鄧小平&鄧文迪も、宋三姉妹も日本でスパイ活動中!(10)

(9のつづき)
大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。

***** 魯迅 wikipedia 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
魯迅とは コトバンク
魯迅
716夜『阿Q正伝』魯迅 l 松岡正剛の千夜千冊

魯迅 画像集
ウィキにも乗っているのと同じ魯迅の写真は、顔の表情が全然違い、ジョゼッペです!渡哲也にちょっと似てるでしょう?!

日本人にとっての魯迅 人民中国

この写真の魯迅(おそらく、最初の留学)は、目が生きていて、爽やかさがありますが、その後の写真の魯迅は目が淀(よど)んでいます。それから、鼻の形も、この写真と後の写真(タコ・イカ系の鼻)では違います。

魯迅

本名が周樹人という、おそらくヤハウェ王族と推察されます。おそらく、日本で医学を学んでいる時に親切にしてくれた教師「藤野先生」(=エドワード8世=外科医師の吉尾先生だから)に殺害され(1904〜5年頃)、ジョゼッペが魯迅に成りすますようになったのでしょう。

魯迅 - Yahoo!検索(左端の動画の内容がある程度参考になります)

中国に帰った偽・魯迅(ジョゼッペ)は、国民党や共産党に都合の良い文学作品を書いて革命に貢献するようになったというわけです。その後も弟を連れて日本に文学の勉強に留学していたとありますが、ジョゼッペが日本に滞在する必要があったからでしょう。そして、1番目の妻も2番目の妻もサクソン王族でしょう。2番目の妻は魯迅の死後、中国共産党内の婦人部の活動で活躍しています。

関東の中山大学時代、魯迅と妻と助手/a>

周作人(魯迅の弟)
2番目の妻「広許平」に裏切られて、批判され、失意のうちに刑務所で亡くなったそうです!
〜 〜 〜   〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜  〜 〜 〜 〜 〜


蒋介石(若い頃)

★この若い頃の本物の蒋介石の写真と、ジョゼッペが成りすました偽・蒋介石とはかなり感じが違います。

台湾は蒋介石時代を克服し、日本は蝙蝠となるか?:薮の目には涙も出ない
蝙蝠(こうもり)とは

上のサイトは、とても良い情報がたくさん書かれているのですが、ただし、最後のほうの「従軍慰安婦問題、南京事件は嘘話である」とか、「中国という『金と権力がすべての国』の文化」などという極論は、事実ではありません。日本というより、その当時日本の軍部に巣食っていたアングロサクソン王族・サタニストたちが、日本も、韓国も、中国も、台湾も支配し、大衆を酷い目に遭わせていたというのが事実です。だから、日本という国や、日本人に謝れというよりも、アングロサクソン王族たちに謝れというのが正しい批判だと思います。

蒋介石と「神戸有馬温泉の意外なつながり、蒋介石は有馬温泉に滞在..」- とある台湾観光旅行記

偽・倪桂珍*は、偽・蒋介石の結婚予定だった美齢の母親にあたるので、娘さんをくださいとお願いに行ったというわけですね。(訂正 2014.10.03:シバの女王と新生ヴィーナスはともにジョゼッペ(=旧約聖書のロト)の娘で二人とも父親と性的関係が5万年も前からありました。偽・倪桂珍=シバの女王はすでに宋嘉樹(ジョゼッペ)と結婚しており、なので、妹とも結婚していいかと姉の許可を得るためだったのでは?*)ところで、台北の「中正記念堂」の1階には、偽・蒋介石にまつわる(=関連する)品々がたくさん展示がしてあるそうです。

*偽・宋家の家系図
上海に宋三姉妹の跡を訪ねる l 上海発 魅惑の観光スポット l 上海東方和平国際旅行社
(家系図は一番下のところにあります!)


*偽・倪桂珍=英妃アレクサンドラ(オブ・デンマーク)の母親「ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセル」

(訂正・2014.10.03) 偽・倪桂珍=偽・慶齢=『シバの女王』のようです!
偽・慶齢は『シバの女王』が基本のようですが、時々、妹の偽・美齢(英妃アレクサンドラ・オブ・デンマーク=『新生ヴィーナス』)が入れ替わったりしていたようです。また、偽・倪桂珍(ルイーズ)と偽・慶齢の顔を区別する必要があったのでしょう。そのため、偽・倪桂珍のほうが偽・慶齢よりずっと八の字眉で、頬下にエクボがあります。


1981年5月 宋慶齢、死去 l 熊眼看中国:1976年〜2000年、とあるチャイニーズが視た中国の道程

1番上の写真は偽・倪桂珍(げい・けいちん=ルイーゼ)の晩年の写真、上から2番目の写真は偽・慶齢(アレクサンドラ)と孫文の写真、3番目はルイーゼでしょう。(ルイーゼは眉が八の字っぽいし、頬下にエクボ)(←訂正 2014.10.03:偽・倪桂珍=偽・慶齢で同一人物のシバの女王でした!)4番目の偽・宋三姉妹の写真は、本物の宋三姉妹の写真に頭部だけ偽・宋三姉妹に変え、さらに、その顔をやや子供っぽく修正してあるのでしょう。

一番下の写真は、「本物の倪桂珍」のような感じがします。爽(さわ)やかな感じの美人ですね〜!彼女やその一家が、恐ろしいサタニストたちに惨殺されたかと思うと可哀想すぎます!??  悲しすぎます〜 ??
そして、サタニストたちの悪行を考えると、悔しいやら ??。。。ホント、奴らには腹立ちます〜!??


★★★ (←訂正 2014.10.03:実は、偽・宋慶齢=『シバの女王』であり亡くなってなどいません!!!また、偽・宋慶齢=偽・倪桂珍(娘と母とを一人で二役こなす)でありました。また、驚いたことに『シバの女王』は、中国でこのような悪辣(あくらつ)、かつ、華々しい活躍をする前には、明治天皇(=大室寅之助=ジョージ5世のクローン兄弟?)の側室・園祥子となっていたのです。また同時に、神戸の鈴木商店の経営者である「鈴木岩次郎」(=明治天皇?明治7年に鈴木商店を開業)の妻「鈴木よね」としても活躍していたのです!!!「鈴木商店」や「鈴木よね」などに関しては、2014.10.03の記事:山本一太元内閣特命担当大臣はアングロサクソ脳族大物部下?!で詳しく説明しています。)

ところで、蒋介石が有馬ホテルに残したと言われる直筆の額だそうですが、『横掃千軍』と書かれています。「よこそう千軍」って、「千軍(たくさんの兵力)をもって、黄(横でごまかす)色人種を一掃する」、あるいは、「たくさんの兵をよこそう(よこせ)!」という暗号だったのでしょうか?

蒋介石が有馬ホテルに行ったのは1927年のことのようです。そうなると、当時、蒋介石は日本の軍事介入、つまり、「満州事変」*(1931.9~1932.2)、さらには、「日中戦争」**を待ち望んでいたということなのでしょうか!!!


実際、この直筆を書いた翌年1928年には、蒋介石は「日清通商航海条約」の一方的な破棄を宣言し、日本政府はその無効を主張!つまり、当時の中国を代表する「中華民国」(蒋介石が率いる国民党の領域)は、日本と対立し始めたということです。

* 満州事変
** 日中戦争


@@; この〜!、革命家なんて大ウソで、わざと戦争を引き起こして、略奪、殺人、拷問、強姦など悪いこと三昧がしたかったんじゃ?
この戦争では、アメリカから有形無形の軍事援助を引き出し、義勇軍「フライング・タイガース」の設立や、中華民国空軍の近代化に大きく貢献したとか。でも、きっと個人資産も莫大に増やしたんでしょうね〜!


蒋介石と宋三姉妹 - ROSSさんの大阪ハクナマタタ
蒋介石は女性にもだらしなかったようで、彼の実像は、英雄像とはかけ離れていたようですね!!!


★★★ところで、もう一度、『偽・宋美齢』について、"彼女の人となり" を示すブログが幾つかありましたので紹介します。

宋美齢 画像集

この偽・美齢が英妃アレクサンドラ・オブ・デンマークです!すごくよく化けています!!!

20世紀の愛と野望の果てに・・・蒋介石・宋美齢 悲劇の一族
偽・宋美齢は、なかなか残虐な策士みたいですよ!

宋美齢立案!? 幻の東京空襲計画
偽・美齢は、1942年11月~43年5月までアメリカに滞在し、ニューヨーク、ハリウッドでも、中国支援集会に顔を出しては、抗日演説を繰り返し、アメリカ世論は見事に反日に傾いていったとのこと。毎日何百通ものファンレターが届いたのだとか。ところが、彼女は、ここで集めた寄付金を自分の毛皮や宝石代、そして高級ホテル代に使っていたのだとか。また、化粧代も年間400ドルとか。(そうとう厚塗りして、変装していたんでしょうかね?)

蒋介石・宋美齢夫妻の別邸「美齢宮」が改修工事を開始―江蘇省南京市
偽・美齢は、主席官邸を私物化しちゃったんですね〜!

宋美齢(その2):太田述正コラム
アメリカもCIA長官(サクソン王族)によって、動かされていたわけで、小人(こびと)タコ系「シバの女王」である偽・宋三姉妹、その父「ジョゼッペ」たちが、すべて連動して動いていたのですから、共産党も、国民党もトップは仲良しで、内部腐敗の激しかった国民党を信用しなくなった中国国民をダマすための見せ掛け対立だったのでしょう。要するに、見せ掛けの対立をし、内戦を始めて、民衆を大殺戮、略奪などをするのが狙いだったのでしょう。そもそも、米国の資金援助一つとっても、その多くが偽・蒋介石と偽・宋嘉樹(偽・宋三姉妹を含む)を頂点とする一族の米国預金口座に収まってしまう有様だったとか。


週刊NY生活 マダム蒋介石のNY住まい:コモンるみのこぼれ話 from New York
写真の黒い服で3人並んで座っている写真は、左から、偽・美齢、偽・靄齢、偽・慶齢(=偽・倪桂珍)だそうです。

う〜ん、ほんとうに亡くなったのかな?まだ、日本にいるんじゃあ?

◎[長女 靄齢(あいれい)]

宋靄齢

この人は口の下のアゴが長く、スメラ=三国連太郎=ピーター・オトゥール=ヘンリー・フォンダの女性形でしょう。クモ・タコ・龍・恐竜型(歯はチョウチンアンコウ)エイリアンの遺伝子が入っています。

< 「靄齢」の夫『孔祥熙』 >

孔祥熙(こう しょうき)
どうやら、本物の「孔子」の子孫ではないようですネ!孔子はヤハウェ王族のようですが。この孔祥熙は、顔からして眉がちょっと垂れ気味で鼻も「タコ+オオカミ」系のサクソン王族のようです。

偽・孔家と偽・宋家が結託し「孔宋集団」を形成し、腐敗政権や民衆の財産を集め私服を肥やす者たちの象徴と言われた。国共内戦(国民党軍&共産党軍と地元軍閥との戦い)の末期には、中国国民党や孔宋家の一族に対して『刮民党』(刮は、略奪する、巻き上げるの意味)と呼ぶことが流行した。

★★★ ナチなどファシスト、というか、古来からサクソン軍団がやってきた略奪と同じではないですか?国民のための革命なんて名ばかりのことをやっていたんですね!

ところで、偽・孫文、偽・蒋介石がヨーロッパ系アングロサクソン王族だと分かったからには、偽・孔祥煕もそうに違いない!と思って、ネットで調べてみると、デンマーク王室のクリスチャン9世の3男「ヴァルデマー王子」(あれ〜「悪で丸」?!)が、孔祥煕に似てました! なので、英国「ハノーヴァー朝」のエドワード7世の妃「アレクサンドラ王妃」の弟になります!

★★★ 偽・孔祥煕=ヴァルデマー王子(デンマーク王室)!!!

孔祥煕のほうがヴァルデマー王子より、かなり太目ではありますけれど、きっと、わざと太って変装しているのでしょう!似たような(=同じ?)メガネもかけてますしネ。

ヴァルデマー(デンマーク王子)
(写真を拡大して見ると、分かりやすいです)

孔祥煕 画像集

孔祥煕とヒットラー
ニクソン元米大統領* は、彼らとすごく親しいようですね〜!

* リチャード・ニクソン
父親はギリシャの出身、母親はドイツの出身だそうですが、おそらく王族でしょう。なので、デンマーク王室(グリュックスブルグ家)ともつながっているはずです。鼻がやはりタコ・イカ系に似てるような。。。



<<ドラゴンレディーって、いったい誰のことでしょう?>>

ドラゴンレディーというのは、どういう女性のことなのでしょうか? - Yahoo!知恵袋

ブログテーマ[ドラゴンレディーと呼ばれた投資家]
: 華僑に学ぶ海外投資 資産運用 アジアで成功を掴む ガムジのブログ

米国の経済新聞にドラゴンレディーと比喩された投資家 私のメンター!その1
ドラゴンレディーの息子 マカオでカジノ
米国の経済新聞にドラゴンレディーと比喩された投資家 私のメンター! その2
華僑の投資家 初めてのドラゴンレディーとの出会い


<< ベトナムの『シバの女王』??? >>

マダム・ヌー(=チャン・レ・スアン 陳麗春)
このマダム・ヌーは、サクソン王族の女スパイで、自分の家族の悲劇は意図的にねつ造されたものでしょう。この悲劇的な偽りの過去を話すことにより、南ベトナムの人々に信用されたのでしょう。

マダム・ヌーは、南ベトナム大統領のゴ・ディン・ジエムの実弟ゴ・ディン・ヌーを意図的に誘惑して結婚し、結果的に、自らの強行な宗教政策により、政府に対する国民の敵意を煽り、また、米国のケネディー大統領(=ジョゼッペ)の策略により、1963年11月に、南ベトナムで、ベトナム共和国陸軍の将校集団(南ベトナム)や、ベトコン(北ベトナムの人民解放戦線)軍事クーデターが発生し、義兄のジエム大統領とその弟である彼女の夫は処刑されたとあります。

汪兆銘(=エドワード8世)&その妻・陳璧君(=ジョゼッペ?)と彼らに従うグループは、ハノイ(北ベトナムの首都)にもいたりしてスパイ活動していたようですので、彼らが、当時から徐々に軍部に侵入し、軍事クーデター煽動に関わっていたかもしれませんね!


彼女は、その後、大金をもらって、アメリカ、イタリア、フランスなどで優雅に暮らしたというのが真実でしょう。死んだことになっていますが、若がえりして、まだ生きているかもしれません。案外、今、日本にいるかも?


?? いつものことですが、このブログのリンク先は、すべてネット上の検索で見つけたものを勝ってに掲載(けいさい)させていただいています。リンクさせていただきましたブログは、まさに目からウロコが落ちるような素晴らしい内容の記事ばかりで、ブログ主様たちには、いつも感謝、感謝いたしております!たまのお礼で相済みませんが、ほんとうにありがとうございま〜す!?????? ナムナム ??
[PR]
by Ulala-lov | 2013-05-27 23:03 | アングロ・サクソン王族