<   2017年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2017−08−29

のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。

わたしが以前(多分、1990年代前半頃に)テレビで見た『ニューンベルグの指環』という題名での海外ドラマか?映画?では。。。

◎ ジークフリートはアイスランド女王『ブリュンヒルデ』を救い出し、愛を交わし結婚を誓います。しかし、ジークフリートは「自分にはやらなければならない使命があるので、これから旅に出るが必ず帰ってきて、あなたと結婚する。」と云って、二人は婚約し、ジークフリートはただ一人出発します。

◎ その後、ドイツのニューンベルグ?でジークフリートは(確か、小鳥ではなく3人の魔女の助言を得て###(最下部で説明))「黄金の宝」を守っていた巨大龍の下に入り込み腹から剣で刺して退治し「黄金の宝」と不死の身体を手に入れます。

◎ ジークフリートはブルグント族 **(=人間の母親とアングロサクソン王族の父親)の王『グンター』を信頼して、彼に頼んで手に入れた「黄金の宝」をブルグント城に運んでもらい、王の次ぐらいに偉い家臣にとりたててもらいます。

◎ ジークフリートはグンター王の異母?弟(ウィキとは違うけれど)であるハーゲン(つまり、アングロサクソン王族純血種?)に催眠術をかけられて、アイスランド女王『ブリュンヒルデ』と婚約した記憶をすっかり消されてしまいます。


**ブルグント王国、ブルグント族 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

ブルグント王国は一時領土を拡大し繁栄しますが、メロヴィング朝フランク王国に滅ぼされます。しかし、メロヴィング朝フランク王国もアングロサクソン王族に乗っ取られてしまっているし。なので、最終的に「黄金の宝」はアングロサクソン王族のものになったということです。

(マップをクリックするとブルグント王国の拡大地図が見れます)
(ブルグント王国の領土を示す地図)
(現在のフランスの地方領域を示す地図)

上のA,B,Cの地図を並べて比べてみると、ブルグントの領域がよく分かりますよ!

ブルグント族はけっこう広大な領地をもっていたんですね〜!! @@;

おそらく、サクソン軍団のスパイだったグンタ(=グンタハール王がモデル)王の弟「ハーゲン」(グンタ王やその妹グートルーネとは容姿がまったく違う太った醜い男)らによってブルグント王国はその命運を翻弄(ほんろう)され、いつも通り、アングロサクソン王族に王位を乗っ取られてしまったのではないかと。。。ブルグント族最後の王はグンター王の息子ゴドマールで、彼の治世の時にブルグント王国は滅亡しています。

このゴドマール王も名前からしてちょっと変です。なんか〜モンゴル系の名前のような気がしたのですが、下の『ブルグント族』についてのウィキの説明によると、ジークフリート亡き後、妻だったブルグント王の妹グートルーネは、なんと〜あのフン族の族長『アッティラ』と結婚していたのです!

(スカンジナビアには元々古来から人間が住んでいたのに、地球へ火星の衛星がブツかってカオスとなってから約3000年後にやっと地球の環境が落ち着いてくると、アングロサクソン王族たちが火星から地球に戻ってきて、再び侵略戦争を始めて最初の頃に犠牲になったのがスカンジナビア半島やデンマークやロシア東部あたりだよね!だから、スカンジナビアには両方の部族がいたんでしょ。スエビ族はアングロサクソン王族らしいけど。ブルグント族は人間だったってことじゃないかしら。。。)

きっと、あのフン族の首領で乱暴者のアッティラ*(ブルグント王国では『エッツェル』と名乗る)=ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世=ソ連のスターリン=アニメ『MONSTER』に登場した実在人物のドイツ孤児院『511キンダーハイム』の院長ミハイル・イワノヴィッチ・ペドロフ/ ラインハルト・ビアーマン** (本名)=わたしが通っていた邇摩中学校の体育教師だった泉先生***(1)=愛知県警中川署の外勤係長の3人のうちの1人(3人)=浜田第一中学校の、なぜか大勢いた体育教師の1人(3)です。(1)(2)(3)ともスポーツ刈りの頭でクモザル系の顔でした!


フン族の侵略は西ヨーロッパにまで到達しており、ブルグント王国も攻められて壊滅状態に追い込いこまれたとウィキに書かれています。したがって、それでグンター王の妹(未亡人)は仕方なく首領アッティラと結婚させられたのでしょう。結局、ジークフリートの手に入れた宝は最終的にアッティラのものになり、アッティラのボスであるハトホルの懐に戻ったというわけです。

上の油絵のアッティラの顔は、(1)(2)(3)のスポーツ刈りでクモザル系の顔の男たちと似ています!

(下から三番目の「なあに?」と書かれている写真のジェフロイクモザルが(1)(2)(3)の人たちに似ています。)


** ビアーマンってダイヤモンドの「デ・ビアス」と関係あり?
De Beers って、ハチ軍団=Beesをモジッたんじゃないかしら?ということは、やはり、アポローアルテミス=「チンパンジー」→(クモの遺伝子を加えて)→「クモザル」らしいです。
やはり、アッティラ=ヴィルヘルム2世=スターリン=ラインハルト・ビアーマンはクモザル系ですネ!


*** 仁摩中の体育教師だった泉先生と仁万小の担任だった西田先生が結婚!

わたしの通っていた仁万小学校へ新任教師としてやってきて3〜4年の担任だった小柄でいつもセンスのよいカワいいワンピースを着ていた、とても優しい西田由起子先生{=ショパンさん}は、同じ汽車で通っていた中学校の体育教師・泉先生に見初められて、わたしが4年になったばかりの頃に結婚しました。しかし、多分、数年で別居状態だったのでは。。。いつだったか、体育館で全校生徒が座っていた時に、ちょっと後を振り向いたら、そこに泉先生が座っていて、なんだか野獣みたいなギラギラした目をしていて『怖〜!」ってゾッとしたことがありました。ショパンさんは、おそらく、わたしを守るために、あんな恐ろし気な男と結婚したのかな〜? グスン 〜〜。。。 

しかし、泉先生(これが本当のアポロ?)は、わたしが職員室に行くと、宅野の漆谷先生(国語担当)や宅野の大原先生(英語と音楽の担当=おそらく愛知県警の同僚だった都筑佳子さん)にはものすご〜く気を使ってヘコヘコしていて、わたしに、突然、わけのわからないことで憎垂(にく)れ口をたたいたり、因縁(いんねん)をつけたりしていました(こうすると自分の格が上がるという感じで)。ということは漆谷先生が前ハトホル=石川初子(わたしの偽伯母)だったということで、泉先生=アッティラ=スターリンでもハトホルに比べたら、かなり小者ってことかしら。。。

それにしても、第二免許で数学も教えていて、わたしが2年の時には泉先生に数学を習っていたのですが退屈なつまらない授業でした。自分でも定期テストで、みんなの点数が悪いのを気にしているようでしたが、「なんでこんなに点数が悪いんだ?」って生徒に聞かれてもね〜(みんな沈黙〜)そして、なぜか、わたしに八つ当たりされ「浦◎、おまえ根性悪いな!」とかって言われました。

まあ、(要注意)★アングロサクソン王族たちは人の心を読む能力がある★ らしいので、わたしが泉先生の教え方が悪いからしかたないじゃんって思っていたのが分かったのかもね〜!だって、本当のことだから仕方ないでしょう。きっとクラスの全員そう思っていたことでしょうしね。
だけど〜わたしだけを攻撃! ww~ (^〜^;

 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

◎ またハーゲン(当時の象二郎?)は、森の奥に住む2人?か3人?か(うろ覚え)の魔女に頼んで『惚れ薬』を作ってもらい、ジークフリートとグンター王の妹「グートルーネ」に飲ませます。さらに、この二人が恋をするように様々なワナ(二人を巧みな言葉で操っていく)を仕かけていきます。

★★★★★ これはハトホルの最高の人工知能が心理学的に人間の行動を分析し、その傾向を熟知していて、人間の心理を巧みに操る術を知っているからです。そして、ハトホルの人工知能の命令どおりに、イルミナティの組織を上げて大勢のアングロサクソン王族やサクソン人がターゲットの人間(たち)に親切を装って攻撃を仕かけるのです。ですから、ターゲットにされた人間(たち)はまるで自分自身が考えて決めたかのように知らず知らずにハトホルに操られてしまっているらしいですよ!!!

◎ ハーゲンのワナにまんまとはまってしまったジークフリートとグートルーネはついに結婚します。

◎ アイスランドの女王『ブリュンヒルデ』はジークフリートの結婚を知って、ジークフリートが裏切ったと思い、ジークフリートと決闘をします。(確か、引き分けだったような。。。)

怒ったブリュンヒルデから、ハーゲンはジークフリートの不死身を破る欠点を聞き出します。

◎ ある日、ジークフリートは、グンター王や家臣と「猟り」に出かけて、1人で泉のほとりにかがんでいた時に後から忍んでやってきたハーゲンとその部下たちに殺されます。

ハーゲンの策略=まるでハトホルの策略のような。

そして、わたしが生まれる前から婚約していた "ショパンさんとわたし" の(ハトホルに翻弄されている)運命とも重なるところがあるような。。。

###この三人の魔女たちが「スリーシスターズ」だったとすると、最初から『ブルグント王国』を崩壊させるためにジークフリートを利用しようと考えていてのことでしょう。ジークフリートに巨大龍の弱点を教えて退治させ、黄金を手に入れさせ、ブルグント王国に持っていき、さまざまなトラブルをもたらすキッカケを作らせたということでしょう。まさに一石二鳥、一石三鳥くらいでしょう!

だって。。。

1 ジークフリートはおそらく何か由緒ある人間の王族家系の子孫だったのでしょうけど、ハーゲンとその部下たちに殺害された。

2 ブルグント王国の「グンター王」(=グンダーハール王がモデル)はジークフリートの婚約者だったアイスランド女王と結婚していましたが、フン族の攻撃にあい、内部にハーゲンのようなサクソン軍団のスパイがいるものだからブルグント軍は結局大敗しています。きっと、勇敢なアイスランド女王は戦死したものと考えられますし、グンター王は戦死したか、あるいは、妹のグートルーネをフン族の族長アッティラを嫁にやることで和解し、一時的に命を取り留めたのかも。。。(どっちみち、しばらくして毒殺か、何かで殺害されたのでしょうけれども)


3 ジークフリートと結婚していたグンター王の妹「グートルーネ」はジークフリートが亡くなって未亡人となっていたところに、フン族が攻撃をしてきて、ブルグント王国軍が大敗したため、未亡人だったグートルーネがアッティラの嫁にさせられます。

グートルーネとアッティラの息子(きっと、グートルーネが生んだのはアッティラのクローン子孫ではないかと。つまり、アッティラはクローンの受精卵をグルトーネに仕込んだのではないかと。)がブルグント王国の王位を継承し、その後もずっとアングロサクソン王族がブルグント人になりすまして王位を継承したものと考えられます。その間にブルグント王国内にアングロサクソン王族が増えて、その勢力を増していっていたことでしょう。

そして、534年に、メロヴィング朝フランク王国にブルグント王国は滅ぼされています。この時も、ブルグント王だった「ゴドマール」(いかにもフン族=ハン族=モンゴル系の名前っぽいですよ)はアングロサクソン王族だったわけですから、裏ではフランク王国と内通していて、わざとフランク王国に負けたのでしょう。多くのブルグント人が犠牲になったり、捕虜になったりしたはずですし、その後はブルグント人たちにとっては辛(つら)〜い奴隷の日々が始まったはずです。




映画『ロード・オブ・ザ・リング』のストーリーも、この「ニーベルンゲの指環」の一部を基にして作られているのだそうです!


関連ニュース

アングロサクソン王族たちの巧みな心理学的誘導による"新たなオレオレ詐欺" 発生!


こういうの確か警察内部では『おとり捜査』って云っていましたが、それを「
オレオレ詐欺」の犯人グループがマネるとは。。。警察をバカにしとるんかい?って感じ〜 警察も真っ青だし、トホホ(情けない)でしょうね。こういうのって「警察なりすましオレオレ詐欺」とでも呼んだらいいんでしょうかネ!(= =?



▶▶▶ 最近のニュースから:




▶ メモ






[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-29 21:12 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−08−28

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


このオペラはドイツのバイエルン王『ルートヴィヒ2世』(=わたしの元夫だった佐藤勝己=古代エジプトのトトメス1世)がワーグナーに脚本・作曲をさせて買い取った(どうせ安いお金ででしょう)ものらしいです。なので、当然、『ルートヴィヒ2世』が脚本にかなり注文をつけているはずです。しか〜し、『ルートヴィヒ2世』のボスはハトホル=当時はエリーザベト・マリヤ・ベネツク皇太女ですから〜分かりますよネ?! (*_* フムフムヤッパリ〜

ところで今、気がついたのですが、佐藤勝己の母親・佐藤加奈子が『ハトシェプスト女王』でハトホルなのかしら? 歴史ではハトシェプストの父親がトトメス1世となっています。佐藤加奈子は勝っちゃんは自分そのものだと云っていましたので、ハトホルの古〜いクローン子孫同士であることは確かです。すると、二人は、最低でも、およそ3500歳くらい生きている悪魔ドラキュラ・モンスターですよ〜!

ところで、このウィキの写真のワーグナーの顔はアングロサクソン王族の顔で、山根光男(ジョゼッペ)の母親* や末弟の勝さんにソックリです。なので、これは偽ワーグナーです。本者の作曲者ワーグナーはおそらく、旧ハプスブルグ家の男性の誰かで、ショパンさん(旧ハプスブルグ家のオールバニ公レオポルド** の子供(おそらく、娘のアリス***)ということになっている=イスラエル王ダビデ=出エジプトのモーゼ)か、アルバート公か、オールバニ公レオポルドかでしょう。

* わたしが愛知県警の音楽隊にいた時に1年後輩だった宮田さんという婦警にソックリでした。多分、同一人物です。


ヴィクトリア女王(ハトホル)が血友病で、その子供に血友病が引き継がれたというのは、ハトホルのお気に入りの旧ハプスブルグ家の男性たちを血友病(ケガをすると血が止まらない病気)だということにして兵役を免除させる目的だったのではないでしょうかね。

そして、姉のルイーズ王女というのはショパンさんのようです。女性にしておけば兵役もないし。ジョルジュ・サンド(=旧ハトホルのバテ・シバ {シェバ} ?)が他の女性が寄ってこないようにするため女装させていたのではないでしょうか?

ジョルジュ・サンド=わたしの偽叔母・服部寿栄子=オーストリア皇太子ルドルフ(これもショパンさんのような)の王妃ステファニー・ド・ベルジク


おそらく、これもショパンさんのような。。。


さて、やっと本題に入ります!

[ 主要登場人物 ] のところを見ると、「天の神々」とされているのは、自らを神と名乗っているアングロサクソン王族のことのようです。3人のラインの娘たちとは、きっとスリーシスターズのことでしょう。

『ニーベルング族』の説明については、優れた彫金技術をもっているのは、きっと、もとは『天上の城』に住んでいた『ラピュタ人』(=神と呼ばれていた人間たち)でしょう。(その城はアングロサクソン王族たちに乗っ取られてしまったけれども、その時には、ラピュタ人はすでに地上に降りていましたよね。きっと、地下に隠れていた者たちもいることでしょう。)

しかし、ニーベルング族というのはおそらくアングロサクソン王族の族名のような気がします。つまり、アングロサクソン王族たちは何でも反対に云(い)うのが好きですからね。

ニーベルング=ニュルンベルク  〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜




[ 都市の成立初期 ] のところでは、「ニュルンベルク」という名は『神聖ローマ帝国』のアングロサクソン王族の皇帝ハインリッヒ3世(在位AD1046-1056頃)の頃にはすでに用いられ始めていたようです。つまり、アングロサクソン王族が『神聖ローマ帝国』を建国し、その居城がニュルンベルクだったようです。





この中で登場するコジマと云う女性は、わたしが「ワールド子供英会話教室」の講師をしていた時の同僚だった古田島(田を抜けば小島)さんという女性(=ジョゼッペだったらしい)によ〜く似ています。

ですから、アングロサクソン王族であるコジマのほうからショパンさんに近づいていって不倫した可能性が高いでしょう。あるいはダヴィデ王の時からショパンさんにしつこくくっついているジョルジュ・サンドかもしれません。ジョルジュ・サンドは、もしかしたら旧ハトホルではなく、旧ジョゼッペかもしれません。なんかチンパンジーっぽい顔なんですよね。

でも、不思議なことに古田島さんはなんかイイ人でした。(もしかしたら、ショクパンさんだったのかも?よく予備校に勤務していて留守と電話で云われたりしていました。小田島さんはお父さんは東海銀行に務めていると言っていましたが、これがジョゼッペのことだったのかも。まあ、ジョゼッペ=山根光男って愛知県警の公安課に勤務していたのですが、銀行の重役とかもやっていそうですよね。)
  〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜







につづく




[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-28 09:08 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−08−26


大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


わたしが催眠状態で『もう一つ別の世界』で生活していたのは、祖父の服部朝太郎(アーサー・太郎)=エルビス・プレスリーが「アングロサクソン王族たちの知らない所で、コッソリとわたしに一人前のルーシーになるための教育をほどこす手段」だったようです。

(とはいえ、サクソン軍団の情報網はスゴいので、すでにわたしが小学校ぐらいの時からトーマス・グラバーの子孫であるわたしの「もう一つの別の世界」についてはいろいろと気づいていたようです。しかし、わたしがルーシーであることや、ルーシーが何かということは知らなかったようです。

というのも、浜田市の国府中学に勤務していた時に、わたしの属していた1年体の席で佐田先生(象二郎系、アルジェリア人質テロ事件の時の「日揮」の元社長)が松雪泰子の主演しているテレビの"お嬢様ドラマ"=『白鳥麗子でございます』の話をちょっとしていた時に、「あのお嬢様は浦◎先生のことですよ。」とわたしの隣の席の養護教員の渡辺先生(=なんか元歌手の林寛子をもっとスリムにして少し老けさせた感じだったので現ハトホルか旧ハトホルだったのかも?わたしには表向きはとても丁重に話しかけ、実は無視しつづけていました)がわたしにコソッとちょっと悔し気に言われたことがあるのです。わたしは何のことかチンプンカンプンでしたが。


その後、3学期始めの教員の新年会の時だったかに、舟木先生(アイゼンベルグ三船)が遅れてきて「ちょっと子供がサッカーボールを路に転がしてきて事故になりそうだったもんだからね。」とか弁明していましたが、その後しばらくして、突然、「浦◎先生はクィーンだけぇ〜!」とわたしのほうをジロリと見て言われました。わたしは何のことかサッパリ分からず、その頃、プリンセス・プリンセスという女性バンドの歌が流行っていたので「わたしはプリンセス・プリンセスで〜す!」とふざけて言ったのですが。。。やっと今になって当時の彼らが言っていた意味が分かってきました。きっと、アイゼンベルグは人間側(王族か元王族?)の誰かを酷く拷問して、わたしがルーシーであることを突き止めたのでしょう。おお怖っ~~~~ブルブル~~~~ 〜〜。。。)

一方、ハトホルやアイゼンルグたちは未来(AD4000年頃)での心理学の資料をすべて人工知能にインプットしたり、旧ハプスブルグ家のアルバート公が発明していた医療看護ロボット『ベイマックス』の人工知能も横取りして、非常に高度な精神医学の知識を自らのスーパコンピューター(多数のスパコンが集まってスリーシスターズたちの人工知能「HAL」を構成しているらしいです)にインプットするなど度々グレードアップして、人間を操るためのマインドコントロールなどに悪用しているようです。

なので、以下のわたしがネットサーフィンで見つけてリンクさせていただい幾つかのサイト・ブログの中でマインドコントロールの手法を説明している部分がありますが、これは皆さんが「サクソン軍団」の生物学的人造ロボットたちにダマされないためにリンクさせていただいたのです。ですから、皆さんは「誰かに悪用してみようかな〜!」なんて物騒な考えは絶対に起さないでくださいネ!

また、次のような人は絶対に見ないでネ!(16禁 16歳未満はSTOP!)
以下の記事は、悪くマネをすると非常に危険なことになりますので15歳以下の人、精神的に不安定な人、知的障がいのある人、てんかん症の人などは絶対に読まないでください!!!





(引用)

こちらが相手の価値観を変えたい、
価値観をズラしたいのであれば、
その理性を弱める、または、
その理性の対象を他に向けて
思考の注意をそらす必要があります。

理性が弱まった状態が、つまり、
無意識の状態なのです。

その理性が弱まった状態、
(いろんな情報空間にあれこれアクセスできない状態)
を作り出すことで、相手の理性的な思考力を弱め、
こちらの誘導を受け入れやすい状態にすることが大切なのです。



< 催眠術の解き方 >

ネット検索してみたら、被害者の方の相談が多くありましたので、参考までにリンクさせていただきます。


(ガンジーは真の救済者だったかもしれませんが、マザー・テレサは以前、このブログで説明したようにハトホルですよ!)

このブログ内の関連記事:
(サイトの一番下のほうにマザー・テレサについての真実を説明しています。)



下のリンク先サイト**は、わたしが、ここ2〜3年ちょこちょこと見ている星占いのサイトです。一時見れない時が長くありました。多分、ハトホルのせいです。)
なんか〜「ヒプノセラピー」のことがどっかにちょっと書いてあったので調べてみたら、それとは少し違うのかもしれませんが、先月の8月22日の新月について書かれていました。わたしはちょうどこの日は見ていなかったらしく、勝手に自分の考えで、しかも「乙女座で起きる新月」だとばかり思って、乙女座に関係する新月の願いごとを8月22日の早朝に書いていました。なかなかイイこと書いたつもりだったのに。どうなるんだろう?(一応、乙女座のところは獅子座に訂正しておきましたけど) 〜〜。。。



今後、半年間も影響があるそうですから、下の「新月の瞑想」を一応やって、やれるだけのことはやってみようっと!

(すでに、新月の影響のある8月22日、23日はとっくに終わっていますが、このビデオを見たら、ちゃんと自分の中にある理想像の自分が見えました!)




[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-26 02:17 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−08−25

のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。








コメント欄には、この歌の歌詞の内容はナポレオンのことだと書いている人がいますが、皇帝ナポレオン・ボナパルト(ジョゼッペ)で妃は『ジョセフィーヌ』(=ハトホル)。

ということは、ジョゼッペはハトホルの男性形クローンかも?なので、アングロサクソン王族なので、この歌詞で描かれている人物とは違います。この歌の歌詞の中の王のモデルは「イスラエル王国」の人間の王だった『ダビデ王』(=旧約聖書「出エジプト」の指導者『モーセ』)のことらしいです。










日本人が全てユダヤというわけではありません。

約5万年前に、火星から地球にやってきた人間たちの中で最初から日本(おそらく、仮名かもしれないけれど「ムー大陸」の中央)に住んでいた人間の日本人がBC10000年前の火星の衛星の衝突の時に地下や山の洞穴などに隠れて生き延びていた可能性もあるし。。。

その後、ダビデ王(=人間=出エジプトの「モーセ」らしいです)が「イスラエル王国」を乗っ取られたために逃げ出したアシュケナージユダヤ(人間)の12氏族(13氏族?)のうちの一部族か、幾つかの部族が日本にやって来たのでしょう。

伊勢神宮内宮の『三種の神器』とは、もともとは『モーセ』* が出エジプトの後、イスラエルに向かっている途中のシナイ山で神から授けられたという『十戒の石』と、モーセの『反重力装置の杖』(これをアングロサクソン王族が奪って、ずっと悪用してきたということでしょう)と、『壷』(よく分かりません。もしかしたらルーシーの子宮を表す『聖杯』?)だったようです。この三種の神器が入っていたのが『契約の聖櫃着(アーク)』なのでしょう。このアークは『シバの女王』がソロモン**との子供『メネリク1世』(象二郎)を生んだ後に、ソロモンから盗み出して勝手に自国『アクスム王国』(現エチオピア)に持ち帰ったようです。

* これもアングロサクソン王族による改ざん歴史でしょう。
「モー+ゼ」は「モー・ゼウス」=モーは牛の鳴き声だから「牛のゼウス」←これはアングロサクソン王族のゼウスのこと。牛には角があり、肉も赤いということはヒドラ遺伝子が入っているということです。そして、アングロサクソン王族にも、きっと牛の遺伝子が入っているのでしょう。


** ソロモン=多分、アイゼンベルグ=アメンホテプ4世=これが2000年先の未来からタイムトラベルして火星にやってきたキチガイ科学者で野心家の人間かな?そして、このアイゼンベルグがバテ・シバ(本当は妊娠していなかった)の赤ちゃん『ソロモン』(拡大縮小の自由自在な薬「スロ・スウン物質」を飲んで)となって成長したということかも。

というのも、わたしの偽姉・谷本由香子の次女香織ちゃんは『フランス革命』後の王政復古で王となった「ルイ・フィリップ」の5男の「フランソワ」*** にソックリです。香織ちゃんはなかなか生まれて来なくて、出産予定日の1ヶ月後に4000gのかなり大きめの赤ちゃんで生まれてきたと母から聞きました。なので、フランソワがスロ・スウン物質を飲んで少し大きめの赤ん坊にまで縮小して、由香子の赤ちゃんとなり、リセット人生を始めたのではないかと。

そして、アイゼンベルグは現在より2000年未来から30万年くらい過去の火星にやって来て人間のゼウスの城の門番となり、ゼウスに取り入って、ゼウスの娘と結婚し、生まれた娘に、人工知能ハルの一部(受信・発信装置?)をその脳に取り付けてハトホル(最高の人工知能が能に入っている)となったのでしょう。このゼウスの娘ハトホルの血を受け継ぐ娘(母親がルーシーの直系であり、父がアイゼンベルグなのでアイゼンベルグ版のルーシー)がアイゼンベルグの世界征服(人間界を完全征服)の『錦の御旗』(にしきのみはた)**** として利用するために(ゼウスとの戦争を正当化して見せかけるために)必要だったのです。なので、ハトホルを自分より上の地位にしているのではないかと。








(上のサイトAについて、"うららおばさん" のご勝手推察による説明↓)

ダビデが王になってしばらく経った、ある日、わざとダビデに見える所で裸になって水浴をして色気をふりまいて誘惑したバテ・シバ(=バテ・シェバ=当時の『シバの女王』=ハトホルのことでしょう。)の相当に強力らしいハニートラップにまんまと引っかかってしまったのでした。その後、ハトホルはかなり魔法が使えるはずですから、ダビデ王は「惚れる魔法」をかけられたりとか、あるいは、「惚れ薬」を飲まされたりとかしたのかも?そして、妊娠させてしまったので(実際はバテ・シバは妊娠していなかったのに)、その罪を隠すためにさらにバテ・シバの夫「ウリヤ」を戦闘の厳しい所に送り込んで死なせてしまったということです。(←しかしながら、ウリヤはアングロサクソン王族だった可能性が高そうですので、そうなら戦闘で死んでなんかいないはずです。彼らの身体は刀剣などで斬られても死なないのですから。後から生き返っていたはずです。)

そこで、わたしが思い当たるのは、あの「トロイ戦争」の発端となったスパルタの人妻『へレネ』(世界三大美女=悪女の一人)がトロイ王子「パリス」を「わたしは不幸な結婚をしているの。どうかわたしを救って!トロイに連れていって。」と言って、パリスを誘惑しトロイに連れて行かせてギリシャ全軍とトロイとの『トロイ戦争』が始まった重大な歴史の1ページです。

(ここでいうゼウスとはモーゼ=アングロサクソン王族のゼウス=アイゼンベルグかジョゼッペのことだと思われますがどっちかまだよく分かりません。)

そして、ギリシャ兵たちが潜んでいた『トロイの木馬』をトロイの住民たち(おそらく、アングロサクソン王族のスパイたちが土着の人間のトロイ人たちを煽動して)がトロイの城壁の中に持ち込んだためにトロイは滅亡したのです。

なので、バテ・シェバもダビデ王にわたしは不幸な結婚をしているのと訴え、夫のウリヤを激戦地に行かせるように仕向けたのではないかとわたしは推察してしまうのですがね。しかしながら、裏ではバテ・シバと生き延びたウリヤはまだまだ結託していたはずです。要はダビデに神の御心に背くような反道徳的なことをさせて(惚れ薬* や魔術・催眠術やハニートラップなどによって)、ダビデ自身を落ち込ませたり、家臣たちからの信頼を失うように仕向けたのでしょう。

* 惚れ薬は飲んだ直後に会った異性(あるいは人物)に惚れるらしいので、ダビデ王もサクソン軍団のスパイの侍従じじゅうか侍女じじょにバテ・シバの水浴を見る直前に惚れ薬の入った飲み物を飲まされていたのかも?(←オペラ『ニーベルングの指環』のストーリーで、ジークフリートは惚れ薬を飲まされた直後にブルグント王の妹に出会って惚れてしまい結婚したのです。)

これらの罪(事実はかなり違っていましたが!)をダビデは旧約聖書の『詩編』の中で幾度も幾度も神に赦しを請うていて、反省("悔い改め" を)しています。

もしかしたら、この時のバテ・シバ=ハトホルがジョルジュ・サンド=わたしの偽叔母・服部寿栄子=偽作家の桐島洋子=北白川宮能久親王=鷹司景子たかつかさ けいこ(高須恵子)=下の動画のソマリア人のアナンヌキET女性かも?

(まぶたの目尻近くに黒いアイシャドーを入れています。今は整形しているはず。)

(サイトの真ん中あたりの若い頃の写真が実際の顔ではないかと。吸血鬼なので、ずっと20歳くらいから歳を取らないはずですから。インタビューの答えはすべて大ウソですから。娘の「桐島かれん」は寿栄子叔母さんの一人娘の陽子ちゃん=ずっと捕虜になっているショパンさん=北白川宮成久王で、桐島ローランドは佐藤勝己=バイエルン公ルートヴィヒ2世=浦◎憲一=今上天皇『明仁』あるいは、やはり、捕虜になっているオールバニ公レオポルドとの二重構造かもしれません。)



また、上のサイトAの「老年期」のところにある肖像画の顔はアングロサクソン王族風の顔立ちですから「ダビデ王」ではなく、おそらく、「ソロモン王」の肖像画のような。。。母親がバテ・シェバですから(←訂正:ソロモン=アイゼンベルグか、そのクローン子孫で、バテ・シバとダビデ王の子ではなかったようです)ソロモン王は、当然、アングロサクソン王族=悪魔モンスター吸血鬼です。

このソロモン王の顔はアイゼンベルグ=オーストリア帝国初代皇帝『ヨーゼフ1世』=「アラビアのロレンス」ことトーマス・エドワード・ロレンス=実業家の白州次郎=アレキサンダー・アラン・シャンド(イギリスの銀行家で日本に銀行簿記を導入したとありますが、実際には旧ハプスブルグ家の男性たちが銀行簿記を日本人銀行員たちに指導するようにアイゼンベイルグやハトホルに命令されてやらされていたのでしょう。)=昭和天皇=俳優の偽ピーター・オトゥール=岸信介元首相=俳優・三船敏郎=俳優・三国連太郎=横浜市日吉の「芙蓉ふようハイツ」の家主・喜多文磨に似ていますよ〜!



[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-26 01:00 | その他 | Comments(0)

2017−07−22










ところで、今年の6月に伊豆半島沖で起きたイージス艦「フィッツジェラルド」と『日本郵船』が船主のコンテナ船との衝突ではイージス艦の艦長などが8月17日に処分されています。


★★★ なんか〜どっちも、どっちなんじゃないかな〜って感じなんですけどね〜 (@~@ ? 
何しろコンテナ船の船主『日本郵船』って、めっちゃ怪し〜い人たち(アングロサクソン王族たち)の由緒正しき大御所的な会社じゃないですか。。。
 

まあ、イージス艦の見張りの乗組員約10人に落ち度があったのは確かですが、揃いも揃って...ということは上司の誰かが見張りを怠るようにさせていたのかしら?


あ〜、なんか「か〜ごめ か〜ごめ。。。」の歌が聞こえてきた〜!

(と唱った後に、中央にいる両手で目隠しをしている子どもが「後の正面」にいるであろう子どもを推測して当てる(名前言う)という遊びなんですけどね。)


この歌の中の「鶴」や「亀」とはサクソン軍団(アングロサクソン王族やサクソン人)のことですよ!

ですから、旧ハプスブルグ家の紋章『鷹』は鳥ですけれど、捕虜(奴隷)になっている籠(牢屋)に入れられている鳥(=人間の王族、あるいは、人間たちのこと)は、いつになったら出やる(いつ解放されるの?)

夜明けの晩に(解放が近い夜に?)、鶴と亀が滑った(サクソン軍団が負けた)

(しか〜し)
後の正面だ〜れ?(味方の中にいる敵=裏切り者はだ〜れ?)
=人間の中にいる裏切り者はだれか当ててごらん!だから、まだまだ安心できないし、だから、サクソン軍団はまだまだ完全には負けてないんだ〜!いつも、サクソン軍団は負けそうになっても、なぜか復活して勝利しているんだから。。。

★★★ つまり、味方の中にいる敵のスパイを捜す必要があるということ。

男の人たち(サクソン軍団も人間たちも)は、アングロサクソン王族女性(まあ両性具有なんですけど)たちのハニートラップに弱いですからね〜!!

とくに、スリーシスターズのハニートラップはすごいみたいです〜!!!


わたしは高校の時に『エデンの東』 という小説を読んだことがあるのですが、ストーリーは、(訂正:昔のことで勘違いしていました!→)次男が長男を殺すというものでした。

長男が次男を殺すという"兄弟の相克" * が書かれている旧約聖書の中の「カインとアベル」の話を逆にした感じなのですが。。。

つまり、小説『エデンの東』 は、エジプト神話にあるように長男のエジプト王を次男のセツ(セト、赤ちゃんの時にアングロサクソン王族と入れ替えられたのかも?)が殺害して王位を奪うというストーリーに近いような。。。

その中に「ケイト」という、この兄弟を生んだ後にすぐ家を出てしまった薄情な母親がいて、売春宿を経営する女性として登場するのです。あの「ケイト」という名前は「キャサリン」の愛称で、もともとは人間の王族女性に多い名前のようです(ハトホルが人間の王族女性に汚名を着せるために、わざとケイトという名前にさせたのでしょう)。しかし、実際、あの小説の中のケイトの人物像はまさにハトホルなのですよ〜!!!

もちろん、アングロサクソン王族たちにはこのような小難(こむず)しい長編小説を自分で書く能力はないので、ハトホルが捕虜(奴隷)にしている人間の男=旧ハプスブルグ家の男性など(あるいは他の頭のよい人間の男性)に書かせたのでしょう。


嘘をつくのを奨励しているようなところは、ちょっとちょっと〜?ってな感じで同意できませんし。。。純粋な人たちが必ずしも弱いとか死ぬわけではないでしょ〜!つまり、この小説はハトホルの意図で書かれているってことなんですよ〜!!私が生まれる直前に書かれて映画化されているってのもなんだかね。。。気味悪いわ〜 (ーー*
  〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜〜 〜 〜 

うららおばさん・・・高校時代に読んだ時は、なかなか難しくてよく理解できなかったところが多かったのですが。。。とにかく、あの兄弟の実の母親(ほんとうなら)『セツ?』の性質が気味が悪いほど、あまりにも悪辣(あくらつ)で、こんな女性ってほんとうにいるのかしら? いたとしたら怖すぎる〜!なんて。。。驚きを隠せないって感じだったのは確かです。 きっと、今読んだら、もっと多くを理解できるような気がします。


そして、ハトホルやアイゼンベルグたちは現在は世界中に売春業を大きく展開して大々規模にやっているようです。お金儲けにもなるし、それ以上に、その証拠(秘密に撮影してDVDなどに記録)をとって買春者たちを脅迫し(一生脅迫されてハトホルの言いなりになるわけ)、自分たちの味方に引き入れるという策略にも使えるのですから、売春業ってアングロサクソン王族にはイイことだらけ。

また、その売春婦や売春夫をつくり出すために、誘拐してきたりする仕事もやっているようですしね〜!

さらには、幼児性虐待者やロリコンのニーズにも答えるため子供の誘拐・売春もやってるんですからね!!!

さらにさらに、大人や子供を誘拐してきて、(地下)鉱山・地下工場・核関連施設など健康被害が心配される危険な場所・サービス業など3K(きつい、汚い、危険)のような仕事をさせて、しかも休憩もあまりなく重労働させているらしいですよ〜!!!










[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-22 09:53 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−07−21

大変申し訳ありませんが、この記事はまだ書きかけです。


<<バルセロナ・テロ事件>>


1. ランプラス通りで起きたテロ

(白いワゴン車がランプラス大通りの歩行者専用道にいた人々を次々にひき倒しながら500メートルあまり突進していった。)


スペイン・バルセロナで起きたテロ事件で、スペインのメディアは、車を運転していた実行犯の男が警察に射殺されたと伝えました。

この事件はバルセロナ中心部で17日、車が歩行者に突っ込み、13人が死亡、120人がけがをしたものです。運転していた男は車を乗り捨て逃走しましたが、スペインの複数のメディアは、およそ8時間後にバルセロナから80キロ離れたカンブリスで射殺された別のテロ事件の5人の容疑者の1人だったと伝えています。,

「犯行グループ5人のうち2人が、この辺りで警察に射殺されました。近くの手すりには銃弾のような痕が残っています」(記者)

死亡した男について現地メディアは、モロッコ国籍の17歳の少年だとしています。> 一方、バルセロナからおよそ200キロ離れたアルカナーという街で、犯行グループのアジトとみられる家が見つかりました。この家では、今回のテロの前日に大きな爆発があり、2人が死亡、1人が重傷を負っています。

「爆発の衝撃で家が揺れ、これまで聞いたことがない大きな音だった。てっきり近くのガソリンスタンドが爆発したと思った」(近所の人)< 家の中からは無数のガスボンベが見つかっていて、警察は犯行グループが当初、車に爆発物を積んで群衆に突っ込むより大規模なテロを計画していたものの、準備段階で誤って爆発させたとみています。(08日05:37)


(最下部にある地図が分かりやすいようです。)









<バルセロナから南西の都市で起きたもう1つのテロ事件>




[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-22 09:12 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−07−21

大変申し訳ありませんが、この記事はまだ書きかけです。


今回のスペインで起きた連続テロ事件でお亡くなりになられた方々に心より哀悼の意を捧げますとともに、ケガをされた方々の早期の回復を心よりお祈りいたします。


<<スペイン連続テロ事件>>


1. ランプラス通りで起きたテロ

(白いワゴン車がランプラス大通りの歩行者専用道にいた人々を次々にひき倒しながら500メートルあまり突進していった。)


スペイン・バルセロナで起きたテロ事件で、スペインのメディアは、車を運転していた実行犯の男が警察に射殺されたと伝えました。

この事件はバルセロナ中心部で17日、車が歩行者に突っ込み、13人が死亡、120人がけがをしたものです。運転していた男は車を乗り捨て逃走しましたが、スペインの複数のメディアは、およそ8時間後にバルセロナから80キロ離れたカンブリスで射殺された別のテロ事件の5人の容疑者の1人だったと伝えています。,

「犯行グループ5人のうち2人が、この辺りで警察に射殺されました。近くの手すりには銃弾のような痕が残っています」(記者)

死亡した男について現地メディアは、モロッコ国籍の17歳の少年だとしています。> 一方、バルセロナからおよそ200キロ離れたアルカナーという街で、犯行グループのアジトとみられる家が見つかりました。この家では、今回のテロの前日に大きな爆発があり、2人が死亡、1人が重傷を負っています。

「爆発の衝撃で家が揺れ、これまで聞いたことがない大きな音だった。てっきり近くのガソリンスタンドが爆発したと思った」(近所の人)< 家の中からは無数のガスボンベが見つかっていて、警察は犯行グループが当初、車に爆発物を積んで群衆に突っ込むより大規模なテロを計画していたものの、準備段階で誤って爆発させたとみています。(08日05:37)


(最下部にある地図が分かりやすいようです。)









2. バルセロナから200km南西の都市アルカナルで起きたテロ

(バルセロナ・テロ事件と同一犯行グループによる通行人ひき逃げ事件)






[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-21 09:01 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−08−12

(このブログ内の関連記事)





< 飛行機設計の先達となったイタリア人『ジョヴァンニ・カプロニ』>






<カプロニ社で製造された飛行機>

(すべてウィキペディアより、古い製作年順に表示)


1910年製造された世界初のジェット機。しかし、試験飛行中に事故を起こし開発中止に。しかし、この時のサーモ・ジェット・エンジンが後に1940年のカンピニ・カプロニCC2=カプロ二・カンピニN.1(飛行に成功した実質的な世界初のジェット機)につながる。


爆撃機(1917年)
第一次世界大戦中に製造された。


旅客機(1921年)
試作機段階で失敗。


重爆撃機(1929年)


実験機(1932年)
設計者 ルイージ・スティパ(説明なし)
モータージェット機のカプロニ・カンピニN.1の開発に重要な影響を与えた。


戦闘機(1933年)
ペルーで運用(36機)


飛行機操縦の大会で、ドイツのメッサシュミット Bf 108 (航空機)に次ぐ2位だった。
(この女流飛行士エリー・パインホルンとは、おそらく、ショパンさんです。)










< ジョバンニ・ カプロニの共同作業者 アンリ・コアンダ >


ルーマニアの発明家
世界初のジェット機コアンダ=1910を製作した人物

なんとネットで調べてみると、アンリ・コアンダは本者と偽者の二重構造になっていました!(下のAとBを比較)


このアンリ・コアンダの写真はアイゼンベルグの顔で、今上天皇『明仁』(=浦田憲一=佐藤勝己=バイエルン王ルートヴィヒ2世か、あるいは、そのクローン子孫)がイギリスのブライトンの英語学校で『ヒロシ』と名乗っていた時の顔にかなりよく似ています。そして、この顔はあの著名な発明家といわれるニコラ・テスラの顔と同じです。(ニコラ・テスラはジョゼッペだとばかり思っていましたが、アイゼンベルグだったということでしょうか?それとも、二人は同じクローン子孫同士かな?)




こちらのアンリ・コアンダの写真は、おそらく、最後の神聖ローマ帝国皇帝ヨーゼフ2世(俳優・仲代達矢)のような。。。

★★★ というように『アンリ・コアンダ』も旧ハプスブルグ家の男性とアングロサクソン王族との二重構造になっているようですが、今まで通り、本者のジェット機の発明家は人間である神聖ローマ帝国皇帝『ヨーゼフ2世』のほうでしょう!!

★★★★★ もちろん、アングロサクソン王族たちの奴隷となっている旧ハプスブルグ家の男性たちに、これらの飛行機製作を命令したのはハトホル * やアイゼンベルグ ** やジョゼッペ *** や象二郎 **** たちです!!!

* 当時のハトホル(=イタリアのムッソリーニを財政支援したり、ドイツのヒットラーをバイエルン王ルートヴィヒ2世を通じて関節的に財政支援したボヘミア・オーストリア帝国のマリア・ベネツク・エリーザベト皇女、北白川宮能久親王、米大統領リンカーンを暗殺したジョン・ブース)

ユーミンこと荒井由美(人間)の顔は、このエリーザベト・マリー・ペツネック=北白川宮能久親王=鷹司景子(高須恵子)の顔に似せて造らされていたのですね!(*o*)


エリーザベト・マリア・ベツネックの母ステファニーとは:

ステファニー妃=エリーザベト・マリア・ベツネック大公女のようです。いつからか分かりませんが、ず〜っとショパンさんにまとわりついてきたようですね〜!

なんか〜、このステファニー妃って、東京都品川区に住んでいた寿栄子(わたしの偽)叔母さん=偽エッセイストの桐島洋子に似ていますよ!肖像画だから本者よりかなり美しく描かれてはいますが。おそらく、このステファニー妃がショパンを溺愛(できあい)していたジョルジュ・サンドでしょうかね〜!それで、一人娘の陽子ちゃん(=ショパンさん)がいっしょに住んでいたんですネ!


** 当時のアイゼンベルグ(=ファシズム提唱者ヨーゼフ・ゲッペルス、ナチス医師ヨーゼフ・メンゲレ、旧日本陸軍で中国に派遣されていた関東軍731部隊{=人体実験}の隊長石井四郎)

*** 当時のジョゼッペ(=ロシア革命のトロツキー、ドイツのファシズムリーダー・ヒットラー)

**** 当時の象二郎(=ロシアの革命家レーニン、イタリアのファシズムリーダー・ムッソリーニ)


**ところで、上のルーマニアの有名人のリストに入っていた1972年のモントリオール・オリンピック体操女子金メダルのナディア・コマネチについてですが、YouTube動画で2〜3年前に見たコマネチの顔と最近(半年くらい前に)見たコマネチの顔とが違っていました。最近のコマネチの顔はわたしの高校の同級生だった福田小百合さん(=現ハトホル=わたしの偽姉・山根郁子)の顔にとてもよく似ています。なので、きっとハトホルとアイゼンベルグが映像の顔の部分だけ入れ替えたのでしょう。








(ここでは、旧ハプスブルグ家とアングロサクソン王族のハプスブルグ家とを同じ1つのハプスブルグ家として扱っているようです。)














[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-12 16:26 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−08−13


(ウィキの写真はまだ本者っぽい感じです。)


以下の動画も画像もほとんどが偽者の顔=わたしの高校時代の同級生だった福田小百合さん(=現ハトホル=わたしの偽姉・山根郁子=女優・田中美佐子=女優・大竹しのぶ=歌手・偽者のほうの今井美樹などなど)の顔に替えられて言いました。以前、2〜3年前にネットの動画で見た時のコマネチの顔と明らかに違っています。半年くらい前に見た時にはすでに福田小百合さんの顔になっていました。

さらに気づいたことがあるのですが、ハリー・ポッター・シリーズの主人公ハリー* の顔も現ハトホルがわたしが高校の時に同じクラスだった福田小百合さんにソックリです!ということは、ハリーの顔は、ハトホルの顔をモデルにして造られたということでしょう。でもでも、よくよく考えてみたら、ショパンさんの素顔に少し似てるかもにゃ? ん〜、となると〜 ハトホルがショパンさんの顔を真似てたってことになるのかな〜?!それとも、ショパンさんがハトホルの顔を真似ていたのかな?ああ、こうなると"いたちごっご" だわ。。。とにかく、ハトホルのもともとの顔はアナンヌキ女性** の顔にゃ!!


このハリー役は俳優のダニエル・ラドクリフです。ラドクリフもアングロサクソン王族風のスティック鼻などの顔に造らされています。

なので、ダニエル・ラドクリフの顔は、おそらく、ハトホルの素顔とショパンさんの素顔の中間くらいの顔になっているのではないかと。。。(←ここ訂正しました。2017.08.13 )


ETアナンヌキの顔は梶美奈子さん=(ハトホル=第一の山根郁子、時には第二の谷本由香子)=歌手・偽者の岩崎宏美(本者の人間の歌手岩崎宏美はハトホルの顔に似せて顔を造らされている) にソックリです。


ここの幾つかの岩崎宏美の写真の顔は、ハトホルが整形してアゴを短くする前の顔を再現しているか、あるいは、本者の人間の岩崎宏美がハトホルの元々の顔であるアナンヌキの顔のように造らされているかのどちらかのようです。梶美奈子さんも、整形しているせいか、スティック鼻ぽかったけれども太いスティク鼻ではなかったし尾翼もちゃんとありましたし、目も大きいとまではいかないけれども、細くはなく二重でパッチリとした目でした。


(この上の動画は顔だけでなく身体や動きも本者ではなくって、ハトホル=オルガ・コルプトの演技の映像に入れ替えられているようです。)


(反対に、オルガの動作はナディア・コマネチの動作に入れ替えられてしまった部分が多々あるようです。以前見た時より洗練されています。)

おそらく、このオルガが福田小百合さん=女優・田中美佐子=わたしの偽姉・山根郁子=現ハトホルでしょう。



(ほとんど全部が偽者のようです。一部は本者がわざと老け顔にしているのかも?))



(これはややましなほうかしら?←その後、また改ざんされたようでダメです!)


(これも映像がなんかハッカーに侵略されているところがあるようです。)



ナディア・コマネチの顔はどちらかといえば、ハリー・ポッター風というより、まだ映画『ベニスに死す』のビョルン・アンダーソン風の顔に近かったような〜? 


スティック鼻とか、やや突き出した額(ひたい)、やや窪(くぼ)んだ目などはアングロサクソン風に造っているんじゃないかな?


コマネチの母国ルーマニア(東欧)とアンダーソンの母国スウェーデン(北欧)とでは少し離れているけれど、まあ〜それなりに近いっちゃ近いし、遠い親戚かもね?(^~^ フフッ



🎬 映画『ベニスに死す』の一部分をYouTubeで発見!リンクさせていただきました。わたしは昔にDVDで見たことがあるような気がするのですが。。カット部分が多かったのか、それほど印象にのこっていませんでした。







👀 こんなの見っけ!


< 岩国市 天然記念物 >

カジカガエル、白蛇








以前、わたしが慶応大学の通信講座を受講していて、夏期スクーリングに参加していた時に、なにげにわたしに近づいてきた広島の岩国から来たという19〜20歳くらいの美人の女の子がいたのですが、彼女にスクーリングで泊まっている場所を聞くと「お父さんが国家公務員だから、国家公務員の宿舎に泊まっているの。」と答えていましたが。。。知り合って数日後に、親が国家公務員ならお金に不自由がないだろうに、なぜ予備校に行かずに通信を受講しているのかな?とちょっと疑問に思って、昼間とか何しているの?って聞くと、「妹が病気だから、アルバイトしているの。」と言っていました。わたしも、その答えにちょっと「え?」と思って、なぜか苦笑いしてしまったのですが。。。その後、彼女はわたしに近寄ってきませんでした。

その数年後に同じ広島同好会の人の男性の中には彼女に夢中になって病気になった人がいたようでした。わたしもその男性のことはなんとなく知っていましたが、当初から彼女に帰りを一緒に送って行くとか申し出たり、なにかと世話をやきたがっていたようでした。

今になって考えると、あの女の子が現在のハトホルだったようです。つまり、わたしの偽姉の山根郁子で、当時46歳くらいだったはずですが。。。実姉(長女)は1945年の9月15日生まれなのですが。。。これは由紀さおりさんの年齢ですからね。山根郁子の本当の年齢はよく分かりません。しかし、ほんとうに18〜19歳くらいの清純な育ちの良さそうな乙女に見えていたから怖いですね〜!

山根郁子が名古屋に嫁いで、数年後に夫の山根光男と潮干狩りに行って、1人で写った写真を送ってきたことがあるのですが、その時の写真の顔は。。。6〜7年くらい前にトーマス・グラバーが着物(和服)を来て立っている娘ハナ(漢字は知りませんが、おそらく、「華」ではないかと)の側のイスに腰掛けてハナの赤ん坊を抱いていて、近くには一人息子「富三郎」の米国人の妻とその母親(名字がベネディクト、二人ともアングロサクソン王族のような顔でした!)と6人で一緒に写った写真をネットの、あるサイトで見つけたのですが、その時に見たハナの顔にソックリでした。

つまり、ハトホルは、どんな顔にも化けられるということです。


そして、その慶応の通信で知り合った岩国の女の子=ハトホルが父親が国家公務員と言っていたのは、岩国基地が父親の職場ということを意味していたのではないかと。また、岩国市が白蛇を市の記念物にしていることから白蛇=ハトホルの象徴であることからも、岩国を出身地にしていたのではないかと。。。

すると、岩国のもう1つの記念物である「カジカガエル」もハトホルに関係があるのかもしれません!

(これは上の本文で書いたナディア・コマネチや俳優ビョルン・アンダーソンとは全く関係ありません。コマネチやビョルン・アンダーソンが色が白いのは確かですがアルビノではないようです。要するに長年に祖先が育った環境が東欧か北欧か西洋か、とにかく緯度の高い寒い国だったからでしょう。)





[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-11 17:32 | サタニストの攻撃 | Comments(1)

2018−08−09

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


1945年8月6日午前8時15分に広島(市)、その3日後の8月9日の午前11時2分には長崎(市)に原爆が投下されて72年目となる今夏、原爆犠牲者慰霊および平和祈念の式典が今年も両市で開催されました。




小倉などのアングロサクソン王族に古代からゆかりのある街に原爆を投下するはずありません。最初から小倉はありえません!

それに比べると長崎は『浦上天主堂』(ローマ・カトリック教会)やそのカトリック教徒(おそらく、ラピュタ人などの人間が多かったのでは)が大勢住んでいた天主堂付近であることと、トーマス・グラバーの一人息子「倉場富三郎」(莫大な遺産を引き継いでいた)が外国人との混血だという理由で拘束されていた長崎刑務所があったことなど、原爆投下するための明確な理由があったのです。

また、確かに広島より長崎は周辺の山々に遮(さえぎ)られて原爆の広がる範囲は広島より狭かったのですが、その分、長崎のほうが原爆の威力は大きくなっただろうと推察されます。つまり、ハトホルたちは、より狭い範囲で、より確実に死亡させ、生き残った被爆者も広島の被爆者より長崎の被爆者のほうが、より毒性の強いプルトニウム爆弾を、より集中的に、より高い放射能を浴びていたということになるのでしょう。


原爆の犠牲者(広島+長崎) 21万人+41万人?





あの平和祈念像の顔を見てください!鼻先はオオカミ鼻のように四角ばっているし、かつ、太いスティック鼻、長めのアゴは前に突き出してます。額には(第三の目のような)少し盛り上がったホクロ(トカゲ・ヘビに関連)のようなものがあります(これはインドの人々がやっているように第三の目を意図的に描いているのでしょうけれども。)

明らかにアングロサクソン王族っぽい顔です。


第三の目(=松果体)

わたしたち人間の脳は大脳皮質と小脳と脳幹(間脳・中脳・橋・延髄)に分けられるようです。

私たちの記憶は海馬* (短期記憶=新しい記憶)と大脳皮質** (長期記憶=古い記憶)と松果体*** の働きによるところが大きいようです。この3つの機関は脳の中で隣接しているとのことです。







(上のケイ素に関する説明は大変すばらしいものです。しかしながら、ちょっとわたしが疑問をもった点が2点ありました。↓)

1 太陽光凝視って、よく分かりませんが、太陽を直視することは目を強烈に痛めることになりますので絶対にヤメてください!

2 食品添加物や残留農薬については、今後、厳しい規制基準が法律化されることを強く希望します。何でも美味しいと思って食べれば身体にいいという考えはちょっとどうかな〜?と思います。とにかく、わたしの場合は買い物に出かけると、ハトホルの命令で立ち寄る全てのお店に毒入り食品を並べておかれるような状態なので、食品を買う時には相当に気を使ってヘトヘトに疲れます。しかし、ハトホルは、ずっと以前から、わたし以外の人間にも意図的に悪質な食料を供給し続けているようですから、みなさんも食料調達には細心の注意を払われたほうがいいと思います。


松果体の活性化として、「まあ、試しにやってみようかな〜!」と思わせる訓練を教えてくれる下のサイトを見つけました!



また、原爆投下は原爆の実験などという理由では決してありません。なぜなら、彼らは火星でのハルマゲドン(終末戦争)や地球でも古代アナトリア半島(現在のトルコ)のカッパドキア遺跡や古代インドのモヘンジョダロ遺跡**のようにあちこちの(人間の)文明都市で原爆を使用していて、原爆の威力や効果を知りつくしているからです。

この広島・長崎への原爆投下は、かつて地球で人間たちの住んでいた1つの巨大大陸の中心地である日本で、神と呼ばれていたというラピュタ人が大勢住んでいる場所(広島・長崎)へ落して彼らを大虐殺するという目的と、この大虐殺=大惨事を引き起こすことによって、その後の世界に絶対的な脅威を与え、アングロサクソン王族たちが人間たち(特にスコットランド系王族や旧ハプスブルグ家王族やその他の人間の元王族たち)に絶対的な優位な立場を築くという目的があったのではないかと考えられます。


**
















[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-09 17:34 | サタニストの攻撃 | Comments(0)