長崎原爆慰霊祈念式典と高校生の平和大使・核兵器廃絶署名活動

今日8月9日は、68年前の1945年に長崎に原爆が投下された日です。犠牲者の皆様へ哀悼の意を捧げますと共に、そのご遺族の皆様、被爆の後遺症により病と戦っておられます皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

また、今、秋田県を始め東北各地を襲っている豪雨によって被災されました皆様にも心よりお見舞い申し上げます。東北は立て続けに災害が続き、ほんとうに大変だろうなあと心配しています。どうか心を強くもって耐えてください。きっと晴れの良い日々がやってくると信じています。

本日、長崎の平和公園で行われました「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典式典」では、今年はインドが式典に初参加したということで世界にも原爆の恐ろしさ、いかに非人道的兵器であることへの理解が徐々に深まりつつあるのでしょうか?!(もちろん、兵器はみな非人道的であることに違いはないけれど防衛としての兵器の役割もあるのです。しかし、核兵器は並外れて非人道的ということです。)

また、被爆者の築城さんが被爆体験を語られ「平和の誓い」を述べられました。身内に犠牲者のいるわたしは黙祷の時から涙が出そうになっていたところだったのですが、築城さんの語られる実体験の凄まじさに、一層、涙しました。


若者への思い、誓いに込め=被爆者の築城さんー長崎原爆忌

また、築城さんは高校生が中心となって高校生平和大使として活躍したり、核兵器廃絶の署名活動を展開するなどしていることにも期待感をもっていると話されていました。

高校生平和大使・高校生1万人署名活動HP

「高校生平和大使」とは
最初、長崎から始まり、九州の他の県や、広島、神奈川、東京、東北の高校生たちにも活動の環(わ)が広がってきているようです。

第15回高校生平和大使 平和の旅

高校生1万人署名活動
2001〜2011年で69万筆ということですから、単純に1年平均にすると約6〜7万人の署名が毎年集まったことになります。当初の1万人署名という目標を大幅に越える署名が集まってきているということで、彼ら高校生たちの"頑張り度" がよく分かります。

高校生平和大使・国連へ核兵器の廃絶署名を提出

こういった高校生の平和への切なる願いと、世界平和のために自らが積極的に世界に働きかけたいという意欲的な態度が高校生たちに養われていっていることにとても感激し、平和な未来への期待感が高まりました。

ところで、わたしの祖先トーマス・グラバーの娘ハナ(華?)の兄「倉場富三郎」を始め、その親戚たちも長崎で大勢亡くなっています。富三郎は外国人収容所で被爆し、その後に自殺したとなっていますが、自殺なのか殺されたのか本当のところはよく分かりません。しかし、重傷を負った富三郎が彼を付け狙っていた恐ろしいサタニストたちからどんな残虐な目に遭わされ亡くなったのだろうかと想像するだけで涙涙です。他のグラバーの親戚たちも同様の目にあったかもしれないなどと思うとさらに涙涙涙〜〜。。。。。。です。 ?? ?? ??

ご先祖様たちの供養のためにも、わたしもまた頑張らなくっちゃっと思いを新たにしたところです〜!

(#_#)/***  がんにゃるど〜! とマジックウォンド(魔法の杖)を振りかざす。。。(を想像)


2世への継承「最後の機会」=進む被爆者の高齢化:時事ドットコム
どんな被害でも、その当事者というのは、ほんとうに様々な問題を抱えているものです。特に原爆のような筆舌に尽くしがたいほどの恐ろしい体験を語るということは、今だに被爆者ご自身とって非常に辛いことなのかもしれません。さらに、放射能被爆という、その特殊性から、身内の方々のことを考慮すれば一層、公の場でご自身が語るということがはばかられるというのも当然といえば当然な話です。より重い被爆をされた方ほど一層そのような思いを持っていらっしゃるのではないでしょうか?

★★★ 確かに、被爆2世の方々を含め、そういった被爆体験を被爆者に代わって語ってくださる方々がいれば、よりいいかもしれませんね?!


平和を願い放たれたハト - メガピクチャー

前日8日には、約5000本のキャンドル(平和のメッセージが書かれた)に火を灯して犠牲者を追悼する「平和の灯(ともしび)」が行われたそうです。
犠牲者を悼む5000本の火

犠牲者しのび「万灯流し」=平和への願い乗せ
天国の御霊が安らかであるように、せめてもの供養をしてあげたいですよね〜!わたしもご先祖様たちにしたいです〜!
[PR]
by Ulala-lov | 2013-08-09 23:45 | 原爆