人気ブログランキング |

『ヴィクトリア女王』=松平信子の後継者は、偽姉・谷本由香子=梶美奈子さん=岩崎宏美=石田あゆみ=オリビア・ハッセーetc.

2015−07−30




というのも、高松宮夫妻にも子供がなかったことになっていますが、実際には子供がいたのです。なぜなら、わたしが育った仁万の町営住宅で、ウチは一戸建てでしたが、東隣が隅田陽子ちゃんの家(三笠宮崇仁親王の第2の家)で、屋根つづきになっている隣家が(西洋風にいえば、detached house という形体の「二戸の家が屋根で1つにつながっている住宅)、高松さんという家で、高松のおばさんが実は高松宮宣仁親王(のぶひとしんのう)だったのですが、「伸ちゃん」という一人息子がいました。

その一人息子が以前にもこのブログで書いた京都大学の教授もしている建築家の高松伸氏(わたしの偽姉「谷本由香子」=梶美奈子とは小中高の同級生)で、秋篠宮文仁親王とソックリです。なので、秋篠宮殿下は高松伸氏のクローン息子のようなのです。

高松のおじさんのほうは外国航路の船で機関士をしているとかで一度も見たことがありませんでした。(要するに、高松宮喜久子妃のほうが高松宮亘仁親王より偉いので、夫の亘仁殿下のほうが子育てをしていたのでしょう。なので、高松宮夫妻には、実は、息子も孫もいたということなのです。


< 高松宮喜久子妃のご実家=徳川慶喜公爵家 >


徳川慶喜の正妻「一条美賀(子)」の顔を見ると、あれま、田嶋陽子(=マリー・フォン・プロセイン(=私にとっては美子(偽)叔母さん=私の元夫・佐藤勝己の育ての親)が、歌手「Al 」に変装した時の顔に似ています。

(もともと、本物のAlも、プロダクション(アングロサクソン王族)の指示で、一条美賀(子)の顔に似せた顔に造って歌手デビューさせられたのかもしれません。)

(訂正)わたしの離婚した元夫・佐藤勝己=バイエルン王ルートヴィヒ2世=トトメス1世(=ハトシェプスト女王の父親 * )が、19世紀後半にバイエルン王ルートヴィヒとして生きていた時の母親はマリー・フォン・プロイセンでしたが、おそらく、本物のヴィクトリア女王がプロセインやバイエルンも統治していたのでしょう。(実際、現在もそうでしょう)

なので、マリー・フォン・プロセイン=田嶋陽子なのですが、あくまでも、ヴィクトリア女王の代理クローンであり、マリー・フォン・プロセイン=ヴィクトリア女王でもあるわけです。なので、重要な場面では本物のヴィクトリア女王がマリー・フォン・プロイセンとして堂々としゃしゃり出てくるという仕組みではないかと。。。

したがって、その長男バイエルン王ルートヴィヒ2世の実母は、きっとヴィクトリア女王です。というのも、佐藤勝己とわたしとが名古屋で結婚していた時に、佐藤勝己の実家(名古屋市天白区八事)の子煩悩で世話やきな父親は、今になって考えると「アルバート公」でした。

ヴィクトリア女王=ハトシェプスト女王が一番偉いETで強欲な最高権力者だとすれば、自分が惚(ほ)れて結婚した夫「アルバート公」を自分の代理クローンである「マリー・フォン・プロセイン」と結婚させるでしょうか? 

ネ、絶対にさせないでしょう!!

ということは、私が名古屋の佐藤勝己の実家で会っていた母親は『ヴィクトリア女王』だったということです。つまり、佐藤勝己=バイエルン王ルートヴィヒ2世の実母は『ヴィクトリア女王』だったのです。だから、佐藤勝己の母が『ハトシェプスト女王』(=ヴィクトリア女王)に似ていたのです。

* 彼らアングロサクソン王族=悪魔ETモンスター・ヴァンパイアの場合、家族といっても、普通の人間のような家族関係ではなく、ドラキュラとして4000年も生きていて(ただし、ハトシェプストは好きな時に、好きな身体を選ぶことができ、より進化させたクローン子孫の身体に入れ替わることができるようです。逆に言えば、自分の人工知能を好きな時に好きな身体(自分のより進化させたクローン子孫たちの中から)に移植してより進化した新しい身体を得ているということです。

その前はクローン人間を造ることによって、どうにか命をつないできたETですが、ドラキュラになってからは、父親とか母親が子供になったり、子供が後に母親や父親になったりして役目を入れ替わっているようです。それに、両性具有なので、前の人生は女性だったけれども、今度の人生では男性となったりして、戸籍も自分の子孫の戸籍に入ったり、一家を殺戮して戸籍を奪ったり、または、子供を取り替えて、その家系を乗っ取ったりするなどして、戸籍をうまく手に入れたりしています。普通の人間では考えられないようなことを日常的にやっているようです。

きっと、世界中のあちこちに城や一般住宅などの住居をかまえているんでしょう。それらの中には虐殺するなどして乗っ取ったものも多いんでしょうね〜 013.gif013.gif007.gif

*このブログ内の関連記事:
(上の2つの記事は、今回、大幅に訂正加筆しました🐶 絶対に読んでくださいましネ〜!)

しかし、この一条美賀(子)の顔って、女優さんの誰かに似てますよ〜!**(今、中年くらいの人です)しかし、下の晩年の写真とも随分違うんですね〜!どっちにしても、塗りたくっているのかしら?

**分かりました〜!女優の田中美佐子です〜!!!


この前の記事(タイトルを訂正→)田嶋陽子はヴィクトリア女王(=西太后=セシル・ローズ=カーチス・ルメイ=エリザベス2世)の代理クローンで、女優の田中美佐子もマリー・フォン・プロセインって、わたし書いてましたね〜!しかし、前述でお分かりのように、女優・田中美佐子は『ヴィクトリア女王』=古代エジプトのハトシェプスト女王=モーツァルト(牛の帝王)です!




上のYouTube-👧の最初のCMに出演している島田奈美って、サイト👦のモーツァルトの子供の頃の肖像画にソックリです!そして、その次のCMの佐久間良子もなんか〜モーツァルトに似てますね〜 ということは、田中美佐子が島田奈美や佐久間良子にも変身しているってことかしら?ネ!

また、上の映像中では、田中美佐子は笑うと小さめですがエクボができるのが何回も見られますよ〜!ルイーゼ・フォン・ヘッセン・カッセル=岡崎ちゃん(私の短大の同級生)=偽・倪桂珍(=娘の偽・宋慶齢とも入れ替わってました)にもエクボがありましたね〜!

その下の徳川慶喜の側室「一色須賀」という女性の顔は、なんか、わたしの元夫・佐藤勝己(バイエルン王ルートヴィヒ2世)の母方の祖母の写真に似ていたような。。。つまり、ケント公ヴィクトリア妃じゃないかしら?(老年のヴィクトリア女王の写真に似ているような)バッカス系ですかね〜?

そして、佐藤勝己の母親(=『ヴィクトリア女王』=石川の偽伯母さん)には、顔がよく似たお姉さんが(愛知県海部郡)弥富町に住んでました。つまり、この時には、この姉(ほんとうはクローン妹)が(訂正)『マリー・フォン・プロイセン』(=私にとっての美子偽叔母さん=田嶋陽子)だったのかも。。。

本来、『ヴィクトリア女王』がこの姉であり、あの時は役目を入れ替わっていたのかも。。。なんだか、お姉さんのほうが落ち着きがあって石川の偽伯母さんのような感じでした。

あっ〜、分かりました!わたしが佐藤勝己(=ルートヴィヒ2世)と見合いで知り合った頃から、『ヴィクトリア女王』は、わたしの前ではず〜っと佐藤勝己の育ての母親でクローン妹の「マリー・フォン・プロイセン」のキャラ(性格)を演じていたのでしょう!!!(このように後になって検証された場合のことまで考えて。悪事に関しては経験豊富ですからね〜 用心深いのでしょう!)

そして、2代目の徳川慶久(この人は旧ハプスブルグ家の人=人間かも?)と妻の有栖川宮威仁親王王女「実枝子女王」(=ヴィクトリア女王のような)つまり、ほんとうは徳川慶久のほうが養子ということです。そして、この三枝子女王の長女が高松宮喜久子妃(=やはり、ヴィクトリア女王のような)です。


ここに出てくる角田美代子容疑者=『エリザベス女王』(=『ヴィクトリア女王』のクローン子孫でハトシェプスト女王=ヴィクトリア女王の代理)の義妹「三枝子」って『実枝子女王』のことでしょうかね?なんだか女優の田中美佐子=植松恵美子に似ているような。。。だとすると、実枝子女王がヴィクトリア女王で一番偉いということになり、この尼崎事件の首謀者ということかも。。。

3代目の徳川慶光* の妻・松平保男子爵** 令嬢「和子」は、なんだか岡崎ちゃん=ルイーズ・フォン・ヘッセン・カッセルに似てます〜!


松平容保の養子で人間らしいです。

また、秩父宮勢津子妃の養父だそうです。旧ハプスブルグ家の誰かかも?アングロサクソン王族たちは旧ハプスブルグ家の人たちをよく養育係としているようですから。それで、ルイーズ・フォン・ヘッセン・カッセル=モーツァルトも。。。


高松宮喜久子妃は、なんだか佐藤勝己の母親の姉『ヴィクトリア女王』(本物で娘の方)=松平信子によく似ています。ということは、高松宮喜久子妃も『ヴィクトリア女王』のクローン子孫なのかも?


秩父宮勢津子妃と高松宮喜久子妃とは同じティアラを被っておられますし、お顔もよく似ていますネ〜!

秩父宮勢津子妃は松平信子のクローン子孫だから、秩父宮勢津子妃=高松宮喜久子妃はクローン姉妹であり、どちらかがヴィクトリア女王の後継ぎということですかね〜! どうやら、高松宮喜久子妃が『ヴィクトリア女王』(石川の偽伯母さん)の後継ぎのウチの偽姉・由香子=梶美奈子さん=一番偉い『新生ヴィーナス』を生んだ人のようです。なので、近所の高松宮殿下が育ていた伸ちゃんはウチの偽姉・由香子とは兄弟ということだったんですね。どうりで親しくしているはずです。ウチの母の葬儀の時にもでっかい花束が送られていました。



石川の叔母さんと美子叔母さんは、かなり年齢が離れていて、おそらく、10歳くらいは離れているのではないかと。。。石川の伯母さん=ヴィクトリア女王=マリー・フォン・プロイセン=西太后=松平信子が一番偉い『ハトシェプスト女王』で、美子偽叔母さんは石川の偽伯母さんのクローン姉妹の代理であり、マリー・フォン・プロセインとして生まれたけれども、実際は『ヴィクトリア女王』の代役であったということかも?なので、美子叔母さんは、すべて『ヴィクトリア女王』(石川の偽伯母さん)の命令で動いているということかも?

秩父宮勢津子妃のクローン子孫が陰険な山根郁子(わたしの偽姉・長女)* =岩下志麻=大竹しのぶ=後藤香南子(後藤組組長の妻)=女優・田中美佐子(=歌手の今井美樹:口パク)=元AKB48の前田敦子(口パク)=声優の森麻季(口パク)=女優・水野美紀=水野真紀ですが。。。『エリザベス女王』の系列らしいです。

* 山根郁子が寿美花代の次の『エリザベス2世』だったのかも?その次が現在のジュリア・ロバーツなのかも?その次は山根千穂=歌手の小泉今日子かな?

そして、高松宮喜久子妃のクローン子孫が豪快で社交的な谷本由香子(わたしの偽姉・次女)=梶美奈子=岩崎宏美=石田あゆみで、一番偉い『新生ヴィーナス』=ヴィクトリア女王の後継ぎのようです。

わたしの偽姉たちは、わたしの前では長女郁子のほうが断然偉いとわたしに見せて、実は、次女の由香子のほうが偉かったんですね〜!やはり、アングロサクソン王族っちは、わざとフェイントをかけてダマすのが得意なようです。

ところで、活発な田嶋陽子=美子偽叔母さんは、かつての1番手の『新生ヴィーナス』だった『ヴィクトリア女王』(本物で娘の方)=石川の偽伯母さんに仕えてきて、今は、私の偽姉・谷本由香子=梶美奈子さんに仕えているということでしょう。しかしながら、田嶋陽子もヴィクトリア女王=ハトシェプスト女王の代理とはいえ、かなりな悪魔的影響力をもっているようです。

最高の悪魔脳の1番と2番の悪魔脳は、谷本由香子=梶美奈子(1番)と山根郁子(2番)とに引き継がれ、さらに、現在では、多分、シアーシャ・ローナン(1番)とジュリア・ロバーツ(2番)とに引き継がれているのではないかと。。。二人とも『新生ヴィーナス』のクローン子孫なのでしょう。(まだ、よく分からないことがいろいろありますけれども)

★★★★★ つまり、やっぱり、ハトシェプスト女王=モーツァルト=ヴィクトリア女王=セシル・ローズ=マリー・フォン・プロセイン=西太后=エリザベス2世=カーチス・ルメイなどはみなハトシェプスト女王のクローン子孫ということです!!!その中で「1番偉い女王(母)」と、女王に仕えるスリーシスターズ(侍女たち)がいるらしいです。



皇室と徳川家との関係もあり複雑なんですね〜!

皇室(ハトシェプストの巣?=伏見宮家)が、日本の重要な家系をすべて呑み込んで包含してしまおうという感じですかね〜




by Ulala-lov | 2015-07-30 21:06 | アングロ・サクソン王族