これ誰?これダニ?ダニこれ??ゾンビだに??!  [1]     。。 霞ヶ関官僚の問題点 。。

霞ヶ関・経産省のキャリア官僚がまた不届きな発言をして、9月26日付けで、たったの2ヶ月の懲戒処分になったとのことです。これじゃあ、何の"お仕置き" 効果もないんじゃないの???

まあ、みずからの愚かさを世に知らしめ、世間に大々的にわが恥を曝(さら)したのは確かですが。。。

★★★ しか〜し、問題は、このように非常識で良心のかけらもなさそうな後藤久典氏が霞ヶ関の官僚たちにおいては特異な存在でなく、ごくごく一般的な、よくある官僚像らしいということです。(下のリンク先の証言より。ただし、わたしは内情をよく知りませんので、全部が全部とは言い切れませんが)

1. 経産省官僚-後藤久典氏ブログ削除「復興は不要」発言 画像

2. 「復興は不要だ」、お年寄りに「早く死ね」~ブログに悪口を書き連ねていた経産省官僚が停職処分

〜(引用)〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
ずっと昔から感じていたことですが・・・
国民に仕えるはずの公務員たるキャリア官僚ですが、
ある意味、最もふさわしくない人達が、その地位に就いて
いると思っていました。


省略

詰め込み教育の中で、ただひたすら負けることを知らず、
人として心の痛みを知らずに人生を送って来た人間が
ほとんどではないかと思うのです。
当然、優しさや思いやりに欠ける人間が多く出て来ます。
官僚が、慇懃(いんぎん)で冷たく感じるのは偶然などではありません。

そういった人間ばかりが集まると、往々にして・・・
狂人集団と化します。
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


★★★ こんなゾンビさんたちが国の中枢にいて、国会議員をも逆らえば陰謀で抹殺するなどして日本という国家を支配しているなんて、まさにゾンビ、ゾゾゾ〜!!!の世界なのです〜! 信じたくないけど〜、実際のところ、それが現実のようです。

ただし、上のブログの最後の部分、「アメリカは、日本から出ていって欲しい。」のところは、今、中国、北朝鮮から狙われている日本にとって日米軍事同盟は不可欠なものであり、わたしは賛成できません!

「官僚組織は全て解体すべきである。」のところは、'うららおばさん'の意見としては、一度、全員解雇し、現行制度も一旦(いったん)解体するのはよいと思います。そして、まともな見識をもち(仁、義、礼、智、信など五常の徳を備えた人格の)、かつ有能な人材を新たに雇って、官僚制度自体も大幅に改革し、(官僚と呼ばない方が良いかも?)、新しい国家公務員上級制度をスタートさせる必要があるとと思われます。

「腐り切った政治家には全て退場してもらいたい。」は、そういう政治家さんは選挙で落とすようにしたいのですが、どこかで選挙がうまく効力していないような。。。???せっかく、選挙活動がネット解禁されたのに、その成果が。。。なにやら十分に発揮されていないような。。。???正直、今のところ、うららおばさんには、どうしたらよいのか分かりませんだニャ〜 (?o?)


官僚たちがゾンビなのは、なにも受験勉強だけしてきた勝者意識の強い、世間知らずな自己中人間という理由だけでなく、彼らには、その生い立ち、祖先に問題があると考えられます。つまり、サクソン王族純血種サタニストたち(生物学的人造ロボット=1/4人間)の子孫(純血種なので当然1/4人間)が多いということです。

以前、このブログでも、官僚の多くは、旧華族の子孫たちが多いようですと書いたのですが。。。
皇室問題:旧宮家の皇籍復帰はあり得ない!!! 1
皇室問題:旧宮家の皇籍復帰はあり得ない!!! 3


3. 経産省官僚-後藤久典氏ブログ削除「復興は不要」画像を載せ罵倒 l マニアがくすぐる芸能ニュース裏のうら


4. 経産省エリート炎上w - ネットゲリラ

後藤久典氏親子

上の写真の後藤久典氏は、露木茂アナウンサーにそっくりですネ〜!親子でしょうか?!

女子アナウンサーブームを巻き起こした:露木 茂 ドキュメント !

なんだか露木さんの子供時代の戦時中体験談は大ウソのようですね!だって、関東大震災は1023年ですから、この当時、露木さんはまだ生まれていなかったはずですし、終戦時は、まだ4歳です。また、国会議事堂の前を通って通学していたなんてありえないでしょう。この人は、藤間家の前当主(もしくはクローン)だとわたしは、このブログで以前から書いています。* きっと、島根にでもいたんでしょう。
*このブログ内の関連記事:

島根県「石見銀山」ふもと '宅野' にある『藤間家=藤田家』とは? 1
島根県「石見銀山」ふもと '宅野' にある『藤間家=藤田家』とは? 2


また、上の写真の「露木茂」元フジTVアナが採用したという女性アナウンサーたち近藤サト中井美穂中村江里子は、小島奈津子アナが、孫の藤間明子であるように、おそらく、みなサクソン王族サタニストたちの娘でしょう!!!化粧でやや胡麻化(ゴマか)していますが、みな鼻の上部がかなり太いですよ〜!!

今、気づきましたが、「明石家さんま」さんは、どうも、わたしの故郷の近所で、幼なじみの洋子ちゃんの兄「隅田治」で、バンド「TUBE」のリーダー前田亘輝、コメディアンの萩原欽一と同一人物のようです。なんか物腰とか表情が時々萩原欽一に似ていますし、洋子ちゃんとも似ています。先日来このブログで書いてきましたように、治(おさむ)ちゃんの祖父は、ルパング島からの帰還兵「小野田博郎・少尉」(=李明博」前韓国大統領)であり、わたしが幼稚園や小学2年までの頃は、中気で半身不随の寝たきりの隅田のおじいさんでした。1964年ぐらいに亡くなったことになっています。奥さんだった「大竹しのぶ」は、なんか東電のhttp://ja.wikipedia.org/wiki/廣瀬直己社長にちょっと似ていますね〜!もしかして、お兄さんでしょうか?
東電社長・広瀬直己 画像集
この勝俣元東電会長(=ジョゼッペ)**の写真を見ると、ん〜、広瀬直己社長もどうやらジョゼッペの子孫でしょうね〜!

**このブログ内の関連記事:東電の勝俣会長はジョゼッペです〜!+『テュルク系氏族の起源』

前田亘輝の元妻だったタレント・女優の飯島直子も、鼻の上部がかなり太いので、やはり、サクソン王族サタニストの娘でしょう。彼らの結婚は、ほとんどみな政略結婚ですから。。。なんでも、昨年12月に再婚とか。。。どんな方なのでしょうか?気になるところですね〜!?

(つづく)
[PR]
by Ulala-lov | 2013-09-27 22:16 | アングロ・サクソン王族