<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2015−03−27

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。

午前10時頃この記事を書き始めた時点で。。。若林健太議員が質問中でした。


参議院選挙 長野選挙区 自民党 若林健太参議院議員の応援演説

なぜ、質問中の若林議員がルシファー=モーツァルト=オールバニ公レオポルトだと分かったかというと、三瓶先輩の声(=テニスの松岡修造*の声とよく似ている)をくぐもらせたような声だったからです。

テニスの松岡修造が三瓶先輩=オールバニ公レオポルト=ルシファーだということは今年の1月頃から分かっていました。(*下のほうで詳しく説明)






今日の質疑に関して公表しています。




上の画像の若林正俊元議員は、多分、レオポルド・ロスチャイルド(1927〜)=わたしの小学校5〜6年の担任だった山崎先生です(かなり老け顔に造っておられますが)。とても良い先生でした。アリスとレオポルド・ロスチャイルド(1845~)=ルシファーとの子「マッカーサー元帥」に正妻(2回アングロサクソ脳族の女性と結婚しているようですが)との子供ができなかったので養子をもらったようですが。。。よく分かりませんが、マッカーサーと愛人との子供なのかもしれません。





2014年のインターハイ〜法政大学第二高校(神奈川県)に在学しているんですね。若林健太議員のクローン子孫でしょうか?何人ものクローン子孫がいるんでしょうからね〜!


なんだかヤンキーっぽいですね〜!


2011年の時点で中学1年生13歳の時の成績です〜!😵


この水泳大会本部で若林健太(オールバニ公レオポルト)の隣に座っている女性(先日の記事でアベ・マリアを歌っていたエレノア)が最新のルシファー(=新生ヴィーナスのオス)のクローン子孫なのかもしれません。



<*松岡修造とは。。。>






『ボクこそがテニスの王子様』。。。やあ〜なかなかハッキリと言いますね〜!

ちなみに、オールバニ公レオポルトとアリス・リデルとの一人息子「マッカーサー」の子か孫か?のヤハウェ系=人間のほうがテニスはずっと上手くて、世界ランキング1位に何度もなったジョン・マッケンローがいます。


■ 曾祖父

阪急東宝グループ創業者

一番上の写真はジョゼッペ=内田一九(明治天皇の戴冠の写真撮影=おそらく、大村益次郎)=作家・森村誠一=日本基督教団六角橋教会の執事だった内田さん(ジョゼッペ)の顔に似ています!やっぱり、ルシファー=ジョゼッペなのかな?


■松岡辰郎

(NTTの幹部社員?研究員?)
★★★ 気象兵器『HAARP』と関係ありそうですね〜!

メンバーのところをクリックすると。。。
(名古屋大学 松岡研究室、准教授 松岡辰郎)



平幹二朗はオールバニ公レオポルト=ルシファーですよ〜!越路風吹はアリス・リデルとの間の1人息子「ダグラス・マッカーサー」=ライオネル・ネイサン・ロスチャイルド(1882~1942:一応そういうことに)です!!


★ 東宝が越路風吹を支えたというより、越路風吹で儲けさせてもらったというのが真実でしょう!!


■ 父

東宝名誉会長






おそらく、この人たちは、みなオールバニ公レオポルト=ルシファーでしょう!



この頃にも、ジョゼッペのクローンはいっぱいいて、勝海舟、岩倉具視、島津久光(しまづ ひさみつ、1817~87)などです。他にもたくさんいそうです。


〜 〜 〜 〜 〜 森村誠一 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



森村誠一=ルシファーはゴーストライターにかなりの部分を書いてもらっているか?、あるいは、書いた文章をかなり修正してもらっているか?のどちらかだと推察されます。



この中国に関する森村誠一=ジョゼッペ=ルシファーの記述は建前(たてまえ)です。本音(ほんね)は日中関係を険悪化させて第三次世界大戦を起したがっているのですから。
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

■ 妻





★★★ この人はきっと『新生ヴィーナス』です!!!学齢のハーバード大学卒業は捏造かも?


<大塚家具の経営権をめぐる骨肉を争う騒動 >

ところで、今日、ニュースを聞いていたら、大塚家具の親子での経営権争いが注目されていたようですが、今日の株主総会で娘の久美子さんのほうが勝利したんだとか。。。でも〜、大変恐ろしいことになっているなのようです!!


大塚勝久会長の顔を見ると、わたしの小学校の恩師山崎先生=レオポルト・ロスチャイルド(1927~)のような感じです。


娘の久美子はレオポルト・ロスチャイルド(1845~)=オールバニ公レオポルト=モーツァルト=ルシファーです!父親は実は孫のレオポルト・ロスチャイルド(1927~)です。孫のほうが優秀なので、いろいろな事業で成功しているのです。それを父親のルシファーが乗っ取ろうとしているのです。



会社内に監視カメラ設置するなんてちょっと〜ww 行き過ぎじゃない?それに、父親とされている孫の大塚勝久会長が経営を悪くさせたのは久美子社長だと訴えているように、乗っ取りの下準備として、わざと経営を悪化させるような会員制の営業を展開するよう勝久氏に命令したのは久美子現社長=ルシファーだったのではないでしょうか?


< テリー伊藤=オールバニ公レオポルト=レオポルト・ロスチャイルド(1845~)=ルシファー >





このテリー伊藤の顔と前述の森村誠一(ジョゼッペ)の顔がソックリ!!上のサイトAと比べてみてネ!!!



今日のゲストは桂米助さん(顔が「広島県立安佐南病院の馬場先生=ルシファー」によく似ている)でしたが、腹話術で一人二役をやっていたのか、桂米助役をクローン兄弟がやっていたのかのどちらかでしょう。



★ 落語家の桂米助もレオポルド・ロスチャイルド=オールバニ公レオポルト=ルシファーです。


なんだか、上の画像と少し違う顔のような。。。この米助は影人ですよ。おそらく、孫のレオポルト(1927~)です。

落語を話している間、基本、手を膝に置いていて、あまり身体が動いていません。話し方の間が上手いというか、テンポがよくて面白いです。


落語を話している間、しじゅう手や身体を動かしています。こちらのほうの落語は台本は子や孫が書いたもので面白いのですが、間がなく、ダラダラと話していてあまり落語らしい面白味がありません。


やはり、基本、手が膝の上です。話の間がちゃんとしていて、メリハリの効いた落語らしい話し方です。



古館プロ所属。
(**下のほうで古館伊知郎を詳しく説明。)


なんと落語芸術協会の理事です!すでに昭和51年に会長だったようです!!


理事には春風亭昇太もなっています。現在の春風亭昇太はまだ20歳になるかならないかの『新生ヴィーナス』こと梶美奈子さんと、小堺一機の息子ですよ〜!!この写真の春風亭昇太は先代ではないでしょうかね。経歴や受賞などのプロフィールもその人のことです。やっぱ、『新生ヴィーナス』の威力はすごいですね〜!


**< 古館伊知郎について >




テレビ朝日の午後9時から久米宏が長年にわたり司会していた「ニュースステーション」の人気を受け継ぐ形で、同じ時間帯に「報道ステーション」という番組の司会を始めた古館伊知郎ですが、久米は「ニュースステーション」はボクで終わりと明言していたようですね。要は、久米の「ニュースステーション」の人気にあやかろうとしたんでしょう。しか〜し、「報道ステーション」はあまり人気がないような。。。


他に競合するニュース番組がないから、なんとか視聴率を維持しているような。しかし、自分の番組の視聴率を上げるために、同じ10時から放送していたNHKニュースまで権力で没にさせてしまったのでしょうかね?!


「報道ステーション」の前の古館は面白かったんですけどね。。。報道番組には向かなかったんじゃないでしょうかね〜


この古館伊知郎の声を聞いていると、「志村けん」(=ジョゼッペ)の声によく似ているような。。。



★ 古館伊知郎=志村けん(ジョゼッペ)もルシファーです!!

★★★ となると、やはり、ジョゼッペがルシファーなのかな???


*このブログ内の関連記事:
(サイトのかなり下のほうにルシファーのアンクロサイペディアの説明があります!)

3月19日の記事:(ギリシャの神々の)「クロノス家の人々」ところは、後日、また訂正します!

***しかし、まだまだルシファー=『新生ヴィーナス』(のオス)の可能性も大です!!!
ただいま、検討中。。。

[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-27 11:17 | アングロ・サクソン王族 | Comments(1)

2015−03−23


< マリア・テレジアの最初の夫=ロレーヌ公レオポール・クレマン(仏語)>

=(英語:ロレーヌ公レオポルト・クレメンス・カール・フォン・ロートリンゲン)



おそらく、「1723年にカール6世*の元で学業を修めるべくウィーン宮廷に送られた」というのは、マリア・テレジアの婿にと身込まれ、婚約して花婿修行をするためだったのではないでしょうか?

・ レオポール・クレマンの父親=『レオポルト・ヨーゼフ』


★★★(1697年以前、そして1702~1714年まで、ロレーヌはフランス(ルイ14世)に占領されていた。ロレーヌ公家はオーストリアに亡命していて、レオポルト・ヨーゼフはオーストリア領内のインスブルックで生まれた。オスマン帝国と戦争における『ティミショアラの包囲戦』や、ラインで大同盟戦争でオーストリア軍司令官として活躍した。)

(ここがトランシルヴァニア=ルーマニア西部でドラキュラ伯爵のモデルの一人となったヴラド・ツェペシュの領地内の中心都市のようです。)


・ レオポルト・ヨーゼフの父親=『シャルル5世』


★★★1670年以降、ロレーヌ公国はフランス(ルイ14世)*によって占領されていて、シャルル5世は実際に統治することはなく、オーストリアに身を寄せていた。

わたしの離婚した元夫・佐藤克巳の母親に似ています!おそらく、『新生ヴィーナス』のオスの姿。

おそらく、ハート型のほうは『新生ヴィーナス』(=ルイ14世でもあった)が所有しているのでは?!

カール6世(神聖ローマ皇帝):マリア・テレジアの父
(肖像画の鼻は、後世になってアングロサクソ脳族の悪意によって、わし鼻に上描きされたのでしょう)


マリア・テレジア(1717年生まれ)は第一子を1737年に20歳で生んでいますから、おそらく、テレジアが15歳くらいの1732年頃に結婚したのではないかと推察されます。とすれば、レオポールは25歳くらいの時です。マリア・テレジアの父「神聖ローマ帝国皇帝「フランツ1世」を名乗ったのでしょう。




B戦争を構成する戦役の一つである第二次シュレージエン戦争*(C戦争)は、プロセインのフリードリヒ2世によるオーストリア領シュレージエン地方への侵略・占領に端を発した戦争です。




上のサイト💀の下のほうの。。。

[1] 『1746年 肖像画』のところから。
(引用)1745年ドレステンの和議で、プロイセンは100万ターレの賠償金と正式にシュレージエンの領地を得る代わりに、マリア・テレジアの夫フランツ皇帝の継承権を承諾する*ことで、シュレージエン戦争は終結した。

* これは、もし、カール6世が亡くなった後、バイエルン王が勝手に『カール7世』*として即位していたのですが、それを廃位させて、マリア・テレジアの最初の夫「レオポール・クレマン」が神聖ローマ帝国皇帝に即位することをプロシアが認めたということです。

バイエルン選帝侯 ………… 在位1726~1745
ベーメン(ボヘミア)王 …………… 在位1741~45
神聖ローマ帝国皇帝 ………… 在位1742~45

かール7世の顔を見ると、NHKの古屋和雄アナウンサーに似ています。(下のYouTube動画の古屋アナの顔を見てください。)


つまり、わたしの離婚した元夫「佐藤克巳」(ルシファー=ETモンスター・ヴァンパイア)です!!!

★ カール7世=モーツァルト=ルシファーです!

[2]『1763年 肖像画』のところから。
(引用)あわや敗北――とだれもが思ったころ、奇跡が起きる。(ロシアの)女帝エリザヴェータが崩御し、甥のピョートル三世が即位したのだ。ピョートルはフリードリッヒ大王の崇拝者であり、皇帝になると即、プロイセンと平和条約を結んだ。ロシア軍が撤退すると、スウェーデン軍も去り、プロイセン軍はオーストリア軍に勝利する。1763年、ザクセンのフーベルトトゥスブルクで平和条約が結ばれ、戦争は終結した。

この女帝エリザヴェータが死んだのは最初から計画されていたアングロサクソ脳族たち(秘密結社『イルミナティ』)の陰謀です。つまり、もともと、フランスのポンパドール夫人(=『新生ヴィーナス』?)とロシアの女帝エリザヴェータはアングロサクソ脳族同士で裏でつながっていて、本来、敵であるはずのマリア・テレジアと仲良しのふりして『ペチコート同盟』とか言われるような協定を結んだのは、最初からマリア・テレジアをワナにかけ、欺(あざむ)くつもりだった陰謀に違いありません。つまり、戦争の終盤になったらロシアの女帝エリザヴェータが死ぬ予定で(もちろんウソ)、息子の「ピョートル3世」が3国間の協定を反古(ほご)にして「フリードリヒ2世」に味方しロシア軍を撤退すると決めていたのでしょう。

* よとぎ「夜伽」の意味 - goo辞書(ここでは2の意味)

ポンパドール夫人が王家専用娼館「鹿の苑」まで創っちゃった人が夜伽(よとぎ)が嫌いっていうのは大ウソでしょう。アングロサクソ脳族たちは両性具有だから、女娼や男娼を集めて、王侯貴族たち(男女とも)が乱痴気騒ぎをしていたんでしょう。つまり、ポンパドール夫人は王侯貴族のご機嫌取りをし、自分の人気を高め、彼らを自分の思い通りに操りたかったのでしょう。
href="http://blog.goo.ne.jp/marifle1010/e/307db8f315d1f778972b97fd1f6c8420">ロシア女帝 エリザヴェータ - まりっぺのお気楽読書

★★★ 1600~1800年代、ヨーロッパは戦争に明け暮れていた。↓



<マリア・テレジアのもう一人の実の息子『フェルディナンド』>

マリア・テレジアとレオポール・クレマンの子供たちのうち男子は長男のヨーゼフ2世と四男(ほんとうは次男)のフェルディナンド(1754 ~1806)*のみと推察されます。

次男とされているカール・ヨーゼフは、きっと、ルシファー=モーツァルト=『新生ヴィーナス』のオスで、人質交換でウィーン宮廷にいたのではないかと。。。?



(和訳)
ドラムの音が聞こえるかい、フェルナンド?
ずっと昔にもこんな恐ろしい夜があったの想い出すよ。
たき火の灯りの中で、フェルナンド、君はハミングしながらギターをやさしくつま弾いていた。
遠くからドラムの音が聞こえ、遥か彼方から兵隊ラッパの音が近づいてきていた。
bugle : 兵隊のラッパ

彼らはどんどん近づいてきていたね、フェルナンド。
永遠の最後となる(=死の)時が刻々と迫ってきているようだった。
とても怖かったよ、フェルナンド。
僕たちは若くて将来があった。そして、だれも死への覚悟なんてしてなかった。
銃声や砲弾の轟(どどろ)きに僕はほとんど泣きそうだったって告白するけど恥じちゃいない。

あの夜の空気感は特別だった。
あの星たちは僕や君ために、解放のために輝いていた。
もし、僕がまた同じことをやらなくちゃいけないとしても後悔なんてしないさ。
きっと、同じことをするよ、僕の友、フェルナンド。

今では、年を取って、白髪も生えてるけどね、フェルナンド。
もう何年も僕は君が手にライフルを握るのを見てこなかったな。
ドラムの音が聞こえるかい、フェルナンド?
まだ覚えているよ、リオ・グランデを越えた恐ろしい一夜を。
僕は君の目のなかに見ることができるよ。
君がこの土地での自由を求めて戦ったことをどんなにか誇りに思っているってことをさ。





ウィーンの台本作者ジュゼッペ・バリーニによる祝典劇「アルバのアスカーニョ」の台本がモーツァルトに届けられた。

アスカーニョ役はマンツオーリ、アチェステ役はジュゼッペ・ティバルディだった。

これらのジュゼッペとはジョゼッペのことのようです。クローンがたくさんいますから。


< マリア・テレジアの2番目の夫???=フランツ1世 >


1745年~65年の神聖ローマ帝国皇帝在位は大ウソです!!!


先のサイトAのロレーヌ公レオポルトの長男レオポール・クレマンの弟フランツ・シュテファン(=後の『フランツ1世』)は、おそらく、ロレーヌのフランス占領から独立した後に、結婚したオルレアン公(フランス随一の貴族)フィリップの娘エリザベートのアングロサクソ脳族のクローン子孫か、あるいは、戸籍に乱入してきたアングロサクソ脳族かです。

★ とにかく、このフランツ1世はジョゼッペによく似ています!!

ところが。。。この下のサイトCを見ると(説明はウソが多いようですが)、最上部と最下部にある肖像画を見ると、


* マリー・アントワネットの父は先のロレーヌ公レオポール・クレマンです!!!

★モーツァルト=「『新生ヴィーナス』のオス」(←2015.05.18:なんかレアらしいです。)にも似ています!!

(どっちかな???)

偶然見つけた、マリー・アントワネッットのブログ記事についてはリンク先情報の保存のみで、後から記事にしたいと思っています。





ヴェルサイユ
<

ここで、なぜかマリー・アントワネットの悪口三昧の記事に変わっています。アントワネットの実家の母マリア・テレジアや長男ヨーゼフ2世がアントワネットに忠告したのはフランスから聞こえてくる悪い噂(イルミナティは悪い噂を流すのが得意)を心配してのことだったと考えられます。ここで、思いっきりアントワネットに濡れ衣を着せようと頑張ったのはきっと『新生ヴィーナス』の仕業でしょう。肖像画さえ真似るほど憧れて自分もそうなりたいと思う一方、自分より美しい女性(美しい男性にはメロメロですが)に対しての嫉妬心から悪魔的残虐性を発揮するようです。

[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-23 01:16 | 西洋史 | Comments(1)

2015−03−20


今、午前10時50分くらいですが、現在、参議院(参議院第1委員会室から中継)で質疑している民主党の小西洋之議員は
水島先生=ルシファーが声をくぐもらせているような感じの声です。

非常に安倍首相に敵対的で(勝手に安倍首相を悪者にして)悪意に満ちた質問をしています。





この上の動画の小西議員の声と今日質問をしている小西議員とは声が違います!!!

つまり、今日の質問時の小西洋之議員はルシファーが入れ替わって質問をしているということなのではないでしょうか?




すでに2年前の2013年3月29日の参議院予算委員会で安倍首相を指差して批判し問題になっていたようなのですが、今日の質問時にも同様のことをして安倍首相からたしなめられています。

ルシファーは小西洋之議員をまねるために今日同じような指差しをあえてしたのでしょうが、2年前にニュースにもなっていたような問題行動を再度行うというのはちょっと信じられません。やはり、本人ではないからでしょう。



[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-20 10:56 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2015−03−19



この物語は火天(ファチョン)界の『虎族』(アングロサクソ脳族を暗示)と、熊族(ヤハウェ系=人間を暗示)との戦いを描いているのですが。。。

『太王四神記』(たいおうしじんき)のそもそもの争いの発端は、高句麗王の長女「ヨン夫人」が臣籍降下*し、最高位貴族「ヨン・ガリョ」に嫁いで、長男「ヨン・ホゲ」を産み、その子を王にと横しまな野望を抱いたことに始まります。そして、自分の兄弟であるヤン王を毒殺しようとしたのですがバレてしまい毒薬を飲んで自殺したのです。そのことでヨン・ホゲはヤン王を逆恨みし、闇の勢力「火天界」とつながっていったのです。


ところで、この「あらすじ」は、もしかしたら、火星(訂正:地球)での最高神(大神ともいう)「ウラノス」と二番手の家柄であったクロノス=ハムとのことを象徴しているのかもしれません。

つまり、ノア=ウラノスの長男セムの娘『新生ヴィーナス』が臣籍降下して2番手のノアの次男ハム=クロノスの末子ゼウスに嫁ぎ、我がままに育てられ野望に満ちた『新生ヴィーナス』、夫ゼウスもそれに負けず劣らず野心に満ちていたのでしょう。さらには、ゼウスの父ハム=クロノスと母レア(二人ともノア=ウラノスの子供で近親結婚)も若夫婦に負けず劣らず野心に満ちていてノア=ウラノスを倒して王位を奪おうと策略を練り、実際、最終的にはハム=クロノスたちはノア=ウラノスから王位を奪ったようです。

その王位略奪のために、約30万年前に火星で戦争が始まり、その戦争は長い間(25万年)続き、結局、火星はハルマゲドン(世紀末戦争=世界の終わり=火星の破壊)、5万年前からは地球に舞台を移して戦争が続いているということなのでは。。。主に戦争を仕掛けてくるのはアングロサクソ脳族たちからですが。

そして、まず、最初に生物学的人造ロボットを造るために使ったのが割と近い惑星から持ち込んだスズメバチで、その後、遥か遠くの惑星から持ち込んだのがヒドラ(→恐竜タコ)らしいです。

ギリシャ神話のオリュンポス12神






クロノス家はウラノス家とは元々兄弟関係にあったのです。だから2番手の家柄。つまり、旧約聖書のノアやその息子3人セム、ハム、ヤペテのことかな。。。ということはウラノス=ノアで、長男セムはウラノス家の嫡男、次男ハム=クロノス家創設ということになるのでしょう。

すると、例えば、旧約聖書のノアの長男で嫡男のセムの娘が臣籍降下して、ハムの息子カナンと結婚したとかという感じかな。。。

とても難しいパズルのようですが、おそらく、まとめると以下のような感じでは。。。

◎ 恐竜タコ+オオカミ+スズメバチ
(+ヘビ+シカ+ネズミ+コウモリ+ヤギ+チョウチンアンコウ+ウールーパー+カラス+雄牛+猫など。以下のすべてに同じ)

男性形)チンパンジー系  アポロ(光明・音楽・弓術・医学の神)=ジョゼッペ=山根光男  
 
女性形)クモザル系(チンパンジー系+クモ) アルテミス=シバの女王=岩下志麻(=ウチの偽姉・山根郁子=水野美紀)

*アポロとアルテミスは双子の兄弟でゼウスと女神「レト」との子供。従って、レアにとっては煙たい存在ともいえる。

◎ 恐竜タコ+オオカミ+虎(スズメバチ+ライオン)

男性形)マントヒヒ(雄)系  クロノス(旧約聖書のハム)=アイゼンベルグ三船=ピーター・オトゥール

女性形)マントヒヒ(雌)系  レア(クロノスの妹で妻)=鷹司景子=高須恵子=兵頭ユキ=キャサリン・ヘップバーン=森光子=植松恵美子元参議院議員(歌手・今井美樹=氷川きよし、女優・田中美佐子)

◎ 恐竜タコ+オオカミ+虎(スズメバチ+ライオン)+モリアオガエル

男性形)ゴリラ系 ゼウス=ヘパイストス*=旧約聖書のカナン=秦の始皇帝=英王ヘンリー8世=英王エドワード7世=レーニンなど(=新生ヴィーナスの夫)

* ヘパイストスは火山の神、炎と火事の神。だから、正妻の『新生ヴィーナス』=梶美奈子さんの名字が 梶(かじ)というわけです。

ゼウスの息子たち 
アレス(軍神:アマゾン族の祖神、『新生ヴィーナス』の愛人)
ヘルメス(ウソが上手い。詐欺師)=象二郎(=後藤象二郎**=西郷隆盛 )=豊臣秀吉(天下を取る前はジョゼッペで、その後は象二郎)


女性形)タターサルシファカ系 ヘラ(最高女神)=アフロディーテ(美の女神)=新生ヴィーナス=岩崎宏美(=渡辺真知子=林寛子=梶美奈子さん=ウチの偽姉・谷本由香子)

『新生ヴィーナス』の愛人=アレス*(=レアのオス)=モーツァルト=オールバニ公レオポルド

★ これらのカップルは全員、裏では妻のほうが夫より強いようです!!!

なので、一番の女王はやはり『新生ヴィーナス』で、その次の女王がレア(雌牛アスタルテ女神)、その次がシバの女王ってかんじでしょうか?!男性では、ゼウス(隼ハヤブサ)が一番残虐そうです!


星座神話 魚座
ナイル川のほとりで神々が大宴会をしていた時、宴も最高潮に達した時、突如として怪物ティフォンが現れ、神々はいろいろな動物たちに姿を変え散り散りになって逃げたとあります。

・アフロディーテ(母)&エロス(息子)の親子は魚に。
・ゼウスは鳥(おそらく、隼ハヤブサ)に。ゼウスは稲妻攻撃が特異らしいです。
・ヘラは雌牛(アスタルテ女神)に。
・アポロはカラスに。
・アルミテスは猫に。

★ 新生ヴィーナス=アフロディーテとゼウスとはいろいろな動物や他の神々(オリュンポス12神)やさまざまな人物など(粘土細工で人形を造る時のように自由自在に形を造れる)に変身することができるのではないかと。。。

だって、もし、あなたが車好きで大会社の社長だったとしたら、3〜5年おきくらいに最新の車に買い替え、できうる限りたくさんの装備を付け加えるでしょう。なので、クロノスと新生ヴィーナスは最も最新にハイブリッドした生物学的人造ロボットの身体に最も最新の人工知能を移植しているのではないかと。。。

★★★ つまり、アングロサクソ脳族たちは遺伝子的に系統不明の人類と呼ばれているように身体に様々な動物の遺伝子をハイブリッド(異種交配)で取り入れているので、人間の姿をしていても取り込んだ動物の遺伝子により、それらの様々な機能を持ち合わせているのです。さらに、身体に取り込んだ様々な動物の遺伝子により、様々な動物にも変身することが可能なようです!!!

「ノアの子孫 セム・ハム・ヤペテの拡散」
(しかし、シバの女王とソロモンの意向で書かれた「旧約聖書」はウソが多いので要注意です!事実とウソが巧みに織り混ざっています。)

このサイトのセムとハムの境界線は少し違っているようです。メソポタミア地方やアラビア半島全域はセムの領地だったと推察されます。ハムの領地はエジプトから始まるアフリカ大陸の北東部だったような。。。3男のヤペテはパレスチナ地方とアナトリア半島(現在のトルコ)と黒海周辺が領地だったようです。

その後、セムはカナンたち兄弟に侵略されると、アラビア半島の南端や北に昇ってからヨーロッパ方面とロシア方面との両方に別れて移住していきます。カナンたちはアフリカ全域に拡散すると共に、セムやヤペテを猟奇的に追っての彼らの領地を侵略・征服していきます。ヤペテはギリシャからヨーロッパにかけての地中海沿海とインド方面の両方に移住していきます。

クシュ(エチオピア)、ミツライム(エジプト)プテ(リビア)、カナン(イスラエル)
つまり、カナンはヤペテの土地イスラエル(パレスチナ地方の一部)を侵略したことになります。カナンはクシュやミツライムやプテの領地をも侵略・征服します。

世界を支配しようとしているニムロデの子孫たち

ニムロデ Nimrodとは - コトバンク

ニヌルタとは - コトバンク

テラ(聖書) ウィキペディア

カルデ ウィキペディア

ほんとうはアルメニア地方かも?

旧約聖書で、アブラハムの父はテラですが…Yahoo!知恵袋

ノア→セム(ハム)→アルパクサデ(クシュ)→カイナン(カナン)→サラ(これが恐竜タコ女王?)→エベル→ペレグ→レウ→セルグ→ナホル→テラ→アブラハム

歴代天皇と旧約聖書、神武天皇、ベリア、エフライム族

アブラハム カナンへ - 聖書と歴史の学習館

地図のアラトト山の位置が全然違っています。このブログはアングロサクソン王族の引っかけかもしれません。ソドム・ゴモラの位置も確か違っているはずです。

まだまだここは書きかけです。それにしても、旧約聖書の神がヤハウェと呼ばれていることから、人間をヤハウェ系と呼ぶのは間違っていたかもしれません。わたしとしてはイエス・キリストにつながる人たち=人間というつもりでしたが。。。旧約聖書の神は???シバの女王?ソロモン?

闇の権力の精神的支柱 カナン人であるという事 (何が「マトリックス」ではないのか 1)

(以前から述べていますようにフェニキア人は元はヤハウェ系=人間だったようですが、おそらく、BC15~10世紀にカナン人(アングロサクソ脳族)に領地を征服されて、混血し、カナン人たちは自分たちのことをフェニキア人と自称するようになったのではないかと。。。)

おそらく、カナン人=スファラディム・ユダヤ=アングロサクソン人(つまり、白いサクソン人の王族・貴族たち)ということではないでしょうかね。しかし、イギリスを本格的に侵略する前のヨーロッパ大陸にいた頃は肌の色が黒くて「黒い貴族」だったようです。

(2015.03.21 記述完了)
[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-19 00:17 | アングロ・サクソン王族 | Comments(1)

2015−03−18







なぜかスジニ役の韓国女優「イ・ジア」が、「山崎まさよし」にソックリ!



2:00以降の画像を見てください!日本語も上手です。


★★★ 下の画像で大変良いことを話していますよ〜!


(しかし〜、下の扇千景、林寛子の説明をみても分かるように東ちずるは『新生ヴィーナス』なのです!)

『自閉症』は半獣半神(=アングロサクソ脳族は自分たちのことを神と呼んでいるので本当は半獣半人間)の生物学的人造ロボットであるアングロサクソ脳族たちが、人工知能を移植していない子供の頃は動物的なところが多々見られ、特に、なぜかアングロサクソ脳族のトップクラスの子弟たちに非常に寡黙(かもく:口が数が少ないこと)であることがわたしの経験上からも知っています。

例えば、幼なじみの隅田洋子ちゃんは中学に上がる前までは非常に言葉少ない感じでしたが、中学に上がるやいなや、途端に"おしゃべり" になったのです。

15歳くらで人工知能移植をしているケースが多いようですが、洋子ちゃんは(三笠宮家*という皇室の家系)非常に高位のアングロサクソ脳族だったためか、15歳以前の中学に上がる前の春休みに(13歳になる前)人工知能を移植をされたのでしょう。他の中学時代のアングロサクソ脳族らしき人たち(ウチの長女の郁子偽姉、宅野の藤間さん、的さん=鹿島さん{鹿島建設の経営者家族}=有賀さつき元フジTVアナ*など)には寡黙な人が多かったようでした。当然、自閉症のような感じになります。


*このブログ内の関連記事:

★ なので、東ちづるは、このようなアングロサクソ脳族の特徴から、自閉症の人々(主にアングロサクソ脳族の子供たち)のために積極的な活動をしているわけです。

★★★「東ちづる」は扇千景にも似ています!!


本名:林寛子(はやし ひろこ) 兵庫県神戸市出身だそうです。(やはり、山口組の本部があるところでしょうか?)

この写真を見ると、私が腰の手術で広島の安佐市民病院に入院していた時に手術してもらった馬場先生によく似ています。馬場先生は外科部長で、後に副院長に。しかし、2003年頃に咽頭ガンで死去されたと聞きましたが、多分、「山崎まさよし」と同一人物みたいですから死んでなんかいないということに。なんでも、交通事故にあってどんなにメチャクチャになった身体でもうまく継ぎ合わせて直すとかって病院で病人の付き添いの仕事をしているおばさんに聞きました。(←2015.06.08 訂正:馬場先生はおそらく、旧ハプスブルグ家の人でアングロサクソン王族=WASPの顔に似た顔に造るようにWASPに命じられていたのかも?)

吉田豪の林寛子特集 赤裸々に語る - YouTube

まずもって(=第一に)、心も身体もすごく強い人だと語られています。

★★★ 扇千景と同名で、よく見ると顔もよく似ています。以前からこのふたりは『新生ヴィーナス』と分かっていました。

アマデウスのSlow Life・・・👸=😈

(訂正→) ★★★ モーツァルト=アルバート公でした!

上のサイトを見ると、女遊びの激しかったモーツァルトというのは、レアかジョゼッペかアイゼンベルグがモーツアルト=アルバート公に成りすましていたのでしょう。

(成長するとオスがメスに性転換するとか)
(魚類の80%が性転換し、そのほとんどがメスからオスへ。クマノミは例外でオスからメスへ。オキナワベニハゼのように何度でも両方向に性転換可能な魚もいるとか。)

★★★ アングロサクソ脳族たちは両性具有で、何度でも両方向(オス→メス、メス→オス)に瞬時に性転換可能なようです!!! 



この写真は、兄で長男の「エドワード7世」にもよく似ています(似た顔に造らされていたようです)。ちなみに、エドワード7世の長男「アルバート・ヴィクター」はアイゼンベルグ系のような顔だと思っていましたが。。。象二郎系にも似ています。いろいろな顔に化けられるからかな?

この顔は印象的です。ジョゼッペ=ナポレオンにもよく似ています!

子供の頃は、かなりな美少年です。扇千景に似ています!

ヴィクトリア女王の9人の子供たち~その2~:チョア!チョア!タイム


◎◎◎ ここにあったサイトは、おそらくハトホルからのクレームがきて削除されたようです。4つの動画があり、それを上からABCDとして下のようなわたしの個人的な感想を書いたのですが。。。

また、上のサイトの4つの動画の一番上を見ると、ピアノを演奏しているのは『レア』(少し変装していますが、三田佳子似です)のようですが、確かにかなり上手ではありますが、一流のプロとか、天才とかの領域とまではいえないようです。

モーツァルト 3台のピアノのための協奏曲,第1楽章 Allegroより
こちらが旧ハプスブルグ家=マリア・テレジアの血筋で、音楽家バッハの家系の末裔のようです!!! モーツァルトは旧ハプスブルグ家の統治していたオーストリアがナポレオンに攻撃された時に戦争で捕虜となったのでした。

その下の3、4の動画の女性ソプラノ歌手は、おそらくレアのような感じがしますが、かなり上手いものの天才とまでは言えないようです。特に、情感が豊かとは言えず、怒り一辺倒な感じで引きつけ(癲癇てんかん)を起しそうな感じです。

さらに下の動画を見つけました。先の3、4の動画のソプラノ歌手は下のYouTube動画Aの「サンドリー・ピオ」という名前のようです。1995年にオペラ「妖精の王女」の来日公演に出演しています。

Sandrie Piau - Lucio Silla - Mozart K135・・・A


マリアカラス:ヴェルディ「椿姫」全曲
ヴェルディ《椿姫》第1幕全曲 マリア・カラス@スカラ座 (1955)
(こちらの歌は、影人である旧ハプスブルグ家の男性が歌っているらしくかなり上手です!情感もこもっています!!)

このAの画像のレア似の顔は、俳優の堺雅人に似ています。下のB、Cの写真の顔と比べてみてください。



同じモーツァルト「ア・ロ・プラヴィダ」K272を歌っている歌手がいましたが、こちらのほうが上手なようです。他にも上の動画のオペラ歌手より上手な人はまだまだいるようです。







ところで、こちらは。。。

こちらの↑上の女性ソプラノ歌手は『新生ヴィーナス』のようですが見て分かるように口パクです!!!


こちらの↑上のソプラノ歌手 Miss Elena Houseはレアのようです。(しかし、オールバニ公レオポルド=三瓶先輩で、北白川宮成久王=水島先生=野際陽子たちが入れ替わっている時もあるようです)
そして、上のYouTube動画Dを3:30のところでストップさせると、きれいな女性が同行していますが、この人がエレーナの影人となって働かされている旧ハプスブルグ家の男の人ではないかと。。。ロングへアは、エレーナも、影人もともにカツラでしょう。

ところで、この顔を見て、スタップ細胞という世紀の大発見をしたと大ウソをでっち上げて世界に恥をさらした神戸理化学研究所の小保方晴子氏によく似ていると思います。


(ただし、エレーナのほうが耳が小さくて上のほうにあります。そういう身体の部分部分も変身できるのではないかと思われます。小保方晴子はエレーナ(谷本清香=結婚後、山崎清香)かその母親の偽姉・由香子か、あるいは山根郁子かな?とにかく、アングロサクソン王族のトップたちの1人でなければ、これほどの発明詐欺をでっち上げるような大胆なことはできないと推察されます。しかも、そのウソがバレて大々的にニュースになっても弁護士や理化学研究所などによって信じられないほど保護されています。最終的に、ウソだと認めた後は、小保方氏の責任については不問に付す*ことになったようです。このウソを検証するために、多大な時間と経費が使われているのですから、普通だったら、民事事件とか刑事事件とかになるでしょうに。)


こちらの歌は非常に上手に歌っているので、おそらく、影人に歌わせているのでしょう。つまり、この時のエレーナの歌声は、先ほどのYouTube動画Aの3:30のところに登場した旧ハプスブルグ家の影人が歌っているか、エレーナの声を音響調整した賜物かのどちらかです!

下↓はもともと歌っていたケルティック・ウーマンの歌声です〜!



ところで、ヴィクトリア女王の末子ベアトリスなのですが、「ベービィ」というニックネームで呼ばれていたとかで、アングロサクソ脳族たちは両性具有なので、この人があだ名がベビーという「白木みのる」(本名:柏木みのる)であり、アニメ『モンスター』に登場していたドイツの極右リーダー「ベイビー」なのかもしれません。トルコ人街に大火事を起こさせて、それをレストランで食事しながら高見の見物しようとしていた超残虐な人物です。しかも、ベアトリスは梶美奈子さん=新生ヴィーナスにもよく似ています!(梶美奈子さんはクローン子孫でしょうか?!)また、このベアトリスと次男のエドワード7世の王妃アレクサンドラ・オブ・デンマークもよく似ています。(クローン姉妹でしょうか?!)





3:15から白木みのるが登場します。

6:00ごろから極右の大物ベイビーが登場します。

このブログ内の関連記事:

この『ベイビー)が仁摩ルーテル教会の中島さん(姉)が言っていた末っ子の弟の中島さん(どうもヤクザの親分らしい)のことかもしれません。







[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-18 02:54 | アングロ・サクソン王族 | Comments(3)

2015−03−10





上の団員紹介にある加藤一浩の顔は、榎本明の息子「榎本祐」がやや顔を変えてメガネをかけているだけのようです!それにしても『べた褒め』ですね〜!!!😁;




榎本明(ルシファー)と志村けん(ジョゼッペ)は、ともに同じような顔に造っています。顔の各部分がとてもよく似ています。



★「人間は欲望の塊(かたまり)だ」と言い切っています!


本木雅弘と榎本明の顔はズームアップすると似ているような。。。(二人とも細工して隠しているけれども、なんか元は三角目みたい)


くぐもったような声が榎本明に少し似ています。おそらく、榎本明が変身しているのでしょう。





★「勝って生き残った者が正義で、負けて死んだ者が悪になる。」って、まさにサタンのやり方です。

榎本明は笑いが止まらないといった顔ですね〜!

野田英樹さん(三角目)の顔も、田崎晋也さんの顔もアングロサクソ脳族のような、。


この若い将校役の磯智明=榎本明=ルシファーです!


★ヴァンパイアなんで年とらなくて。。。非常に若いです!


熊族(多分、人間)と虎族(多分、アングロサクソ脳族)の話。北朝鮮のキムウィルソンをお墓に入れる時に出てきた3メートルの骨は5011年前の骨で檀君の骨とされている。ファヌンは檀君の父親。広開土王は13世紀の話。この解説している女性が榎木明か?旧ハプスブルグ家の召使いが書いた原稿を人工知能で記憶すれば簡単だもんね〜!



3:00以降の時の怒った時のオワーと叫ぶ時の顔を止めてよく見ると、アイゼンベルグ三船=ピーターオトゥール=加藤剛の顔と似たところがあるような。。。また、この榎本明の声をよく覚えておいてください!


わたしのブログの2014年3月23日の記事:

上のサイトCの始めのほうに、
(他にその2、その3まであります)

★このタップダンスの練習をしているちょっと猫背の"おじさんっぽい男の人"と、ジュリー・アンドリュースが同一人物だなんて信じられないかもしれませんが、理由は上のサイトCの動画Dの下に書いてあります。このおじさんがある年配の俳優だという感じはなんとなく分かっていましたが、あまり有名というわけではなく名前が分かりませんでした。

★ところで、ジュリー・アンドリュースの歌は替え玉で旧ハプスブルグ家の誰かが歌っていると思われます。踊りのところや難しい演技のところも同様に旧ハプスブルグ家の誰かが演技しているのでしょう。

これは替え玉が歌っています!

でも、先日、コンビニ「ローソン」に買い物に行った際に、「黒い上下のスーツと白いワイシャツ姿」(イルミナティのメンバーの制服の一つ)で、わたしを見張っていたので、ああ〜!あの俳優さんってまた思っていました。その後、ネットで偶然に『榎本明』が出ているのを見て、やっと名前が分かりました。

さらに、数日後、わたしの郵便受けに、『中村たけと』という人が横浜市神奈川区の民主党の県会議員に公認されたという号外ニュースのパンフレットが入っていました。


この黒い背広の感じとか。。。あのコンビニで見た感じにソックリでした!猫背はくせなのかもしれませんが、意識すれば、ちゃんと背筋を伸ばすこともできるようです。


レア=モーツァルト=「小沢一郎」らしいので、『ドブ板戦術』*が得意のようです!


Bコース(お笑いトリオ) の「タケト」とかいう芸人でもあるようです!




そして、人気俳優の「堺雅人」も。。。レア=モーツァルト系らしい!!!





よくよく見ると、モーツァルト=梅津正樹アナウンサーの顔にも似ていますね〜!

そして、NHKの古屋アナウンサーにも似てますね〜!(↓)

(アングロサクソ脳族は人工知能ですぐ記憶できるので、ニュース原稿を読むアナウンサーの仕事はまさに天職のようなのです)

ちょっと寄り道 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



10月24日の若い時の古屋アナウンサーの顔を見ると、わたしの離婚(1990年頃)したDV(ドメスティック・バイオレンス)癖のある元夫「佐藤克巳」**にソックリでした!(仲人さんには、軽く叩いたとかウソを言っていますが、バレー部のアタッカーをやっていたとかで力が強いです!現在も女子バレチーム日本代表の選手です!)

また、1998年から3年間ほど、わたしが横浜の日吉で、喜多文磨=アイゼンベルグの自宅兼ワンルームマンションに入居していたのですが、その時のアイゼンベルグの息子さんにもよく似た古屋アナの画像があります。きっと、これらは同一人物で、ルシファーです!!

**このブログ内の関連記事:佐藤克巳の記事



夫の会社の定期ニュースで夫の書いた文章を読んだことがありますが、あまり上手くありませんでした。なので、きっと、旧ハプスブルグ家の誰かにゴーストライターとして講演文も書いてもらって、読んでいるだけでしょう!(アングロサクソ脳族たちは人工知能がついているので、記憶力は大変良いようです。だから、セリフを覚えなくてはいけない役者の仕事が得意なのかも)東海地方の名門校「東海中学・東海高校」を卒業したとか言っていましたがなぜか名簿には名前が載っていないのだとか。。。クロカモだからか。。。生年月日をゴマカしていたから見せられなかったのか。。。とにかく、高校になってものすごく成績が伸びたとかって言ってました。アングロサクソ脳族たちは15歳くらいで人口知能を頭に移植する人が多いようですから。



おそらく、わざとねき真似をしているのでしょう。元夫は南アフリカのアパルトヘイト問題を描いた『クライ・フォー・フリーダム」(Cry For Freedom 自由を求める声)のビデオを見て泣いていると「なんで泣くんだ」と言ったり、『忠犬ハチ公』のビデオを借りてきて一緒に見ていて最後にわたしがハチ公が可哀想でワンワン泣いていると、「泣いとるが〜!」と笑って言ってましたからね〜!😒


1998年頃に小学生と幼稚園に通っている子供たちが3人いました。女の子が一人いたような。。。真ん中だったかな。。。1998年に8歳くらいとして、2008年に18歳くらいですが、頭のいい子は2年くらい早めに幼稚園や学校に上げるようです。多分、古屋アナウンサーの娘のような気がします。アイゼンベルグの妻は珠子といって、おそらく、レア系か新生ヴィーナス系のどちらかのような気がします。とにかく、この古谷有美さんはアゴが尖っていて長いのでレア系のようです!美人だからってダマされないように。。。。

寄り道終わり〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



アングロサクソ脳族の人口知能には優秀な語学習得ソフトが入っているらしいので、語学習得が非常に速いとか。。。


そうとうな役者って感じでしょ!
30万年もの間に一万人くらいの人物になっていたのですから。。。。


このパンダの声は榎本明に似ています。つまり、一人で腹話術をやっているのでしょう。着ぐるみの中には別の人が入っているのかもしれませんが。。。

(多重人格症なので)永遠の子供のようでもあり、よくできた大人のようでもあり、永遠の凶悪な悪魔でもあり、天使のようでもあり。。。それでも、一貫しているのは女性遊びがすごいということのようです。


狂言の「野村萬斎」(のむら まんさい)もルシファーです!なので同時には出席できないでしょう。しかし、狂言は難しいので、これも召使いの旧ハプスブルグ家の誰かが代わりに演技しているのかな?

さらに、ジャニーズの「嵐」の二宮和也もレア=モーツァルト系だそうです。



人口知能で過去の自分の役柄や他人の演技などをたくさん記憶しているのでしょう。あるいは、難しい演技などの時は旧ハプスブルグ家の誰かが代わりに演技しているのかも?









[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-10 14:10 | アングロ・サクソン王族 | Comments(0)

2015−05−07

のつづき)

さらに、オールバニ公レオポルド=サウンド・オブ・ミュージックの主人公「トラップ大佐」と以前にネット上で見たことがあります。(←訂正:これはガセネタでした!トラップ大佐=アイゼンベルグです。)

(このトラップ=「罠わな」という名字は、いかにもウソっぽいです)

そして、トラップ大佐=ヘンリー・フォンダであり、その娘がジェーン・フォンダということも以前から分かっています。



このにこやかなヘンリー・フォンダの顔はエクボがあり、岡崎ちゃん=ルイーゼ・フォン・ヘッセン・カッセル=ルシファー=モーツァルトにも笑うとエクボができていました!


上のサイトEサイトFの顔を比べると驚くほどよく似ていて同一人物だと分かりました!!

★★★ つまり、ルイーゼ・フォン・ヘッセン・カッセル=ヘンリー・フォンダ=ルシファーということです!!!(唇が薄くてアゴの下が長い)



★★★ ヘンリー・フォンダが出演しているのですが、なぜか俳優のピーター・オトゥールや仲代達矢にもよく似ています!やはり、クローン兄弟か?、同一人物?のどちらか。。。ということかも。



*このブログ内の関連記事:
(サイトの真ん中くらいからオールバニ公レオポルドの説明があります)

そして、キャサリーン・ヘップバーンはなぜか日本の女優「重田千穂子」によ〜く似ているのです〜!!!

この髪をアップにした重田千穂子の顔は、キャサリーン・ヘップバーンによく似ています。
★★★ キャサリーン・ヘップバーン=重田千穂子のようです!!


地井武男はジョゼッペらしいですが。。。。

下のほうの3つの写真はそれぞれ随分と違った感じです。


地井武男と水谷豊は、なにかクローン親子のような。。。上の「ちい散歩」を見る前から、わたしは地井武男が水谷豊に似ていると気がついていました。さすが、自分の気に入った人や身内には、非常によく気がつき面倒見のよい地井武男=山根光男=ジョゼッペです!!



ヘンリー・フォンダが主演でしょうか。。。
この中のリー・J・コップは島根県浜田市の国府中学にいた時の用務員さん=工藤公康に似ています。この用務員さんがご機嫌が良い時は下のビデオのような感じですが、怒った時は上のリー・J・コップによく似ていたような。。。

さらには、このリー・J・コップはわたしが愛知県警音楽隊にいた時の同僚で、大柄でよくオナラをしていた男の人にもソックリです。そして、工藤公康は、以前、このブログでも紹介した『工藤會』を紹介したビデオに出ていた工藤會の最高クラスの幹部にもよく似ています。みんなクローン兄弟なのでしょうか?それとも同一人物?



英国といえば、貴族たちも参加して競馬大会がとても盛んですが。。。ダービー伯爵家はウィンザー朝=ロスチャイルド家と直結しているようです。
そして、この14代当主の写真は老け顔に造ったアルバート公ではないかと。。。首相を3度も務めていたとか。

15代当主はよく分かりません。おそらく、ヴィクトリア女王の内緒で生んだ子供だったのかもしれません。

ちょっと雰囲気が違う感じに擬態で変装していますが、この人がオールバニ公レオポルドのようです!目の感じでなんとなくそうだと分かります。

もともとはフェラーズ家=ノルマン人貴族の領地だったようですが、なんでも強奪してしまうアングロサクソ脳族たちに6代目の時に奪われてしまいフェラーズ家は断絶してしまったようです。奪った「ヘンリー3世」(ルシファー似)の子孫ランカスター伯爵エドマンドが引き継ぎ、

(やはり、ルシファー似)


[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-07 01:53 | 英国史 | Comments(1)

2014−12ー13


神聖ローマ帝国皇帝『ヨーゼフ2世』は在位期間は1765~1790年までで、その次に神聖ローマ帝国皇帝になった『レオポルト2世』は(ウィキにはジョゼッペ=ハトホルの写真が載っているようです)長男のアルバートです。しかし、その後、ナポレオンとの戦いで負傷し敵の捕虜となってしまったようです。

そして、次の『フランツ2世』は(ウィキにはアイゼンベルグ三船の写真が載っているようですが)、ヨーゼフ2世の弟(次男)のフェルディナンドです。しかし、フランツ2世が『アウストリッツの戦い』に敗れると、ついに「神聖ローマ帝国」は崩壊し、1804年に敵のナポレオン=ジョゼッペ=ハトホルのクローン兄弟のアイゼンベルグ=俳優・三船敏郎=米俳優ピーター・オトゥールが「オーストリア帝国」の皇帝『フランツ1世』(神聖ローマ帝国皇帝の『フランツ1世』=オーストリアの女帝マリア・テレジアの夫と間違えないようにね!)として戴冠したのでした。


ヨーゼフ2世(1741 - 1790)、神聖ローマ皇帝(在位:1765 - 1790)
(スティック鼻なのは後世に上描き=修正されたのでしょう)

フランツ2世(1768年 - 1835年)は、最後の神聖ローマ皇帝(在位:1792年 - 1806年)
(アイゼンベルグの写真です。左側の若い時の肖像画はヨーゼフ2世の写真です!)

ピーター・オトゥール 画像集

三船敏郎 画像集

英国のアルバート公(ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)=ヴィクトリア女王の王配は、ヨーゼフ2世の最初の妻マリア・イザベラ・フォン・ブルボン=パルマによく似ています(わたしは島根県の大田ルーテル教会などで彼に会っているので)。

その後、ホーエンツォレルン城で捕虜となったいた4男(ほんとうはヨーゼフ2世の弟で次男)のフェルディナンド(母親はマリア・テレジア、父親はロレーヌ公=神聖ローマ帝国皇帝フランツ1世=人間)は、ナポレオン=ハトホル=ジョゼッペ=ヴィルヘルム1世が、ヨーロッパでロスチャイルド財閥を創設する際に一緒に英国へ連れて行かれ、ハノーヴァー朝=ロスチャイルド家の奴隷(王室の財務管理、ロスチャイルド金融のマネージメントや子供たちの教育係・召使い・財務担当などのマネージャー)とされたのでしょう。



< オーストリアの女帝『マリア・テレジア』>

● ~女帝を妻に持った男 放棄王フランツ1世~:放送作家 島津秀泰のブログ

(フランツ1世=ロレーヌ公がマリア・テレジアの尻に敷かれていたなんてアングロサクソン脳族の大ウソに決まっています!しかし、非常に子煩悩だったというのは本当のことでしょう。)

神聖ローマ皇帝フランツ1世

要するに、マリア・テレジアとフランツ1世は幼い時に婚約していたのですが、オーストリア継承戦争*(1840~48)でオーストリアが敗北した後、マリア・テレジアは離婚させられ、ナポレオン=ジョゼッペ=(ロートリンゲン家)との再婚を強要されたということではないでしょうか?

つまり、マリア・テレジアはヤハウェ王族の貴族ロレーヌ公(後の神聖ローマ帝国皇帝『フランツ1世』)を婿にしていて、すでに、長女〜3女までの3人の娘と長男のヨーゼフ2世とマリー・アントワネットなどのヤハウェ王族純血種の子供たちが5〜6人ぐらいいたと推察されます。(しかし、ほとんどの子供たちはアングロサクソ脳族たちによって暗殺されたり修道女として未婚のまま亡くなったりしてます)

なので、ヨーゼフ2世は人間王族の純血種です!

★ところが、マリア・テレジアが女帝となったオーストリアがヨーロッパ各国から攻撃される「オーストリア継承戦争」* に負けると、ナポレオンかルシファーがマリア・テレジアの婿に入るなど、スリーシスターズ&その他のアングロサクソン純血種ETヴァンパイアのたちが子供に化けるなどしてハプスブルグ家の戸籍に乱入してきたのでした。

* オーストリア継承戦争

マリア・テレジアとオーストリア継承戦争

オーストリア継承戦争から七年戦争まで

マリアテレジアと七年戦争

ハプスブルク王朝・マリア・テレジアの年表〜中世を旅する〜

女帝マリア・テレジアのこどもたち

■人間王族の子供たち
1〜4(マリア・エリザベート、マリア・アンナ・ヨーゼファ・アントニア、マリア・カロリーナ、ヨーゼフ2世
6(マリア・エリザベート)
14(フェルディナンド・フォン・エスターライヒ:ほんとうは1744年生まれ?)

フェルディナント・フォン・エスターライヒ 肖像画を拡大

おそらく、フェルデナンド(←訂正:『ヨーゼフ1世』の息子『レオポルド2世』=「アルバート公」)はナポレオンとの戦いで負傷し捕虜となってザルツブルグのホーエンツォレルン城に連れて行かれ、モーツァルトとしてヨーロッパ中で演奏活動をさせられていたのではないかと。。。次にヨーゼフ2世の弟の神聖ローマ帝国皇帝『フランツ2世』(フェルディナンド)もホーエンツォレルン城に捕虜として連れて行かれ、後に、ドイツのフランクフルトのゲットー内に監禁され金融の仕事や音楽活動やさまざまな仕事をさせられていたのでしょう。そして、次にはロスチャイルド家=ハノーヴァー家の奴隷となって、やはり、さまざまな仕事をさせられて、こき使われてきたのでしょう。

「アルバート公」=神聖ローマ帝国皇帝『レオポルド2世』=モーツァルトはどうやら天才的な音楽家だったらしく自分で指揮も作曲も、ピアノを始めいろいろな楽器の演奏もできたようです。しかしながら、ナポレオン=ジョゼッペ=ハトホルにヨーロッパ中を演奏活動して回ることを強要され、偽モーツアルト=ナポレオン=ジョゼッペ=ハトホルのほうは女遊びやスパイ活動をしていたようです!

8(マリア・アマーリア)10(マリア・カロリーナ1歳未満で死亡)、11(マリア・ヨハンナ・ガブリエーラ)、12(マリア・ヨーゼファ)

15(マリア・アントーニア=マリー・アントワネット)おそらく、生年月日がほんとうは1748年くらい?)

以前にも書きましたが旧ハプスブルグ家子供たちは幼くして暗殺されたり、女の子たちは結婚前に重病になるなどして独身のまま修道院で一生を送ったり、病死とかして、マリー・アントワネットも前々から用意周到に練られた陰謀によりギロチンの処刑台に上げられ、残酷にも断頭台の露となって消えたのでした。


ただし、以下の子供たちは父親はナポレオン=ジョゼッペ=ハトホルが自分のクローン子孫たちを旧ハプスブルグ家の戸籍を改ざんして勝手に入れたようです。

■アングロサクソ脳族の子供たち(身体を小さくして子供になりすました大人も含めて)

5(マリア・クリスティーナ)、7(カール・ヨーゼフ)、9(レオポルト2世)、13(マリア・カロリーナ・ダズブルゴ=鷹司景子=レア


16(マクシミリアン・フランツ=ゲーテの横顔の肖像画*に似ています。

マクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒ 拡大肖像画

*ゲーテの横顔 

「ナポリを見て死ね」(ことわざ): ジム佐伯のEnglish Maxims

とにかく、スリーシスターズたちなどアングロサクソ脳族たちが多数、旧ハプスブルグ家の戸籍に乱入していったようです。

捕虜となってアングロサクソン王族の奴隷にされてしまったヨーゼフ2世=アルバート公もフェルディナンドも、おそらく、ES細胞移植で永く生きているのでしょう。それは、ヤハウェ王族大好きなスリーシスターズが彼らの死を望まないためヴァンパイアにされるかもしれない不安があったのでしょう。それで、ヤハウェ王族たちは、より長生きできるようにES細胞移植という方法を発明したのでしょう。


どっちにしても、わたしは誰も彼もがES細胞移植をすることは生命倫理の観点からも勧められません。ほんとうに特殊なケースでやむおえない場合はあるかもしれませんが。。。一般的には、人間は亡くなっていくのが自然であり、その代わりに子孫が生まれていくという『輪廻転生』*(りんねてんしょう)をしていくのが望ましいように思われるからです。

いろいろ複雑なこととかをいう宗教その他などあるようですが。。。まあ、単純に、魂が輪廻するとすれば、前世の魂を多少なりとも引きずっているというのはありえるかもしれません。けれども、例えば、悪い事をした業とかいうのをお祓(はら)いとか献金とかなにかで清めるというのはどうなんでしょう?やはり、良い行いで償(つぐな)って自分の心と身体を清めていくっていうのが正解なのかも?

反対に、前世でなにも悪い事してないのに誰かから酷い目にあわされたとかっていうのなら、現世ではそういう目に遭わないようによくよく気をつけるとか。。。


★★★まあ、アングロサクソ脳族たちのこれまでしてきたような超残虐な行いには世界中のヤハウェ系(人間)みんなで力を合わせて対処していくしかないでしょうけれどもネ!!!

* 輪廻転生の意味 - 四字熟語 - goo辞書
輪廻転生

革命皇帝ヨーゼフ2世 ・ 改革とモーツァルトを愛した皇帝:世界の戦争・歴史ブログ

1777年 オーストリア君主ヨーゼフ2世の訪問

マリー・アントワネットの贅沢のし放題という噂のかなりの部分はでっち上げだったようですけれども、妹のそういう悪い噂を聞いてヨーゼフ2世は胸を痛めて、なるべく質素に暮らすよう妹のマリー・アントワネットを説得したんでしょうね〜

それにしても、ヨーゼフ2世はなかなか理知的で外交術にも優れた優秀な人だったようですね。


第49回:“See Naples and die.”―「ナポリを見て死ね」(ことわざ):ジム佐伯のEnglish Maxims

このヨーゼフ2世は、以前からオールバニ公レオポルド=西本願寺21世法主「大谷光尊」について言及してきましたように、わたしが島根県大田高校の時の剣道部の一年先輩でキャプテンだった「三瓶先輩」にソックリです!しかし、これはあくまでもジョゼッペ(=ハトホルの男姿)の代理ということのようです。

**このブログ内の関連記事:
再訂正:ヴィクトリア女王の4男オールバニ公レオポルドは『ヨーゼフ2世』の息子「アルバート公」のさらなる息子!

< ヨーゼフ2世の最初の妻だった王妃マリア・イザベラ >

マリア・イザベラ・フォン・ブルボン=パルマ(1741~1763)・・・A

神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世妃 マリア・イザベラ - まりっぺのお気楽読書

わたしが以前見たアルバート公の素顔は、上のサイトAのマリア・イザベラによく似ています。

ヨーゼフ2世とマリア・イザベラとの間に生まれた二人の女の子たちは亡くなったことになっていますが、おそらく、長女マリア・テレジアのほうは暗殺されないように里子にでも出されたのでしょう。それが、エルンスト1世の最初の妻ルイーゼ・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルクではないかと(スラブ家系だそうですから)。そして、エルンスト1世(アングロサクソ脳族)との間に生まれた子なので、アルバート公は70〜90%ヤハウェ系(多分、90%くらい人間)です。


ところで、長男のエルンスト2世はどう見てもルイーゼ・アテンブルクの生んだ子には見えず、バイエルン公は何万年か何千年か生きているヴァンパイアETモンスターではないかと。。。それで、自分のクローン子孫の戸籍に入れてもらっているのでしょう。

エルンスト2世 ウィキペディア・・・B

マクシミリアン2世(1811 - 1864)は、バイエルン王国の第3代国王(在位:1848 - 1864)

マクシミリアン2世 拡大画像・・・C

レオポルド1世(ベルギー王)・・・D

島津久光 ウィキペディア・・・E

上のリンク先サイト B,C,D,Eの四つの写真を比べると、よっく似てるような気がするんですが。。。。

髭に垣間見たタバコの歴史
[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-06 15:50 | 西洋史 | Comments(4)

2015−03−05



(上の2つのサイトの最下部にある動画はまったく同じものです。しかしながら、2度見ると、いっそう理解できるような。。。)

「不思議な国のアリス」の出版に際しては、編集者に編集してもらっているとか。。。


1783年にヨーゼフ2世がモーツァルト(実の息子で里子に出していたアルバート公)の演奏を聞いていたということです。しかし、その後、アルバート公がナポレオンとの戦いで負傷し捕虜となってしまった後では、アングロサクソン王族の偽モーツァルト(レアかアイゼンベルグかジョゼッペ)がモーツァルトになりすまして音楽活動をしていたようです。アングロサクソン王族たちトップはザルツブルグのホーエンツォレルン城にも住んでおり(同時に世界中のあっちこっちにたくさんの城をもって居住している)、あの一般的にモーツァルトとされている肖像画はレア(=ヘラ=アルテミス=ヴィーナス)のようです。そして、ルイス・キャロルはレアかアイゼンベルグでルシファーだったということのようです。ずっと下のアインシュタインのところでKのように書いていますように、ほんとうはルシファーは天才のようです!(←訂正:天才のように見せているけれども、まあかなり頭のよいペテン師で天才のように見せるのが上手いようです。しかし、バカではなく、かなり頭はいいようです。特に悪知恵の天才です。)わざと凡人を装って衆人の目をくらましてきたんですね〜!!!



作家・詩人のゲーテの肖像画の下の名前を見ると、ヨハン・ウルフギャング・フォン・ゲーテ(1749~1832)となっていて、ウルフギャング・アマデウス・モーツァルトとウルフギャングの部分が同じで作家・詩人のゲーテ=音楽家のモーツァルトは同一人物のようです。『若きウェイテルの悩み』という小説が大ヒットしたようです。(←訂正:これも偽モーツァルト=レアやアイゼンベルグやジョゼッペらのことです。)





ゲーテ像・・・C -1
ゲーテの似顔絵・・・C - 2

上のサイトC -1、C -2のゲーテの顔と下のサイトDのロスチャイルド家を創設したマイアー・アムシェル・ロスチャイルド(1744年生まれ)の顔は、両方とも変装はしていますがかなり似ています。
(↑ 訂正:マイアー・アムシェル・ロスチャイルドの顔はいくつもの肖像画があり、つまり、アイゼンベルグやジョゼッペやレアや象二郎などが入れ替わっているので、いくつもの顔を持っているということになり、一人の人物なのに幾つかの違った顔の肖像画があるということになります。つまり、悪人なので正体がバレるのを防ぐためのスパイ工作、情報の撹乱ではないかと思われます。)


★★★ 上のサイトA(モーツァルト)、B(梅津正樹アナ)、C(ゲーテ)、D(マイアー・アムシェル・ロスチャイルド)の写真の顔は共に(擬態によって幾らか顔が変化しているものの)、わたしの短大の同級生で、女子寮の同室だった岡崎ちゃん(=ルイーゼ・フォン・ヘッセン・カッセル*)=下のサイトEによく似ています!!!(←補足:これは岡崎ちゃん=レアが、変装してアイゼンベルグやジョゼッペや象二郎と入れ替わったりするためではないかと。。。)


★★★ それから、ロスチャイルド財閥の祖マイアー・アムシェルの長男の「アムシェル・マイアー・フォン・ロスチャイルド」の顔は、わたしがイギリスのブライトンでホームステイ(英ではアコモデーション)していた家の家主「アンジェラ」=ダイアナ妃の実母「フランセス・シャンド・キッド」によ〜く似ています!

ダイアナ元英皇太子妃の母死去  (きっと亡くなってませんよ〜!)

また、上のサイトDの中のロンドン家ロスチャイルドの第2代ライオネル・ド・ロスチャイルドの写真を下のサイトFのように拡大してみると、下のサイトGのオールバニ公レオポルドに顔の造りがよく似ています!ということは、オールバニ公はクローン子孫ではなく、ヴィクトリア女王とアルバート公の混血ということです。なので、オールバニ公レオポルドはアングロサクソ脳族になります。
(↑説明:第2代のライオネルはアルバート公であり、その息子がオールバニ公レオポルドですが。。。オールバニ公はアルバート公が捕虜になった後の、1804年の『アウストブルグの戦い』で負けたために捕虜となったようで、このオールバニ公も人間でした!)



★★★ サイトDより、ライオネルの三男レオポルド・ロスチャイルドの顔(かなり老齢に造った顔:ヴァンパイアたちは年を取りませんから)を見ると、サイトCのゲーテの写真によく似ています!やはり、ゲーテ=モーツァルト=ルシファーの孫にあたり、ルシファーによく似ているオールバニ公レオポルドに間違いないでしょう!!!(←間違いでした!ゲーテにも本者と偽者がいて、本者がオールバニ公で偽者がルシファーなのかも?)

★★★ また、この記事の冒頭の2つのサイト👧と💀のアリスたち三姉妹と共に写っているルイス・キャロス(ペンネーム:本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン?)の正面から撮影された顔や下のサイトHの画像集の顔は、上のサイトGのオールバニ公レオポルドや下のサイトJの北白川成久王の写真集のルシファーの顔の眉を八の字にし、撮影の時にわざと目を細めて写ったもののようです。
(↑訂正:チャールズ・ドジソンの顔はアイゼンベルグに非常に似ています!)


★(髪の色と形は違いますが)ギルバート・サリバンとドジソンは似ていませんか?!ネ!!
(タイトル『クレア』)
★ やはり、相当なロリコンのようです!!!



★★★ ロリコン(ロリータ・コンプレックス)だけならまだ犯罪にはならないけれども。。。ルシファーはアリスにはしていないけれども他の子たちには幼児性虐待もしています。だからこそ、近年の情報時代になって明らかになってきているように非常に小児性虐待は小児誘拐が横行しているのです。

(この写真のオールバニ公は太っていてちょっと別人に見えますがオールバニ公です!)

北白川家2代目の3つの写真はかなり顔が違って見えますが、すべて同一人物かクローン兄弟=ルシファーということでしょう。(←訂正:レアと奴隷にされている旧ハプスブルグ家の男性たちとの三重構造になっているためです。)かなり下のほうに北白川宮成久王の写真があります。また、島津久光(曾孫が香淳皇后、つまり、島津家=久邇宮家ということですか!だから、高校の時、担任の渡津先生=ジョゼッペが、木村清子さん=香淳皇后を可愛がっていたんですね!)の養女となった富子はルシファーの女性形です!(←レアとアルバート公の孫の北白川宮成久王が交互に入れ変わったりして富子になっているようです。)つまり、島津久光=レアがジョゼッペを指導して自分の思い通りの明治維新を導くために養女になったのではないかと。。。また、北白川宮能久親王=レア=ルシファーで富子と同一人物ですから、結婚したとありますが、クローン子孫と結婚したということでしょうかね。。。(←訂正:レアはジョゼッペと入れ替わって島津久光になったり、富子になったりしていたようです。)

★ したがって、上の三つの写真のハンサムなオールバニ公=北白川成久王=野際陽子(本者と偽者の二重構造)=グロスター公ヘンリーの妻アリス(二重構造)=水沢先生ルシファーです!
(*←訂正:人間で、旧ハプスブルグ家の男性であり、ショパンであり、レアたちスリーシスターズに命令されて悪いふりをしたりもしていますが、本当は善人でイイ人たちですよ〜!)



文豪のチャールズ・ディケンズもよくよく見るとルシファーのようです!(←訂正:これも二重構造になっていて、本者のディケンズ(ゴーストライターとしての)は旧ハプスブルグ家の人なのかもしれません。)

ほんとうは非常にハンサムな青年だったようですね!(擬態で化けてそうなるのか?)

市村正親もルシファーだったのですか〜!

どうやら、原発を開発したアインシュタインもルシファーだったのですね〜!



ということは、天才だったということです!!!(←訂正:まあ、かなり頭はよいし、手八丁・口八丁のようですが、天才ではないようです)・・・K

(訂正:アインシュタインは天才科学者で、おそらく人間の元王族でしょう。しかし、原爆を発明したのは世界を恐怖に陥れていたヒットラーのナチス・ドイツ軍を負けさせるために原爆を造るのだとスリーシスターズたちにダマされていたからのようです。しかしながら、アナトリア半島のハトーシャあたりの廃墟やインドのカッパドキアの廃墟の様子から、サクソン軍団(ヒッタイト)のトップであるスリーシスターズたちは、もっとず〜っと昔の古代の戦争の時から原爆を使っていたのです。原爆をアインシュタインに発明させたというのは、実は何気にアインシュタインにいろいろな原爆作製のヒントを与え続けていたのでしょう。つまり、スリーシスターズたちは人間の王族が悪魔の兵器「原爆」を造ったという事実が欲しかったのではないでしょうか?!)


につづく)




[PR]
by Ulala-lov | 2015-03-05 17:00 | 英国史 | Comments(1)