これ誰?これダニ?ダニこれ??ゾンビだに??!  [5]      ヴィクトリア女王=エリザベス女王


エリザベス女王は非常に七変化がうまく、というかタコの遺伝子で身長を5㎝前後(合計10㎝)くらいは変化させることができるし、顔なども、タコの『擬態』 により変化させることができるようです。(もっともっと身長も体重も変化させることができるようです!2014.03.31)

やっと、『シバの女王』=『新生ヴィーナス』であることが分かり、だんだん凶悪に遺伝子を改良されてきているようです。(間違いでした!〜2014.03.31 二人は「別モンスター」でした!!)


イギリス王ジョージ4世王女 シャーロット :まりっぺのお気楽読書
(ヴィクトリア女王がシャーロットの長女というのは間違いでした!ヴィクトリア)

イギリス王ジョージ4世妃 キャロライン :まりっぺのお気楽読書

キャロライン(ヤハウェ王族のような)がサクソン王族から暗殺されないようにわざと仲が悪いふりを装っていたのかも?

イギリス王ジョージ5世王女 メアリー :まりっぺのお気楽読書

このメアリー王女と結婚したのがヘンリー・ラッセル伯爵(=バートランド・ラッセルです。以前、テレビで見たところによると、ラッセルの妻は同性愛者のレズビアンでもあった(つまり、両性愛者)とのことで、好き勝手し放題だったようです。この写真は、エリザベス2世にも少し似ていますね!このメアリー女王の娘がエリザベス女王ってことかしら?(←違ってました!2014.03.31)

メアリー(ハーウッド=ヘアウッド伯爵夫人)

こちらの写真は「大森ちゃん」に似ています。大森ちゃん(先日の記事に書いたのですが)とは、わたしの短大の同級生で、最近分かってきたのですが、アイゼンベルグ(=喜多文磨と名乗っていた)とその正妻の娘のようです。わたしが日吉でアイゼンベルグの経営するワンルーム・マンションに住んでいたので知っているのですが、その母親である「おばさん」(おばあちゃんでしたが)が話していた、「戦時中に父親が中国領事をしていて、母親は日本に一時帰国していて中国に帰る時に船が米軍機に撃沈され死亡した」とか、「夫のアイゼンベルグが暴力を振っていたとか、生活費を払わなかった」というのは半分は作り話かもししれません。どうやら、その「おばさん」もサクソン王族でルイーズの子孫かも?(下の名前が『珠子』だったので、転じて『玉子』というのは、鹿児島の大山氏の娘が豊玉姫や玉依姫とあるように、おそらく、『新生ヴィーナス』=ヴィクトリア女王のことのようです。2014.03.31)

エリザベス2世 (イギリス女王)の画像

ジョージ4世(イギリス王)

父はジョージ3世、母はシャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツで、この人はヤハウェ王族のような顔ですし、品行方正な妃だったようです。ジョージ3世が、その呪われた血により精神病を煩っていたので、ヤハウェ王族の妃を選び、呪われた一族の血をやや正常化しようとしたのでしょう。なので、ジョージ4世はヤハウェ王族の血が濃いので、まともな王だったようです。

イギリス王ジョージ4世愛妾 エリザベス

このエリザベスの顔をみると、彼女は「新生ヴィーナス」かも?孫のジェーン・チャーチルがヴィクトリア女王(=新生ヴィーナス)の寝室係だったといのもうなずけるような。。。それで〜、多分、チャーチル首相につながっているわけですね〜
そして、「エリザベス」という名も使っているわけで〜 やはり〜、エリザベス女王(1世も、2世も)=ヴィクトリア女王で、「新生ヴィーナス」であり、「シバの女王」であり、クレオパトラであるということ?!
(↑間違いでした!2014.03.31)

ウィリアム4世(イギリス王)

王妃アデレード・オブ・サクス=マイニンゲン

しかし〜、アデレードのほんとうの顔はこちらのようです!
アデレード 画像集
サクソン王族純血種のような鼻です!なので、姪のヴィクトリア(後のヴィクトリア女王)を可愛がっていたようですし、ヴィクトリアが戴冠すると皇太后として大切にされていたようです。
★ヤハウェ王族の血が濃いジョージ4世もウィリアム4世も、生き残るためにはサクソン王族の女性と結婚するしかなかったのでしょう。
(なので、ウィリアムが愛人にしていたドロシー(アイルランド人)とは10人の庶子がいたということですが、おそらく、ドロシーがヤハウェ王族だったので結婚できなかったのでしょう)

アデレードの王冠
サクソン王族らしい王冠のような。。。

ザクセン=マイニンゲン公国
ヴェッティン家(中世のザクセン地方、テューリンゲン地方を支配したドイツの有力な諸侯の家系)のエルンスト系によって統治されたザクセン諸公国の一つ。エルンスト系=エルネスティン家ともいい、エルネスティン系の分家の1つザクセン=コーブルク=ゴータ家は、19世紀になると結婚戦略によってヨーロッパの数多くの国の王を出して国際的な重要性を獲得し、「ヨーロッパ王室の牧場」と呼ばれるまでになった。ザクセン=コーブルク=ゴータ家は現在もベルギーとイギリス(但しウィンザー家と名を変えている)の王家。

近世では、こんな人が。。。
アーデルハイト・フォン・ザクセン=マイニンゲン(1891-1971)
まだ、生きていて日本にいるかも?なんだか短大の寮で一緒だった「土谷」さんや、「土田」さんに似ているような。。。二人とも身長が145センチくらいでかなり低かったです。

2013年旧東独の町、宗教改革ゆかりの町、そしてチューリンゲン、バイエルンの町巡り11。マイニンゲン。:ベームさんの旅行ブログ

王室などの女性の名前につく「of(オブ)」って、一体? l 歴史のQ&A [OKWave]

イギリス王ウィリアム4世妃 アデレイド::まりっぺのお気楽読書
慈悲深かったかとか、品行方正だったとかありますが、実際はどうだったのか?大いに疑問なところですが。。。とにかく、ウィリアム4世とアデレイドとの間の2人の子供は亡くなっています。また、兄王「ジョージ4世」と先妻「キャロライン」との1人娘『シャーロット』が亡くなり、ウィリアム4世が亡くなると、その弟のケント公エドワード(ジョージ3世の4男)とヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールド* との1人娘「ヴィクトリア」(後の『ヴィクトリア女王』)しか王位継承者がいなかったようです。

★★★ もちろん、これらは『新生ヴィーナス』を女王にするためのサクソン王族たちの陰謀です。ヴィクトリアが成人になる前くらいに『新生ヴィーナス』超悪魔脳(=人工知能でした!)を移植したんでしょう!

*ザクセン=コーブルク=ゴータ家
現当主は、アンドレアス・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ
ザクセン=コーブルク=ゴータ家のカール・エドゥアルト(ヴィクトリア女王とアルバート公の孫、1945年までナチ党員、ドイツ赤十字社総裁、国会議員としてユダヤ人大虐殺に加担)により、その血流は、このカールの長女ジビラにより、現在のスウェーデン王カール16世グスタフに引き継がれているとのことです。
?? Oh,my Gosh!!! なんてこった!!!

★★★ スウェーデン王家以外にも、ベルギー王家にも、ブルガリア王家にも、このザクセン=コーブルク=ゴータ家の血流が現在も継承されているんですね!!!

ポルトガル王家(東ゴート族)は1910年に断絶したようですが、共和制の大統領としてしばらくは生き残っていたようです。その中でも、アントニオ・サラザール*は40年間独裁体制をしいていました。しかし、カーネーション革命で、ついに彼の独裁体制は崩壊したようです。
*「ハリー・ポッター」シリーズの登場人物「サラザール・スリザリン」のモデルだそうで、あの悪魔ヴォルデモートは彼の直系の子孫だとか。ちなみに、ハリー在学時の校長はダンブルドアです。


★★★ ところで、「ジョージ4世」は、決して「愚王」などではなく、ウィキ(珍しく真実が書かれている)にあるように、実際は『ナポレオン戦争』に勝利し、フランス革命の亡命貴族を支援し、スコットランドとハノーヴァー朝の関係を良くしたり、ロンドン市街を大改造して都市整備したり(ナポレオン戦争に勝利しお金が潤沢にあったのかも?!)、芸術の庇護者**でもあったとのことで、ヴィクトリア女王時代にイギリスが世界の覇者となる基礎を築いた「名君」だったということです。

** 著書「ジョージ四世の夢のあと」-ヴィクトリア朝を準備した「芸術の庇護者」-君塚-直隆
内容説明のところや、カスタマーレヴュー(読者評価)を見ると内容がある程度分かります。

★★★ 要するに、サクス(ザクセン)・コーブルグ・ゴータ家を中心としたサクソン王族イルミナティたちが『ヴィクトリア女王時代』を創り出す前に、大英帝国の下地をジョージ4世に創らせておき、彼の改革が進みすぎて自分たちサクソン王族に都合が悪い事態になると暗殺したってことでしょう。

ジョージ3世

ジョージ3世の死のミステリー - Yukihisa Fujita Mystery World

これは、ジョージ4世のことではないかと。。。
わたしは、ヒ素による麻痺などの陰謀説を信じますね!実際、わたしもヒ素を偽姉・郁◎などから(名古屋での最初の4年間毎週土曜に彼女の家族と一緒に夕食を食べていましたが、いつも、各自のお皿をキッチリ分けていました。その当時のわたしは、すごく痩せていましたし、すごく低血圧になったりもし、カゼを引くと酷く身体が痛くなったりするようになりました。イギリスに語学留学後、帰国してからは一緒に夕食するのは止めましたが、カゼを引くとものすごく酷い症状になり、身体の痛みも尋常ではないという症状は同じか、さらに酷くなっていました。わたしが偽姉・郁◎を疑うのも、郁姉が一度、「旦那さんと中の悪い奥さんが食べ物に、長年、ヒ素を入れて殺したんだって」という話をしていたことがありました。

マッド・オブ・キング   ジョージ3世

ジョージ3世の母親オーガスタ・オブ・サクス=ゴータは、サクソン王族ですから、それもサクス・ゴータ家(=ゴート族=ローマ帝国に侵入してきたバルト海あたり出身の非常に野蛮で働かず強奪するタコ系部族)、狂乱の性質があってもおかしくないですね!

フレデリック・ルイス(プリンス・オブ・ウェールズ)

ジョージ1世
ステュアート朝*のイングランド王ジェームズ1世(ゲオルグ・ルートヴィヒ)の曾孫(ひまご)の一人。初代ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストエルンスト・アウグスト*とその妃ゾフィー**の長男。

ステュア(=ワ)ート朝
★ステュワート家はもともとはスコットランド王の財務長官であるステュワードという職掌からでたもので、1371年からスコットランド王家を継承していた。(つまり、スコットランド王位を継ぐための正当な継承者家系ではないということです)それに、以前の記事で書きましたが、ステュワート朝は、実際は、「セシル家」(セシル・ローズを輩出)の代々の当主が宰相となって、王を陰で操っていたのですから実質サクソン王族の王朝で「セシル朝」ともいうべきものでした。つまり、宰相のセシルが仕切っていた王朝なので、そのことも『ステュワート朝』と呼ぶにふさわしい名の王朝です!

ジェームズ1世
実母がスコットランド女王メアリー・ステュアートで、その祖母はテューダー朝のヘンリ7世の娘だったということです。しかし、ヘンリ7世はランカスター家(サクソン王族)ですし、メアリー・ステュアートは、ジェームズ5世とフランスのブルボン家(サクソン王族)の傍系にあたるギーズ家の出身です。

*エルンスト・アウグストは、1679年からブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人であるカレンベルグ候でしたが、1692年にハノーファー公と改称されたようです。

場所:ブラウンシュヴァイク

ヴェルフ家(=ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家)が長く所領としていたということです。
★ヴェルフ家=ヴォルフ家=狼家ということです!!!
ダイオウイカ=イカ+オオカミですから。。。


女衒(げせん)
★ヴェルフ家は売春業を主な生業としていたようです!!!

「サンダカン八番娼館 望郷、感想、ストーリー、ネタバレ 熊井啓監督」(1974年)

明治末期がもっとも売春業などの人身売買が盛んだったとのことです。というのも、元々、売春業はサクソン王族たちが関わっていたのですから、明治維新後、活発化し末期に最盛期を迎えたということでしょう。大正天皇になって状況が少し変わったのかも?しかし、第二次世界大戦時頃にはまた活発化していたようです。

** ゾフィー・フォン・デア・プファルツ

父はフリードリヒ5世_(プファルツ選帝侯&ボヘミア王)、母はエリザベス・ステュアート(鼻がサクソン王族、新生ヴィーナスに似ている)で、ステュワート朝ジェームズ1世と妃アン(アン・オブ・デンマーク=サクソン王族)の長女。
[PR]
by Ulala-lov | 2013-10-10 09:34 | アングロ・サクソン王族