先ほど、ネットニュースで名古屋在住の男性が5日に米国から成田空港に帰国し、東京に滞在、6日から発熱・おう吐などをし、病院に受診し豚インフルエンザとの診断が出たようです。とうとう。。。という感じです。とにかく、4月27日のわたしの記事「草なぎ君のファン???〜」のコメント欄の「ポポロン」さんのご指摘のように、幾つかのブログで「豚インフルは心配していたほどの威力はなく、たいしたことないようだ。」などというような安易な意見を見かけたのですが、決して、油断をしてはいけないと思います。’最悪の場合を想定して備えをするのがベストです!’

(p.s. 翌朝、ネットからこの情報消えていました。この男性は結局、違っていたと判定されたようです。報道する方も、もっと分かりやすく伝えてほしいですね。下のコメント欄にも追記してあります。)


2001.9.11同時多発テロ(とはいえ、実際はイスラム過激派のテロなんかじゃなくて、ブッシュのネオコン(=ネオナチ)政権の自作自演だったのですが。もっちろん、この後ろでも操っていたのは、誰かもうお分かりでしょうね。またまた、登場!北の魔女ですよ〜!)の時も、最初に攻撃された世界貿易センタービルを見て、もう一方のビルにいた人たちが避難しようと非常階段を降りていたそうなのですが、途中で、「センタービル内のほうが安全なのでオフィースにもどって下さい!」という警備からの指示の館内放送があったそうです。しかし、この証言をした日本人の銀行員の方はやっぱり外のほうが安全との自分の勘(カン)でそのまま階段を降りて外へ出たと言っておられました。でも、いっしょに降りようとしていた同僚の方たちの中にはその放送でオフィースに戻られた人たちも多くいて、結局犠牲になったとのことでした。

つまり、サタニストたちの目論みとしては犠牲者がある程度出ないと保険のでる金額が多くならないということなのでしょうね。多分。タイタニック号沈没のときは、映画を見て分かったのですが、多くの貧しい労働者などが救命ボートに乗れず犠牲になりましたよね。とにかく、わざわざ、犠牲者を多くするようなことまで平然とやってのけるのですから、まったく悪魔です!!そして、この朝、ユダヤ人たちはみな出勤していなかったというごく小さい記事をわたしは女性週刊誌で2001年か2002年くらいに見た記憶があります。また、自作自演だろうということは2004年か2005年にあるテレビ番組(○○リサーチ)で見ました。その後、自作自演はいろいろな本やネットのサイトやブログで取り上げられていて、疑う余地もない状況です。

9.11の目的は中東戦争を始める口実としての「テロとの戦い」を立ち上げるため、そして、貿易センターのビルにかけてある莫大(ばくだい)な保険金を受け取るため。さらに、近くの第7ビルも崩壊させ株式の記録書類などを焼却して何かの証拠隠滅を計るためなどのようです。

今回のこの豚インフルの目的は人類の「人口削減」と豚インフルがまん延し多くの患者や死者が出てきた場合、非常事態の時に発令される「戒厳令」をしいて国家の権力を闇の勢力(ナチ一派など、親分はもちろん北の魔女=Qべス)が強引に奪いとってしまおうというものです。米国では「フィーマ」という機関、日本では自衛隊内部のある特殊機関がそのサタニストたちの勢力とつながっている機関のようです。邪魔者は強制収容所に入れられて、3段階にランクづけされ殺される者も多いらしいです。サタニストたちはこういった計画をたてているようです。

ですから、絶対に豚インフルが広がって犠牲者が多くでたりしないように、私たち自身が万全の予防対策をとらなければなりません。サタニストの手下たちが犠牲者をわざと増やすために、わたしたちにわざと豚インフルはたいしたことないと思わせる偽情報を流す恐れもあるので十分注意しましょう。

豚インフルに関して、対策なども含めて良い情報のあるブログがありましたので紹介します。
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
http://potthi.blog107.fc2.com/blog-entry-642.html


☆コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
# by Ulala-lov | 2009-05-07 00:00 | Comments(4)

昨日のネットのニュースで見たんですけれど、「チャールズ皇太子とカミーラ妃がローマ教皇ベディクト16世と会って教皇からダイアナ妃に対する不義の罪をやっと許された」とかなんか。。。カトリックは本来離婚を認めない宗教なのです。でも、現実には。。。今の時代にありえないでしょう。しかし、彼らの罪は単に不義とかっていうだけじゃないんじゃない?ボールズ氏はちゃんと分かっていてそういう偽装結婚を選んだのだからいいとしても、ダイアナ妃は知らずに「ワナ」にはめられちゃったんだから。。。結婚式の数日前になにやらネチネチ陰険にカミーラがチャールズのことを細々(こまごま)とダイアナに教えたらしくて、それで、ダイアナも2人の仲に気が付いたらしいんですけれども、その時は「時すでに遅し」って感じであきらめたようですね。だって、もう、あんな盛大な結婚式の準備がほぼ整っていて、世界中の人々に結婚が知れ渡っているなかで、「もうや〜めた!」なんてなかなか言えませんよねぇ〜。ほんとうにかわいそう!ダイアナ妃!対(たい)する、ちゃ〜○とカミ○ってなんてひどい人たちなのよ〜モウ!(別に今年が牛年だからってわけじゃ。。でも、この悪魔教の人たちって、もしかしたら牡牛を拝んでいるのかもしれません?)(また、上記の情報はダイアナの結婚当時に女性週刊誌をたまたま読んでいて知りました。いつも喫茶店とか病院の待ち合いにある週刊誌からけっこういろいろな世間一般の情報を得ています。^__~* )

さらに、結婚後もチャールズは週末は必ずカミーラのところに行っていたっていうことです。そんな〜!平日はチャ〜○もいろいろ仕事もあるだろうしゆっくり家族と過ごすとしたら週末だけなのに。。ウィリアム王子もヘンリー王子もなんか悲しかったでしょうね!あげくのはてに、離婚(これも計算済みだったのか?)そして、暗殺!! これはチャ〜○とカミ○がお母さんのQべスに頼んで。
だって暗殺される直前にダイアナが告白しているテープを、以前、「ダイアナ特集」をしていたあるテレビ番組の中で聞いたことがあります。暗殺者の名前のところだけ消してあったけれど、「殺してやるって○○が言ったの!」とハッキリ言っていました。前後の彼女の言葉からその殺してやるって言ったのが誰かはよく分かりました。そして、番組では英国の諜報(ちょうほう)機関M15かM16(=007の属しているようなスパイの組織のこと)は交通事故で暗殺するのが得意で!と詳しく説明していました。この番組を見ていた人は多いと思いますよ。ですから、日本の多くの人は真実を知っているでしょう。似たような番組は他のいろいろな国で放送されていたんじゃないでしょうか。ただし、イギリス以外で。女王様のおひざ元にある国では恐ろしくてできなかったんでしょうね。でも、英国民も薄々は分かっているでしょうね。(ここらへんはテレビから得た情報です)

というようなわけで、この「とうとう許された」というのはなんとも説得力がありません。そして、許したというこのローマ法王ベネディクト16世もな〜んだかいろいろありそうです。

2002年にわたしがあまりたいして読めもしない英字新聞「ジャパン・タイムズ」をめずらしく買って読んでいたら、ショッキングというかスキャンダラスな記事が載っていました。「米カトリック教会の牧師たちが教会に通ってきている子どもたちに性的虐待をくわえていた」というものでした。そして、それはかなり以前から組織的に行われていたということでした。そんなことするくらいなら、牧師の結婚を認めればいいのにね!下記にそのニュースや事件の経緯やその後の経過がよくわかる記事がありましたのでご覧下さい。

<カトリック教会スキャンダル>
カトリック教会の聖職者による未成年者や修道女への性的虐待のニュース
http://www.way2real.com/jokedeenglish/r/religion/catholic_scandal.html

米カトリック教会、聖職者による子どもの性的虐待を防ぐ塗り絵を配布
http://polarisproject.blog96.fc2.com/blog-entry-613.html

上の記事によるとアメリカ以外でもいろいろな国で行われていたようですね。そして2002年に発覚したにもかかわらず、あまり厳正な処分(特に上層部の聖職者に対して)がなされなかったようです。その時の教皇ヨハネパウロ2世(2005年死去)なのですが、晩年はパーキンス病などで健康状態がおもわしくなく、2002年に最高の枢機卿に昇任した今の教皇ベネディクト16世が実質的にはバチカンを取り仕切っていたそうなのです。なので16世がわざとうやむやに。。。このベネディクト16世という人はドイツ出身で少年時代にはナチス・ヒットラーに加わってたそうです。そして、その後も超保守というかナチズム思想まっしぐらの人のようです。下記の関連するサイトをご覧下さい。

新教皇を支えるシオニスト枢機卿シェルボン
http://www.asyura2.com/0502/war69/msg/605.html

ネオコンとのつながり
http://blogs.dion.ne.jp/hikakun18/archives/cat_153288-1.html

ベネディクト16世の発言も「ハリーポッターの本をを子どもたちが読むのは良くない」と言ったり、先日も「コンドームは使わない方が良い」と言ってエイズの多いアフリカその他の国々などから非難されたりとなんだかかなり過激な偏った思考の持ち主って感じです。

これは、ちょっとびっくりなサイトで、わたしは最後まで読めませんでしたが。。参考までに。

http://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%8816%E4%B8%96

以上のことを総合すると、サタニストがサタニストを許した!と言ってもなんだかピンと来ない感じで、あまり意味のない○芝居のように思えてしまうのです。

p.s.
ちなみに前教皇ヨハネパウロ2世はとても人気が高く、いろいろな国々を巡って親善を深めたり、平和活動や宗教間対話(宗教対立をなくすため)に熱心な方だったようです。しかし、暗殺されかけたり、晩年はパーキンソン病になられるなどお気の毒な面もあったようです。そして、2005年4月2日に亡くなられたのですが、その日はチャ〜○とカミ○の結婚式の日だったのです。そのため、結婚式は一日延ばされたのでした。なんか〜、変な感じ〜です。最後はインフルエンザで亡くなられたそうですが。前教皇はたぶん彼らの結婚に反対だったのではないでしょうか?それで、パーキンソン病にしたり、インフルエンザ(もしかしたら、鳥インフルか今の豚インフルのようなウィルス兵器だったのかも?)で暗殺したのかもしれません。タイミングが良すぎませんか?教皇に恨みをもっていたので彼を殺して、意気揚々と晴れて結婚式をあげる。(それ以前からもうあまりものがよく分からないような状態にはしてあったのでしょうが。。。)実際、ヨハネパウロ2世にそういうことができるのは側近中の側近であったこのベネディクト16世以外には考えられないのではないでしょうか?(もちろん、命令したのは、またもやQべスで頼んだのはちゃ〜○とカミ○)

彼らサタニストはそういうことを平気というよりは、喜んでやるのです!!!真っ青!ですね。


☆コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
# by Ulala-lov | 2009-04-28 23:54 | Comments(4)

なんだか草なぎ君のファンが赤坂警察署の自宅捜査の行き過ぎを怒って、「赤坂署が謝罪の記者会見をしないと、署に手りゅう弾を投げ込むゾ!」とか「皇太子殿下を射殺するゾ!」とかネットのウィキ・サイトに書き込んだって〜?これ明らかに右翼好みな脅迫文じゃないですか〜!!どう見たって、右翼かやくざの中年のおじさんが言いそうなセリフでしょう〜、ネッ!それにこれは男の人のセリフですよ!スマップのファンの多くは女性だし、こんなこと絶対に言わないと思いま〜す!!これは、北の魔女Qべスがスマップのファンの評判を落としてやる!ってやったに違いな〜い!もちろん、日本の手下にやらせたんだけれど。。。それが、右翼ですね。まったく、しつこ〜い、しつこ〜い!サタニストたちって、めっちゃしつこいし。。。人間の悪いとこぜ〜んぶもちよったような性格なのよ!!でも、うわべは、とってもお上品で慈善家をよそおっているからね、みんなだまされちゃうのよね。。。ウソじゃ〜ありません。たぶん、「真実は小説よりも奇なり」という言葉がピッタリ!!おどろおどろしい性格なのです。ですから、決してあまく見てはいけません!!!

現に今流行している豚インフルエンザ(これ、ウィルス兵器だからね)も彼らの人口削減というより、人類ほぼ撲滅を狙った作戦で、ニュー・ワールド・オーダーという恐ろしい陰謀の目標の一つなのです。つまり、自分達=王族・貴族、それに従う忠実な下僕、特別な才能をもった科学者、芸術家、技術者、医者その他などとその人達に仕える奴隷たち、まあ多くて一億人くらいを残してあとはみんな殺してやろうって考えているらしいの。そうすれば、地球温暖化も起こらない、環境破壊も少なくなる、環境汚染もなくなり、快適に暮らせるってわけ。。めっちゃ、自己中〜なの!!きっと自分達は広〜い地下室とかなんとかを用意していて、もし、近くで流行した時や、万が一原爆を落とされたとしても絶対に大丈夫なようにしてあるんでしょうね。

みなさん、外で人ごみに出る時はマスクをしましょう!!そして、外出できないような事態になった場合に備えて食料を少なくとも1ヶ月分くらいは備蓄しておいてください!もう、海外の多くの国々でたくさんの感染が起こっていますから、日本もいつ感染が発生するか分かりません。準備を急ぎましょう!!マスクも細菌をよく防ぐ値段の高いマスクを2〜30枚くらい用意しておいたほうが良いと思います。念のため数は多い方が。。。あまり使わなかったら幸いだったということで。

それから、チャールズとカミーラは1972年くらいから付き合い始めたらしいのですが、しばらくして、カミーラはチャールズの友人のボールズ氏(元々はカミーラのボーイフレンドだった)と結婚しています。これはカミーラの身分がチャールズに不釣り合いということで結婚を許されなかったため、しかたなく、カモフラージュとして偽装された結婚だったようです。そして、次はチャ—ルズとダイアナの結婚、これもカモフラージュのための結婚。「こんなに長い交際期間を経て、チャールズとカミーラに子どもはできなかったの?」というのがわたしの率直な疑問。。。つまり、ボールズ氏とは最初から実質的な結婚関係にはなかったのではないでしょうか?だって、ボールズ氏にしてみれば、皇太子というずっと身分の高い人で友人の愛人なのですから。ということは、ボールズ氏とカミーラの間の2人の子どもたちはいったいだれの?つまり、チャールズとカミーラの子どもたちなのでは?(上が女の子と下が男の子ですが)

そして、先頃、イギリス議会に「王室の王位継承権は女子であっても、一番最初に生まれた子どもが王位を継承する」という法案が提出されたそうです(ニュースで)。となると、チャールズとダイアナ妃との間にできたウィリアム王子は皇太子になれない可能せいもでてきそうですね。(その女の子のほうが年上なので)でも、たとえその法案が通ったとしても、現実にはその女の子が女王になるのはまず無理でしょうけれどね〜。これも彼らが絶対君主制で世界支配をしようと企んでいる理由の一つなのでしょう。。。だって、チャールズとカミーラは英国でも世界でも評判良くないし〜、ましてやカミーラとの子どもを王位継承で最優先させ、いづれは女王になんて、今のイギリス国民や英国教会が認めるかどうかって大いに疑問?! だからこそ彼らは(Qべス&ちゃ〜○&カミ○は)ハルマゲドンを起こして。。。大殺りくして、生き残った人々にも地獄みたいな恐怖を経験させておけば、おとなしく奴隷になるから、そしたら強権を発動し自分達の思いどおりの世界にする!。。。というわけ。

そんなことさせてたまるか〜!!!みんな、怒れ〜!!!!!
[PR]
# by Ulala-lov | 2009-04-27 18:48 | Comments(3)

草なぎくんは記者会見で謝罪、反省を述べたということです。でも、うららおばさんはなんか不可思議な感じで納得できましぇ〜ん!東京地検はなんで草なぎくんが病院で点滴を受けなければいけないような状況に追い込んだのか?釈放されるとき草なぎくんは頭髪ボサボサでボー然自失状態だったのか?たった、1〜2日の間にどうしてこんなひどい扱いを受け、そして普通なら、カメラの目もあるからちゃんと身なりを整えさせてマスコミの前にだすはず。そうじゃなくても、釈放時にはちゃんと身なりくらいは整えさせるのが普通。ましてや婦人警察官が付き添っていたなら、そうゆうことには一層気がつくはずでしょう。明らかに、上層部からの意図的な感じがする。そして、それは地検の背後にいるQべスたちが日本の次の総選挙でのスマップの影響を排除したいがための脅し!平和活動(選挙を含めて)、韓国との親善活動すると芸能界で仕事できなくなるわよ!って脅し!

また、普通ならこれくらいでは逮捕はされない。これが外で女性の面前でとつぜんになったのなら別であるが、そうではないし。。。一般的には警察署で軽犯罪法に触れるということで、始末書というか「こんなことはもう二度としません。」というような反省文を書類に書いて住所、氏名、指紋押印しておわりのはず。

また、自宅捜索までしたのも非常に奇異な感じがする。尿検査をして薬物反応がないのにそこまでするなんてやり過ぎだと思う。警察の判断だけではないような気がする。東京地検の意向で警察が動いているような気がしてならない。なにか韓国親善活動とか平和活動の関係を詳しく調べようとして自宅捜索をしたんじゃないかしら?

それに、逮捕の数日前にテレビで草なぎくんや彼と親しいタレントさんたちが、「草なぎくんは酔っぱらうとなんにも分からなくなる」とかっておしゃべりしていたらしいとか。これを聞いた、ソ○蚊学会の「テレビ番組の見張り担当者たち」がこれを幹部に話して、彼を狙っていたのかもれないぞ〜。そして、ソ○蚊の集団ストーカーたち(わたしもいっぱい経験してるから分かります。彼らにとってはこのくらい朝飯前です。)が彼を尾行して、彼が十分酔っぱらってわけが分からなくなった状態でタクシーから降りた後で公園へ連れて行き服を脱がせ、警察を呼んだ。。。というあたりが私の推理です。

草なぎくんは警察や検察(だいたいこんなことで検察へ移送されるなんてありえな〜いのだ!)でしっかり脅されたり拷問まがいのことをされたかも?そして、すんなり認めれば、釈放してやるから認めろってしつこくしつこ〜く言われたり。。。本人はなにがなんだか分からないし、あまりのひどい扱いにとうとう「認めます!」って言うしかなかったんじゃないかな?かわいそう〜  ><。。。
まったく、第二次世界大戦中のナチスの時のゲシュタポとか日本の特高警察みたい!!
恐ろし〜い!!!!!!!

それから、この前の私の書き込みでエドワード8世がQべスにナチス的な帝王学を教えたんじゃないかしら?って書いたけれど。。。その後、思い出したことがあるの。以前、ウィキぺディアで調べた時、エドワード8世がカミーラの曾祖母にあたるアリス・ケッペル(=エドワード7世の愛妾あいしょう、お気に入りのめかけ)とエドワード7世亡き後、いい仲だったと自身が語っていたってこと。
<引用>
1936年、エドワート8世が退位したとき、「ロイヤル・ミストレス(=アリス)は宮
中儀礼を第一と心得、後はベットに飛び込むだけ。私たちはそれを上手くやったと、
発言した。

エドワード8世は1972年に亡くなっているけれど、この頃カミーラとチャールズは知り合っている。とすると、エドワード8世がカミーラをチャールズに紹介したか、アリスのことを話していてチャールズ皇太子がカミーラに親近感を持っていたというような可能性は十分あると思う。なんだか、悪い因縁を感じてしまう。
あ〜あ!やっぱりサタニストの因縁。。。

可哀想なのは、ちゃ〜○とカミ○の秘愛(身分が違い過ぎて、許されなかったらしい)のカモフラージュとして選ばれ、チャ〜○と結婚した’ダイアナ妃’です!
化(ば)けてでるぞ〜!!Qべスやチャ〜○やカミ○に!
「恨めしや〜!」ってね。
もっともダイアナ妃の後ろには、彼らがいままでに殺した何億もの人々が同じ台詞を言ってぞろぞろ続いていることでしょう。。。それをもっと何十倍かに増やす算段してるのね!!


                            ’ペッパー警部よ!!’
[PR]
# by Ulala-lov | 2009-04-25 21:13 | Comments(5)

スマップの草なぎ剛さんが公然ワイセツとかで逮捕された。だけど、なんか〜、ウララおばさんには不自然な気がしてならな〜い。これって、また東京地検とかからんでる国策逮捕っぽい気がしちゃうんだよね!だって、植草元早稲田大学大学院教授の’鏡’をつかったチカンとかでの逮捕だって、あれ完全な国策逮捕(植草氏が「り○な銀行」の財務調査をしていたため)だったって何年も後になって、今ごろ、ハッキリ分かるわけで、あれはデッチアゲだったとよく納得できる記事がいろいろなブログにでているし、ご本人のブログ(下記参照)の中でも検察の卑劣さや裁判の経緯なんか書いてあります。でもあの逮捕当時は、わたしもですが、ほとんどの人はマスコミで大々的に報道される彼の変態ぶりな報道をただただうのみにしていました。最近、それがまったくのウソだと分かって、検察や警察があんなひどいウソをでっちあげて無実の国民を逮捕するんだ〜!って「信じられな〜い!!!」って感じでした。

(ブログ)植草一秀の「知られざる真実」 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

そして、今年の三月、民主党の小沢氏秘書の国策逮捕ですから。。。そして、今だに<秘書を不当勾留!!>している。あの東京地検は、日本を(いや世界を!)ぶっ壊したいと願っている「北の魔女」の分かりやすい手先でしかないのよネ。なので、この草なぎ君の逮捕も ’なんか〜臭いよ〜!プンプン!!’

っていうのもね、スマップってイラク戦争勃発前にも「世界に一つだけの花」というあの有名な歌で反戦を盛り上げたりとか、ちょっと詳しくは覚えていないけれど、彼らはけっこう平和に関して訴えているようなところがあったように思うの。とすれば、彼らの影響は大きいから、総選挙前に、大魔王ならぬ大魔女王が手下たちに妨害工作を命じた可能性は大いにあり!ありあり!!

真夜中に、やくざに囲まれ服を脱がされる(もしくは同伴していた女性がくせ者で脱がされた?)、そして、叫び声をあげたのを、「見てくれって言ったとかなんとか。。」、小沢氏の秘書の時もそうだけど、後は勝手にシナリオを作って、メディアに大々的に流すだけ。。。植草元教授の時もそうだったし。。。「これで、スマップの平和に関する活動をへこますことができるシメシメ!!」って感じでしょうかね?それに、草なぎ君は韓国でも芸能活動を行っていたのでそこへの影響などもシャットダウン(遮断、なぜか英語と似てる、関係あるのかな?名前がネームnameだしね。。日本人=ユダヤ説?)できるしね。彼は、両国の友好親善活動もしていたみたいだから、日本と朝鮮半島を分断しておきたい「北の魔女」の攻略の意図にもかなうしね。

「北の魔女さん」(=Qべス、分からない人は私の以前の記事を読んでくださ〜い!でも、面倒な人のために、エリ○べス女王です!)の出自はイタリアの黒貴族だったらしい。黒貴族というのは、殺人、強盗、強姦など悪いことなんでもして財をため込んだ盗賊団のこと。だから、1714年にイギリスがハノウ゛ァー朝(=現、ウィンザー朝)になったいきさつを調べると、スコットランド系のスチュアート朝のアン女王が子どもを7〜8人も授かったのに、流産したり、死産したり、赤ん坊や幼少期に亡くしたりするなどしてみな子孫を絶やしてしまった。それで、しかたなくイングランド王ジェームズ1世の孫でドイツのハノーウ゛ァー公家に嫁いでいたゾフィーの子をジョージ1世としてイギリスに迎えハノーウ゛ァー朝としたらしい。これって、ハノーバー公家などの王家・貴族らがイギリス王室の乗っ取りを周到に狙って、アン王女の子孫を絶やすために毒をもったり、いろいろ画策したんじゃないかな?って思えるんだけれど。。きっとサタニズム信奉をしているとしか思えない。それに、ドイツ人=ジャーマンってシャーマン(つまり、呪術師=祈祷や秘薬をもちいる魔法使いのような人ってことかな?でも良い魔法使いと悪い魔法使いがいるからね。前にも言ったように!全部の王族たちが悪魔的なわけではないと思う。)から来てるんじゃないかな?もちろん、ドイツの一般の人は関係ないでしょうけれど。一部の有力な王族、貴族がってことです。そして、それまでスコットランド系王朝であったイギリスをこのドイツのハノーウ゛ァー家が乗っ取ってからは、ドイツのこの系列の王族たちがヨーロッパのほとんどの国々の王朝をつぎつぎの乗っ取っていますからね。

ドイツのザックス・コーブル○・ゴータ家(=ハノーウ゛ァー家)について
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200410060000/

おまけに、この「北の魔女」の占星術の誕生図を見ると、MC、天頂(その人の偉業・満足の頂点)のところに「さそり座の土星(逆行)」があって、いかにも彼女が世界を征服・悪魔の支配を望んでいるかということが分かるの。まさに、彼女はその通りを狙っていると言えま〜す!!また、彼女のアセンダント(第一ハウスの起点。どのような視点でものを見るかを表す)を観ると、水瓶座の火星20°は多大な知的エネルギーだけれど、この火星は水瓶座の次の魚座の影響もかなり受けているので、人の苦痛と罪悪感と激情を操ってエネギーを吸いとることもある!とあり、まさに吸血鬼のよう。(金融の吸血鬼でもある?)そして、人生の方向づけが困難ともあり、もう頭の中、ブッシュと同じでカイオス状態でしょう。つまり、ブッシュよりはずっと頭がよいものの、そこにそれぞれの知識とか知恵ををまとめあげるきちんとした道筋、秩序がないっていうことかな。。。そして、木星22°のコンジャンクションで高い知力、多の才能に恵まれるとあるますが、だからこそ、悪知恵を駆使して、これまで世界中の人を上手くだましてきて、エイズ・サーズ・鳥インフルエンザ・狂牛病や戦争(9.11、アフガン・イラク戦争はもちろん、ついこの間のガザでの戦争も)や北朝鮮拉致や気象兵器ハープを使った人工地震や人工災害(サイクロン・豪雨・森林火災なども)やアジアの金融危機、等々、数えきれないことを隠れてやってこれたのでしょう。しかし、今はこの大魔女王Qべス自身が長い年月続けてきた麻薬と大勢との乱痴気セックス漬けと残虐な生贄儀式など(規模の大きなものは国内では目立つのでアメリカで悪行をする。コンコルドのような超音速旅客機でひっとっ飛び。また、スコットランドの東北部でも毎夏に。)のために、今ではもう、良いところはほとんど失われていると考えたほうた良いでしょう。悪知恵も代わりに手下に考えてもらってはいるのではないでしょうか。。。そして、同じ第一ハウスのやや離れたところに彼女のホロスコープの支配星である魚星0°の金星があり、聖人にもなれば罪人にもなるとあり、つまり、お気に入りの人々にはとってもやさしいが、それ以外の人(世界中の多くの人々が対象)には、罪人になるほどの悪いことをするってことでしょう。また、デカダンス(唯美主義)、酒色(つまり、酒とセックス)への沈溺(ちんでき)もある、とあり、それもわたしがさっきほど述べたようないろいろな信用できるブログなどから知り得た情報にぴったりに合致し、納得できます。

もともとホロスコープはあくまでも、その人がそういう要素をもっているという可能性を示したもので、それは、その人の生まれ育った環境や教育、本人の意志などである程度、良いふうにも悪いふうにも変わるものなのでしょうが。。。悲しいかな悪い面が多く現れてしまったようですね。彼女の母君の皇太后が福祉などの慈善活動にとても積極的だったことや父君のジョー○6世も病弱ながらお人柄が良かったらしいことを考えると、何かしらこのような「北の魔女」の野望の凄まじさとおどろおどろしさはQべスの<個人的>なものが大きいのではないかと感じずにはいられません。たぶん、父君がなくなった後に、伯父のエドワート8世からの影響もあったのではないでしょうか?彼はシンプソン夫人との結婚で王位を退かされたことをずっと恨んでいたらしいのです。そして、ナチス・ヒットラーの味方で応援していたらしいのです。きっと、ジョージ・ブッシュ(ジョージというところがジョージ1世と同じでしょ!だから、やっぱり、親戚なんだよね)の祖父プレスコット・ブッシュとも繋(つな)がっていたんでしょうね。エドワード8世は第二次世界大戦中はバハマでしたっけ?そんなカリブ海の島(アメリカにすごく近い)に住んでいたんですから。Qべスの父君が亡くなった後、彼女はまだ若かったので、エドワード8世が影で操ったりしていて、ナチ的な悪い帝王学を教えたのかもしれません。その頃には彼はフランスにいたのですが、距離的にはかなり近いし電話もプライベート飛行機もありますからね。そして、エドマンド・ロスチャの悪影響もかなりあったことでしょう。

とにかく、「北の魔女」が「金正日」×「西太后」を合わせ100倍にしたような大魔女王であることだけは疑いがないとだけ言っておきましょう!!(あっ!とうとう本当のこと言っちゃいました〜!!)
[PR]
# by Ulala-lov | 2009-04-23 22:33 | Comments(4)