日航ジャンボ123便墜落から28年〜霊たちは犯人を知っている?!

28年前、お盆の初日前夜12日の夕刻に、大阪空港に向かって羽田空港を離陸したばかりの日航ジャンボ123便が伊豆半島沖で何らかの爆発音とともに操縦不能状態に陥り、群馬県と長野県境の「御巣鷹の尾根」(=本当は「高天原山の尾根」)に6:56 p.m. に不時着。それから13日の未明にかけて、123便の乗客・乗員520名の方々が次々に亡くなられました。

後の調査では、機体の後の圧力隔壁の金属疲労による損壊により尾翼が破壊されたのが原因とする単なる航空機事故との結論に至っていますが、これはサタニストたちが自ら起した事件を隠蔽するために真実を曲げさせたことによる結果です。



123便の犠牲者の方々のご冥福をお祈りしますと共に、ご遺族の方々や、生存者4名(実際はもっといるかも?)の方々には心よりお見舞いを申し上げます。


ところで、昨日12日の夕刻、わたしがサタニストたちのことで近頃なぜか気になっていたことに対して、突然、ある閃(ひらめ)きがあり、後で、そのことを記したノートを見ると、その時刻がちょうど6:50頃でした。きっと、日航ジャンボの犠牲者の誰かが、闇に隠れている本当の犯人たちを早く探してほしかったから気づかせてくれたのではないかという気がします。

また、昨晩は、夕食(9時頃)後、10時頃から、うたた寝をして(よくするのですが)、2時頃目が覚め、また寝ようとしたのですが、この夜は 'なぜか' ちっとも寝付けず、結局、4時頃にはもう寝るのを諦(あきら)めて、これは日航ジャンボの犠牲者の方々が、きっと、この123便墜落事件の真相を丹念に調査しているブログ「(新)日本の黒い霧」*を読んでほしがっているのではないかと思って、パソコンを開き、そのブログを見たら、やはり、12日に新しい記事が更新されていました。

きっと、犠牲者の方々も早く真実を暴いて恨みを晴らしてもらいたいのでしょう!!!

日本航空123便事変から28年 ー幻想から真実の世界へー
:「(新)日本の黒い霧」より


また、このような記事も阿修羅版で発見しました〜!

[日航123便墜落事故] 自殺した航空自衛隊員が所持していた2枚の写真 純一:阿修羅掲示板


重要と思われるコメントを紹介します。

▶ コメント(1)

当該ブログより引用

「くれぐれも自衛隊を『組織』だと思わないでください。」

これは非常に重要な示唆です。このブログでも何度か報告しているように、
私たちの調査を激しく妨害する自衛隊系組織もあれば、中立的また協力的
な自衛隊系組織もあるのです。正直なところ私もさっぱり訳がわからない。
これらの経験から、「自衛隊」が、もはやその名前で象徴される一つの
組織集団だとは、私自身も思っていません(*2)。
そして、よくわからない
ながらも、私が「国営テロ集団」と呼んでいる、旧帝国陸軍系の軍事
グループ
が、政・官・財(裏社会やマスコミも)を横断して今でも強大な
影響力を保ち続けていることだけは経験的事実として認めていいでしょう。

読者の皆様にも、その点をご理解いただけるとありがたいし、そのように
読んでいただけると、このブログで紹介する事実関係の理解が一層深まる
と思います。


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


また、幾人かの証言によれば、123便の不時着時には乗客・乗員の生存者はまだかなりいたようなのです。しかし、不時着直前か直後の中性子爆弾で攻撃による爆死・落下死や、不時着時の衝撃死、さらに、夜明け前には自衛隊の特殊部隊(イルミナティの支配する部隊)により化学兵器で毒薬を散布されたり、アーミーナイフで殺傷されたりと、犠牲者たちは、サタニストたちの支持により悪魔的な惨殺をされたようなのです。


▶ コメント(2)

24. 2013年1月04日 21:47:24 : oPLlRicnAE
この投稿だけでなく愉快通快さんの一連の投稿は、以前は単純に空想や嘘や情報霍乱目的の工作だろうと思ってました。
けど、このスレッド読んでみると、どうやら真実ではないのか、仮に全部が全部真実ではないとしても「当たらずとも遠からず」といった、かなりイイ線行ってる真実に限りなく近い情報ではないかと思うようになりました。
あと年末の衆議院議員選挙と東京都知事選挙で、票読み取り機、そのプログラム、選挙管理、集票、集計、通信伝送、分析、警備など何もかもを総務省から一括して受注し、今回の派手な不正選挙に導いたとされるムサシという企業が、じつは自衛隊の民間ダミーで、その正体が陸上幕僚監部2部(主に暗殺などを手がける部隊)の特務機関(諜報スパイ破壊工作機関)だということ、またムサシの社長が原発推進団体と自民党へ献金していたということ、原発村の正体がウラン核兵器プルトニウム利権つまり防衛省利権で、原発村の黒幕はもちろん防衛省であることも見過ごしてはいけないと思います。
この投稿も、じつは真実ではないかと思えてきました。

日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた 愉快通快

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


事故当時は中曽根内閣でした。

そして、中曽根政権を影で操っていたと言われる『後藤田氏っていったいどんな人?』


後藤田正晴 wikipedia

後藤田官房長官は、そんなに優秀だったのか? - 酔っ払いのうわごと

内閣総理大臣その他の国務大臣による靖国神社公式参拝に関する後藤田談話

内閣官房と現代日本政治

官邸の一体化:後藤田正晴官房長官に学ぼう! l 中川秀直オフィシャルブログ「志士の目」

後藤田官房長官、中曽根首相を制止する - 川本ちょっとメモ

後藤田官房長官は、サクソン王族幹部とサクソン系兵士ばかりになっていて、なにも自衛隊を危険な目に遭わせて死者を出すことはないし、それが世界にまかり通ると知っていたということかも?日本以外の国がやればよいという日本にいたイルミナティ・トップクラスのサクソン王族たちの上から目線だったのでは?

後藤田正晴 画像集

★★★ おそらく、ルパング島からの帰還兵・小野田少尉=後藤田官房長官でしょう!!!

平野官房長官は、機密費で何をする~?:空を見上げて、空から眺めて〜 -eaglei

民主党鳩山政権の平野博文元官房長官って後藤田さんに似てない?

今に生きる『後藤田五訓』

いまだに課題だらけの国家安全保障

後藤田正晴 動画集

最上段の左から2番目の動画を見ると、後藤田氏の子どもの頃の写真が幾つか出てきますが、顔が清王朝の恭親王や、日本の伏見宮博恭王によく似ています。目も細くて吊り上がっていて、現在の目とは全然違います。きっと、成人前のいつかに整形したのでしょう。

日航ジャンボ123便墜落事故が起きた時の第2次中曽根内閣(第1次改造)の閣僚メンバーで事故に関係のありそうな閣僚は?

◎ 法務大臣 - 嶋崎均

Benesse発2010年「子どもの教育を考える」

平成24年度 若杉会総会開催
写真を見ると、小野田さんに似ています。(クローンもいますしね〜!兄たちも、息子もいるはずですし〜!)

◎ 運輸大臣 - 山下徳夫

山下徳夫 画像集

専修大学校友会総合情報誌 アドニスBol.21

鳥越製粉・鳥越家系図

山下理事長祝辞 l ニュース専修ウェブ版2001年04月号
この人もコウモリ系のような。。。小野田さんか、そのクローン?その親戚かも?

敬天新聞社
この人、小野田さんの息子になんか似てます〜!三島という名字ではないはず。その頃に亡くなったはずなんですが。。。

(2014.01.21 加筆): 隅田博(隅田のおじいさん=小野田博郎少尉=後藤田正晴=通産官僚・和田敏信=李明博前韓国大統領 - の息子)です!隅田博=山口組直系-難波安組二代目組長「小林治」=元「一和会」(山口組分派)副会長「加茂田重政」ですよ!!!

専修大学山下徳夫理事長(衆議院議員):敬天新聞
サイト内の2つの記事の新聞は拡大すると読めますよ。それにしても、山下徳夫専大理事長・衆院議員は「越後屋、そちも悪よの〜!」って言っている"カネゴン"*の悪代官みたいな人ですね!松井建設は名前のようにアイゼンベルグ系のような。。。また、鹿島建設はサタニストの超大物建設会社ですし。
* カネゴン
『カネゴン』第8話
カネゴン wikipedia

◎ 内閣官房長官 - 藤波孝生
この人も小野田さんに似てますよ〜!よ〜〜〜く見てください!!

藤波元官房長官が死去 リクルート事件で有罪判決

崩れざる冬薔薇 藤波孝生

藤波孝生氏を忘れてはいけない

イルミナティたちはよく「黒を白と言ったり、白を黒と言ったり」します。そして、仲間をうまく弁護します。

◎ 総務庁長官 - 後藤田正晴

★★★というように、小野田博郎=後藤田晴雄のクローンはたくさんいるようです!!!

◎ 防衛庁長官 - 加藤紘一

加藤紘一宅放火事件

この人は、自民党内ではハト派の宏池会に所属していたようです。しかし、創立者の池田勇人は、エドワード8世*(=背の高い吉尾先生に似ています=閑宮家=米国CIA長官アレン・ダレス=東急の五島慶太=バズビー博士)でしょう。いつも、ハト派のふりをしてハト派を呼び寄せる役が得意なようです。そして、集まって来たハト派の人物たちを掌握し、権力を握らせないようにしたり、転落させるなどする "巧妙なサタニストの作戦"です。
*このブログ内の関連記事:
日本を支配する「クロカモ」たちと、集団ストーカー
鄧小平&鄧文迪も、宋三姉妹も日本でスパイ活動中!(8)

ということで、加藤紘一氏は、サタニストたちに、様々な局面において、まんまと嵌(は)められたのではないでしょうか?日航ジャンボ123便墜落事件では、ダーティー・ハリー役を押し付けられたということでしょう。それで、加藤紘一氏は、ますますタカ派の連中との対立を深めていったのではないでしょうか?そして、とうとう、前述のように実家の放火事件という恐ろしく卑劣な犯行の被害に遭(あ)ったのです。これはタカ派のサタニストたちからの脅迫だったに違いありません。

加藤紘一元幹事長引退へ、波乱の政治家人生に幕


***他にも、この内閣のサタニストと思われる大臣は。。。

◎文部大臣 - 松永光

松永光 画像集

新春特別対談
「日本武道館・開館50周年を迎えて」(上):NIPPON BUDOKAN official web site


連盟会長(元大蔵大臣-松永光)ご挨拶:浦和軟式少年野球連盟

松永氏
松永氏のルーツ 子孫に松永光の名前が。
松永安左エ門(やすざえもん、1875~1971)
「電力王」「電力の鬼」と言われた日本の財界人。政治家(帝国議会衆議院議員1期)。美術コレクター、茶人としても知られ、耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人。
以前から指摘しているように、この松永安左エ門=アイゼンベルグですから。

*このブログ内の関連記事:
(続)ジョゼッペ・マッツィー二とアルバート・パイクの野望
(続9)幕末〜明治維新を駆け抜けた志士龍馬をヤッたのは誰?

(大変済みませんが、ここは、まだ書きかけです)


ところで、他にも、「(新)日本の黒い霧」より、最近の重要な記事がありましたので下記に紹介します!

8月8日の誤報について

今月から数ヶ月間はサタニストの攻撃が活発化する恐れがあります、情報をお持ちの方はぜひお知らせくださいますよう、よろしくお願いします。

認めたくない、首都東京の憂うべき現状(3)

国と東京都が力を合わせて、早急に、地下原発を廃炉にしてくださ〜い!!!これ以上日本で原発事故が起きたら、日本は崩壊し、海洋汚染・空気汚染は、北太平洋全域・インド洋東部とその周辺地域まで広がっていきます。ですから、これは日本だけの問題ではなく、世界の問題です〜!!!
[PR]
by Ulala-lov | 2013-08-13 13:34 | サタニストの攻撃