鄧小平&鄧文迪も、宋三姉妹も日本でスパイ活動中!(5)

アレクサンドラ・オブ・デンマーク(1844〜1925年、英王エドワード7世の王妃)

アレクサンドラ王妃とエドワード7世は、1843年に結婚し、2人の間には3人の娘がいます。そして、長女ルイーズが靄齢、次女のヴィクトリアが美齢、三女のモードが慶齢(=長女ルイーズの次女モードと同じ人間かも?戸籍を改ざんか?)、この3人が「偽・宋三姉妹」の可能性大です!!! エドワード7世は1910年に亡くなったことにして、その直後から日本で「高橋是清」として大臣、首相を歴任し活躍していていました。妻のアレクサンドラとその娘たちも、アメリカで教育を受けた後(中国語の勉強をしていたのでしょう)に、次々と上海にやって来て、中国でスパイ工作をし、ヨーロッパの王室に嫁ぐ一方で、中国人(本当はヨーロッパ人?)とも結婚していたとしてもサクソン王族たちにはありがちなことで、少しもおかしくありません。アレクサンドラの母親のルイーゼ・フォン・ヘッセン・カッセル*(=偽・倪桂珍**)は、宋嘉樹(=ジョゼッペ)と(偽装?)結婚していたようです。彼らの結婚は形式だけで、誰とでも愛人関係になります。


ヘッセン・カッセル家の当主の母親は、全員がカルヴァン派信徒で八十年戦争を開戦機に指導したオラニエ公ウィレム1世(沈黙公)の子孫であるとのことです。

ルイーゼの子女には、イギリス王エドワード7世の王妃アレクサンドラや、ロシア皇帝アレクサンドル3世の皇后となったマリア・フョードロヴナ、ドイツのハノーファー元皇太子の妃テューラ・ア・ダンマーク(1853-1933)の三人の王女がいます。また、男子では世継ぎとなった長男のデンマーク王「フレゼリック8世」、ギリシャ王「ゲオルギオス1世」となった次男、台湾で孔子の子孫と名乗って孔祥煕に成りすましている実業家の偽・孔祥煕こと三男で末っ子の「ヴァルデマー王子」* がいます。

(下のほうに偽・孔祥煕の説明があります)


▶(左側から) ルイーズ(長女)、アレクサンドラ(母親=モード三女)、ヴィクトリア(次女)

▶(左側から)ヴィクトリア(次女)、モード(三女=母親アレクサンドラ)、 ルイーズ(長女)の三姉妹?
(写真下の名前の順番はわざと入れ替えてありウソです)

▶ 下の慶齢とモードの写真を比べてみてください!
◎ 1930年代の宋慶齢
モード(1869〜1938年、ノルウェー王妃)
おそらく、モード=アレクサンドラ王妃

1319 年以来、単独の王国として絶えていた(その間デンマークあるいはスウェーデンの王がノルウェー王を兼ねる同君連合が続いていた)ノルウェーに、約600年ぶりに復活した王妃。つまり、モードが王妃になったから独立したということかも。。。
従兄弟(実際は甥)のホーコン7世*と結婚。二人の間には、オーラヴ5世(ノルウェー王)が生まれた(本当の名前は、アレクサンデル・エドヴァルド・クリスチャン・フレゼリク)。オーラブ5世は、1929年に、オスカル2世(スウェーデン王)の三男カール(1861〜1951年、ヴェステルイェートランド公)と、インゲボー・ア・ダンマーク(1878-1958、デンマーク王女)の次女マッタ・アヴ・スヴェーリエと結婚した。ベルギー王妃アストリッド・ド・スエード(1905〜35年)* の姉にあたる。

*アストリッド.... ベルギー国王レオポルド3世の最初の妃。姉のマッタとはあまり似ておらず、この王女はヤハウェ王族のような顔をしています。そのせいで、サタニストたちの策略で(抗重力装置を使って)レオポルドに交通事故を起させ、アストリッドだけを暗殺したのでは。そして、ベルギー王レオポルド3世の後妻には、リリアン・バエル**(おそらく、アングロサクソン王族)が妻となっています(結婚に際し、アドルフ・ヒットラーから花束が送られた)。しかし、レオポルド3世の後を継いだ息子のボードゥアン1世は、1993年に自動車耐久レースで心不全で死亡しています。これもサタニストの暗殺かも?そして、弟のアルベール2世が王位を継承しています。(しかし、アングロサクソン王族サタニストたちは、リリアンの息子が後を継ぐように狙っているのではないかと。。。心配です〜〜〜)

**リリアン・バエル(1916〜2002年)
亡くなったとありますが、多分、亡くなっていないと思われます。

リリアン・バエルの親しい人には、朝青龍など角界の力士たちが。。。ヒットラーの恋人エヴァ・ブラウン(マリリン・モンローの少女時代ににてるので新生ヴィーナスですか?)とも。。。リリアンは、その子供?
内舘牧子 画像集
ま、まさかの内館牧子さんですか〜?!
今頃「汚れた舌」にハマる。〜内館牧子:くろいぬパレード岩渕敏司の『ラントゥ ザ ハリケーン。』
内館牧子

ベルギー国王の一覧(ザクセン・コーブルグ・ゴータ家)
ネーデルラント連合王国
ナポレオン戦争で占領されたネーデルランドが、1815年のウィーン会議により、ベルギーは、

ネーデルラント
「オランダ人の支配を嫌い1830年に革命が起きてザクセン・コーブルグ・ゴータ家のレオポルド1世を国王とする立憲君主国・ベルギー王国が成立」って、この地はもともとオランダ人の居住地だったんですからね!要するに、ザクセン・コーブルグ・ゴータ家が革命を先導し、乗っ取ったってことですぅ〜 ?? ??

*<ホーコン7世>
ホーコン7世(1872〜1957年、在位1905〜1957年、ノルウェー国王

デンマーク王フレデリク8世とスウェーデン王カール15世の娘ロヴィーサ*の次男

◎グリュックスブルク王家(ドイツ)は、デンマーク、ノルウェー、ギリシャの王室の人々につながっています。
グリュックスブルク王家

*ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエ
母親は、スウェーデン王室のカール15世の王妃で、プロイセン出身のルイーゼ・ファン・オラニエ=ナッサウ

(つづく)

[PR]
by Ulala-lov | 2013-05-18 01:10 | アングロ・サクソン王族