一つの鉱山では、カオリナイトや菱鉄鉱が産出されていたそうです。




ここの陶土から益子焼の器が創られるようになったのでしょうかね。。。







[PR]
by Ulala-lov | 2017-10-25 00:42 | サタニストの攻撃