タレントの「山田まりや」=『新生ヴィーナス』(梶美奈子=石田あゆみ=私の偽姉・谷本由香子))(1)

11−03ー2013

以前の記事で、サタニスト・トップたちは悪魔脳が次々に自らの子孫の身体に移植されて、何万年とか生きながらえてきたと説明しました。

★★★ だんだんと分かってきましたが、どうやら、タコ・イカ女王=「シバの女王」のなかでも、スリー・シスターズがトップに君臨していて、中でも、一番偉いのは「新生ヴィーナス」のようです。

おそらく、新生ヴィーナス(ギリシャを征服後の命名だけれども)は、火星がハルマゲドン状態の終末期にロスチャイルドの嫁の一人に化けて、アイゼンベルグと共にロスチャイルドの宇宙船に潜(もぐ)り込んで火星から地球にやってきたのでしょう。後にロスチャイルドの長老を拷問して秘密にされてきたハイテクノロジーを奪い、宇宙船に乗って火星に戻り、火星の地下で小人(コビト)になって生き残っていた人間の姿をしたタコたちの仲間(少数のヤハウェ王族たちも奴隷になって生存していたけれども)を救い出し地球に連れて行った功労者として仲間のタコ・イカ族(生物学的人造殺人ロボット)たちから崇拝(すうはい)されているようです。


<スリー・シスターズについて>
(以前に書いたように以下の子孫に次々と移り、しかも、移った後の身体にはもとの脳が戻され、ES細胞移植で若返っています。)


◎一番背が低い『チビタコ・イカ/シバの女王の悪魔脳』(身長140~150センチくらいに変動)は:
*加えて、タコ・イカ系純血種は太ったり、痩せたりもかなり自由自在にできるようです。イカはダイオウイカです。


アレクサンドラ英王妃(=ノルウェー王妃モード=何回か若返って女優-荻野目慶子=歌手-荻野目洋子=大森恵子 my 短大の同級生)→偽・宋慶齢(ケイレイ=歌手-テレサ・テン=スウェーデンのシルビア王妃:日本でスパイ活動中)→男装の麗人-川島芳子(清朝-粛親王の第14王女、若返って生存中、my 婦人警察官同期の内藤さん、結婚して大藪{おおやぶ Big Bush}さん、「みどりの風」の谷岡郁子議員*)→女優-森光子(先日近所で見かける。声で判明)→歌手・女優-江利チエミ(=山口組の田岡文子では?=ザ・ピーナッツの伊藤エミ{弘田三枝子と伊藤ユミは江利チエミのクローン?}、 若返って原智恵美:my 中学の同級生、堀ちえみ)→田部陽子**(はるこ、女優・歌手の原田知世=盲人ピアニスト辻井伸行)→植松恵美子議員(福田小百合my 高校の同級生=荒木富貴子:my 隠岐の海部中での同僚=女優-田中美佐子=歌手-今井美樹:若返った後誰になったか不明)→現在は歌手-矢口真里(元祖モーニング娘の一人)

* 川島芳子 画像集
谷岡郁子 画像集
谷岡郁子 - Yahoo!検索(人物)

** 原田知世=田部陽子(はるこ)です!下のサイトの左端-動画の最初のシーンに学生服姿で登場していますが、この姿を見ると、(学生服は紺色のセーラーだったものの)髪型と顔から、わたしが教えていた頃の田部陽子さんにソックリです!年齢はゴマかしています。ほんとうは、わたしより年上のはずですが、ES細胞移植で若返ったのでしょう。身長も160センチというのはウソで、140センチくらいでしたが、タコ・イカ系で伸びることができるので、140~150センチくらい変動するのかも?
原田知世(1967年生まれ) - Yahoo!検索(人物)

それから、小池百合子議員は森光子じゃないでしょうかね?!


◎二番目に背が低い『中タコ・イカ/シバの女王の悪魔脳』(身長150~160センチくらいに変動)は:

ルイーゼ(デンマーク王妃:アレクサンドラ英王妃の母親)=倪桂珍 ゲイ ケイチン=晩年の西太后=若返ってmy 短大の同級生の岡崎ちゃん)→英ルイーズ王女(若返ってオギルヴィー夫人ことアレクサンドラ王女、若返って林文子横浜市長、タレント-兵頭ユキや飯星景子)→台湾の偽・宋靄齢(ソウ アイレイ:my 県警音楽隊の妙子(たえこ)先輩)→歌手-ジュリー・アンドリュース(=女優-ジェーン・フォンダ=女優-草笛光子=女優-岸恵子=瀬戸内寂聴=山谷えり子議員=女優-十朱幸代=歌手-西田左知子=元ナウンサー・国会議員の畑恵=英文学者・フェミニスト運動家の田嶋陽子)→女優-田中裕子(=長澤志奈子 my 婦人警察官同期生=土屋品子議員)→女優-稲森いずみ(=チェ・ジウ)→未定か、すでに誰かに変わっているのか?

林文子横浜市長はルイーズ王女(=オギルヴィー夫人)のような気がします。

また、杉本彩は草笛光子が若がえった姿なのかも?けれども、まだ、年をとった草笛光子のほうもまだ演じていて化粧や目出し帽ふうのマスクかをかぶっているかして変装し、わざと老けたような姿をしているような。


☆☆☆ やっとこさ、気がつきました!!!ジュリー・アンドリュースも「シバの女王」のはずなのに、ウッカリしてリストから外(はず)していました!彼女はこのルイーズの系列ではないかと思われます。そして、年齢から考えると、どうやら岸恵子や十朱幸代くらいですので、彼女たちのそれぞれの写真を比べてみると〜 やっぱ似てました〜!!!

ジュリー・アンドリュース(1935年生まれ) - Yahoo!検索(人物)

岸恵子(1932年生まれ) - Yahoo!検索(人物)

岸恵子 YouTube

[女優] 岸恵子の懐かし写真、画像 - NAVER まとめ

上から5番目の写真は、わたしが東京の病院に入院していた時にいっしょだった名倉さんという女性にそっくりです。彼女とはその後も何回か会ったりしましたが、親切なようでちょっと分からないようなところもありました。今考えると、現在の新生ヴィーナスのジュリア・ロバーツか、エリザベス女王の寿美花代かのどちらかが、わたしを監視するために名倉さんことジュリー・アンドリュース(=ジェーン・フォンダ)をスパイとして同じ病院に入院させていたようです。(もちろん「女性イルミナティ」の活動の一環です)

その時、エリザベス女王のほうは、その病院の看護婦長に化けていて、院長がわたしの担当だったのですが、よく一緒にくっついてきていました。院長の前では非常に親切そうにしていましたが、裏ではイルミナティ女性をわたしの病室や他の病室にも配置し、わたしへのストーカー行為や何となくの嫌がらせをさせていました。また、彼女の命令で若い看護婦さんに痛い目に遭わされました。でも、最近、その看護婦さんはヤハウェ王族でわたしの短大時代の寮の後輩でほんとうは良い人だと分かりました。でも、「シバの女王」たちの命令に逆らったら彼女自身が死ぬような怖い目に遭わされるので仕方なくやったんだと思います。

ジェーン・フォンダ
(1937年生まれ)- Yahoo!検索(人物)

十朱幸代(1942年生まれ)- Yahoo!検索(人物)
### 上のふたりの画像集を見比べて見てください。実によく似ていますよね〜!!!

それから、ジュリー・アンドリュースとジェーン・フォンダが同一人物か、あるいは姉妹かということはハッキリとは分かりませんが、最近は、同一人物のように思えてきています。

このブログ内の関連記事:
サウンド・オブ・ミュージック〜マッカーサー〜太王四神記
ET、宇宙人グレイ、レプタリアンについて 2

また、以下の人たちもジュリー・アンドリュース(=ジェーン・フォンダ)です!声や感じがよく似ています。

特に、湯川れい子の老けた顔の写真は、わたしが故郷の島根県邇摩郡(現在は大田市)仁摩町「仁万」で、「仁摩ルーテル教会」に通っていた時に、そこの教会員だった「宅野」の"松本さん"という女性によく似ていて、彼女に間違いありません。当時、1990年頃で50代くらいに見えました。

木戸真亜子(1961年生まれ)- Yahoo!検索(人物)

動画で久々に彼女の姿を見たら、以前より若返ってました!かなり厚化粧しているようです。
今年2月の豆まきの様子

自民党の広報部長になった小池百合子議員も参加してますね〜!
活動記録2013年二月
雑司ヶ谷鬼母神節分会の様子です。「シバの女王」たちがまたまた取り仕切っているようです!!!

湯川れい子(礼子)(1936年生まれ)- Yahoo!検索(人物)

☆☆☆ さらに、草笛光子=ジュリー・アンドリュース(=ジェーン・フォンダ)だと気がつきました!!!だから、草笛光子はミュージカルや劇によく出演しているし、ダンスも得意なんですね!(ウィキにも書いてあります)

草笛光子(1933年生まれ) - Yahoo!検索(人物)
画像集の中の若い頃の写真を見ると、ジュリー・アンドリュースに似ているものが幾つかありました。動画にはダンスを披露しているものがあります。

またまた、見つけました!西田左知子もです〜!!!

▷ 西田左知子(1939年生まれ) - Yahoo!検索(人物)
ジュリー・アンドリュース 画像集

西田左知子とジュリー・アンドリュースの画像集と比べると、よ〜く見ると口元を始めけっこう似ています。

▷ 畑恵(はた けい)1962 年生まれ) - Yahoo!検索(人物)
この人もです!!!元NHKのアナウンサーで、国会議員でもありましたが、相当年をごまかしてますね〜。

畑恵って今はどうしているのでしょうか?… -Yahoo!知恵袋 

さらに、またまた〜発見〜!田嶋陽子もジュリー・アンドリュースです!!!

▷ 田嶋陽子(1941年生まれ)- Yahoo!検索(人物)
彼女の声は、前述した「仁摩ルーテル教会」の肝っ玉母ちゃん風の「松本」さんと同じ声です。子供が7人いて、ご主人は読売新聞で活字の点検の仕事をしているとか聞きましたが、ほんとうは違っていてもっと偉い人なのではないかと思います。さすが英米で活躍するミュージカルや舞台や映画の女優さんだけあって、ほんと、よく化けますね〜!!!それにしても、博士号修得を示す資料が存在しないということは偽・博士ということでしょうか?フェミニズム運動を推進するなどサタニストの推奨(すいしょう)する運動を応援してますから気をつけましょう!


◎一番背が高い『タコ・イカ女王/シバの女王』=『新生ヴィーナスの悪魔脳』(身長155~165センチくらいに変動)は:

(英のヴィクトリア女王)→英のヴィクトリア王女→偽・宋美齢(ミレイ=金美齢)→女優-ヴィヴィアン・リー(=ヴィクトリア女王の曾孫マリア・クリスティーナ・ボルボン=女優-李香蘭=山口淑子元議員=扇千景元議員)→エリザベス女王(=女優-寿美花代 すみ はなよ)→女優-中村玉緒(なかむら たまお=歌手-美空ひばり=女優-吉永小百合=岩田先生 my 赤来中学の同僚)→梶美奈子(=ヴィヴィアン・リーの3女アンナ・チンザノ=歌手-渡辺美里=歌手-シンディー・ローパー=歌手-日野美香=仲井先生 my 赤来中の同僚=タレント-山田まりや=自民党の稲田朋美議員=my 高校同級生の上野智香ちゃん*=林寛子=松坂慶子=桜田淳子=NHKアナ山本志保)→女優-ジュリア・ロバーツ(=メアリー・デッカー、父方の祖先はアフリカのシエラ・レオネ出身、=my 東京の社団法人での同僚)

美空ひばりの若い頃 画像集
最上段左端の写真は、下の中村玉緒の写真集の最上段左端や右から2番目の写真に似ています。

吉永小百合 画像集
吉永小百合の最上段左端の写真は、下の中村玉緒の写真集の最上段左端によく似ています。

寿美花代 - Yahoo!検索(人物)

1960年頃、エリザベス女王は日本に来て、中村玉緒に悪魔脳を移した後も日本に滞在し、若返った後に高島忠夫と結婚したのでしょう。そして、長男だけは英王室に連れて行き、エリザベス女王としての四男として母親のエリザベス皇太后(実の母ではないけれど)や養育係などに育てさせたようですね。彼女のシッカリとスパイ活動をしていますよ!というのも、想い出したのですが、隠岐の海部中学にいた時にヤハウェ王族の男の先生(高島忠夫ではない)の奥さんとして在住していて、一度、茶話会で会ったことがあります。(正式な結婚はしてなかったのでは?)


上のサイトの動画の「ドロボーの歌」というのを聞くと、1960年に発表されてこのレコードの録音時の、この寿美花代さんは本物で、その直後、同じ1960年か61年くらいに、亡くなったか殺されたかして、エリザベス女王に戸籍を乗っ取られて成りすまされてしまったようですね!

さらに、この動画の最後の画面に弘田三枝子の「悲しきハート」をクリックすると、江利チエミの司会で弘田三枝子が登場しますが、このふたりは、身長も同じくらいで顔もよく似てますよ!ということは、弘田三枝子は江利チエミのクローン人間じゃないでしょうかね〜!それから、この時の江利チエミを見ていたら、山口組三代目の田岡一雄組長の妻「田岡文子」かもしれないという気がします。その着物姿も話方というか声もちょっと似てますよ〜!

中村玉緒の若い頃 画像集

最上段の右から2番目の写真が1995年頃に赤来中学で国語を教えていた岩田先生にソックリです。確か、28歳くらいのように本人は言っていました。つまり、1984年頃に梶美奈子さんに悪魔脳が移った後に若返って17~8歳くらいの別人の岩田という名字の少女として再出発しているということです。
それと同時に、年を取った中村玉緒もまだそのまま続行し、老けたメイクかマスクを被(かぶ)るなどして一人二役を上手く演じていっているようです。でも、今度の本来の中村玉緒は、自分らしさを生かした新境地を開拓し、バラエティー番組でお笑いギャグを飛ばすようになったんですね。それとも、新生ヴィーナス脳がなくなると女優としてのランクなども少々下がっていき、バラエティーに活路を見出したということでしょうか?


<<< 山田まりや >>>

★★★ 梶美奈子さんは、1997~8年頃に悪魔脳をジュリア・ロバーツに移動させた後、ES細胞移植で若返って、タレントの「山田まりや」として活躍するようになったようです。

山田まりや

1986年頃に、わたしが名古屋で「エミール」という家庭教師派遣の会社で働いていた時の社長が象二郎でしたが、確か、名古屋市中村区に住んでいましたので、象二郎の手配で戸籍を得たのでしょう。

山田まりや

1996年にデビューとありますがウソではないかと。。。っていうか別人の「久田まりあ」さんの戸籍を(本人が亡くなるか殺したかして)得たのかも?「山田まりあ」は、わたしが1998年に横浜に来てからテレビなどに出るようになったのを覚えています。わたしは、バラエティー番組で、「山田まりあ」のデビュー前の苦労話(今では"でっち上げ"と判明)を再現画像と共にナレーションで説明していたのを聞いたのです。山田まりやは両親が離婚して、母も駆け落ちかなにかでいなくなり、中学時代か中学卒業時頃に幼い弟を養うために芸能界に入ったとか、それで近所の商店街の人たちが彼女が芸能界に入るため上京する際にはみんなで応援すると励ましてくれたとかなんとか、お涙頂戴風なストーリーでした。でも、これはやり過ぎだったのか、なんだか怪し〜い雰囲気がありました。

山田まりや、5年間の闘病を告白

やはり、悪魔脳が去って、自分の本来の脳に戻った後はしばらく後遺症があるようです。中村玉緒も太ってますし。。。川島芳子も、その後、満州でレストランの経営をしていた時には、しばらく、相当体調がおかしかったようでアヘンも吸っていたようですし。

山田まりや出産!不妊だった?旦那は草野とおる!つるの剛士の反応は? l スマートニュース

ご主人の「草野とおる」はヤハウェ王族のようです。やはり、彼女のことだから積極的にアタックしたのでしょうね〜!山田まりやにふられた「つるの剛士」さんが可哀想〜!って、いうか、それ以前に梶美奈子(=渡辺美里)として結婚していた小境一機とは三人子供がいたのに離婚しちゃってたってことですよね〜!まあ、シバの女王たちには、こういう多重婚(結婚しない場合も含めて)や離婚の繰り返しなどはごく普通みたいですけど。。。っていうかサクソン王族の男女ともそんな感じですかね?(オオカミの特徴である雑婚のせい?) ??;

(つづく)
[PR]
by Ulala-lov | 2013-11-03 00:16 | シバの女王