猪瀬都知事と徳洲会病院と東電の関係(三者をつなぐ糸は山口組)1

2013−12−13

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


▶▷▶ 猪瀬都知事の“KY解散”懸念する都議〜東スポWeb
(12月12日配信)

医療法人徳洲会グループから5000万円を受け取った“裏金疑惑”の渦中の猪瀬直樹東京都知事(67)は、議会での追及にしどろもどろにながらも全く辞める気配がない。辞任要求を突きつけても“KY(空気読み)解散”が懸念され始めている。 9、10日の2日間にわたって行われた都議会総務委員会での裏金問題集中質疑で、猪瀬氏は脂汗を流しながら釈明を展開。弁明に矛盾が生じる部分はあるものの猪瀬氏の中の“ストーリー”が固まってきたからか、2日目は「事実関係が間違っている」と反論する余裕も出始めてきた。

都議会は13日の閉会後も委員会の継続審議で追及していく構えで、虚偽証言をした場合に罰則に問える百条委員会の設置も検討している。疑惑に包まれた猪瀬氏の下では予算編成や五輪開催の準備に支障をきたすとして、最終的には都知事の不信任決議を突きつけることができる。4分の3以上の同意が必要で、与野党が猪瀬降ろしに動いている現状でハードルは低く、可決すれば辞職となるところだが、猪瀬氏が悪あがきして議会解散に踏み切る可能性があるのだ。

「猪瀬知事は状況的には完全に詰んでいて、普通の人ならとっくに辞めている。ところが1年間の給与返上を言い出して、都知事のイスにしがみつく気満々。副知事時代から、話がかみ合わない変人ですから“辞職する筋合いはない、信を問う”といって議会を解散しかねない」(自民党関係者)

都議らは失職する可能性があるだけに不信任を突きつけるワケにもいかず、ネチネチと辞職を迫るしかないのだ。ただ議会での追及は早くも限界との声も出ている。

与党都議は「我々も新聞報道ベースでしか追及材料がない。仲介人となった一水会の木村三浩代表の参考人招致も民間人なので断られれば、どうしようもない。(東京地検)特捜部の動きが出ればまた違ってくるが…」と予想外の抵抗を見せる猪瀬知事を前に新たな局面を祈るばかりだ。


▶▷▶ もしも猪瀬都知事が石原元都知事だったら〜神田敏空晶 - Yahoo!ニュース


▶▷▶ 猪瀬直樹 wikipedia

[ 徳洲会グループからの資金提供問題 ]

2013年11月に明らかになった報道によれば、2012年の都知事選前の2012年11月に、医療法人徳洲会グループ創設者の徳田虎雄に「都知事選に出ます」と挨拶し、徳田毅衆院議員を通じて「余ったら返すのでまずは1億円をお願いしたい」と電話し、1億円の資金提供を要求していた。徳田虎雄は「5000万円で対応しろ」「足がつかないよう議員会館で渡せ」と徳田毅議員に指示し、議員会館の事務所で猪瀬に直接、現金で5000万円を手渡し(猪瀬知事は)政治資金報告書に記載していなかった。

猪瀬知事は受け取った資金について、「借入金」であるなどと説明し、「徳洲会側から申し出があり、厚意を断るのは失礼だと考えて借りた。5000万円という額になった理由は分からない」と説明している。その後、借用書をマスコミに提示した。

医療法人徳洲会グループは東京都内にも病院・保険施設を抱えており、猪瀬直樹都副知事が徳洲会グループが開設した老人保健施設に都が約7億5千万円の補助金を支出していた。また徳洲会は都知事の認可で老人保健施設を開設し、武蔵野徳洲苑の工期は2010年~2011年度の2年間で、沖縄徳洲会が西東京市に設立を申請し、都が近隣に所在する施設数などを考慮して150床を認可した。150床規模の施設の場合、都は最大で9億6千万円の工事費を補助しているため、今回の収賄容疑のかかっている5000万円はそのキックバックであると各新聞社が報じた。

選挙運動費用収支報告書に記載されておらず、公職選挙法違反の疑いで東京都民に告発された。 また弁護士グループは、5000万円が政治活動のための借入金と認定された場合、政治資金規正法に基づいて政治資金収支報告書への記載が必要となるため政治資金規正法違反にも該当すると指摘した。 さらに徳洲会が東京都の許認可が必要な事業も行っていることから、5000万円の授受が当時の副知事の職務や将来、知事になったときの職務と関連しているとみなされると収賄となる。

2013年11月29日の定例都議会で、医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った経緯などを説明したのに対し、各会派や傍聴席から「不十分」「納得できない」と批判の声が相次いだ。

猪瀬知事には、「職員なら、懲戒免職なんだよ」などと、容赦なく、やじが浴びせられ傍聴者の1人が守衛によって議場の外に出された。

共産党は、地方自治法に基づき、議会が直接、調査を行う「百条委員会」を設置し、疑惑の徹底解明を求める方針を示した。

猪瀬知事は賄賂ではなく借入金である証明として「借用証」を公表し、郵送されてきたものと説明していた。しかし折り目がなく、押印などもない不自然な体裁だったため封筒の公開を求める声が上がり、2013年12月6日の都議会一般質問で、提示した郵送されてきたとされる「借用証」について「封筒は保管していない」と答弁した。記録の残る宅配便や書留、特定記録ではなく配達記録は無かった。封筒があれば切手の消印等から問題発覚前から借用書が存在し郵送されたことを証明できるが不可能になった。

徳洲会グループは都内に介護老人保健施設と病院の2施設を持ち、都は2008年度以降で計約9億6000万円の補助金と委託料を出している。15年には西東京市に新たな病院がオープンする予定。都は開設を許可しており、利害関係者となる。東京都では2002年、主税局の主事が都税事務所の電気工事で知り合った企業の担当者から99万円を無利子で借り、返済したものの懲戒免職となったケースがある。


▶▷▶ 猪瀬都知事の「借用書」が早くもコラ素材としていじられまくりな件 - NAVER まとめ
(コラというのはコラージュのことですよ〜)

小学生の作文レベルの借用書なので、金額だって、如何様にも書き換えられるような代物だそうです。www ~_~; < 見え透いた胡麻化しやね〜

▶▷▶ 猪瀬都知事が公開して話題に…「借用書」について知っておこう - NAVER まとめ

このサイトの2を見ると借用書の基本的な書き方が説明されています。

▶▷▶ 【悲報】猪瀬都知事の借用書がTwitterでコラ素材になっている件wwwww

どうにでも作り変えられそうな借用書ってことですかね?!


▶▷▶ 猪瀬都知事、報酬2,600万円全額返上へ 過去の発言とずれ露呈:FNNニュース
(動画あり)
大手医療法人「徳洲会」から、現金5,000万円を受け取っていた東京都の猪瀬知事は、都議会の総務委員会で、今後1年間にわたり、知事としての報酬およそ2,600万円を、全額返上する意向を示した。耳たぶを伝い、スーツの襟元に滴り落ちる汗。東京都の猪瀬知事は、追い込まれていた。
都議会自民党の高木 啓議員は「おかしいだろっていうんだよ、そんなの。人間としておかしいって言ってるんだよ」と述べた。猪瀬知事は「非常に今考えてみれば、本当にそれはもう、おわびするしかない話ですが」と述べた。

9日、都議会で年およそ2,600万円という都知事の給料を、1年間、全額返上したいと表明した猪瀬知事。しかし、徳洲会グループから、都知事の給料およそ2年分にあたる5,000万円を現金で受け取っていた問題について、追及の手が緩むことはなかった。都議会自民党の高木 啓議員は「落選したら(猪瀬氏の生活が)まずいから、じゃあ、先に5,000万円貸しておいてあげようと。こんなね、人はいないんです、世の中には」と述べた。猪瀬知事は「いや、僕は親切な人だと思いましたよ」と述べた。都議会自民党の高木 啓議員は「知事は、その人は親切な人だと思ったと。ふざけるなと。その親切な人を、全都民が『わたしにも紹介してくれ』って、テレビの前で言っていますよ、今」と述べた。

猪瀬知事は「今、考えてみるとね、本当にそれは、浅はかっていえば浅はかですよ、それはね。だけど、何か特に、だけど、何かやってくれとか、これやるからこうしろとか言われたわけではありませんので」と述べた。(うらら・・・ここが、大いに疑問な答弁なのです!)

都議会自民党の高木 啓議員は「選挙資金を出してほしいって、(徳田前理事長に)言いに行ったんではないんですか」と述べた。猪瀬知事は「石原後継だから、とにかく会っておけとか、いろんなことで、会わなければいけない人がたくさんいて。1つひとつのことっていうのは、意外と覚えていないんですよね。本当に申し訳ございません」と述べた。細かい経緯については、「覚えていない」を連発。

しかし、過去の発言とのずれも出てきた。2週間前の会見では、徳田 毅議員や、仲介者と会食した時の様子について、「(どちらから、お金の話は出た?)その時にはまだ、何がいくらだとかという話ではありません」と述べ、金額の話はなかったとした。これに対し、9日、猪瀬知事は「1億とか、そういう言葉が出ているなというふうには、記憶してますけども」と述べた。
無言で議会をあとにした猪瀬知事。10日も、共産党や民主党などからの追及が待っている。


▶▷▶ 猪瀬知事が汗「おごりあった」…時折不機嫌に:YOMIURI ONLINE

「大変未熟であったと痛感している」――。
医療グループ「徳洲会」側から5000万円を受け取った問題を巡り、都議会総務委員会の集中審議で追及を受けた猪瀬直樹・東京都知事(67)。知事の都議会常任委出席は極めて異例で、現金授受の経緯や認識を問いただされた知事は汗を流しながら答弁、同じ質問が繰り返されると時折不機嫌そうな表情を見せた。
◆「1億円」
猪瀬知事は昨年11月14日の夜、港区内の和食店で徳田毅衆院議員(42)と、新右翼団体「一水会」の木村三浩代表の同席のもと面会した。猪瀬知事は、この場で木村代表と毅議員が「都知事選には1億円かかる」という話をしていたことを認めた。その上で、知事が「選挙後の生活が不安」と打ち明けると、木村代表が毅議員に「お金を貸してあげれば」と持ちかけたことを明かしたが、1億円については、「数字が出たことは記憶しているが、ひとごとのように聞いていた」と述べるにとどまった。
◆なぜ鎌倉へ?
猪瀬知事は毅議員との会食より前の同月6日に神奈川県鎌倉市内の病院を訪ね、徳田虎雄・元衆院議員(75)に面会している。このときも木村代表が案内役で、その経緯について知事は、「選挙をやるなら、(虎雄容疑者に)会った方がいいと誘われた」と説明。木村代表とは20~30年来の知り合いで、「副知事時代にも尖閣諸島の問題などで副知事室をしばしば訪れていた」と明かした。
◆不自然な授受
「『5000万円用意できたので取りに来てください』と毅議員から電話があり、取りにいった」猪瀬知事は同20日に、衆院議員会館の毅議員の事務所で現金を受け取り、その場で借用証にサインして毅議員に渡したが、「5000万円」という金額が提示されたのは前日の電話だった、と説明した。「唐突に5000万円取りに来てくれと言われて、普通は取りにいかない」と問いただされると、「僕にとっても唐突だった」と強調。質問した自民の都議は、「不誠実で不確かな答弁で、真相が解明できたとは思わない」といらだちをあらわにした。また、その後、質問した公明の都議も「即刻職を辞すべきだ」と迫った。

審議は約4時間にわたり、知事は冒頭、「心の中におごりがあった。批判を頂戴するのは当然」と謝罪したが、「ふざけるな」などとヤジが飛び交った。猪瀬知事は答弁の途中、顔から汗を滴らせ、慎重な言い回しに終始した。集中審議は10日も行われ、自民、公明は13日の都議会閉会後も委員会を開いて追及する姿勢を見せている。
(2013年12月10日09時22分 読売新聞)


▶▷▶ 都議会閉会 最終日も各会派から猪瀬都知事に厳しい言葉:FNNニュース
(動画あり)
注目された猪瀬東京都知事の定例記者会見は、記者たちを、もあぜんとさせるものとなった。都議会は13日に閉会したが、追及は、まだまだ続くとみられる。午後4時からの定例会見で、猪瀬知事は突然話を打ち切り、退出した。

猪瀬知事は「借入金問題についてね、きちんとかなり正確に、月・火(曜日)に説明したいと思っておりますので、その場で説明いたしますから、きょうはこれまでにいたします」と述べた。2012年の知事選挙直前に、徳洲会グループから現金5,000万円を受け取った問題について、11月29日から始まった都議会で集中審議が行われ、各会派から厳しい追及を受けている。13日午後1時から開かれた都議会。共産党の松村友昭都議は「欺瞞(ぎまん)に満ちた答弁に終始してきたことは、断じて許されません」と述べた。自民党の大場康宣都議は「口を開くごとに、以前と異なる話が出てくる。『いったい何を信じろ』と言われるのか」と述べた。民主党の浅野克彦都議は「あいまいな説明ばかりを繰り返すばかりでは、『不信任決議の提案』も辞さない」と述べた。最終日の13日も、各会派から猪瀬知事に厳しい言葉が飛んだ。猪瀬知事は、2014年の1年間、給料を返上する条例案を提出したが、採択されず、都議会閉会後に行われる3日間の集中審議で、継続審査されることになった。

そして午後4時ごろ、猪瀬知事は、定例の記者会見に臨んだ。5,000万円を受け取った日をめぐる答弁のぶれなど、新たに噴出する疑惑へ、どう答えるか注目された。しかし、猪瀬知事は、記者の「5,000万円を受領した日の行動について、おうかがいしたいんですが、知事は答弁の中で、明確に、自宅に直帰したと答弁されましたが、実際は事務所に寄り、そして、自宅に帰ったと。なぜ虚偽の答弁をするに至ったのか」との問いに対し、「徳田 毅氏からの借入金に関する質問に対しては、今後も、都議会総務委員会で質疑を行うことが予定されておりますので、ここでの発言を控えさせていただきます」と述べ、「ほかに質問ある方、いらっしゃいますか?」と打ち切った。

さらに、猪瀬知事は、記者の「次期都知事選候補の名前が取りざたされたり、こうした現状に関する率直なお気持ちと、(知事職)続投の意思についてお聞かせください」との質問に、「ですから、借入金問題についてね、きちんと正確に、(来週)月・火に説明したいと思っておりますので、その場で説明いたしますから、きょうはこれまでにいたします」と、突然、会見を打ち切った。
会見が始まってからわずか4分。最後は一方的に質問を打ち切り、猪瀬知事は記者会見場をあとにした。あっけにとられる報道陣。

この会見を見た街の人からは、「何のために会見を開いたんでしょうね。内容がこれだったら。国民をばかにしていますよね」、「もう少し正直に言って、楽になった方がいいと思う」、「都知事としての責任を果たしていないと思う」といった声が聞かれた。



<< 猪瀬知事と東電と徳洲会の"仲良しこよし"な三角関係>>

▶▷▶ 東電の新社外取締役・公認会計士の樫谷隆夫氏と猪瀬副知事の共同記者会見、都庁6階会見室。:猪瀬直樹blog 2012.05.12


▶▷▶ 「東京電力病院は病床稼働率が低い!売却しろ!」「でも都が一般診療許可してくれなかったし」「ぐぬぬ」というやり取りを隠す猪瀬直樹 - 今日も得る物なし
2012.06.28日の記事


▶▷▶ 東電病院売却で便宜か
/清水都議追及 徳洲会側に猪瀬氏:赤旗新聞


★★★ つまり、猪瀬知事は、副知事時代の昨年6月に、東電には東電病院を売却するようにと圧力をかける一方で、徳州会側には東電病院の競売入札に参加させる便宜(べんぎ)を図*っていたということのようです!!!

* 便宜を図るとは - Weblio辞書

▶▷▶ 【徳洲会問題】東京都・猪瀬知事と関係の深い「東電病院」ってどんな病院?そして徳洲会との関係は? - NAVER まとめ

徳洲会 東電病院買収に意欲 都心進出狙う(TOKYO Web)

・「徳洲会」グループが、昨年十一月の資金提供時点で、東京電力が保有する「東京電力病院」(新宿区)の買収に強い意欲を持っていたことが分かった。
・都は東電の主要株主で、猪瀬知事は副知事時代から、東電改革の責任者として病院売却を要求してきた。
・東電は資金提供一カ月前の昨年十月、売却方針を公表した。徳洲会側は入札に参加したが、今年九月に強制捜査を受けた以降に辞退。病院は最終的に不動産大手の東京建物が落札した。
・同会(徳洲会)は都内に「東京西徳洲会病院」(昭島市)を運営するほか、二〇一五年に「武蔵野徳洲会病院」(西東京市)を開業する予定だが、いずれも多摩地区に立地するため、二十三区内への進出は以前から悲願だった。
・東電が昨年十月に売却方針を公表する前の段階で、同会(徳洲会)幹部が東電役員と会い、交渉したこともあったという。
・一方、猪瀬知事は原発事故後、副知事として東電改革を担当。東電病院が社員やOBだけを対象に運営され、病床の稼働率が低い実態を指摘していた。



★★★★★ なんにしても、徳田虎雄=一和会(山口組の分派だったが、本当は本家本元*)の会長「山本広」ですからね〜!!!

*第4代目山口組組長を竹中正久が襲名したのは、竹中組とその仲間たちを山口組から排除するためのトリッキーな作戦だったのでしょう。その後、5代、6代組長は、お飾り的なダーティー・ハリーの存在としてヤハウェ王族たちを矢面(やおもて)に据(す)え、裏でアングロサクソン王族の若頭「高山清司」(=アルバート公)や東伏見慈洽(=アルバート公か、その子孫)が操っており、山口組の真のボスとして君臨しているのです。(下の記事を参照)

このブログ内での関連記事:
医療法人徳洲会について〜管理者はサクソン王族、ほんとうに仕事するのはヤハウェ王族の名医や事務長 [1]
医療法人徳洲会について〜管理者はサクソン王族、ほんとうに仕事するのはヤハウェ王族の名医や事務長 [2]
これ誰?これダニ?ダニこれ??ゾンビだに??!  [4]     。。 消費税8%決定の黒幕たち。。



▶▷▶ 猪瀬直樹(イノセナオキ、1946年生まれ)- Yahoo!検索(人物)



▶▷▶ 猪瀬直樹という悲しく哀れな"傀儡"のダッチロールを歓迎する「石原利権」の構造 l 伊藤博敏「ニュースの深層」l 現代ビジネス(講談社)

▶▷▶ 集中砲火!猪瀬直樹都知事のプチ整形疑惑に反論を試みたけれど・・・。l 五本木クリニック l 院長ブログ

一番上の猪瀬都知事の昔の一重まぶた時代の写真を見て。。。(身長もほんとうは150センチあるかないか位で低身長のようですし。まあ、それ以前からもしかして?とは思っていたのですが)

粛親王の写真と比べてみました!

愛新覚羅善耆 

家あれど帰り得ず(川島芳子)

この川島浪速と粛親王の写真を見ると、右側の粛親王の顔は猪瀬都知事顔に非常によく似ていますよ〜!!!ということは、

★★★★★ 猪瀬東京都知事=清朝イェへ・ナラ族の『粛親王』*!!!!

* 代々『粛親王』を襲名しているのですが、何代目かは不明。わざと何代目か分らないように証拠を隠蔽(いんぺい)しているようです。

(つづく)
[PR]
by Ulala-lov | 2013-12-13 16:17 | 企業とサタニスト