鄧小平&鄧文迪も、宋三姉妹も日本でスパイ活動中!(7)

2013−05−20

のつづき)


★★★また、アンドリュー・カーネギー(エドワード7世)は、「ウォルター・ロスチャイルド」によく似ています。

★★★ ウォルター・ロスチャイルド=エドワード7世です!!!


英国ロスチャイルド家の3代目「ネイサン・メイヤー・ロスチャイルド」*(初代と同じ名前のジュニア)初代男爵の長男です。動物学に熱心だった(大ウソ!)とのことで、「ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館」**も創設したとありますが、おそらく、それまで長年にわたって旧ハプスブルグ家の人々が研鑽を積んできた動物の研究、採集、標本作りとかをアルバート公やオールバニ公レオポルドや「ナサニエル・チャールズ・ロスチャイルド」***たちにまとめさせて新たな博物館を造り、自らの「ウォルター・ロスチャイルド」という名前をつけさせて、自分の名誉にしてしまったということですね。なんと〜、呆(あき)れた "名誉の横取り" ですぅ〜! ?? 口ポカ!

* Nathan Mayer Rothschild,1st Baron Rothschild

**ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館

*** チャールズ・ロスチャイルド
昆虫採集
彼の子供たちの4人のうち、ノミの研究で有名な「ミリアム・ロスチャイルド」と、弟の「ヴィクター・ロスチャイルド」は本物のチャールズの息子で旧ハプスブルグ家の人々(人間)に違いありません。しかし、エリザベス・シャーロッテ・ロスチャイルドと、キャサリーン・アニー・パノニカ・ロスチャイルド*などはアングロサクソン王族のようです。パノニカはマリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズ脳かも?


* パノニカに夢中 :「3つの願い」を読みながら(その1)
日露戦争に融資したのはチャールズ・ロスチャイルドではなく、ヤコブ・シフでしたよ!ヤコブ・シフは、ファイフ公爵=アンドリュー・カーネギーにそっくりで象二郎です。プロセイン王国フランクフルトで生まれたとあります。また、パノニカの顔を見れば、彼女がアングロサクソン王族って分かるでしょ!ネ!フランスのレジスタンス運動に参加したというのも真偽のほどは分かりませんが、もし、本当に参加していたとすれば、敵の動向を知る為にスパイ活動をしていたんでしょう。パノニカはナチのスパイですから。それから、第二次世界大戦では、ロスチャイルドの親戚・友人などを含む数百万人ものアシュケナージ・ユダヤが殺害されたというのは、まったくもって作り話でしょう。

パノニカに夢中 :「3つの願い」を読みながら (その2)
多分、パノニカは、ほんとうに麻薬やアルコール中毒だったのかも!ジャズのパトロンなのも、ジャズの起源は、西アフリカ、西サヘル(サハラ砂漠南縁に東西に伸びる帯状の地域)、ニューイングランド(ピューリタン=アングロサクソンのキリスト教原理主義派がマサチューセッツへ移住するなど)の宗教的な賛美歌やヨーロッパの軍隊音楽(多分、アングロサクソン軍団の音楽に由来)にあるから、そういう理由からなんでしょう。

西アフリカや西サヘルは、ニグロサクソン人=ネアンダール人(ネアンデルタール人とも云う)の祖先であるゴリラ、チンパンジー、ヒヒなどの生息地であり、それらのサルの遺伝子とアイゼンベルグが自分の遺伝子とをハイブリッドして進化させた原住民などもいるのでしょう。おそらく、アイゼンベルグは火星で進化したネアンダール系なのではないかとわたしは推察していますが、きっと、火星のネアンダール系からジャズが生まれ、それでアイゼンベルグはジャズが好きなのではないかと。なので、アイゼンベルグが、西アフリカや西サヘルのネアンダール系原住民にジャズを教えたり、欧米でも、アングロサクソンの音楽であるジャズを流行させたり、賛美歌や軍隊音楽にも取り入れさせたであろうことは容易に察しがつくところです。

ジャズ wikipedia

でも、ジャズも素敵な音楽には違いありませんけれどもネ!

また、ウォルター・ロスチャイルド(象二郎)は、『バルフォア宣言』にも関与していたようですし、

バルフォア宣言

バルフォアがウォルター・ロスチャイルド卿(=エドワード7世=象二郎)に送った手紙には、「His Majesty's Govemment 王の政府(=英国政府)の代理としてバルフォアが、ユダヤ人のシオニスト運動に共感する宣言が内閣で承認されたことを貴殿に伝えます」とあります。最後に、「貴殿によって、この宣言をシオニスト連盟にお伝えいただければ、有り難いと思います」とあり、エドワード7世が"シオニスト連盟" (スファラディム・ユダヤ=アングロサクソン王族たち)と密接な関係があることが分かります。

この時の、HIs Majesty (王)とは、ジョージ5世であり、His Majesty's Govemment とあるように、英国が立憲君主制であることから、王の政府とあるように、確かに英国議会は尊重され、かなりな力を持っているものの、最終的には王や女王の権限が議会に勝(まさ)っているということなのではないでしょうか?

石油とホロコースト by Clifford Shack :さてはてメモ帳

英国のウォルター・ロスチャイルド(=エドワード7世)も、フランスのエドモンド・ロスチャイルド(多分、アーサー・ウィリアム・パトリック・アルバート(コノート公)?)もアングロサクソン王族純血種で、英国ハノーヴァー朝のヴィクトリア女王の息子たちですよ〜!

出発〜失われたシュテットル、ユダヤ人町の跡を尋ねる

血の日曜日事件(1905年)ロシア共産主義運動のはじまり
サタニストたちは、搾取・貧困・戦争にあえぐ労働者たちを、共産主義革命に導き、結果的には、共産主義国家という、さらなる独裁主義体制を強めた国にしていったわけですね!まったく、サタニストたちはさんざん悪政をやって、当然のごとく人々の不満が高まると、今度は大衆の不満のはけ口に「革命を起こせば新しい良い社会がやって来る」と吹聴してダマしたのです。サタニストたちは革命へと大衆を煽動し、結局、ロシア国内は戦時と同じような状態になりスターリンによる大虐殺が行われました。そして、結局、その次の社会「共産主義社会」は、さらにもっとひどい悪政になるようにするんですよね!まったく、悪賢い、悪魔信奉の「吸血鬼モンスター」たちです!!!


< 慶齢の夫 孫文 >

孫文

孫文は、中国の「清国」時代に、広東省(かんとんしょう)香山県翠亭村(現・中山市*)の客家**(ハッカ)の家に生まれる。ハワイにいた兄の孫眉を頼り、ホノルル市のプナホウ・スクールで学んでいた17歳の時に、孫文の故郷である華南一帯を戦場とする『清仏戦争』**(1884年)が勃発したので中国に帰国したのでしょう。そして、(アングロサクソン王族たちの陰謀で激戦地に)出兵させられて戦死したのでしょう。実質、暗殺されたのだと思います。そして、エドワード8世が孫文に成りすまして、客家たちをダマして「興中会」を結成したり、「護憲運動」を始めたりして、『辛亥革命』や「国民党」の起す様々な略奪や戦争を勃発させるための準備活動を始めたのです。?? ?? ??

ウィキサイトの "17歳の時の孫文 " の生き生きとした涼やかな眼をしたハンサム顔の青年の写真と、一番上の眼の濁った陰険な感じの偽・孫文(=エドワード7世)の中年男の顔??とは大違いです!

?? プン、プン!!! ほんと腹たつワ〜

中国の地図

* 中山市
辛亥革命の指導者である孫文の出身地であり、その号が「中山」であったことに由来して命名されたそうです。珠江デルタの中南部で、香港、マカオとも隣接(りんせつ)している。
出身者...孫文(=偽・孫文=エドワード7世)、程璧光(てい へきこう)、唐紹儀(とう しょうぎ、ジョージ5世)、孫科(そん か、偽・孫文の息子で生母は盧慕貞

程璧光
この人は客家のようです。孫文が漢人だと思ってダマされていたのでしょう。結局、1918年に孫文の意に添わぬ「7総裁による合議制」への改組を孫文に進言して説得しようとしたため、間もなく、孫文派の刺客(しかく)に暗殺されています。
唐紹儀
この人は変装したジョージ5世(イギリス王)です!
孫科
護憲運動を開始した孫文に秘書として付き添っていたが、広州市の市長など要職を歴任し、国民党政府の要職も歴任しています。フランス、アメリカに移住後、1965年より台湾で総帥府の要職を歴任し1973年に死去。でも、この人もまだ生きているかも?

** 客家
客家語を共有する漢民族の一支流で、原則漢民族であり、そのルーツは古代中国(周から春秋戦国時代)の中原や中国北東部(ウソ!)

中国の民族(客家民族) - 世界民族博覧会
「客家は、中国南方の華南地方の先住民による、外来者という意味。決して、中国への外来者ではなく、むしろ、中原(ちゅうげん:黄河流域)発祥の "正統な漢民族" である。」
ただし、『起源』の項目の「(秦の)始皇帝時代からの中原を起源とする正統な漢民族」というところや、「始皇帝時代に現在のベトナム辺りまで、領土を拡大したときが、最初の移住とされる。」のところ、「戦争のため移住を繰り返している。」のところの3カ所は "間違い" です。
真実は、古代の『夏』*(人間の古代国家)以来、度々、北方の匈奴国家に侵略を繰り返され、始皇帝時代に南部に追いやられて移住したというのが正しいのでしょう。

龍の玉璋は、「夏」が、アングロサクソン王族の新興国家「殷」に侵略された後に、同じ宮殿で使われていたので遺跡の中に残っているのでしょう。


また、『珍味』以下のほぼすべて項目は間違いだらけのようです。ただし、『社会組織』が「父系社会(ヤハウェ系)である」ことや、『著名人』の項目では「本物の孫文が客家人」という点はハッキリと正しいと分かりますが。。。鄧小平は間違いでしょうし、後はよく分かりません。

★★★要するに、客家人は、中国にB.C.7〜8000年頃から定住しているヤハウェ系王族ということみたいですネ〜!

*** 清仏戦争

孫文 / クリック20世紀
上の歴史年表を見ていくと孫文の活動の流れと世界の動きが平行して分かって、アングロサクソン王族サタニストたちの動きが理解しやすいですよ!日露戦争、第一次世界大戦とかも、クリックして見ると分かりやすいです。
第一次世界大戦 - Yahoo!百科事典
ヴェルサイユ条約
第一次世界大戦時の米国大統領だった偽・ウッドロウ・ウィルソンは、エドワード8世ですよ〜〜〜!平和主義者を装っていますが、エドワード8世は熱烈なナチ信奉者だったということをお忘れなく!
ウッドロウ・ウィルソン
また、第一次世界大戦では、ビスマルク宰相(=象二郎)を嫌っていて解任した「ヴィルヘルム2世」が制裁を受け、オランダに亡命し、「ホーエンツォレルン家」が滅亡する。ビスマルクの仕返しだったような。。。
ヴィルヘルム2世
完璧な帝国主義者のヴィルヘルム1世は、ロシア帝国から妻を娶っていて、その影響からか息子のフリードリヒ3世は自由主義者だったそうです。ヴィルヘルム2世は、祖父と自由主義者の両親からとの両方の影響を受けて育ったようです。ウィキの説明は長いので、ほぼ飛ばして最後の「評価」だけを見ると、第一次世界大戦の責任は彼ひとりに押し付けられてきたけれども、実は、そうではなく、国家指導者層(ほとんどアングロサクソン王族)全体で、第一次世界大戦を起こす方向に向かっていたということです。

孫文 - Yahoo! 百科事典

孫文が愛した日本人妻、求婚時は14歳ー日本(レコードチャイナ)


ところで、偽・慶齢の夫「偽・孫文」は、偽・靄齢(=エドワード7世の長女ルイーズ)の夫『初代ファイフ公爵』とよく似ています。

★★★ つまり、初代ファイフ公爵=エドワード7世=アルバート公=偽・孫文ということです!!!

つまり、偽・孫文ことエドワード7世は、初代ファイフ公爵としては自分の長女ルイーズ(=偽・靄齢あいれい)と偽装結婚していたので、「孫文」が日本にいた時にも、最初は長女の偽・靄齢(ルイーズ)が秘書をしていたのですね。しかし、その後、次女の偽・慶齢(アレクサンドラ王妃)がアメリカからの留学を終え日本にやって来たので、それで、本当の妻である偽・慶齢(アレクサンドラ王妃)が孫文(エドワード7世)の秘書をするようになったというわけですね!なるほど〜納得しましたですぅ〜 ??; ハハッ、かなり複雑な謎解き人間関係でした〜 やれやれ〜

★★★ 慶齢は、"中国の母" と呼ばれているそうですが、表向きは慈善事業をして、裏で悪事を画策して、手下たちにやらせていた人ですね。。。そうでなければ、国民党を創設した孫文の妻なのに、共産党と友好的だったというし、国民党が台湾に逃れた時に一緒に行かずに中国に残ったというのもかなり変です。普通に考えれば、中国に留まれば殺害される恐れがかなりあったはずですが。。。ということは、そのような心配が全くなかったからでしょう!!!

につづく)
[PR]
by Ulala-lov | 2013-05-20 03:12 | アングロ・サクソン王族