2017−08−25

のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。








コメント欄には、この歌の歌詞の内容はナポレオンのことだと書いている人がいますが、皇帝ナポレオン・ボナパルト(ジョゼッペ)で妃は『ジョセフィーヌ』(=ハトホル)。

ということは、ジョゼッペはハトホルの男性形クローンかも?なので、アングロサクソン王族なので、この歌詞で描かれている人物とは違います。この歌の歌詞の中の王のモデルは「イスラエル王国」の人間の王だった『ダビデ王』(=旧約聖書「出エジプト」の指導者『モーセ』)のことらしいです。










日本人が全てユダヤというわけではありません。

約5万年前に、火星から地球にやってきた人間たちの中で最初から日本(おそらく、仮名かもしれないけれど「ムー大陸」の中央)に住んでいた人間の日本人がBC10000年前の火星の衛星の衝突の時に地下や山の洞穴などに隠れて生き延びていた可能性もあるし。。。

その後、ダビデ王(=人間=出エジプトの「モーセ」らしいです)が「イスラエル王国」を乗っ取られたために逃げ出したアシュケナージユダヤ(人間)の12氏族(13氏族?)のうちの一部族か、幾つかの部族が日本にやって来たのでしょう。

伊勢神宮内宮の『三種の神器』とは、もともとは『モーセ』* が出エジプトの後、イスラエルに向かっている途中のシナイ山で神から授けられたという『十戒の石』と、モーセの『反重力装置の杖』(これをアングロサクソン王族が奪って、ずっと悪用してきたということでしょう)と、『壷』(よく分かりません。もしかしたらルーシーの子宮を表す『聖杯』?)だったようです。この三種の神器が入っていたのが『契約の聖櫃着(アーク)』なのでしょう。このアークは『シバの女王』がソロモン**との子供『メネリク1世』(象二郎)を生んだ後に、ソロモンから盗み出して勝手に自国『アクスム王国』(現エチオピア)に持ち帰ったようです。

* これもアングロサクソン王族による改ざん歴史でしょう。
「モー+ゼ」は「モー・ゼウス」=モーは牛の鳴き声だから「牛のゼウス」←これはアングロサクソン王族のゼウスのこと。牛には角があり、肉も赤いということはヒドラ遺伝子が入っているということです。そして、アングロサクソン王族にも、きっと牛の遺伝子が入っているのでしょう。


** ソロモン=多分、アイゼンベルグ=アメンホテプ4世=これが2000年先の未来からタイムトラベルして火星にやってきたキチガイ科学者で野心家の人間かな?そして、このアイゼンベルグがバテ・シバ(本当は妊娠していなかった)の赤ちゃん『ソロモン』(拡大縮小の自由自在な薬「スロ・スウン物質」を飲んで)となって成長したということかも。

というのも、わたしの偽姉・谷本由香子の次女香織ちゃんは『フランス革命』後の王政復古で王となった「ルイ・フィリップ」の5男の「フランソワ」*** にソックリです。香織ちゃんはなかなか生まれて来なくて、出産予定日の1ヶ月後に4000gのかなり大きめの赤ちゃんで生まれてきたと母から聞きました。なので、フランソワがスロ・スウン物質を飲んで少し大きめの赤ん坊にまで縮小して、由香子の赤ちゃんとなり、リセット人生を始めたのではないかと。

そして、アイゼンベルグは現在より2000年未来から30万年くらい過去の火星にやって来て人間のゼウスの城の門番となり、ゼウスに取り入って、ゼウスの娘と結婚し、生まれた娘に、人工知能ハルの一部(受信・発信装置?)をその脳に取り付けてハトホル(最高の人工知能が能に入っている)となったのでしょう。このゼウスの娘ハトホルの血を受け継ぐ娘(母親がルーシーの直系であり、父がアイゼンベルグなのでアイゼンベルグ版のルーシー)がアイゼンベルグの世界征服(人間界を完全征服)の『錦の御旗』(にしきのみはた)**** として利用するために(ゼウスとの戦争を正当化して見せかけるために)必要だったのです。なので、ハトホルを自分より上の地位にしているのではないかと。








(上のサイトAについて、"うららおばさん" のご勝手推察による説明↓)

ダビデが王になってしばらく経った、ある日、わざとダビデに見える所で裸になって水浴をして色気をふりまいて誘惑したバテ・シバ(=バテ・シェバ=当時の『シバの女王』=ハトホルのことでしょう。)の相当に強力らしいハニートラップにまんまと引っかかってしまったのでした。その後、ハトホルはかなり魔法が使えるはずですから、ダビデ王は「惚れる魔法」をかけられたりとか、あるいは、「惚れ薬」を飲まされたりとかしたのかも?そして、妊娠させてしまったので(実際はバテ・シバは妊娠していなかったのに)、その罪を隠すためにさらにバテ・シバの夫「ウリヤ」を戦闘の厳しい所に送り込んで死なせてしまったということです。(←しかしながら、ウリヤはアングロサクソン王族だった可能性が高そうですので、そうなら戦闘で死んでなんかいないはずです。彼らの身体は刀剣などで斬られても死なないのですから。後から生き返っていたはずです。)

そこで、わたしが思い当たるのは、あの「トロイ戦争」の発端となったスパルタの人妻『へレネ』(世界三大美女=悪女の一人)がトロイ王子「パリス」を「わたしは不幸な結婚をしているの。どうかわたしを救って!トロイに連れていって。」と言って、パリスを誘惑しトロイに連れて行かせてギリシャ全軍とトロイとの『トロイ戦争』が始まった重大な歴史の1ページです。

(ここでいうゼウスとはモーゼ=アングロサクソン王族のゼウス=アイゼンベルグかジョゼッペのことだと思われますがどっちかまだよく分かりません。)

そして、ギリシャ兵たちが潜んでいた『トロイの木馬』をトロイの住民たち(おそらく、アングロサクソン王族のスパイたちが土着の人間のトロイ人たちを煽動して)がトロイの城壁の中に持ち込んだためにトロイは滅亡したのです。

なので、バテ・シェバもダビデ王にわたしは不幸な結婚をしているのと訴え、夫のウリヤを激戦地に行かせるように仕向けたのではないかとわたしは推察してしまうのですがね。しかしながら、裏ではバテ・シバと生き延びたウリヤはまだまだ結託していたはずです。要はダビデに神の御心に背くような反道徳的なことをさせて(惚れ薬* や魔術・催眠術やハニートラップなどによって)、ダビデ自身を落ち込ませたり、家臣たちからの信頼を失うように仕向けたのでしょう。

* 惚れ薬は飲んだ直後に会った異性(あるいは人物)に惚れるらしいので、ダビデ王もサクソン軍団のスパイの侍従じじゅうか侍女じじょにバテ・シバの水浴を見る直前に惚れ薬の入った飲み物を飲まされていたのかも?(←オペラ『ニーベルングの指環』のストーリーで、ジークフリートは惚れ薬を飲まされた直後にブルグント王の妹に出会って惚れてしまい結婚したのです。)

これらの罪(事実はかなり違っていましたが!)をダビデは旧約聖書の『詩編』の中で幾度も幾度も神に赦しを請うていて、反省("悔い改め" を)しています。

もしかしたら、この時のバテ・シバ=ハトホルがジョルジュ・サンド=わたしの偽叔母・服部寿栄子=偽作家の桐島洋子=北白川宮能久親王=鷹司景子たかつかさ けいこ(高須恵子)=下の動画のソマリア人のアナンヌキET女性かも?

(まぶたの目尻近くに黒いアイシャドーを入れています。今は整形しているはず。)

(サイトの真ん中あたりの若い頃の写真が実際の顔ではないかと。吸血鬼なので、ずっと20歳くらいから歳を取らないはずですから。インタビューの答えはすべて大ウソですから。娘の「桐島かれん」は寿栄子叔母さんの一人娘の陽子ちゃん=ずっと捕虜になっているショパンさん=北白川宮成久王で、桐島ローランドは佐藤勝己=バイエルン公ルートヴィヒ2世=浦◎憲一=今上天皇『明仁』あるいは、やはり、捕虜になっているオールバニ公レオポルドとの二重構造かもしれません。)



また、上のサイトAの「老年期」のところにある肖像画の顔はアングロサクソン王族風の顔立ちですから「ダビデ王」ではなく、おそらく、「ソロモン王」の肖像画のような。。。母親がバテ・シェバですから(←訂正:ソロモン=アイゼンベルグか、そのクローン子孫で、バテ・シバとダビデ王の子ではなかったようです)ソロモン王は、当然、アングロサクソン王族=悪魔モンスター吸血鬼です。

このソロモン王の顔はアイゼンベルグ=オーストリア帝国初代皇帝『ヨーゼフ1世』=「アラビアのロレンス」ことトーマス・エドワード・ロレンス=実業家の白州次郎=アレキサンダー・アラン・シャンド(イギリスの銀行家で日本に銀行簿記を導入したとありますが、実際には旧ハプスブルグ家の男性たちが銀行簿記を日本人銀行員たちに指導するようにアイゼンベイルグやハトホルに命令されてやらされていたのでしょう。)=昭和天皇=俳優の偽ピーター・オトゥール=岸信介元首相=俳優・三船敏郎=俳優・三国連太郎=横浜市日吉の「芙蓉ふようハイツ」の家主・喜多文磨に似ていますよ〜!



[PR]
# by Ulala-lov | 2017-08-26 01:00 | その他 | Comments(0)

2017−07−22










ところで、今年の6月に伊豆半島沖で起きたイージス艦「フィッツジェラルド」と『日本郵船』が船主のコンテナ船との衝突ではイージス艦の艦長などが8月17日に処分されています。


★★★ なんか〜どっちも、どっちなんじゃないかな〜って感じなんですけどね〜 (@~@ ? 
何しろコンテナ船の船主『日本郵船』って、めっちゃ怪し〜い人たち(アングロサクソン王族たち)の由緒正しき大御所的な会社じゃないですか。。。
 

まあ、イージス艦の見張りの乗組員約10人に落ち度があったのは確かですが、揃いも揃って...ということは上司の誰かが見張りを怠るようにさせていたのかしら?


あ〜、なんか「か〜ごめ か〜ごめ。。。」の歌が聞こえてきた〜!

(と唱った後に、中央にいる両手で目隠しをしている子どもが「後の正面」にいるであろう子どもを推測して当てる(名前言う)という遊びなんですけどね。)


この歌の中の「鶴」や「亀」とはサクソン軍団(アングロサクソン王族やサクソン人)のことですよ!

ですから、旧ハプスブルグ家の紋章『鷹』は鳥ですけれど、捕虜(奴隷)になっている籠(牢屋)に入れられている鳥(=人間の王族、あるいは、人間たちのこと)は、いつになったら出やる(いつ解放されるの?)

夜明けの晩に(解放が近い夜に?)、鶴と亀が滑った(サクソン軍団が負けた)

(しか〜し)
後の正面だ〜れ?(味方の中にいる敵=裏切り者はだ〜れ?)
=人間の中にいる裏切り者はだれか当ててごらん!だから、まだまだ安心できないし、だから、サクソン軍団はまだまだ完全には負けてないんだ〜!いつも、サクソン軍団は負けそうになっても、なぜか復活して勝利しているんだから。。。

★★★ つまり、味方の中にいる敵のスパイを捜す必要があるということ。

男の人たち(サクソン軍団も人間たちも)は、アングロサクソン王族女性(まあ両性具有なんですけど)たちのハニートラップに弱いですからね〜!!

とくに、スリーシスターズのハニートラップはすごいみたいです〜!!!


わたしは高校の時に『エデンの東』 という小説を読んだことがあるのですが、ストーリーは、(訂正:昔のことで勘違いしていました!→)次男が長男を殺すというものでした。

長男が次男を殺すという"兄弟の相克" * が書かれている旧約聖書の中の「カインとアベル」の話を逆にした感じなのですが。。。

つまり、小説『エデンの東』 は、エジプト神話にあるように長男のエジプト王を次男のセツ(セト、赤ちゃんの時にアングロサクソン王族と入れ替えられたのかも?)が殺害して王位を奪うというストーリーに近いような。。。

その中に「ケイト」という、この兄弟を生んだ後にすぐ家を出てしまった薄情な母親がいて、売春宿を経営する女性として登場するのです。あの「ケイト」という名前は「キャサリン」の愛称で、もともとは人間の王族女性に多い名前のようです(ハトホルが人間の王族女性に汚名を着せるために、わざとケイトという名前にさせたのでしょう)。しかし、実際、あの小説の中のケイトの人物像はまさにハトホルなのですよ〜!!!

もちろん、アングロサクソン王族たちにはこのような小難(こむず)しい長編小説を自分で書く能力はないので、ハトホルが捕虜(奴隷)にしている人間の男=旧ハプスブルグ家の男性など(あるいは他の頭のよい人間の男性)に書かせたのでしょう。


嘘をつくのを奨励しているようなところは、ちょっとちょっと〜?ってな感じで同意できませんし。。。純粋な人たちが必ずしも弱いとか死ぬわけではないでしょ〜!つまり、この小説はハトホルの意図で書かれているってことなんですよ〜!!私が生まれる直前に書かれて映画化されているってのもなんだかね。。。気味悪いわ〜 (ーー*
  〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜〜 〜 〜 

うららおばさん・・・高校時代に読んだ時は、なかなか難しくてよく理解できなかったところが多かったのですが。。。とにかく、あの兄弟の実の母親(ほんとうなら)『セツ?』の性質が気味が悪いほど、あまりにも悪辣(あくらつ)で、こんな女性ってほんとうにいるのかしら? いたとしたら怖すぎる〜!なんて。。。驚きを隠せないって感じだったのは確かです。 きっと、今読んだら、もっと多くを理解できるような気がします。


そして、ハトホルやアイゼンベルグたちは現在は世界中に売春業を大きく展開して大々規模にやっているようです。お金儲けにもなるし、それ以上に、その証拠(秘密に撮影してDVDなどに記録)をとって買春者たちを脅迫し(一生脅迫されてハトホルの言いなりになるわけ)、自分たちの味方に引き入れるという策略にも使えるのですから、売春業ってアングロサクソン王族にはイイことだらけ。

また、その売春婦や売春夫をつくり出すために、誘拐してきたりする仕事もやっているようですしね〜!

さらには、幼児性虐待者やロリコンのニーズにも答えるため子供の誘拐・売春もやってるんですからね!!!

さらにさらに、大人や子供を誘拐してきて、(地下)鉱山・地下工場・核関連施設など健康被害が心配される危険な場所・サービス業など3K(きつい、汚い、危険)のような仕事をさせて、しかも休憩もあまりなく重労働させているらしいですよ〜!!!










[PR]
# by Ulala-lov | 2017-08-22 09:53 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−07−21

大変申し訳ありませんが、この記事はまだ書きかけです。


<<バルセロナ・テロ事件>>


1. ランプラス通りで起きたテロ

(白いワゴン車がランプラス大通りの歩行者専用道にいた人々を次々にひき倒しながら500メートルあまり突進していった。)


スペイン・バルセロナで起きたテロ事件で、スペインのメディアは、車を運転していた実行犯の男が警察に射殺されたと伝えました。

この事件はバルセロナ中心部で17日、車が歩行者に突っ込み、13人が死亡、120人がけがをしたものです。運転していた男は車を乗り捨て逃走しましたが、スペインの複数のメディアは、およそ8時間後にバルセロナから80キロ離れたカンブリスで射殺された別のテロ事件の5人の容疑者の1人だったと伝えています。,

「犯行グループ5人のうち2人が、この辺りで警察に射殺されました。近くの手すりには銃弾のような痕が残っています」(記者)

死亡した男について現地メディアは、モロッコ国籍の17歳の少年だとしています。> 一方、バルセロナからおよそ200キロ離れたアルカナーという街で、犯行グループのアジトとみられる家が見つかりました。この家では、今回のテロの前日に大きな爆発があり、2人が死亡、1人が重傷を負っています。

「爆発の衝撃で家が揺れ、これまで聞いたことがない大きな音だった。てっきり近くのガソリンスタンドが爆発したと思った」(近所の人)< 家の中からは無数のガスボンベが見つかっていて、警察は犯行グループが当初、車に爆発物を積んで群衆に突っ込むより大規模なテロを計画していたものの、準備段階で誤って爆発させたとみています。(08日05:37)


(最下部にある地図が分かりやすいようです。)









<バルセロナから南西の都市で起きたもう1つのテロ事件>




[PR]
# by Ulala-lov | 2017-08-22 09:12 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−07−21

大変申し訳ありませんが、この記事はまだ書きかけです。


今回のスペインで起きた連続テロ事件でお亡くなりになられた方々に心より哀悼の意を捧げますとともに、ケガをされた方々の早期の回復を心よりお祈りいたします。


<<スペイン連続テロ事件>>


1. ランプラス通りで起きたテロ

(白いワゴン車がランプラス大通りの歩行者専用道にいた人々を次々にひき倒しながら500メートルあまり突進していった。)


スペイン・バルセロナで起きたテロ事件で、スペインのメディアは、車を運転していた実行犯の男が警察に射殺されたと伝えました。

この事件はバルセロナ中心部で17日、車が歩行者に突っ込み、13人が死亡、120人がけがをしたものです。運転していた男は車を乗り捨て逃走しましたが、スペインの複数のメディアは、およそ8時間後にバルセロナから80キロ離れたカンブリスで射殺された別のテロ事件の5人の容疑者の1人だったと伝えています。,

「犯行グループ5人のうち2人が、この辺りで警察に射殺されました。近くの手すりには銃弾のような痕が残っています」(記者)

死亡した男について現地メディアは、モロッコ国籍の17歳の少年だとしています。> 一方、バルセロナからおよそ200キロ離れたアルカナーという街で、犯行グループのアジトとみられる家が見つかりました。この家では、今回のテロの前日に大きな爆発があり、2人が死亡、1人が重傷を負っています。

「爆発の衝撃で家が揺れ、これまで聞いたことがない大きな音だった。てっきり近くのガソリンスタンドが爆発したと思った」(近所の人)< 家の中からは無数のガスボンベが見つかっていて、警察は犯行グループが当初、車に爆発物を積んで群衆に突っ込むより大規模なテロを計画していたものの、準備段階で誤って爆発させたとみています。(08日05:37)


(最下部にある地図が分かりやすいようです。)









2. バルセロナから200km南西の都市アルカナルで起きたテロ

(バルセロナ・テロ事件と同一犯行グループによる通行人ひき逃げ事件)






[PR]
# by Ulala-lov | 2017-08-21 09:01 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−08−12

(このブログ内の関連記事)





< 飛行機設計の先達となったイタリア人『ジョヴァンニ・カプロニ』>






<カプロニ社で製造された飛行機>

(すべてウィキペディアより、古い製作年順に表示)


1910年製造された世界初のジェット機。しかし、試験飛行中に事故を起こし開発中止に。しかし、この時のサーモ・ジェット・エンジンが後に1940年のカンピニ・カプロニCC2=カプロ二・カンピニN.1(飛行に成功した実質的な世界初のジェット機)につながる。


爆撃機(1917年)
第一次世界大戦中に製造された。


旅客機(1921年)
試作機段階で失敗。


重爆撃機(1929年)


実験機(1932年)
設計者 ルイージ・スティパ(説明なし)
モータージェット機のカプロニ・カンピニN.1の開発に重要な影響を与えた。


戦闘機(1933年)
ペルーで運用(36機)


飛行機操縦の大会で、ドイツのメッサシュミット Bf 108 (航空機)に次ぐ2位だった。
(この女流飛行士エリー・パインホルンとは、おそらく、ショパンさんです。)










< ジョバンニ・ カプロニの共同作業者 アンリ・コアンダ >


ルーマニアの発明家
世界初のジェット機コアンダ=1910を製作した人物

なんとネットで調べてみると、アンリ・コアンダは本者と偽者の二重構造になっていました!(下のAとBを比較)


このアンリ・コアンダの写真はアイゼンベルグの顔で、今上天皇『明仁』(=浦田憲一=佐藤勝己=バイエルン王ルートヴィヒ2世か、あるいは、そのクローン子孫)がイギリスのブライトンの英語学校で『ヒロシ』と名乗っていた時の顔にかなりよく似ています。そして、この顔はあの著名な発明家といわれるニコラ・テスラの顔と同じです。(ニコラ・テスラはジョゼッペだとばかり思っていましたが、アイゼンベルグだったということでしょうか?それとも、二人は同じクローン子孫同士かな?)




こちらのアンリ・コアンダの写真は、おそらく、最後の神聖ローマ帝国皇帝ヨーゼフ2世(俳優・仲代達矢)のような。。。

★★★ というように『アンリ・コアンダ』も旧ハプスブルグ家の男性とアングロサクソン王族との二重構造になっているようですが、今まで通り、本者のジェット機の発明家は人間である神聖ローマ帝国皇帝『ヨーゼフ2世』のほうでしょう!!

★★★★★ もちろん、アングロサクソン王族たちの奴隷となっている旧ハプスブルグ家の男性たちに、これらの飛行機製作を命令したのはハトホル * やアイゼンベルグ ** やジョゼッペ *** や象二郎 **** たちです!!!

* 当時のハトホル(=イタリアのムッソリーニを財政支援したり、ドイツのヒットラーをバイエルン王ルートヴィヒ2世を通じて関節的に財政支援したボヘミア・オーストリア帝国のマリア・ベネツク・エリーザベト皇女、北白川宮能久親王、米大統領リンカーンを暗殺したジョン・ブース)

ユーミンこと荒井由美(人間)の顔は、このエリーザベト・マリー・ペツネック=北白川宮能久親王=鷹司景子(高須恵子)の顔に似せて造らされていたのですね!(*o*)


エリーザベト・マリア・ベツネックの母ステファニーとは:

ステファニー妃=エリーザベト・マリア・ベツネック大公女のようです。いつからか分かりませんが、ず〜っとショパンさんにまとわりついてきたようですね〜!

なんか〜、このステファニー妃って、東京都品川区に住んでいた寿栄子(わたしの偽)叔母さん=偽エッセイストの桐島洋子に似ていますよ!肖像画だから本者よりかなり美しく描かれてはいますが。おそらく、このステファニー妃がショパンを溺愛(できあい)していたジョルジュ・サンドでしょうかね〜!それで、一人娘の陽子ちゃん(=ショパンさん)がいっしょに住んでいたんですネ!


** 当時のアイゼンベルグ(=ファシズム提唱者ヨーゼフ・ゲッペルス、ナチス医師ヨーゼフ・メンゲレ、旧日本陸軍で中国に派遣されていた関東軍731部隊{=人体実験}の隊長石井四郎)

*** 当時のジョゼッペ(=ロシア革命のトロツキー、ドイツのファシズムリーダー・ヒットラー)

**** 当時の象二郎(=ロシアの革命家レーニン、イタリアのファシズムリーダー・ムッソリーニ)


**ところで、上のルーマニアの有名人のリストに入っていた1972年のモントリオール・オリンピック体操女子金メダルのナディア・コマネチについてですが、YouTube動画で2〜3年前に見たコマネチの顔と最近(半年くらい前に)見たコマネチの顔とが違っていました。最近のコマネチの顔はわたしの高校の同級生だった福田小百合さん(=現ハトホル=わたしの偽姉・山根郁子)の顔にとてもよく似ています。なので、きっとハトホルとアイゼンベルグが映像の顔の部分だけ入れ替えたのでしょう。








(ここでは、旧ハプスブルグ家とアングロサクソン王族のハプスブルグ家とを同じ1つのハプスブルグ家として扱っているようです。)














[PR]
# by Ulala-lov | 2017-08-12 16:26 | サタニストの攻撃 | Comments(0)