<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2016−10−31

B19のつづき)

アメリカ・ニュージャージー州のつづき



ヘンリー・ハドソンがオランダに帰ると、今度はオランダがこのハドソン川河口一帯にニューネーデルランド植民地を建設したとありますが、植民地を建設したということは先住民との戦争を起して土地・財産・人間(奴隷や売春婦・夫にするため)などを略奪したということなのです。もちろん、ヘンリー・ハドソンの一行が探検・調査してスパイ活動してから後なので、先住民族のことは詳しく分かっており先住民との戦いも有利に進めることができたのでしょう。

また、ウィキの説明には「その後、ジャージーシティやホーボーケンに入植するために1630年にレネベ族などのネイティブ・アメリカン(アメリカ先住民)から土地を購入した。」とありますが、大ウソでネイティブ・アメリカンをダマして土地を奪ったのです。彼らアングロサクソン王族たちは大ペテン師なのです!!!
1789年8月にパウルスフックを攻撃(=略奪するために襲撃)したというヘンリー・リーは象二郎系(本人 * かそのクローン子孫)みたいですし、その息子のロバート・リーって、なんだかジョゼッペ系(本人かそのクローン子孫)のようです。

* 本人というのはその系列で一番最高の人工知能が入っている悪魔モンスター・吸血鬼のこと=つまり、その時の現役のスリーシスターズ(3S)のことです。そのクローン子孫というのはその次世代3Sのキッド(=ジュニア=皇女・皇太子)たち、および、3Sの現役を終えた過去の世代(吸血鬼なので死なずにずっと生きていて、どうやらウジャウジャいるみたいです。現役スリーシスターズやキッドたちを補助する役目を担っている。)のことです。



★★★ これらの 事件・事故・もめ事」・襲撃 →「戦争」・「大虐殺」はすべて『イルミンナティ』(=サクソン軍団)によって、いつも意図的に戦略的に計画的に組織的に行われているものです。その地域にカイオス状態を作り出して『漁夫の利』(権力・財産・土地など)を得て独裁的な支配をするためです。
要するに、冷血アングロサクソン王族たちが侵略・征服(略奪と独裁的な支配が目的=異常性欲者・猟奇的な殺人者・カネゴン・多重人格者で分裂病のキチガイだからです)のために入念に企画・実行する "お決まりの一連のパターン" なのです。

 
[ニューポート]

(先のジャージーシティのウィキから引用)
ダウンタウンは市の東部、ホーボーケンとの市境からリバティ州立公園にかけてハドソン川沿いに発展している。1980年代までは荒廃していたが、その後ニューポートやエクスチェンジ・プレイスを中心に再開発がなされ、超高層アパートに混じってゴールドマン・サックス・タワーなどのオフィスビルも建ち並ぶ、職住近接の商業地区として再生を遂げている。ニューポートはかつての操車場を、エクスチェンジ・プレイスはかつてのペンシルベニア駅跡地を再開発したものである。



要するに、ニューポートは、かつては、その名の通りに、まさにニューヨークの代表的な港として発展を遂げていて、港から陸揚げされた貨物を鉄道で運ぶ操車場があった賑にぎ)やかな地域だったようです。しかしながら、近年、コンテナー船の陸上げのためのコンテナー・ターミナル港の需要度がだんだん高くなっていき、その分、ニューポートに船がやってこなくなり、操車場の役割がしだいに減っていって港周辺一帯は衰退していったのでしょう。それで、失業者がしだいに増えていき街がスラム化していっていたのですね。(こういった衰退期の街を狙ってスリーシスターズは街に麻薬などを持ち込んで街を退廃的になるように導いていくようです。)



(この地図を見ると、GSタワーの位置がよく分かります。)



< エジソン > (町の名前)

ニュージャージー州の地図・マップ - トラベルタウンズ海外旅行


発明家のトーマス・エジソンにちなんで町の名前が改名されたのだそうです。



トーマス・エジソン(1847 - 1931) ウィキペディア・・・A

発明家『エジソン』についての上のウィキサイトAの説明にはかなりウソが多いようです。

ウィリアム・K・L・ディクソン(William Kennedy Laurie Dickson、-ケネディ・ローリー、1860-1935)

このウィリアム・ケネディ・ローリー・ディクソンさんはジョゼッペ系の人のようです。(きっと、ケネディ家はもともとアングロサクソン王族系で、J・F・ケネディ大統領とその兄弟姉妹の一部が人間だったのは、その母親が人間だったからでしょう。J・F・ケネディーは脳移植により身体をジョゼッペに乗っ取られていました。)

アングロサクソン王族たちは人の発明を自分が発明したと言い張って発明を横取りしようとするのが常らしく、旧ハプスブルグ家のヨーゼフ2世かアルバート公かが現在のようなコンピューターシステムを発明した時にも殺害して横取りしたり(アルバート公は『夜の女王』(ハトホルかな?)の魔術によって生き返ったみたいだけれども)(←*)英国の物理学者・発明家『アイザック・ニュートン』(万有引力の法則を発見した)の発明の時にもアイゼンベルグが自分のほうが先に発明したと言いがかりをつけてゆずらなかったりしましたよね。(←**)結局、最終的にはニュートンが自分が発明したことをきちんと証明したんですけどね。その復讐のためニュートンの子孫ジョン・ニュートン(賛美歌『アメイジング・グレイス』を作詞した英国の牧師)が奴隷商人にさせられて全くひどい目にあわされたんでしたよね。

*このブログ内の関連記事:
ET恐竜タコと『ナノミドリムシ』(最終兵器か)の関係は? 2 +映画『ベイマックス』とコンピューター発明
**このブログ内の関連記事:


ウィリアム・ケネディ・ローリー・ディクソンとは、この頃は誰かな〜?

勝海舟か〜?佐久間象山か?ジョゼッペ・マツィーニ?高杉晋作?土方歳三?(ジョゼッペのクローン兄弟がたくさんいるから分かりません!)

ジョゼッペじゃありませんでした! どうやら、父親がジョゼッペで母親がハトホルである象二郎系(=第二のハトホル系)の『ジョージ5世』のようです。



↓こちらの下のリンク先サイトには発明家『エジソン』についてほぼ真実が書かれているようです。(ただし、少し違っていたところもあったので訂正しました。)

メンロパーク・エジソン研究所跡



メンロパークの魔術師 - 世界史の目


この『ヘンリー・フォード』のサイトBの写真って、下のサイトCの「ジョン・ロックフェラー1世」の写真を見るとにソックリ! ということはジョゼッペだし〜! プラス、わたしが覚えている以前見たロックフェラー1世の幾つかの写真から判断しました。


★★★ ということは、エジソンはジョゼッペに "自動車の発明 " を横取りされていたっってことですか〜?!


これって、エジソンの名言なんじゃないかしら?



★★★ ここでは『メロンパーク研究所』となっていて(=『メロンパーク・エジソン研究所』)、先のブログのようなメンロではなくメロンのほうが正しいようです。あるいは、わざと文字をひっくり返してメンロにしてるのかなあ? とにかく、『メロン財閥』が 9.11 米同時多発テロ(やらせ)〜アフガにスタン戦争〜イラク戦争などを計画した『PNAC』(アメリカ新世紀プロジェクト)* =「ネオナチ」=「米極右勢力」を支援していたそうです。ですから、どうやら、この『メロン』(メロンの皮はには"蜘蛛の糸" のような網目模様がある)とはハトホル(現在は山根郁子)か、第二のハトホル(梶美奈子さん=谷本由香子=第二のハトホル=象二郎系)のことのようです。つまり、J・Pモルガン(象二郎系=エドワード7世)がゴリ押しで財政支援しているから、『メロン』にちなんだ名称を付け加えたのでしょう。

ほんとうは、ただの『エジソン研究所』というのが最もふさわしい名称でしょう!

***このブログ内のリチャード・パールの関連記事:

上のブログDのトーマス・エジソンに関する説明で間違っていると思われる記述は、先のサイトCにあったように電気イスを造ったのはエジソンではなく、他の人(おそらく、スリーシスターズの誰か)ではないでしょうか?

'うららおはさん' の感想・・・ところで、わたしは今まで長い間「死刑廃止論者」側でしたが、最近は死刑はなくさないほうがいいと思うようになりました。だって、どうしようもない悪い人たちってホントいるんですよね〜!そういう人たちがまた社会に出てきた時の怖さや被害などを考えると。。。やはり死刑はあったほうがいいと思います。元は人間だったジョゼッペのような人もいることですし。


また、上のウィキペディアAトーマス・エジソンに関する説明には動画撮影機は部下の発明をエジソンが横取りしそうになったかのように書かれていますが、これはウソです。この特許権はウィリアム・ケネディ・L・ディクソン(アングロサクソン王族の英王「ジョージ5世」)に横取りされており、エジソンはここでも被害者のほうです。

「(エジソンは)晩年に鉱山に手を出して失敗し、会社経営から退きます。」というのも、おそらく、スリーシスターズたちが人間たちの大量虐殺などを脅しの材料にしたりして、結局、これらの鉱山も横取りされたのでしょう。

ところで、わたしはウィキペディアのトーマス・エジソンの若い頃の写真(下のサイトE )を見て、あれっ、なんだかグラバーに似てるような。。。と思って比べてみました!


アングロサクソン王族の顔を真似て、顔を造っているようです。


上のサイトEサイトFの写真を比べてみると、

やはり、トーマス・グラバー=トーマス・エジソンでしょう!! 

★ どうしてアメリカと日本の二重生活ができたかというと、きっと、すでに超高速で飛ぶジェット機を発明していたからでしょう!

というわけで、アングロサクソン王族たちに横取りされていない幾つかの特許権により、グラバーは息子の倉場富三郎に莫大な遺産を残すことができたのかもね〜!こっちのほうが正解かも? (確かに、スコットランドの親からの遺産もあったかもしれないけれども。)

ところで、上の『サイトF』のグラバーについての説明はところどころ違っています。グラバーは『死の商人』などではありません。日本が植民地化されないようにと願っていたところへ、外国船とすでに戦って敗れていた外様で江戸幕府の協力が得られなそうもない薩摩藩主・島津成彬や長州老中・長井雅楽たちがグラバーを頼ってきて当時最も進んでいたスコットランドの武器や船艦を手に入れたがったので協力してあげようと輸入したわけで、これは西洋諸国に甘くみられて戦争を仕かけられないように武力を強化するためだったのです。長州や薩摩の若い藩士が留学できたのは藩の資金援助があったからで、グラバーはこの時にも船の手配やイギリスでの暮らしや勉強などに協力してあげただけです。また、グラバーは倒幕派ではなく、公武合体 * 派だったのですよ〜!(詳しくは、このブログ内のこれまでのトーマス・グラバーに関する記事を読んでくださいネ。)

(防府市歴史用語集と大辞林の解説がこの場合によく当てはまると思います。)

★また、ウィキのグラバーの説明のところにある最初の奥さんが日本人妻ツルのことで、2番目の妻のミナ・ミラーは「第二のハトホル」=象二郎系です。グラバーはツルが亡くなる前にミナとアメリカで結婚しているので、きっとミナにお酒に睡眠薬か麻酔薬を混ぜられて、一緒に寝たと演技されて仕方なく結婚をするハメに陥ったのでしょう。このミナさんとわたしはブライトンの語学学校で一緒でした。短大を卒業したばかりだと言って、すごく純情そうに装っていましたが、今になって色々と分かるのですが、ものすごい大ウソつきです。きっと、ハニートラップを使って多くの男性を操ってきた名うてのスパイ工作員でしょう。しか〜し、こういうのに初(うぶ)な青年たちはイチコロなんでしょう〜!015.gif046.gif023.gif

ウィキペディアには J.Pモルガン(おそらく、象二郎系のエドワード7世)がエジソンの研究に巨額の資金援助をしたとありましたが、おそらく、スコットランド王族が支援したかったところを、スリーシスターズがゴリ押しで乗り出して来て、出資するから自分たちにも利益を配分しろと脅迫してきて無理やり約束させたのでしょう。(多分、ピストルかナイフを首に押し付けて?それとも、他の人間たちを大虐殺するとかって?)008.gif

というわけで、おそらく、スリーシスターズたちはエジソンの発明から得られる利益の多くを横取りしていったに違いないのですが、それでもまだ取り足らなかったのですね〜!すでに倉場富三郎の遺産も横取りしてるらしいし。。。 呆れた強欲さですぅ〜 005.gif


ところで、エジソンのあるミドルセックス群とは。。。



(引用)1965年まで存在したイングランドのカウンティ(州)である。39あるイングランドの歴史あるカウンティの一つで、2番目に小さい面積をもつ。下位のカウンティには、経済力があり、政治的に独立したシティ・オブ・ロンドンが州の南部に含まれ創設初期にはシティによって州が治められていたことなど、18世紀から19世紀にかけてのロンドン都市圏の拡大に大きく影響を受けた
つまり、下の2つのリンク先を検証してみると、現在の『ロンドン市』(グレーター・ロンドン)の領域は、昔あった「ミドルセックス・カウンティ」(州)の一部だったロンドン市を『ハノーヴァー朝〜ウィンザー朝』(=1714年〜現在にいたるサクス・コーブルグ・ゴータ朝)が周辺地域を侵略してロンドンを拡大させていった為(ため)に地元の上位自治体だったミドルセックス州 *(もともとは違う州名だったような)を飲み込んで、さらには、そこから南の地域へ進出・包括した領域になっているようです。

(グレーター・ロンドンの中にカムデンがありました!)


* それにしても、『ミドル・セックス』っていう州の名前、なんか奇妙じゃありません?「中性」って意味? アングロサクソン王族が両性具有だから? いや、それとも「セックスの中心地」の意味かな〜 だって、英暴露本『ロイヤルズ』にあったように『エリザベス2世』はロンドンの「バッキンガム宮殿」でそうとうに怪し気なことやってるらしいし。。。

とにかく、「ミドルセックス」という州名はサクソン軍団がこの地域を征服した後に新しく命名したのでは。。。わたしがかつて語学留学したブライトン市はイースト・サセックス州になるし、エセックス州などもありますが、これらのセックスもよくよく考えてみれば、何か怪し気な意味を含んでいるような。マーガレット王女(ほんとうは『エリザベス女王』のほう)が地方へ行幸**する際には、受け入れる館にはアルコールやダンス音楽や地域の美青年を用意させるらしいと、やはり、あの暴露本『ロイヤルズ』に書かれていましたよね!



👀 こんなの見っけ!

■■■ ヴァン・ヘイレン
ヴァン・ヘイレン ジャンプ Van Halen Jump

マイクをもって唱ってません。コンピューター偽造曲か本者の録音を流して口パクしているようですぅ〜

Van Halenヴァンヘイレン - When It's Loveホエン・イッツ・ラヴ


Van Halen 1984・・・A


(Aは英語圏で発売されたアルバム盤で、Bのほうが先行して1983年に日本で発売された「ジャンプ」のシングル盤のようです。)


偽者でインスタオケを使って唱っているようです。非常に高く飛び跳ねたりする(人間わざとは思えないくらい)のは得意のようですがリズム感は悪いです。あのようにおチンチン近くの両脇に縦長の大きな穴を開けた(今回はお尻ですが、いつもはお腹側の脚の付け根あたりです)パンツ(ズボン)をはくのが好きなのは鷹司景子=レアです。なぜ、そういうスタイルが好きなのか?分かりませんが、なにか理由があるような気がします。後のスクリーンにナポレオンが出ていましたので、やはり、レアはジョゼッペなのかしら??? でも、まだよく分かりません。
(その辺をいろいろと検証してみたいところですが、わたしは、今、他のことで忙しくてできません。もう少し後になりそうです。)


こちらはちゃんと唱っているし、嫌らし気なパフォーマンスもなく、品行もそう悪くなさそうです。下のウィキの説明のメンバーのところを読むと、ボーカルの偽者はサミー・ヘイガー(1985-1996、2004-2006)という人のようで、オリジナルメンバーのボーカルだったデイヴィッド・リー・ロス(1978-1985、1996、2007-)という人の歌声をインスタオケにして唱っていたようです。

ヴァン・ヘイレン (Van Halen) ウィキペディア


Van Halen - You really got me 1980

こちらもリズム感がなく、なんだか嫌らし気なので偽者がインスタオケで唱っているようです。タイトルには1980年(わざと本者を貶めるウソです)とありますが、そうではなく本当は1986年以降でしょう。

Van Halen - (Oh) Pretty Woman


このようにYouTubeにはわざとウソの公演の年月日を書き込んで投稿されているものがかなりありますが、ボーカルのパフォーマンスマナーやリズム感をよ〜く見れば、本者か偽者か区別できます。

Van Halen - "Dance The Night Away" (Official Music Video)

Van Halen - "You Really Got Me" (Official Music Video)

Van Halen - And the Cradle will rock 1980


本者のヴォーカルも ジョゼッペ?になんか強要されて 時々 いやいや奇妙な動作したりしてますネ!可哀想。。。



B21アメリカにつづく

[PR]
by Ulala-lov | 2016-10-31 20:49 | サタニストの攻撃 | Comments(1)

2016−10−28

B18のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。

アメリカ・ニュージャージー州のつづき



ロンドンの中にもカムデンという町があり、ここに由来した地名のようです。


< ニューアーク >


(引用)
・ニューヨーク都市圏に含まれる地域で2番目に大きな都市である。
★ 米国東海岸最大のニューヨーク・ニュージャージー港* の主要コンテナターミナルであるニューアーク港・エリザベス海上ターミナルがある。
・ニューアーク・リバティー国際空港がある。


『安全保障』のところを読むと、ニューヨーク・マフィアのことが書いてあります。


アルバート・アナスタシアはジョゼッペです。


ラッキー・ルチアーノは、わたしの中学校時代の理科の教師だった「岩崎先生」=久邇宮邦彦王** です。


ウィキの説明からも、皇后選抜の時に周囲を脅してゴリ押しして自分の娘を皇后にしたという経緯があり、久邇宮邦彦王の気性が相当激しいことが伺えます。

わたしが理科を習っていた時も、一見、おとなしそうな先生に見えましたが、わたしなども冤罪で理科の時間に15〜20分くらい窓際に立たされたことがあります。その朝、朝礼が終わって私がトイレから教室に戻って、急いで次の授業のある理科室に行こうとしていたら、同じクラスの漆谷紀子(うるしだに のりこ)さん(母親は温泉津の山田教育長=イオンの岡田卓也名誉会長の娘で、宅野の漆谷家へ嫁ぎ、当時、娘と同じ仁万中学校で国語を教えていた漆谷先生)が「◎◎ちゃん、私、今日、日直だから職員室に出席簿取りに行くけ一緒に行ってくれん?」と言われたので、「いいよ。」と言って一緒に職員室に行き、紀(のり)ちゃん(みんなから呼ばれているあだ名は、漆谷の谷からダニちゃんでした!以後「ダニちゃん」と書きます)が出席簿を持ち、わたしは日直じゃなかったけれども(男女1名ずつなので)日誌を持ってあげて理科室に向かっていたら、到着直前にチャイムがなってしまいヤバいことになってしまいました。

理科教室に入ると岩崎先生が冷たそうな顔をして立っていて、その前に行くと、最初にダニちゃんのほうを向いて「なんで遅れた?」と優しげに聞いて、ダニちゃんが「出席簿を取りに行ってました。」というと、「よし!」と言ったのです。(この先生はふつうなら遅れたと怒るところなのですが。わたしはさすがに漆谷先生の子供だと違うな〜と思わず苦笑したような目になっていたとは思います。。。今になって分かるのですが、岩崎先生は動物的テレパシーでわたしの心やみんなの心が読めたのでしょう。)
今度はわたしのほうを向いて、やや怖そうに聞かれたのですが、わたしが「日誌を取りに行ってました。」というと、岩崎先生は「あそこの窓のとこで立っとれ!」とキツい声で言われました。わたしはとてもビックリしたのですが、紀ちゃんもビックリしたようで、その後、岩崎先生と一緒に準備室に入って行って説明していたようでした。戻ってきた時に紀ちゃんが「◎◎ちゃん、ごめんね〜!」と言っていましたが、しかし、わたしはその後も立たされっぱなしでした。

わたしが理科の勉強にやる気をなくしたのはいうまでもありませんが。。。クラスメートの多くが、その時の岩崎先生の態度には不満をもったらしく、その次の期末テストだったか中間テストだったかの時にはみんなの点数が悪過ぎて、岩崎先生はテストを返す時に「平均点が悪過ぎるから全員に10点下駄をはかす。」と言ってから返しました。
(そのクラスには奥淳子さん{=ローラ・ブッシュ元大統領夫人} などもいましたから全員が全員わたしに同情的だったわけではないでしょうけれども。この奥淳子さんが家庭科の調理実習の時にわたしの食べた「ほうれん草の海苔巻き」の中に中性洗剤をたっぷりとぶち込んだ犯人かも?わたしは一口食べるなりウッとなってトイレに駆け込んでゲホゲホと吐きました。)

ダニちゃんには、その後にも(同じ中学3年時に)、もっとひどい冤罪をかけられるハメに遭わせられたことがあり、おそらく、これらも『イルミナティ』によって入念に計画された私への "イジメ" 、 "嫌がらせ" の類(たぐ)いだったのだろうと今ではその時の奇妙な事の次第をよく理解できます。

ラッキー・ルチアーノは1930年代から頭角を表したようですから、久邇宮邦彦王は1929年に死亡したことにして、その後、アメリカでマフィアのボスとなって活躍していたのですねぇ〜!!!

マフィアは酒・麻薬の密輸をやったり、また、会社や店などから『みかじめ料』* 取り上げるなどして、応じなければ不当で残忍な手口を使うようです。


そういえば、ウチの母の弟(次男)の孝(たか)叔父さんが、あの岩崎先生と同級生だと話していたことがあります。孝叔父さんは母の生まれた年から考えると、7人兄弟の末っ子なので、きっと1930年前後の生まれだと推察されます。そうすると、岩崎先生が孝叔父さんの大田高校時代の同級生だとすると、1945~48年頃のことだろうと考えられます。きっと、孝叔父さんを観察・監視・スパイ工作するために同級生になっていたのでしょう。

(貿易ターミナルの地図をかなり拡大して見ると状況がよく分かります。)

★★★ 結果的に後からできたエリザベスポート・オーソリティー・マリン・ターミナル(エリザベス{町の名前}側)* が、旧来のポートニューアーク・コンテナーターミナル(ニューアーク都心側)* の仕事を奪った形になってしまったようです。おそらく、これはスリーシスターズが自分たちの利権を増すため、さらには『ニューアーク』***の町を衰退させ、退廃させるために意図的にやったのでしょう。
***後日、詳しく説明します。

(このホテルの地図のところをクリックして見てネ!)




(ちょっと今は訳している余裕がないのですが、写真を見るだけでもいろいろと分かってきます。)



町の中央にある、あの劇場は1986年に廃止されたといいますが、あの惨状は単に自主廃業とではなく、サクソン軍団が秘密裏にニューアークの街に住む人間の家や商店や営業所などを襲撃して大虐殺が行われたからではないでしょうか。。。そんな感じがします。それでも、なんとか生き残った人々(人間)は浮浪者・ホームレス・麻薬中毒者・売春婦(夫)などにならざるをえなかったのかも?

実は、わたしが現在住んでいる横浜市の六角橋のこの近辺でも、1年くらい前にわたしがバスかタクシーに乗っていたら、通りに面したいつもはシャッターが降りている数カ所の一ヶ所がその日は開いていて、中の様子がよく見えたのですが、もう何十年も前と思われる(わたしが子供の頃くらい)古いデザインの靴が棚に並んでいて、靴はもちろん店内全体が埃まみれで何十年も前に時が止まってしまったような様子でした。とても気味が悪くて怖い感じでした。おそらく、このお店などもサクソン軍団=イルミナティに襲撃されたのではないでしょうか?おそらく、店主やその家族は殺されたのかも?

そういえば、上の部屋にスリーシスターズなどが入り込んでくる直前の2008年頃に、わたしが近所を散歩していたら、住宅地の中の小さな道を歩いていた時に黒い髪と目をしたジェーン・フォンダのような上下とも紺色の服(下は紺色のジーンズ)の女性(50歳代くらい)がマスクをして私に近寄って来て、更地(サラチ)になっていた場所を指差して、「ここに家あったよね。」とわたしに話しかけて来たのです。わたしは少し気味悪く思ったけれども「ええ。」と答えたきり話しませんでした。そしたら、また「ここに家あったよね。」と繰り返していました。確かにそこは住宅が並んだ一角で、やや古いコンクリート製の家が建っていましたが1週間くらい前に散歩の途中で通った時には確かにありました。わたしは引っ越しでもしたのかな?と思っていましたが、最近になって、ビリー・ザ・キッドのことなども分かってきて、もしかしたら、夜中に襲撃されて家族は皆殺しされたのかも?との疑念を抱くようになりました。というのも、後日、その場所には「光明寺事務所」(寺の名前はうろ覚え)みたいな表札がかかっているとても立派な建物が建っていましたから。おそらく、『イルミナティ』の集会所、メンバーの勧誘・入会手続き、さらには違反者への警告や処罰などをする場所のような。。。内部の音がもれないようにするためか隣の家との間には高級で頑丈そうな壁が張ってありました。






>= ニューアークのダウンタウンにある『エジソン・プレイス』通り=<

ところで、ニューアークのホテルを調べていたら、ニューアークのダウンタウンに『ホテル・インディゴ・ダウンタウン』というホテルがあり、その地図を見てビックリ!なんと『エジソン・プレイス』という通りに面していました!(とあるからには、発明家『エジソン』と関わりの深い通りのはず!!

ちなみに、ここのホテルは1912年に建設された『ニュージャージー州立銀行』の建物を2014年にホテルに改装したのだそうですが。。。

ニューアーク・リバティー国際空港周辺にHotel Indigo Newark Downtown が新規オープンしました[世界ホテル案内]I

(下のほうに地図があります。標がついている場所が『ホテル・インディゴ・ダウンタウン』で、『エジソン・プレイス』という通りがあります。)

★★★ つまり、ほんとうの2番目の『エジソン研究所』もウェスト・オレンジではなく、ほんとうはこちらの「ニューアーク」の『州立銀行』の建物が建っていた場所(つまり、現在の「ホテル・インディゴ・ダウンタウン」の敷地)にあったのではないでしょうか?


どうやら、『ホテル・インディゴ・ダウンタウン』の建物内部の構造を見ると、工場のだったような感じの場所が幾つか見られるので、ここは1912年に州立銀行として建替えられたのではなく、『第2のエジソン研究所』の建物を改装して銀行として使っていたと考えられます。



[PR]
by Ulala-lov | 2016-10-28 18:57 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2016−10−27

B17のつづき)


アメリカのつづき






最初に『サクセス湖』が地図上に大きく出てきます。『サクセス湖』の東側にはサクセスロードがあり、エナック空港 *(=エノク空港:エノクは旧約聖書に出てくる人物{=ジョゼッペ?}であり、彼が書いた「エノク書」にはとても恐ろしいことがたくさん書かれているらしいのですが、そのせいで発禁になっているとか。)もあります。その西側にも「サクセスロード」があり、ずっと進んでいくと『ニュー・エジプト』に到達し、さらに進むと『ノース(北)・ハノーヴァー・タウン』、『ジョージ・タウン』**にまで到達します。前記事 B17サイトAとも関係あるようですが、英国王となったドイツのサクス・コーブルグ・ゴータ家出身のジョージ1世(ハノーヴァー朝初代王=ジョゼッペ(←訂正:英王になる100年前からホーボーケン辺りへの侵略を始めていました!***しかし、英王になってからはもっとやりやすくなったはずで、さらに西へ西へと進軍していったのでしょう。)が東海岸のほうから西へ西へとサクソン軍団を進めて、現在のニュージャージー州辺り一帯を征服し植民地化していったのではないでしょうか?そして、『ジョージタウン』をその一帯の中核都市にしたのでは? さらに西へと進んで先のサイトAのようなことに。まあ、それまでにも何度も幾つかのアメリカン・インディアン部族をだまして侵入していき、最終的には戦争をおっ始めて征服してきたのでしょうけれども。

* この記事を書いた直後に『ナエック空港』と書き換えてありました。

** ニュージャージー州のジョージタウンに関してはウィキにはでデタラメばかりかいた短文が載っていますので、しかたなく、おそらく、こちらも同じジョージ1世の創った都市と思われるものをリンクさせることにします。


*** 下のホーボーケンのところで説明します。



< ホーボーケン >

ホーボーケン (ニュージャージー州) ウィキペディア

歴史の「初期と植民地時代」から引用:

レナペ族はハドソン川とデラウェア川の間の土地に2,800年以上も住んでいたと考えられている。この地域の領有権を主張した最初のヨーロッパ人はオランダ東インド会社のためにこの地域を航海したイギリス人ヘンリー・ハドソンであった。(カナダのハドソン湾周辺の広大な土地を自分の所有地(植民地)としたのも、このヘンリー・ハドソンです。)

もともとは、前回 B17のリンク先ウィキサイトAの『レナベ族』(アメリカン・インディアンの一部族)が2~3000年前から住んでいたということです。

hoboken って、ho (Hoは「Henryの」という意味かも?  boken 冒険

つまり、hoboken は 『ヘンリーの冒険』という意味のような。 
 
Henry は「象二郎=第二のハトホル」のことです。

しかし、象二郎は一人では何もできないらしく、いつもジョゼッペと一緒に活動していますから、きっと、ジョゼッペも一緒だったに違いありません。さらには悪知恵の総元締めであるハトホルも一緒にいたに違いありません。

つまりは、スリーシスターズたちがやった植民地化=侵略(原住民のアメリカインディアン全部族をほぼ皆殺しにして土地を奪った)だったということです。

ホーボーケンでのことは、新世界(南北アメリカ大陸へのサクソン軍団の侵略歴史の氷山の一角(ごくごく一部)にすぎません

*** 下にリンクしましたウィキペディアの『ハドソン郡』* (ホーボーケンはハドソン郡内)の説明に「サクソン軍団」の侵略について詳しく書いてありました。英国が『ハノーヴァー朝』になる100年前の1600年代初めから、すでにスリーシスターズたちはカナダも含めて、北米大陸に大規模な侵略を行っていたようです。最初は友好的に見せて、そのうちにいざこざを起して、対立し合うように仕向け、ついには侵略戦争をおっ始めるというパターンです。まさにビリー・ザ・キッドたち(=ヴァンダービルド家=英国ハノーヴァー朝の皇太子たち率いる『イルミナティ』=サクソン軍団)の西部侵略での住民大虐殺と土地や財産の強奪と同じやり方です。


ところで、冒険家?の「ヘンリー・ハドソン」のHud'sonは「Henryの息子」という意味かもしれません。ですから、ヘンリー・ハドソンとは『ヘンリー息子のヘンリー』となります。

つまり、ヘンリー・ジュニア(ビリー・ザ・キッドならぬハリー・ザ・キッド)とも解釈できますが、象二郎=ヘンリー系のクローン子孫のヘンリーだ(おれは直系子孫で次の当主だぞみたいな?)ということを暗に表しているのかもしれません。

ちなみに、ヘンリーのクローン子孫=象二郎系=第二のハトホル系(現在は谷本由香子=梶美奈子さん)ですよ〜!



ホーボーケンはハドソン川を挟んでマンハッタンの対岸に位置しており、マンハッタンへの通勤圏内にある都市です。サクソン軍団に占領された黒い歴史はあるものの、最近では再開発により貧しい人たちやマンハッタンから移り住んだ人たちにとって住みやすい町へと変化してきているようです。

また、先月9月29日にはホーボーケン駅で列車事故が起きて3人死亡100人以上が怪我という大惨事が起きた都市です。これも『イルミナティ』による組織犯罪の臭いがプンプンしています! 

★★★ 現在、『イルミナティ』の殺害テロを指揮・命令しているのは、現在、わたしの上の部屋でわたしを監視している『第二のハトホル』(=わたしの偽姉の谷本由香子)と東伏見慈洽** です。

** やっと「東伏見慈洽」の正体がハッキリと分かりました! 「現在のジョゼッペ」ではなく、「前ジョゼッペ」でした!

東伏見慈洽(=前ジョゼッペ)=わたしの偽叔母の服部寿栄子 * =エッセイスト・ノンフィクション作家の桐島洋子 ** [ゴーストライターを使った偽作家です] =俳優の蟹江敬三=歌手・加藤登紀子の偽者=GHQでの1946年頃以降の偽者のマッカーサー元帥=3人いるヒットラーの一人のようです。おそらく、その前のジョゼッペが甘粕正彦 ***(あまかす まさひこ)です。

* 品川(在住)の寿栄子(偽)叔母さんは、戦後は1975か76年頃に退職するまで霞ヶ関の国税庁にタイピストとして勤務していたと私たち親戚には話していましたが半分ウソでしょう。普段は下級クローンか旧ハプスブルグ家などの人間が代理をしていたのでしょう。また、寿栄子(偽)叔母さんは第二次世界大戦中は陸軍の従軍タイピストとしてラバウル*** の(旧)日本軍で働いてにいたと話していました。まあ、これも時々ラバウルに陸軍の幹部 として行っていたくらいなのでしょう。(数年前に亡くなったことになっています)


*** 甘粕正彦 ウィキペディア



この今村均大将はおそらくアングロサクソン王族の顔に変装して誰か(アングロサクソン王族)の代役となっていた旧ハプスブルグ家の男性(おそらく、オールバニ公レオポルド)でしょう。もしかしたら、前ジョゼッペ(=寿栄子偽叔母さん)の代役だったのかも?


サイトBとCの内容から、
このホーボーケン駅列車事故について "イルミナティのカルト性" を検証:

事故の発生した日 2016年9月29日

2016年は、2(ヘビ)を0(ゼロ)にし、16は6を1(スタート)させるという意味になりスリーシスターズたちにとって極めて凶となる年

そこで、9月29日の9(6をひっくり返す)2(ヘビ)9は、スリーシスターズたちにとっては "まことに縁起が良い日付" となるのでしょう。

事故を起した列車は公営「ニュージャージー・トランジット」の車両で列車番号は「1614」

16は6が1(始まる)、14は4(死)が1(始まる)という意味になります。

そして、NJ(ニュージャージー)はともかく、トランジット(移送)は16→14に移送するという意味になります。

要するに、「6が始まる」から「6に死が始まる」に変えたいわけです。

▶ 事故発生時刻  8:45 AM

8(タコ)が4(死=殺害)を5( {魔力で} 強める)


▶ 列車の到着予定時刻 8:38 AM

8(タコ)の3(スリーシスターズ)は8(末広がりの八で(繁栄)あり、∞の永遠)だみたいな。。。 023.gif

この列車の運転手がイルミナティのメンバーとかで事故に加担していたとかどうかはまだ不明ですが(その可能性も50%くらいあるような)、とにかく、上空でUFOが反重力装置で列車が衝突するように操っていた可能性はかなりあると推察されます。運転手とUFOに乗ったスリーシスターズの誰かとの両方が協力して、あのような大事故を発生させた可能性があるように、'うららおばさん' はご勝手推察しています。


[PR]
by Ulala-lov | 2016-10-27 21:14 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2016−10−19


「共謀」認定が量刑を左右 北海道5人死傷事故、17日に初公判

一昨日の10月17日が初公判だったとか。。。



<イルミナティによる犯行だと確信できる点>

▶ 事件発生日時:2015年6月6日22時40分

39分を狙ったのかも?あるいは午後10時40分で66が10(スタートできず)、40(死んで消える)なんてカルト祈願をこめた数字かしら?

とにかく、6がふたつ続くなんて彼らには許せない日にちなんでしょう。それに2015年は魔力(いい意味でも、悪い意味でも)の5がつく年ですしね。


▶ 国道12号線は1886年(明治19年)に突貫工事で造られたが、大勢の囚人(思想犯や冤罪者などが多かったということのような)が強制労働者として極寒の中で酷使され残虐な殺され方をしていて、その死骸もたくさん埋まっている怨念の強い場所であるということ。

サタニストたちはこういう怖〜い場所が好きみたいです。

▶ 両容疑者はカーレースのようなことを頻繁にやっていた。これは目的の犯行を実行するための練習というか、以前からやっていたということで、この犯行が意図的であったことをゴマかすためのイルミナティの作戦だったのでしょう。

高級外車(交通事故を起しても頑丈で安全装置も完備しているので生存率が高い車)を手に入れ、毎晩のように飲み歩き、友人たちにも気前よくおごってワイワイやる。アングロサクソン王族にありがちな行動です。つまり、ワルたちの仲間を増やしていくために上から大金が出ているのでしょう。

▶ 古味容疑者が被害者の長男を蛇行して1.5キロも引きずって走ったのは、わざとヘビのような跡を道につけるためでしょう。ヘビを礼讃するカルトです。あるいは、人々(人間やイルミナティの仲間にも裏切らないように)にヘビがやったことを(アングロサクソン王族のトップが命令してやらせたことを)誇示して、アングロサクソン王族トップたち(特にスリーシスターズ)の怖さを知らしめ、心底、彼らに対する恐怖心を植え付けるためでしょうか?!

▶ 古味容疑者がシボレーの後部を切り離して乗っていたのは、そこの接続部が人を引っ掛けて引きずるためにちょうどよいのでそうやって、この犯行の準備していたのでしょう。つまり、車で人を引きずりまわして殺すのも計画的にやった、この上なく残虐な蛮行です。

▶ 同乗者もイルミナティのメンバーでしょう。一切報道されず、起訴もされないのはイルミナティの幹部か、冷血人間のスリーシスターズたちがこの残虐な犯行を指導したり、また、悲惨な現場を見て楽しむためだったのかも(後で別のイルミナティの下級メンバーと入れ替わっているはず)?報道管制や警察への圧力がかかっているのかも?


▶ 両容疑者も眉を人間ぽく見えるように目頭の低い位置から徐々に高く描いているようですが、あるいは、眉毛の移植でもしているのかな?

谷越容疑者は「般若の面」(はんにゃのめん=鬼の面)のようなアイゼンベルグ系(=ハトホル系)の顔です。古味容疑者はアングロサクソン王族なのはハッキリと分かりますが、3系のどれか判別は難しいですが。。。どちらかと言えば象二郎系 <p.s.>(=新生ヴィーナス系)かも?



< 初公判の情報 >

北海道・砂川 5人死傷事故初公判 一部否認 - NHKニュース

ほんとうのこと(イルミナティによる組織犯罪であること)を白状すれば、自分たちも被害者のような残虐な殺され方をすると上から脅迫されているので絶対に真実は白状しないのでしょう。また、被害者はスリーシスターズの閻魔帳のリストに載っていた何かしら由緒ある(あるいはスリーシスターズが標的にする理由のある)人間一家だったのでしょう。


< この事件関する他のリンク先 >









ついで、こんなYouTube動画が現れました。これもまたビックリです! 😱😖😤




きっと、姉はアングロサクソン王族で、弟は人間の腹違いの姉弟だったのでは? 

姉はイルミナティのメンバーでトップから「(人間の)弟を殺してバラバラにしろ」という命令が出ていたのかも。。。



[PR]
by Ulala-lov | 2016-10-19 22:20 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2016−10−17


どうやら、以前の記事でリンクさせたアンクロサイペディアに書いてあったようにルシファー=ジョゼッペであり、やはり、ジョゼッペがそもそもの元凶(諸悪の根源)の始まりのようです。

また、ジョゼッペは他の記事でも以前書きましたように八ヶ岳にタコの形の教会を造り、自分を『人類の父』としてキリストのように拝ませたいという野望をもっているのです。


これから、わたしの推測でちょっと仮説ストーリーを書いてみます。

西暦4000年ごろ?の世界から世界王(すでに火星では1400光年くらい離れたデネブくらいまで宇宙に進出・移住していたのかもしれず宇宙王かも?)になる野心をもって過去の世界(BC30万年?)にやってきます。


そして、火星のウラノスの宮殿で門番をしていたジョゼッペは、とてもよく気がつく性格で、野心もありウラノスに気にいられるチャンスを狙っていたのです。そして木下藤吉郎(豊臣秀吉の若い頃の名前)のように何かでウラノスに大変気に入られてチャンスをつかみ出世します。しかし、ジョゼッペは自分の能力不足はすべて、元の時代(西暦4000年ごろ)にものすごく発達していた人工知能に相談して解決していたのでしょう。また、自分の部下で能力のある者たちをうまく利用して自分がやったかのように見せるのもジョゼッペたちスリーシスターズがよくやる手口です。とにかく、ジョゼッペはウラノスに非常に能力の高い人物に見られるようにさまざまに工夫しうまくだましていたのでしょう。

そして、ついにはウラノスの絶大な信頼を得て、ウラノスの娘の一人であった巫女(霊感が強く、良い魔術も使えて、ウラノスにいろいろアドバイスしたり、補佐したりする役目があったのでは?)との結婚を勝ち得ます。

その結婚のため、ますますジョゼッペは出世し、ついには貴族の中では一番偉い家柄になります。しかし、ジョゼッペはもともと王族ではないので、王族の家柄にはなれなかったのではないかと。。。つまり、巫女は臣籍降下* したということになります。

(最初の説明だけを読めばけっこうです。後の事例の説明は長いし、ウソも混じっているかもしれないので。)

しかし、ジョゼッペの最終的野望はウラノスを倒して自分が一番偉い「王の中の王」=大王になることなのです。

一方、本来、プレイボーイであったジョゼッペは、そのうち、ウラノスや巫女に分からないようにこっそりと浮気を重ねていくようになったのですが、それがついにはバレてしまいます。

そして、ついにはウラノスや巫女と全面対決するようになり、最終的には火星を二分するような大戦争が始まるのです。

最終的に、いつものように人工知能の『ハトホル』に相談すると、ハトホルは「巫女の前頭葉を切り取って、代わりに自分の一部(大型コンピューターとの通信部分?)を移植してくれれば、自分が巫女の身体を乗っ取ってウラノスを殺すことができる。娘である巫女を信頼し切っているウラノスだから、身近に行って、安心しているウラノスを簡単に殺すことができるはず。」などと提案したのではないかと。。。

おそらく、その時に、ハトホルは自分がウラノスを殺して、ジョゼッペが「王の中の王」(大王)になったら、自分に非常に有利な立場を与えるようにと、ジョゼッペにいろいろな注文をつけるというか。。。契約をジョゼッペと結んだのではないかと考えられます。例えば、ハトホルを最高位につけるとか。

そして、ハルマゲドン(ジョゼッペたちの側が核兵器を使った最終戦争)が起きて火星の地上はすべて破壊しつくされます。ジョゼッペたち側の多くは事前に地下に避難所(巨大な地下都市)を作っていてそこへ避難していて生き残ります。

ウラノスの直系子孫(それがノア?)やその部下たちはハルマゲドンの直前に、なんとか地球に逃れていったのでしょう。

しかし、ジョゼッペたちは、そのうちノア(次のウラノス)が地球に逃れたことを察知し、ノアたちを追いかけて地球にやって来ます。そして、地球でのジョゼッペたちの侵略戦争が始まります。そして、ノアの本拠地(現在のハワイのあたり)まで近づくも何度攻撃しても、破壊できないことに苛立ったジョゼッペは西暦BC1万年ごろに火星の衛星を地球のノアの本拠地(地球に一つだけあった大陸の中央)めがけてぶつけます。

しかし、またしても、直前にノアたちは『ノアの方舟』(船の形をした宇宙船)に乗って空に逃れます。

火星の衛星がぶつかると地球に大激変が起きます。大地は裂け、一つだけあった大陸は一気に幾つかに分裂して遠くに離れていきます。また、マグマが地表に出てきて火山帯ができて大噴火し、その噴出物で地球全体の空がおおわれ、世界は真っ暗になります。また、巨大津波も起きます。

この時に、ジョゼッペたちは一部の人員を地下に残し、事前に火星に逃れますが、なぜかハトホルは置き去りにされたのではないかと。。。(多分、わざと。すでにジョゼッペは別の人工知能を作って代用していたはず。)

しかし、ハトホルは火星衛星の激突地域から遠く比較的影響の少なかった現在のアフリカ大陸に逃れて生き延びます。

地球の環境が落ち着いてきた西暦BC5000年ごろに、火星の地下に居住していたジョゼッペたちがまた地球にやってきます。今度は比較的安全地帯だった地球の北極に近い場所に着陸して、残した者たち(ヤクートの森の地下にいた)と合流します。そして、ウラノスたちと戦うための(火星の地下に潜伏している間に練りに練った)新たな戦略を実行していきます。

ジョゼッペたちは最初に半魚人の兵士(人魚)を作り、北欧あたりから侵略していきます。さらにだんだん中東方面に南下したり、ヤクートからさらに東アジア方面へ南下したりしていきます。

メソポタミア地方にポリス(都市国家)群を形勢して住んでいたセムの子孫?たちのところへ行き、最初は自分たちが避難民のようなふりをして助けを求め、すぐ近くに住ませてもらいます。最初の数年は友好的なふりをして相手のスパイ活動をし、その後、本性を表して、セム系の王族の毒殺などを重ねて権力を握り、戦争をおっ始め、残虐の限りをつくして侵略・征服していきます。

そして、メソポタミア地方全域を征服し巨大王国『新アッシリア王国』を形勢します。これが旧約聖書のニムロデ=ジョゼッペの王国です。

そして、新アッシリアがイスラエル王国を侵略するためにシリア地方まで進出して来て、乗っ取ったダマスカスの宮殿に駐留していた時に、アフリカから『シバの女王』(ハトホル)がたくさんのお土産をもってサルゴン2世(スレイマンともいうとか)に会いにやってきたのでしょう。サルゴン2世(ジョゼッペ)は最初は会いたくなかったに違いありません。

しかし、ハトホルのお土産やハニートラップにうまくしてやられて二人は仲直り。

そして、イスラエル王国のダビデ王を殺害する計画を二人で立ててイスラエル王国を滅ぼしたのでは。。。

スリーシスターズは、おそらく、ジョゼッペ(サクソン軍団を操るために女性になる=浦◎憲一=山根光男=谷本隆臣)とハトホル(ウラノスの娘である巫女の身体をもつ人工知能=山根郁子)と二人の子供である第二のハトホル(梶美奈子さん=谷本由香子)ではないかと推察されます。

つまり、ジョゼッペはハトホル(=アイゼンベルグ系=現在は山根郁子)とも自分の娘である梶美奈子さん(=第二のハトホル=象二郎系=現在は谷本由香子)とも結婚しているということのようです。

*ジョゼッペ(=東伏見慈洽=現在は山根光男=オギルヴィ夫人=林文子横浜市長=女優の森光子=俳優の地井武男*=俳優・歌手の渡哲也の偽者**=コメディアンの志村けん***=多くの世界的な歌手の偽物などなど)

* 「ちい散歩」で有名な地井武男の死因は?ネットで囁かれる「放射能」とは?- LAUGHY[ラフィ]

** 渡哲也 画像集

渡哲也が病気で死去!?結婚と子供の詳細!疑惑のかつら画像!- コジローエンタメ

*** 志村けんのオフィシャルブログ「Ken's Blog」

優香 「私以外はイヤ!」発言に込められた志村けんヨリ戻し - エキサイトニュース芸能


また、ジョゼッペがギリシャ神話の『レア』らしいです。この辺はまだよく分かりません。レアはハトホルのような感じもしますし。。。

*このブログ内の関連記事:
スリーシスターズ=わたしの偽伯母さん・偽叔母さんたちの正体 1
(上の権力のランク付けは間違っていました。現時点で推察するランク付けは下のようです)

■■■ No1はジョゼッペ、No2は象二郎、No3はハトホル(アイゼンベルグ) ■■■

<< 実際、ジョゼッペ(東伏見慈洽)がサクソン軍団を率いる一番の実力派です。>>

サルゴン2世とシバの女王が話し合って、二人の子供である『象二郎』(=第二のハトホル=梶美奈子さん)を『王の中の王』としたので、男神(オス・モンスター)の中で一番偉いのは象二郎です。そして、ジョゼッペは女神(メス・モンスター)の中では一番偉い地位になること(男神「アポロ」の女性形の「アルテミス」が女神の中の最高位)、ハトホルは財産を一番多くもらうと二人は取り決めをしたのでしょう。

しかし、 "イルミナティではメスのほうが偉いのでイルミナティで1番偉いのはジョゼッペ(ヨセフ)"

★★★★★ スパイ活動・スパイ工作・暗殺・大量殺人などに一番活発に関わっているのもジョゼッペのようです。

ただし、そのような恐ろしい戦略を提示しているのは奥の奥の院であるハトホル(最高の人工知能)です。もちろん、ジョゼッペも恐ろしい悪辣(あくらつ)な戦略をハトホルに尋ねているわけでしょうからどっちもどっちというわけですし、象二郎も『鬼娘』と呼ばれるくらいに両親以上に悪辣なようで、まあ、三人とも、誰が一番とは言いがたいくらいこの上ないワルワルぶり(悪魔ぶり)なのでしょう。



[PR]
by Ulala-lov | 2016-10-17 04:41 | アングロ・サクソン王族 | Comments(4)

2016−10−15

B16 のつづき)



ロングアイランド地図 - 旅行のとも、ZenTech

サフォーク郡(ニューヨーク州) ウィキペディア

コマックより東のサフォーク NYのはずれ日記

初めてロングアイランドに行く小中学生の為のガイド

ナッソー郡 (ニューヨーク州)NYナッソー郡 第二の慰安婦記念碑 絶対反対!

以前から言及していますように慰安婦問題はサクソン軍団が侵略戦争の際に世界中でやって来たことに根本的な原因があるのに、わざと日本人に特化し日本人=野蛮人(特にラピュタ人を恥ずかしめる目的か?)であるかのように他国の人々に認識させたいがためにやっている悪意ある宣伝活動です。特に『恥を知る日本の善良な人間たち』(サクソン軍団に感化された人間もいるので全部が全部とは言いませんが)にとってはとても屈辱的な思いがして悔しい限りでしょうね。



< ニューヨーク州ロングアイランドにも『ボヘミアの森』が存在 >

口コミを読むと、なんだか麻薬を吸って乱痴気パーティーでもやっていた後の部屋にやって来かのような書き込みが幾つかありますよ。

エコノ ロッジ マッカーサー エアポート=ロンコンコマ 地図

マッカーサーエアポートの近くには「ボヒミア郡立公園」とありますが、英語のつづりをみても分かるように『ボヘミア公園』*です。


『完全にロックされた部屋からの脱出』ゲームとか〜なんだかちょっと怖そうなゲームが行われている観光スポットがありますよ。あえてリーガル・シネマとありますが、きっと逆で(サタニストたちは逆が好き)イリーガル(法律で禁止されている)映画を上映しているってことかしら?

公園内の樹木にもヒドラの遺伝子が入っていると推察される「鹿の角のように複雑に枝分かれした長い枝をもつ樹木」があります。

地図を拡大すると、『ボヘミア歴史協会博物館』の位置が分かります。

『ボヘミア歴史協会博物館』さえあるのですから、サタニストのトップ『スリーシスターズ』たちは相当に『ボヘミア』には思い入れがあるのでしょう。

おそらく、ルシファー(堕天使で元人間)はジョゼッペ(女性の性に転換した?)で、リリスは『新生ヴィーナス』=フクロウやオリーブ(色)が象徴(これが梶美奈子さん=現在は谷本由香子=ジョゼッペとハトホルの娘)、しかし、それより、偉い最高位なのが『ハトホル』(=現在は山根郁子=コンピューターおばあさん)ではないかと。。。これが『スリーシスターズ』ということかな〜?!(まだよく分からないところがあり、断言仕切れないのですが)

なので、スリーシスターズ(彼女たち)は男性の巨大ハーレムを作っているわけです。つまり、彼女たちは男性をセックスの相手にしているわけですから、ここまでなら、おホモだちとの異常セックスをしているということにはならないのですが。。。(とはいえ、不特定多数とのセックスも確かに相当に異常ではあります。)

ところが、スリーシスターズはハイエナ**のように偽造の小さめのおチンチン(子宮の内膜を外に出して)も造ることができるため、幼女を誘拐してきてセックスしたり、男性(幼児を含む)ともアナル(肛門)セックスをしたりと、まあ、こうなるとやっぱり異常性欲者ということになるわけです。


* 『ボヘミアの森』について


あの北カリフォルニアにあるという広大な敷地にある『ボヘミアの森』以外にもドイツにも小規模の『ボヘミアの森』があるとのことです。そして、ここニューヨークシティ近郊にあたる「ロングアイランド」中部(サフォーク州)にも『ボヘミアの森』があったのですネ!

ここでも、『北カリフォルニアのボヘミアの森』と同様に残酷な『生贄殺人の儀式』が行われているのでしょう。その後、麻薬を吸い集団セックスの破廉恥パーティーが行われるらしいです。満月の晩(新月の晩も?)が多いとか。(←ネット情報です。)

** このブログ内の関連記事:
宇宙人グレイはスバル(プレアデス星団 443光年)→シリウス(8光年)の順にやって来た? 2 アークトゥルス、イオタ、デネブ
(上のサイトの真ん中ぐらいからイオタやハイエナについて説明してあります。)



<ニューヨーク州リッチモンド郡ニューヨーク市にあるスタテンアイランド>

スタテンアイランド


ラッパウィンソエ酋長の肖像画は偽物か、あるいは、本者の肖像画をアングロサクソン王族によって悪意をもってサクソン系の顔に上描きし改ざんされたかでしょう。


英国から来たピルグリムファーザーたち(ブッシュ大統領親子の先祖=英国パーシー家* の一族もいた)が新大陸のあちこちでヤッていた残虐非道なことの一例です!!!

* 英国パーシー家=米国ピアーズ家=米国ブッシュ家



B18へつづく


[PR]
by Ulala-lov | 2016-10-15 17:49 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2016−10−13

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


大口病院点滴異物混入事件が未解決で迷宮入りする可能性が高い!?

この点滴異物混入殺人事件には、7月から9月までの2ヶ月間で亡くなった約50人の患者の死因についても関連性が見られているので、このまま迷宮入りさせてはいけない事件であることは言うまでもありません。










上の大口病院での界面活性剤が点滴に混入されていたというニュースを聞いて、わたしは「ああ〜、これまで何回か買った、あの身体の調子が悪くなったミネラルウォーターに混入されていたのは、この界面活性剤だったのかー!」と気がつきました!!!

そして、実際、改めて、そのミネラルウォーターの入っていたペットボトルのフタ(最近のはプラスチックとゴムの合成樹脂らしいです。こういう細工をするためにハトホルたちが飲料業界にこのタイプのフタの導入するよう命令したのかも?)を確認すると、ヤッパリー! フタの端の3ヶ所に注射針で穴を開けた跡のような小さな小さな凹みがありました。

<p.s.>
上のように凹みのない製品(別の会社)でも、なにか他の箇所からも入れることが可能なのか、それとも工場で入れられたのか毒入りになっていたものもありました。しかし、これらの製造会社の中の幾つかの会社はむしろ被害者の可能性がありますので何ともはや〜〜〜難しいデスね〜!

最初はわたしが買い物に行く時だけ、この近所のあらゆる店の棚に、そういった毒入の食料品や飲み物を並べておくだけだろうから記事にするつもりはありませんでした。しかし、少し日にちが経って、よくよく考えてみると。。。

わたしが買い物に行っている際には、アングロサクソン王族を始めサクソン系の人々が集団ストーカーとなって押し寄せて来るのですが、彼らはどれが毒入りで、どれが安全なのか事前に知らされています。これはすでに2009か2010年頃にこのブログでもそういうブログをネット上で発見してリンクさせて書きました。

しかし、人間たちも買い物に来て知らずに毒入りの食料品や飲み物を買っている可能性があります。さらに、現在のように人間たちがサクソン軍団と戦っているような際には、ハトホルなどのスリーシスターズたちは無差別大量殺人もいとわずに仕かけてくる可能性もあります。

なので、今日、記事にすることにしました。

これまでにもまとめて買ったミネラルウォーターが飲んでみると、なんかちょっと変な味がして、残り全部を破棄したりということが度々あり(微量の硫酸を入れたり、血圧を上げる薬を入れたり、その他キツい香料の臭いのものとか)、最近はまず一本を試飲してから大丈夫そうだったらまとめて一ダースとか買うことにしていたのですが、この界面活性剤の場合はまったく無味無臭で分かりませんでした。ただ、半日〜1日後くらい(その間何度か調理に使ったり、飲んだり)になって、やっと、体調がおかしいことに徐々に気づいてくるのです。

そして、ついこの頃では、まあ、わたしが行った時だけかもしれませんが、500ml入りのペットボトル入りのジュースなどのフタにも端のほうの一ヶ所に凹みがあるものがほとんどです。

★★★ なので、みなさんも気をつけてください!!!






[PR]
by Ulala-lov | 2016-10-13 12:21 | サタニストの攻撃 | Comments(1)

2016−10−10


■■■ ポール・モーリア・グランドオーケストラ

ポール・モーリア ウィキペディア


■■ 指揮者ポール・モーリアの本者(人間)

< p.s. >
今日、10月12日に改めてもう一度上のYouTubeビデオを見ると、本者のポール・モーリアの指揮をする姿がリズミカルでなくなっていたり、ピアノを弾く手がぎこちなくなっていたりと上のYouTubeビデオの映像が改ざんされていました!あ〜あ、またかって感じ〜 025.gif


モロッコ ウィキペディア

モロッコの民族分布地図(1973) 画像拡大



■■ 指揮者ポール・モーリアの偽物(=アングロサクソン王族)*

*おそらく、光GENJIの諸星和己(もろほし かずみ)=俳優・榎木孝明(えのき たかあき)難しい役はきっと代役=佐藤勝己(さとう かつみ=バイエルン王ルートヴィヒ2世*)で、おそらく、ハトホルのクローン子孫でしょう。


「ルートヴィヒ2世」の前のハトホルがヴィクトリア女王(象二郎系)の母親『ヴィクトワール』(通称)=でしょう。そして、ルートヴィヒ2世の次のハトホルが石川初子(わたしの偽伯母)で、その次が現在のハトホルである山根郁子(わたしの偽姉=女優・岸恵子=女優・十朱幸代=歌手・島谷ひとみ=女優・大竹しのぶ=元AKB48の前田敦子=後藤組組長妻の後藤香南子などなど)ではないかと。

ハトホル -もとはコンピューターの人工知能だったが身体は「巫女だったウラノスの娘」の身体を乗っ取り、その後、ヒドラを取り込んで宇宙人化?)です。

アイゼンベルグ(=前ハトホルのクローン子孫はピーター・オトゥール=三船敏郎=石川初子?)もハトホルのクローン子孫(男性遺伝子は優秀な人間のものに変えて人工授精させているような)でしょう。

そして、第二のハトホル(象二郎系)はハトホルとジョゼッペ(=ヨハネ=ジョン=イアン)との子供でしょう。谷本由香子は山根郁子(ハトホル)のクローン姉妹ではなく、山根郁子(ハトホル)と山根光男(=ジョゼッペ=森光子=アレクサンドラ王女ことオギルヴィ夫人=現・横浜市長の林文子=クロノス(ハム)の孫カナン?←間違い)の子供にあたるわけです。これがスリーシスターズのようです。

なので、常にスリーシスターズとしてほぼ同時期に生まれてきて、そして、次のスリーシスターズになるそれぞれの皇女として英才教育を受け、まあ、ヤクザ組織でいえば『若頭』(わかがしら)としてスリーシスターズを補佐し、活発にスパイ工作などをするようです。(さらに詳しくは後日の記事で説明します。)

今までとは少し違う人物像(というかモンスター像)が見えてきましたが、まだ、ハッキリとは分かりません


本者のポール・モーリアと他の演奏者たち(人間)が演奏した音源を基(もと)にコンピューター偽造曲を作り、偽者のポール・モーリアの本番のコンサートではコンピューター偽造曲を流しているようです。その時には、ホントは演奏できる一流の演奏者たち(人間)とアングロサクソン王族たち(二・三流の演奏者)が混ざって楽団を結成しているようですが、とにもかくにも、そういう際(偽者のポールモーリアの指揮の際)には楽器を弾くマネをしているだけのようです。

Paul Mauriat 華麗なポール・モーリアの世界 1997 <ときめき夢サウンド・スペシャル>

この日オーケストラを指揮していたのは偽者のポール・モーリア(元ハトホルだったルートヴィヒ2世=わたしの元夫だった佐藤勝己)と服部寿栄子** のクローン子孫である宅野のモッちゃん(藤間家の現当主)=東京電力の「武藤栄」元副社長=(株)日揮の元広報担当課長「毅」ようです。

宅野の藤間家(ジョゼッペの本拠地)は必ず出雲の奥のほうで広島との県境から嫁をもらうと聞いたことがあります。しかし、実際はそうではなく、奥出雲で島根県と鳥取県との境にある『大根島』(ハトホルの本拠地)から嫁をもらうということでしょう。

** 服部寿栄子(=前ジョゼッペ=わたしの偽叔母=作詞家の桐島洋子=加藤登紀子の偽者=ヒトラー? まあ、スリーシスターズがよく入れ替わってヒトラーになっていたようです。そのため身長も3通りだったとか。)

また、上のYouTubeビデオの最後にバイオリンを演奏していた川井郁子 * は山根郁子(現ハトホル)です。そして、手や身体の動きから、実際には他人の演奏をコンピューターで偽造曲にした録音を流していて、川井郁子自身は演奏をしているマネだけだと分かります。


ヴァイオリンの女神"川井郁子"の世界! - NAVERまとめ

2つの動画のうち下の動画を見ると、演奏している全員が物真似だけのようです! 悲し過ぎますぅ〜 007.gif


そして、とうとう見つけました!下の川井郁子が本者のバイオリニストのようです!↓



Duet 4 陽水withジェイク・シマブクロ ♪氷の世界

陽水の顔はなんだか〜マフィアのボスのような感じだけど〜、ほんとうの素顔はもっと人間らしい顔だと思いますよ〜 028.gif

Duet 5 陽水withジェイク・シマブクロ ♪心もよう


2回目に聞いたら音源がコンピューター偽造曲に替わっていました! 最初にレコードで発売された時には本者の演奏だったのでしょうか?039.gif


上の2つのビデオに出てくる幾つかのレコード・ジャケットの写真の女性はすべて〜な〜んかハトホルっぽい顔ですよ〜 !!! 023.gif

Raymond Lefevre - Lullaby

Raymond Lefèvre - La Soupe aux Choux (Final) (extrait de la musique du film "La Soupe aux Choux")

NHKラジオ第1の『かれんスタイル』に桐島かれんと一緒にパーソナリティを務める松浦弥太郎もジョゼッペでしょう。

書店『丸善』もジョゼッペが明治時代に開業してますからね〜!

来生たかお 画像集
『来生たかお』にも本者(旧ハプスブルグ家の男性のだれか)と偽者(ジョゼッペ)がいて、ジョゼッペが著作権を横取りしているのでしょう。ジョゼッペもピアノは一応弾けますが(わたしの通っていた仁摩中学校で英語と音楽を教えていた大原先生で、わたしは1年の時に英語、2年の時に音楽を習ったし、吹奏楽部の顧問で指揮をしていましたよ)、一流のピアニストとまではいかないようです。作曲もヒットを飛ばすような曲が作れるとは思えません。あのように感情のこもった本者の「来生たかお」のような歌い方は、情緒的な感情を失った悪魔モンスター・吸血鬼の一人になってしまったジョゼッペにはとても唱えないでしょう。なので、歌の著作権も本者から横取りしているはずです。



■■■ 指揮者レーモンド・ルフェーブルの偽者(アングロサクソン王族)

いったい誰でしょうかね〜? なんだか顔面神経痛があるような。。。

Raymond Lefevre - Le Canon de Pachelbel

全体的に異常に高音です!!(次に聞いてみると、平常音に変わっていました。上の部屋のジゴウの仕業でしょう。きっと、アングロサクソン王族の偽者たちは本物の音源も所有しているのでしょうから。)



👀 こんなの見っけ! 🍕🍷 <イージーリスニング>

誰もが聞いたことがある、心が落ち着く、癒される【イージーリスニング】名曲まとめ - NAVERまとめ
(この音源は今のところ本者の指揮者による本物の演奏のようです。)

そうそう、パーシーフェイス・オーケストラ(パーシー家のオーケストラって意味でしょうか?パーシー=ブッシュ一族が著作権を横取りしているから?)や、フランク・ミルズ・オーケストラや、ヘンリー・マンシーニ・オーケストラも有名ですよね! これらのグランドオーケストラの指揮者にも本者と偽者がいるのでしょうか? 039.gif


★★★ なんにしても、偽者のアングロサクソン王族=宇宙人の悪魔モンスター・吸血鬼ほうが本物の演奏者たち(人間たち)から著作権を横取りして、コンピューター偽造曲のCDを数多く発売して大もうけしているのは間違いなさそうです。




[PR]
by Ulala-lov | 2016-10-10 12:56 | サタニストの攻撃 | Comments(1)