<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

(5のつづき)

★ところで、ところで〜 ウィキペディア-サイト内でこの「鮎川義介」「豊田副武」「東伏見慈洽」(=重光葵瀬島龍三)の写真を並べて比べてみてくださ〜い!  ネ!同一人物でしょう!!??
さらに、年老いた重光葵と吉田茂はかなり〜似てますよ〜!! ネ!

ん〜、象二郎とアイゼンベルグとジョゼッペを掛け合わせたようなお顔で〜シバの女王たちにも似てるんでしょうね〜 


★それから、それから、同じくウィキ-サイト内の橋下大二郎氏の母「正」の父「若宮貞夫」「伏見宮博恭王」「岸信介」の写真を比べてみてくださ〜!  ネ!これも同一人物でしょう〜!!??

実は、この博恭王のほうはかなりアイゼンベルグに似ているんですよね〜!!まあ、他のスメラの神々たちの血もいろいろ入っているんでしょうけれど。。。

また、岸信介と佐藤栄作は兄弟なので若い頃の写真を見るとけっこう良く似ています。ですから、多少、変装すれば、時折入れ替わっていたとしても分からないかも?


つまり、この何千年、何万年と生きている皇室の奥に潜む「吸血鬼モンスター」爺たちも、とっ〜ても "変装上手" だってことで〜す!!!

ということで、橋本大二郎氏は、この伏見宮博恭王(=若宮貞夫)の孫にあたるわけですぅ〜!!そして、橋下大阪市長は、父親が大二郎氏で、母親は、マリエ・ペルギアかマリエ・ルイーズ・ビアーズのようです〜。

??+??+??+??=??+??+??+??+??+??+??+??+??+??+??+??
ですから、橋下大阪市長は、伏見宮博恭王(=若宮貞夫)の曾孫(ひまご)なんですぅ〜!さらに、祖先には、ジョゼッペやアイゼンベルグやマリエ・ペルギアやマリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズやエリザベス女王など "スメラの神々" がいて、サクソン王族純血種たちの遺伝子てんこ盛りの血筋なんですぅ〜!!

橋本登美三郎
この人も水戸藩の茨城県出身の方ですから、橋本はやはり、水戸藩や一橋家と関係があるような。
橋本テツヤ
1988年、「全国スポーツレクレーション祭」製作協力で文部科学大臣から感謝状授与2012年、東久邇宮*賞受賞。
* その父親が、東久邇宮稔彦王何やら、怪しげな雰囲気が漂っています〜〜〜!

そして、橋下徹大阪市長について、何より怪しまれる一件は、昨年11月頃になって、突然、大阪府知事を辞職し大阪市長に立候補すると表明したことです!!  
2011年大阪市長選挙
・告示  2011年11月13日
・投票日 2011年11月27日
・同日選挙 大阪府知事選挙
・立候補者 平松邦夫、橋下徹
・立候補を断念した者 中川暢三(元-加西市長)、渡辺考一(大阪市会議員、共産党推薦)
この二人って、脅迫されたり、何らかの圧力をかけられて立候補断念したのでは? 橋下徹に有利な状況になるように。。。

なぜ、急に。。。???

尼崎事件(=尼崎連続変死事件)〜ウィキペディア

上のサイト内の[概要]の項目(真ん中くらい)を見てください!

「しかし、警察(兵庫県警尼崎東署、香川県警高松東署、高松南署)は、再三、親族や、この高松の父親、近隣住民などから被害相談や通報があったにもかかわらず、全く対応することはなく、「事件ではないので動けない」などと繰り返し、結果的に長年の間、被害者たちはなすすべもなく主犯らの暴力、虐待の前に見殺しにされ、2011年、管轄外の大阪府警が、ある被害者女性の駆け込みを信じて捜査を行ったことで、ようやく事態が公になった。被害者たちは、何度も逃げたが、その度に連れ戻されていた。

要するに、やっと、2011年に大阪府警が初めてこの事件の捜査に乗り出したということなのです。そうすると、県警本部は高松の橋本家の捜査もするわけで、橋下知事の素性も分かってくるわけでしょう。だから、なんとか大阪府警に圧力をかけて、事件をもみ消すか、自分の家族のことなど情報を隠蔽しなくてはならなかったのでしょう。

しかし、すでに、連続殺人事件であることがバレていたので事件自体をもみ消すことはできなかっのかも?しかし、被害者や加害者の名前の公表をさせないように山口組などから圧力をかけてもらわなくてはならなかったのでしょう。実際、名前のほとんどは公表されていないし、今、公表されている名前さえも仮名が多いような。。。これだけ秘密だらけの事件概要の公表も珍しいです。きっと、裏社会の勢力が、しっかり県警やマスコミに圧力かけているからでしょう!

そして、県警本部長と県知事は、多分、従来から同じ県を統括するトップとして非常に緊密な連携関係にあるはずです。だから、知事自身にそのようなスキャンダルがあると非常にまずいでしょう。この事件の情報を隠蔽(いんぺい)する圧力も県警にかけにくいはずですし。だから、知事を辞めるしかなかったのではないでしょうか? それで、ちょうどタイミングよくやってきた大阪市長選を利用して大阪市長になるってことにしたのでは? 

まっ〜たく、安易で卑劣な動機ですよね〜〜〜!

さらば橋下徹大阪府知事 知事辞職・大阪市長ダブル選挙出馬表明は政治生命の終わり

この時は、まだ橋下徹氏の黒い中身を全く知らない人が多かったから〜残念ながら当選しちゃって、もう大阪市長になってしまってますけど〜 困ったことですよね〜!

しか〜し!これからは、「大阪維新の会」を応援する人は少なくなるんじゃないでしょうか〜?!

ああ、それにしても、よく分からなかった橋下徹氏の真実が分かって良かった〜〜〜!!!
スッキリ!! #_#^* 目からウロコ!

ブログを掲載させていただいた方々にほんとお礼言わなくっちゃ!
おおきに〜!ありがとさんどした〜!!

(2012.11.18 1:40 p.m. 記述完了 )

*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-18 13:46 | アングロ・サクソン王族 | Comments(3)

(4のつづき)

☆    ☆    ☆        ☆    ☆    ☆

[ 論評 ]  前田 進

天皇家の血統は北朝系も南朝系も途絶えている。北朝系の実態は足利系。

薩長は、孝明天皇暗殺後、孝明天皇の息子「陸仁」(むつひと)も暗殺し、そして、「陸仁」と偽って、海賊某(かいぞく なにがし)の子孫である「大室寅之祐」を天皇にしたのです。つまり、地中海沿岸*を荒し回って植民地化していた「シバの女王」(=エリザベス女王)や「ソロモン王」(=ジョゼッペ)など「偽フェニキア人」(=スファラディム・ユダヤ=サクソン王族たち)の子孫である大室寅之祐は、勇壮・頑強で左利き、アバタ面、字が下手で、女官らと遊びに余念がなかったということです。そして、薩長は、その大室寅之祐を『明治天皇』にでっちあげたということです。

*地中海沿岸部は手始めで、それのみならず、ヨーロッパ北部の沿岸やロシア北部の沿岸、アフリカ沿岸、インド洋沿岸、アジア東南部沿岸、南北アメリカ沿岸など世界中の海で海賊をしていたのです。海賊船のマークは、あの秘密結社「スカル&ボーンズ」のあのマークですよ〜!ノルマンの海賊とかっていうけど、そうじゃなくて、8世紀にサクソン軍団がノルウェーを征服したので、サクソン軍団の海賊船がノルウェー沿岸から出ていくようになったってことじゃないかな?

寅之祐こと寅吉は、おそらく、シーボルト(=ヴィクトリア女王の夫アルバート公*)と、「お滝」(梶美奈子さんによく似ているのでマリエ・ペルギア=シバの女王=新生ヴィーナス)との間にできた娘「楠本イネ」の息子でしょう。では、イネの夫であり、寅吉の父親は誰でしょう?このイネの夫には、エリザベス女王とアイゼンベルグ(=吉田松陰)たち長州勢が深くかかわっているようです。彼らに関係ありそうな青年と言えば、宇和島藩でイネに医学を指導していた「大村益次郎」**ではないかと。。。。つまり、イネと大村益次郎との間の子が寅吉なのではないかと。。。だから、「大室寅吉」ではなく、ほんとうは『大村寅吉』だろうと推察されます。

* アルバート公
ヴィクトリア女王×アルバート公
緒方洪庵(おがた こうあん、1810〜1863年)は、アルバートの兄エルンストかも?
映画「ヴィクトリア女王 世紀の愛」
一番下の写真を見ると、このヴィクトリア女王を演じている女優は、最近のマリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズにそっくりです!(例によって、わたしに接近してきたので会ったことあります)おそらく、ヴィクトリア女王は、戴冠、結婚して、しばらくの20歳代くらいまでは、本物のヴィクトリア女王だった可能性がありますが、その後、脳移植でマリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズに変わったか、あるいは、本物を暗殺してユージーンがヴィクトリア女王に成り済ましていたかのどちらかでしょう。ただし、老年期は替え玉でしょう。だから、それを(イルミナティの計略の一環なので)承知して、夫のアルバートはイギリスをまた離れて、日本に戻り、お滝とイネの元に戻ったのでしょう。ただ、老年になってからは、替え玉が代役を務めていたかもしれません。

** 大村益次郎
サイトの一番下のほうのレリーフのように眉が「くの字」を横にした八の字のようで、老年期になると、その眉毛がフサフサになって垂れ下がるところがアイゼンベルグ(喜多文磨)とよく似ています!
(でも、三船敏郎や三国連太郎に変装している時は、眉は濃いけどフサフサと垂れていないので、おそらく、このフサフサ眉も変装のための付け眉なんでしょう!)

あ〜!、この大村益次郎の顔は、わたしが知っている赤来中学校の同僚英語教師「勝部先生」(=森鴎外こと森 林太郎)によく似ていることに今やっと気がつきました〜!!最近になって、勝部先生ってもしかしたら、ジョゼッペかも?って思っていたのですがやっぱりです!

ということは、イネの夫・大村益次郎はジョゼッペだってことでしょう!大室寅吉は、まあザクセン・コーブルグ・ゴータ家(=ウィンザー朝=ハノーヴァー朝)の血と、イギリスで最も有力な貴族「ソールズベリー公爵=セシル家」のジョゼッペの血を受け継いでいるということですね!だから、明治天皇は、英王室ハノヴァー朝(=後にウィンザー朝)のジョージ5世に親子以上に似ているわけです。

☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

ところで、橋本大二郎氏の系図(ウィキサイトの一番下)をもう一度見ますと、大二郎氏の母「正」さん(父は若宮貞夫)の弟と中村家がつながり、渋沢栄一の孫娘と親戚に、その子から加納家と親戚になり、その加納家と麻生太郎元総理や吉田茂元総理が親戚になり、さらには、麻生信子さんが三笠宮寛仁親王と結婚されているので、天皇家とも遠い親戚になるということです。

また、兄の橋本龍太郎元首相も、奥様の久美子さん(旧姓:中村)が母方を通じて渋沢栄一の玄孫にあたり、父親は加納家に養子に入られた中村久次さんで、やはり、吉田茂元総理や麻生太郎元総理と親戚になります。ただし、吉田茂元首相の実父は、「竹内綱」(つな、1840〜1922年)という明治・大正期の実業家、政治家だそうです。麻生太郎元首相も加納綱の外曾孫になるとか。なので、サクソン王族みたいです。

さらに、橋本家は、親戚の吉田茂の娘『桜子』が、佐藤信寛*の息子「信彦」ーその娘「さわ」ーその息子である『吉田寛』と結婚することにより佐藤信彦の娘「茂世」と岸秀助の息子たち=岸(旧姓:佐藤)信介、佐藤栄作の元首相兄弟の親戚となっています。また、吉田茂の娘「和子」は、麻生太賀吉と結婚し、麻生太郎元首相とも親戚となっています。

<佐藤家>
佐藤信寛(1816〜1900年)

江戸時代後期の長州藩士。佐藤家10代目当主。山口県熊毛郡田布施町に生まれる。吉田松陰に兵要禄(兵学書)*を授けた。浜田県知事、島根県令(知事)を務めた。
* 『兵要録』
練兵館 斎藤弥九郎の野試合について 4

信夫佐藤氏 武家家伝
「藤原秀郷」*を祖とする藤原北家9代目の子孫・佐藤信夫庄司「元治」に始まる。東北の平泉に、藤原基衡が出て次第に勢力を持ち、信夫郡をも支配下におき、佐藤氏はこの平泉藤原氏の家臣になって信夫郡司となり、現在の飯坂温泉の付近に根拠をもっていた。そのため、「湯の庄司」とも呼ばれた。」ということらしいです。(サイト内の一番下の家系図と見合わせて解釈しました。最初のほうの説明は少しちがっているようです。サタニストによる改ざんかも?)何にしても、藤原氏は中臣鎌足こと藤原鎌足(=ジョゼッペ)ですからね〜!

*氏族.... 藤原魚名
別名「俵藤太、田原藤太」

<岸家>
岸信介
一番下の家系図によれば、明治維新政府で大活躍した長州の井上馨の妹「つね」が小沢正路と結婚、その長女「なか」は、やはり、長州藩士の鮎川弥八と結婚、その息子には日産コンツェルンの創設者「鮎川義介」*がいます。また、「つね」と"小沢正路" *の次女「辰」がいて、田辺(=田部タコ)誠民と結婚し、息子には田部譲がいて、その娘には田辺仲子がいて、岸信和(岸信介元首相の息子)と結婚し、岸(阿部家からの養子)信夫がいます。この阿部信夫は、自民党新総裁の阿部晋三と兄弟です。彼ら阿部兄弟の母は、岸信介元首相の娘で、岸信和の妹でもある「岸洋子」で、父は「阿部晋太郎」です。

*小沢正路
井上氏(長州藩士)
井上馨公爵の養子「井上勝之助」の妻「末子」の父が小沢正路です。
井上馨の先祖と家族〜トリビア・幕末の山口 ←( p.s. で訂正 します)
井上馨の祖父「光茂」の妻も小沢氏から娶ったけれど、男子がなく、徳山藩「棟居景敏」(むねすえ かげとし)の弟「光亨」を養子にし、娘「婦佐子」と結婚させる。これが井上馨の両親とか。光亨の娘には「常子」がいて、重縁の小澤正路に嫁ぐ。その常子の孫が「鮎川義介」*。
少年薫の勉強〜トリビア・幕末の山口

* 「鮎川義介」
旧日産自動車や日立製作所、日本鉱業、日本炭鉱、保険会社など多数の企業を収める「日産コンツェルン」** を形成していました。なんだか福田元総理の父親のやはり元総理に似ていますね〜!また、鮎川が総裁をしていた「満州重工業」って、ウチの父が勤めていた「満州製鉄」のようですよ〜 写真の鮎川に左に立っている男の人がウチの父に似ていますが、顔などをちょっと修正して太めにしてあるようです。

** 久原財閥を引き継いだ鮎川義介によって誕生しsた戦前の日本の15大財閥の一つ。現在では、「日産・日立(春光)グループ」を形成して、多数の大企業を参加に収めている。

▷久原財閥創設者久原房之助
義兄の鮎川義介と共に「政界の黒幕・フィクサー」と呼ばれ、右翼に資金を提供して「二・二六事件」に深く関与したとあります。長州の萩城下に生まれる。叔父の藤田伝三郎(父・久原庄三郎の実弟)の藤田組に入り、明治24年(1891年)に小坂銅山に赴任、業績を拡大していった。
[実業家時代]
1905年に赤沢銅山を買収し日立銅山と改名し、さらに、1920年に日立製作所を設立。大正末期に中核だった久原鉱業を義兄の鮎川義介に譲渡し、同社は日産自動車の基礎となる。なお、藤田組、現在「DOWAホールディングス」(島根県の石見銀山も含む)を共同経営し、役員にも名を連ねているらしい。
[議員時代]
田中義一と親しく、1928年、田中内閣の逓信大臣、1931年、立憲政友会の幹事長を歴任。


p.s.

上の本文の黄緑字←で指し示したサイト内の最初のほうの説明は間違っていると考えられます!

毛利元就が井上家を皆殺しにして権力を拡大したとありますが、毛利元就は割りに穏やかな性格の人物だったようですので、重大な理由なく、そのような事をするはずがないと思われます。

毛利氏と重臣井上氏
誅伐(ちゅうばつ)
要するに、信頼していた、それも非常に勢力がある井上氏なのですが、トンデモ男の「井上元盛」が、毛利元就の「多治比猿掛城」(たじひさるかけじょう)を横領しようとしたんですね〜 

武家家伝_安芸井上氏

その横領した土地は、他の井上氏の者が返したものの、井上元兼を始め井上氏の多くが毛利を軽んじた行動が目立ったため、また、戦国時代にあって、毛利家領内に非常に危険な存在になっていたためということですね〜 毛利元就は、幼くして身内がみな亡くなって頼るものがいなかったため、そういうふうに軽んじられたというところがあったのでしょうね〜 何しろ、戦国時代って、下克上が当たり前のような非情で殺伐とした世の中だったらしいですから。。。また、百姓一揆も多かったようです。これらも、サクソン王族サタニストたちの陰謀でそのような世の中になったのでしょう。

それに、井上馨の家系は小澤家と親しく、その小澤氏に嫁いだ常子の孫が日産コンツェルンの「鮎川義介」(=東伏見慈洽)ということからも、もともとサクソン王族トップクラスの家柄のようですからね〜〜〜!! なかなか一筋縄ではいかないでしょう。一旦、スメラやタコたちなどの命令によって動いたりすれば、恐るべき存在になる可能性が高いですからね〜!!!

でも、わたしが赤来中学で教えていた井上さんはなかなかイイ子でしたよ〜!

(つづく)

(2012.11.18 1:50 p.m. 記述完了)

p.s.

上の本文の最初のほうに、アイゼンベルグ=松下村塾の吉田松蔭=高杉晋作であると書きましたが、
高杉晋作が松下村塾*の塾生であるとか分かり、また、下のウィキの高杉晋作** の肖像画などを見ると、高杉晋作(=ジョゼッペ=新撰組の土方歳三=岩倉具視)のようです。

* 松下村塾
**高杉晋作

となれば、長州(山口県)の田布施町にある佐藤信寛の実家は、高杉晋作=大村益次郎の実家と同じということなのかも?つまり、大室寅吉の生まれた大室家の本当の名字は「大室」ではなかったとありますから、本当は、「佐藤」(ジョゼッペの家系)という名字だったのはないでしょうか?

そして、ジョゼッペとアイゼンベルグの両家は、太古の昔から婚姻を繰り返しているので、岸信介元首相はどちらかと言えばアイゼンベルグ顔(伏見宮博恭王も)で、佐藤栄作元首相はどちらかと言えばジョゼッペ顔なのでしょう。


*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-17 12:50 | アングロ・サクソン王族 | Comments(3)

2012−11−16

ピンク色の文字は、2015-08-21に訂正や加筆をした部分です。


この前の記事、「橋本(橋下)大阪市長と徳川御三卿一橋家と尼崎事件真相の深層 4」(このサイトのかなり下のあたり)で、下のサイト*を紹介しました。そして、ここで、"天皇よりも強い権力を持つ" といわれている「伏見宮博恭王」については、後日詳しく書きたいと述べましたので、早速、書くことにしました!
*皇族と海軍 海軍に奉職された皇族の方々


「大日本帝国海軍」に関するサイトを見つけました! サイト主さんは、かなり極右的な思考の方ではないかと危惧されます。ですから、このサイト内で述べられているサイト主さんの意見にはわたしは全く賛成しかねます。。。(しかし、これらの豊富な資料は非常に参考になり、そのことには感謝いたしております)

大日本帝国海軍の軍服・その他

上のサイトのかなり下のほうを見てください!!

まず、これはちょっと、序(つい)でなのですが、「後藤光太郎」海軍少将の写真がかなりありますので見てくださ〜い!特に奥様の写真も幾つか載せられていますが、この奥方は「マリエ・ペルギア=梶美奈子」さんに非常によく似ていますよ〜!!閣下と呼ばれるからには、相当偉い人なんでしょうね!!大戦終了時には50歳くらいで、まだそれほど高齢ではなかったため「大将」にはなっていないけれど。。。後藤だから、象二郎やジョゼッペなどの子孫が混血しているんでしょうかね〜。もちろん、「シバの女王」たちも繰り返し混血。。。だから、この人の妻もマリエ・ペルギアということなのよね! 

なんでも、最後は(晩年には)、公団住宅に住んでいたっていうのも、それは本物じゃなくて替え玉かもしれないし、あるいは、すでに後藤光太郎だけの一人暮らしなんで、(おそらく新築とかの)公団住宅でも十分だったのでしょう。とにかくサタニストたちってケチですからね〜(公団なら他の全室を自分の部下たちの家族などに住まわせたり、警備員も配置させておけるから、そのほうが一戸建の一人暮らしより安全だと考えたのかも?) また、源泉徴収票に所得金額が何も記載されていません。。。書き込めないほどあるんでしょうが。。。証拠がないような手口を使って税金逃れしているのでしょう。でも、税務署も警察署も何も言えな〜い〜 孫にも積立貯金してあげてるくらいお金いっぱいあるのに〜 権力(暴力)を笠に着て、実にうまく世渡りしていまするナ〜 @o@;魔ッ!マジック・ショー〜〜〜?

「戦犯」にされたくらいですから、相当悪いことしていたんでしょうね〜!

戦後7年目の昭和27年に『戦犯指定解除』がなされた理由は、通常、迫り来る共産主義に対抗するためと言われていますよね。しかし〜、以前にも'うららおばさん' 言ったけど〜、きっと "本当の理由" は、サクソン王族側が「共産圏-ソ連・東ヨーロッパに "原爆を配備" し、ヨーロッパの人々を人質に」とって、ヤハウェ系王族、特に、GHQ司令官マッカーサーを脅迫し、引き換えに戦犯解除を要求してきたたためなんでしょうよ〜。日本が全面降伏して数週間後に日本にやって来たマッカーサーですから、原爆投下直後の広島の惨状を写した映像(日本のクロカモたちが撮ったのか?)を見せられていたはずです。また、当時、その広島への救援もちゃんとしていたはずですから、実際、マッカーサーは誰よりも原爆の恐ろしさをよく知っていたことでしょう。だから、このサクソン王族の脅迫により戦犯指定解除という屈辱的な方針転換をせざるを得なかったのでしょう!その後、GHQのほんとうの司令官は、マッカーサーではなく、副司令官のサクソン王族になったに違いありません!


その下のほうに、「山澄忠三郎 海軍大佐の海軍兵学校の卒業証書」のところを見てください!

敗戦直後のマッカーサー到着前の先遣隊に対しても帝国海軍の部隊は敵意丸出しだったというエピソードが書かれています。また、その下には、昭和初期のまだ第二次世界大戦の始まる前で、日本が中国に侵略戦争を仕掛け、満州を併合し「満州帝国」を樹立するなどしていた1930年代に、皇室から山澄氏に届けられた幾つかの軍艦の大演習観艦式や晩餐会などへの招待状です。主に「伏見宮博恭王」*(日本の皇族、海軍軍人:1875〜1946年)からのものが多く、他の伏見宮家系の王からのもあります。伏見宮一族が結束して、軍事拡大路線の賛同者を増やそうと積極的に懐柔策をとっていた証拠ですね。

*伏見宮博恭王
伏見宮 博恭王(ふしみのみや ひろやすおう)

伏見宮家 その2 直球感想文
第22代伏見宮貞愛親王の妃「有栖川宮幟仁親王王女 利子女王」の写真を見ると、特に下の着物姿の写真の顔を見ると、わたしが浜田一中(島根県の中学)で同僚だった先生にそっくりです。当時は、寿美花代=中村玉緒の身体に寄生していた時代の「エリザベス女王」ですよ〜!ですから、当時はアナンヌキET女性『ハトホル』は、自分の子孫である有栖川宮の利子女王に脳移植して住み着いていたんでしょう。1857〜1927年の生涯のうちの、おそらく、重要な20歳くらいから3〜40歳くらいまでの子供を生む間だけ時々一緒にいたのではないかと。。。上の写真はまだ脳移植される前の本物の利子女王なのではないかと。一方で、下の写真は脳移植後らしく目が非常に鋭いです!人格が変わっているのです。っていうか、本人の人格とハトホルの人格が合わさって、非常に強化され、"大悪魔" 人格になっているのでしょう。

また、伏見宮博恭王の妃「徳川慶喜」の9女「経子」は、ジョゼッペの孫ですし、もしかしたら、マリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズがしばらくの間、脳移植して寄生して子づくりしていたかもしれません。下のメガネの写真は、おそらく、替え玉かクローン人間のような気がします。上の写真のような目の強さがありません。


さらに一番下の「ありし日の帝国海軍集合写真」を見てください!「軍令総長」の元帥海軍大将の「伏見宮博恭王」を中心に撮影された集合写真だそうです。要するに、博恭王の賛同者で、秘密結社の仲間ということでしょうか?

下の一部拡大写真の博恭王の右側に写っている3人の写真のうち、右から3番目が「古賀元帥」*(海軍大将:殉職後、連合艦隊司令長官)(自民党・衆議院議員の古賀誠でしょうか)、右側から2番目のやや太った人が「豊田少将」**(後、大将になり連合艦隊司令長官)(=ヴィクトリア女王=エリザベス女王)で、右から3番目が南雲大佐***(後、大将)でしょう。


とにかく、これらのことから、「伏見宮博恭王」は、シバの女王やジョゼッペたちやタコたちと同様、何千年、何万年と生きている "吸血鬼モンスター" の一人に違いありません!!この人が、それ以前は、伏見宮邦家親王?→久邇宮朝彦親王? とにかく、現在は、「東伏見慈洽」になっているのでしょう!!!

* 海軍乙事件 捕虜になり機密書類奪われても昇進させる組織<<歴史好きナンチャッテ>>

自分たちサクソン王族の幹部だけ生き延びれば、それで正解なんでしょう。何しろ始めから、これらの戦争の目的は人殺し(厳密に言えば、人間殺し)と財産の強奪、すべての破壊が目的なんですから。殺してなんぼ?みたいな考え方なんですよ。(小説・映画『第三の男』 のハリー・ライムみたいな)機密文書奪われるのも想定内だったのかも?だから、上層部もよくやった!みたいな考えだったんでしょう。


また、二人の海軍元帥が続けざまに亡くなっているというのも何か不自然です。二人ともヤハウェ系(人間)だったのかも?(訂正:アングロサクソン王族でした!おそらく、戦犯になるのを避けるため、あえて死んだことにして難を逃れたのではないかと。)海軍は元々ヤハウェ系らしいので、とにかく、何か理由があって山本元帥や古賀元帥は始めから切り捨てるつもりだったのでしょう。どうしても助けたいサクソン王族たち福留参謀長や山本大佐には、陸軍治安部隊まで投入して救出されたことからも分かるように、珍しくちゃんとした対応をしていますからね〜!(アングロサクソン王族からすれば戦犯に問われてもいいような切り捨ててもよい人たちだったのかも?)

** 豊田副武(とよた そえむ)・・・A

「略歴」のところを見ると、「当初、連合艦隊司令部を軽巡洋艦「大淀」に設置したが、後に、司令部を慶応義塾大学横浜日吉校舎内に移動し、陸上から指揮を執る。在任中の主な海戦として「マリアナ沖海戦」、「レイテ沖海戦」、「大和特攻=菊水作戦」などがある。レイテ沖海戦、大和特攻では、非常に生還率(せいかんりつ)の低い作戦でありながら後方の司令部から指揮をとったことが、『指揮官先頭の伝統に反する』として議論・批判の種となった。」とあり、やはり、ヤハウェ系の男子をジェノサイド(民族浄化)することに非常に貢献していたようです。なので、この人は1957年まで長生きしています。

この人がなんだか、わたしの小、中学校の同級生の女の子に似ていて。。。男の子も怖がるような女傑でした。多分、今から考えると、イルミナティの子供リングに入っていたのでしょう。わたしがワナにハメられたことのある友人たちのうちの一人です。彼女は、以前話した奥淳子さん(=ローラ・ブッシュ元大統領夫人)といつも一緒で「本田恭子」さんという名前でした。仁万の「東山区」という山奥の地域の山頂にあるお寺の子なのですが、祖父母のご住職夫妻に子供がなく、彼女の両親-公立学校の教師-とも、そのお寺の養子さんなのだそうです。でも、よく考えたら、恭子ちゃんとそのご両親とも全然似ていなくて、もしかしたら、他家の子供を預かって育てていたのかも?(訂正:男の本田先生が東伏見慈洽で、女の本田先生が江利チエミ似だったので『ヴィクトリア女王』のような。。。(ヴィクトリア女王=石川の偽伯母さんは、仁万で何人もの妻を掛け持ちしていて、自分や自分の母親などのクローン子孫を生んでいるようです)本田恭子さんはヴィクトリア女王の長女「ヴィクトリア」のような。このプロセインのフリードリヒ3世に嫁いだヴィクトリアはヴィクトリア女王の母親のクローン子孫です。ヴィクトリアはプロセインの『ヴィルヘルム2世』(=その晩年はロシアの『スターリン』)の母親でもあります。わたしの故郷「仁万」には、こんな風に実子がなくて、両方とも養子さんを迎えているお家がはけっこう多いみたいだったのですよね〜???(やはり、イルミナティの戦略でしょうかね〜)

それに、ホンダ(自動車会社)は「伊勢神宮」にいつも多額の献金をしている会社だそうですし、本田恭子さんの「恭○」という名は伏見宮博恭王の名前からなのでしょうか? 他のどうもサクソン王族らしい友人にも同名の人がいましたしね。でも、彼女はおとなしくてイイ人でしたけれど。(←もしかしたら、宅野の藤間家の前々当主=藤田伝三郎だったかも?)本田さんも豪傑な反面、なんかどっしりと落ち着いていて、頼りになるところもあり、ちょっとかわいいところもあったりする人なのですが。でも、小学6年生位の時、「ウチの家に遊びに来たら〜」と誘われたので、行ったのですが。。。彼女はお寺と自分の家の中を案内して廻ったりした後、外に出ると、夏でセミが鳴いていたのですが、急に彼女はセミを捕まえると手でそのセミの羽根をむしり取って、近くにいた飼い犬に食べさせたんです!わたしは、一連の動作にびっくりして息を飲んで見ていましたが、恐怖とオェ〜!って感じで、" あ〜、恭子ちゃんとは、ちょっと距離をもってつき合った方がいいみたい" って思って落ち込んで帰りました。(でも、今考えると、彼女も、すべて「シバの女王」たちの命令どおりに動いていたのではないかという気がします)

ですから、この「豊田副武」という名前は偽名なのではないでしょうか?出身地は、大分県杵築市となっています。ここら辺は、日向(ひゅうが)の高千穂の近くで、古代、九州を統一した卑弥呼たちが築いていた耶馬台国(やまたいこく)の中心地ではないかと考えられている都市です。まあ、筋金入り* のサクソン王族ということに間違いはありません。また、副武という名からも、おそらく、一番偉い武将の副官の意味ではないかと。ということは、大日本帝国軍では伏見宮博恭王の次に偉い人ということかも?この豊田副武が特攻を推進した大西、奥田のさらに上の上司で、特攻を強力に推進した一番の責任者「伏見宮博恭王」の次に重大な責任のある人間のはずです。
筋金入りの の同義語 - 類語辞典(シソーラス)

やっとこさっとこ、判明しました〜!この豊田副武は、久邇宮朝彦親王の第3王子(久邇宮邦彦王の、さらに第3王子「邦英王」こと←訂正:間違いでした。でも慈洽は邦彦王のクローン子孫らしくソックリです!)です。かなり太っていた時期があったのですね!ちょっと別人みたいですが、よ〜く見ると同じ人物です。額の際とか、眉とか目、鼻、口、耳とか全部似ています。



先のサイトAの豊田副武と、サイトBの久邇宮邦彦王と、サイトCの東伏見慈洽の三つのサイトを並べて、三人の顔を比べてみてください。     

ネ!分かったでしょ?

久邇宮邦彦王* は、昭和天皇の妃「香淳皇后」の父君です。相当な豪傑というか、やんちゃなお方だったようですね〜!皇后の選定で騒動があった時も、何か相当な騒動を起こして脅迫じみたことをされたようです。。。それが、東伏見慈洽にも遺伝したようです。っていうか、この東伏見慈洽には、「伏見宮博恭王」の悪魔脳が脳移植で乗り移っているんでしょう。おそらく、1930年代後半くらいに博恭王→慈洽に入れ替わったのでは?でも、その後も博恭王と慈洽の両方、あるいは、数種の人物に掛け持ちでなることも可能です。普段はクローン人間や替え玉に活動させて、重要な場面にだけ本人が出て行けばいいのですから。その後、蟹江敬三の身体を経て、今は、エリック・ロバーツの身体に乗り移って「東伏見慈洽」やってます〜!! @@;よ〜やるな〜

上の拡大写真を見ると、王妃「俔子」=鷹司景子=北白川宮能久親王=ジョン・ブース(リンカーン大統領暗殺者)です。

久邇宮朝彦親王(伏見宮邦家親王第3王子:母は女房鳥居小路信子)と久邇宮貞愛親王(伏見宮邦家親王第14王子:母は鷹司景子、第1王子が伏見宮博恭王:母のクローン)は兄弟です。したがって、伏見宮博恭王と久邇宮邦彦王(おそらく、母親はヴィクトリア女王の母ケント公爵夫人ヴィクトリア=ルイーゼ・フォン・ヘッセン・カッセルのクローン子孫)とは従兄弟(いとこ)同士です!博恭王の母「鷹司景子」は「シバの女王」のひとりマリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズ=ヴィクトリア女王=ヴィヴィアン・リー*なので、伯父・朝彦親王の子である邦彦王より博恭王のほうが身分が上になるわけです。だから、そんなにも身分の高くない邦英王を東伏見依仁親王(明治天皇の猶子=養子にもなっている)の養子にして身分を上げたておいたのです。その後、邦英王こと東伏見慈洽に、伏見宮博恭が乗り移ったのでしょう。
(↑訂正:久邇宮邦家親王も、その邦英王も、俔子王妃=鷹司景子のクローン子孫であり、おそらく、邦家王は鷹司景子のクローン姉妹「鳥居小路信子」* に育てさせたのでしょう。

* プロイセン王女でバイエルン王妃のマリー・フォン・プロセイン(バイエルン王ルートヴィヒ2世の養母)=元法政大学教授・田嶋陽子=松平信子* =仁摩ルーテル教会の松本さん=英国の語学学校で私の友人だったけれども私をダマしていた前田信子さん=私の幼稚園時代の意地悪だった藤田先生=私の偽叔母・服部美子(よしこ)です。ところで、ウィキペディアの松平信子の写真は石川の偽伯母にソックリでしたが、どうやら、わたしを混乱させるために、わざとヴィクトリア女王=石川の偽伯母の写真を載せたようです。まあ、クローン姉妹ですから、元々ソックリなんでしょうけど。

*鷹司景子=ヴィクトリア女王=マリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズ=エリザベス女王=ヴィヴィアン・リーについてのさらなる真実は2015-08-21の別記事で詳しく書きます。

しかし、ウィキペディアの「久邇宮邦彦王」サイト内の家族写真を見ると、「邦彦王」は相当身体が小さくて頭が大きく何か六等身のような感じです。子供さんの何人かもそんな感じです。やはり、タコ系に非常に近い存在なんでしょう。ちなみに、わたしの友人だった本田恭子さんは、非常に体格がよく、身長はわたしよりちょっとだけ高く高校の時には167~8センチ位、体重はわたしの倍以上でした。(しかし、両親とも背が低い感じでしたけどね)地元のお医者さんがウチの母に恭子ちゃんのことを「あれは食べさせすぎだ」とかって話されていたとか。。。おばあさんが気を使ってものすごく食べさせておられたみたいです。高校の時には、体重が減るように治療しに行っているとか本人から聞いたことがあります。(よく食べるのは、動物の遺伝子のせいのようです)

それから、この邦彦王は、わたしが中学時代に理科を習った「岩崎先生」**にも似ていますし、他の同級生の女子には東伏見慈洽に似ている人もいるような。やはり、彼らもジョゼッペ、象二郎たちと一緒であっちにもこっちにも子供がいるようです。

*** 南原中将は山口のほうを向き、目を剥いた〜陸海軍けんか列伝
真珠湾攻撃を決めたのは、山本五十六だったのですね〜!っていうか、裏で山本を操っていたのは伏見宮博恭王だったのでしょうけれど。。。南雲中将はアメリカへの攻撃、開戦には反対だったんですね。まあ、この方は、まともな見解を持った人だったということです。

サイパン島玉砕
前にも進めず、後にも引けないなんて。。。??←こういう?を上書きしたのはわたしのコンピューターをハッキングしているQベスたちの仕業です。
(いつも、Qベスたちと私の味方側とがコンピューター上で攻防合戦をしているみたいなのです。それでも、味方側のおかげで、今のところまだ、このブログはなんとか保持されています。ほんと感謝感謝です。いつもありがとうございます!)

兵隊さんはみな玉砕するまで戦い、残った軍人・軍属・民間人もみな海に身を投げて自決したなんて哀し過ぎますね〜 ?? ??←こちらの?も同じく上書きされてました。ほんとバカにしてますネ〜 😤😤😤

これらの戦争が、スメラミコトやスメラの子飼の神々の仕業だって知ってたら、みんなバ〜カバ〜カしくって、玉砕したり、自決したりするなんてこと絶対しなかったと思うんですけど〜〜〜!


(2012.11.17 9:05 p.m. 記述完了)
(2015.08.21 3:10 p.m. 訂正加筆完了)


*コメント欄も見てくださいネ!

[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-16 19:51 | アングロ・サクソン王族 | Comments(2)

(3のつづき)

★  ★   ★        ★   ★   ★

近代天皇制は「海賊」某(なにがし)の孫「大室寅之祐」(おおむろ とらのすけ)を明治天皇にすり替えた長州の大陰謀で成立した(2):日本と地球の命運

「長州藩、田布施町麻郷が実家の大室弥兵衛の長男が大室寅之祐(本名:寅吉、南朝の末裔で長州力士隊と入れ替え長州忍者部隊)、次男が大室庄吉であり、その娘に「ヨネ」*がいる。
文久3年8、9月に七卿が大室家に滞在して、三条実美らは寅吉を手中の珠のように可愛がり慈しんでしたという。后として偽物の一条勝子(=寿栄姫)が寅之祐にべったりとくっついていた。柳原愛子(父は大隈重信)が明治天皇(寅之祐)の子を生み、その子が大正天皇(嘉仁親王)になる。」

* 大室ヨネは、大日本麦酒の常務「橋本卯太郎」の家に女中として働くようになり、卯太郎がヨネにお手付きし、「龍伍」が生まれたのだそうです。(このヨネが卯太郎に家に女中として入ったのはサクソン王族の陰謀では?)そして、龍伍の長男が橋本龍太郎元首相です。

また、サイトに「各藩の玉」とありますが、「玉」ってよく分かりませんが、シバの女王たちを使って、徳川の子孫の側室にさせ、実際は、シバの女王たちは、朝廷の公卿たちの子供を各藩の子息として生んでいたということでしょうか?そうすると、
・「尾張家」は、桂宮家分家の広瀬氏の子孫が乗っ取ったということ。
・「水戸藩」は、有栖川宮(当初の宮号「高松宮」が。ここがけっこう重要な乗っ取りの拠点藩になっていましたよね!
・「長州藩」は、山階宮(江戸末期に伏見宮邦家親王の王子「晃(あきら)親王」が創設した宮家)・・・重要!
・島津藩は、中川宮=久邇宮朝彦親王なれど、朝廷、幕府、さらに明治政府も翻弄した「悪玉」。父は伏見宮邦家親王。・・・重要!!***
・紀州藩は、北朝では「伏見宮家」。南朝では「浅利氏」
徳川幕府は、日光宮こと東武皇帝

***奥羽越列藩同盟

久邇宮朝彦親王(通称:中川宮)は、弟の北白川能久親王(1847〜1895年)が『奥羽越列藩同盟』の「東武皇帝」になるようにいろいろ画策して、結局、何も手助けをしなかったのですよね〜! それどころか、東武皇帝の "本当任務" は、奥羽越列藩同盟の内情をスパイし、その同盟の内部が一致団結しないよう離脱藩を数多く生み出し、足を引っ張ることだたのでしょう!!もちろん、彼ら兄弟の影には、"超悪玉" ?? の父親の「伏見宮邦家親王」がいて "シッカリ!" 差配していたのでしょうね〜!! 
?? < そち、呆れた超悪(ちょうワル)だニャ〜ゴ!バリバリ!!?? 猫がんばって悪党成敗してやるダニャ〜!

邦家親王と十一宮家 「占領下の皇族」

伏見宮貞愛親王(1858〜1923年)
皇族、陸軍軍人〜元帥陸軍大将 大勲位功二級内大臣。伏見宮邦家親王第14王子。
母は、鷹司正煕(藤氏長者、関白、閉院宮直親王第4王子)の女「鷹司景子」(たかつかさ ひろこ、1814〜1892年)*。
「伏見宮」第22代および第24代。

* 鷹司景子
わたしが名古屋で、1982〜86年くらいまで、子供英会話塾で教えていた時に、月一回、本部で講師のミーティングがあったのですが、その後、講師同士何人か集まって、一緒にお昼ご飯を食べにいったりしていました。その仲間のひとりが高須恵子さんでした。でも、個人的にはあまり一緒だったことはなく、他にもっと親しくしていた人がいました。でも、わたしが離婚して島根の母のいる実家に帰った後、彼女が遊びに行きたいと手紙か電話で言われてびっくりしたのですが、まあ、断れないし、でも、母も高齢なので世話もあまりできないから、旅館に泊まってもらうことにして、でも、そこで温泉に一緒に入ったり、一緒に食事したり、家へも遊びに来てもらってお昼を一緒したりしました。まあ、ざっくばらんで、非常にテキパキした感じの人です。兵頭ユキさんをもう少し女性っぽくしたような感じでした。

でも、いつも言っているので、またまた〜なのですが、今になってみると、その高須さんが、マリエ・ユージーン・ビアーズだったと分かります。そして、松本伊代、兵頭ユキ、飯星恵子、民主党の岡本英子、エリザベス1世、中国の三大悪女のうちの2人「武則天」(ぶそくてん)、清朝の西太后などなどでもあります。そして、この鷹司景子(高須恵子に名前がよく似ていますので)も、きっとマリエ・ユージーン・ビアーズに違いありません。鷹司(たかつかさ)ですが、鷹(タカ)、司(シ)から、「高須」(タカス)にしたのかな? さらに、高須藩なんかもありますよ〜!江戸時代の美濃国石津郡高須(=岐阜県海津市)のようですが、美濃は今でも、陶磁器「美濃焼」で有名です。また、今は、社会のトップで活躍している人も多いみたいですから鷹司景子に関係しているためなのかもしれません。

ところで、海軍を支配下におき、天皇よりも強い権力をもって "軍備拡大"、日本を"戦争まっしぐら路線" に突き進めていったのは、「伏見宮博恭王」*(海軍元帥)だったんですって!!
* 皇族と海軍 海軍に奉職された皇族の方々
この伏見宮家については、別に後で記事を書こうと思います。


西郷隆盛が三条実美と一緒に麻郷にいたということは、西郷はサクソン王族の誰か?ということですね〜。@o@ oh~,No!! もしかしたら、後藤象二郎?(分厚い着ぐるみでも着てたのか?)←(訂正2014.11.07:スロ・スウン物質によって自由自在に身体の大きさを変えられるとのことです)


[ 調査結果 ]

1. 「大室明治天皇」(南朝系:でも、「ママ=エリザベス女王=寅」の子ってあるけど?とすれば「楠本イネ」は?)と、「松下豊子」(松下と言えば、松下村塾の吉田松陰=アイゼンベルグなのでその子孫か)との子が「高松宮」。
2. 前述のとおりで省略
3. 九条節子=貞明皇后と東久邇宮稔彦★の子が三笠宮崇仁。
4. 明治10年頃の宮中で、岩倉派(ジョゼッペ&象二郎派&シバの女王たち)と大隈派(反薩長派。)とで熾烈な争いがあった。大正天皇の母は柳原愛子だが、父は大隈重信。
5.昭和天皇と 秩父宮は、貞明皇后と明治天皇の子。

◎◎◎貞明皇后(1884〜1951年)(=九条節子皇后の旧名)
一番上の写真を見ると、この貞明皇后は、エリザベス女王です!だって、昔の髪を茶髪に染めていなかった頃の "寿美花代" に似ているでしょう?!ネ! また、2番目の写真は、誰か替え玉が代理を務めているようですよ〜。似ていないのですぐ分かります。また、3番目の写真も、もちろん替え玉です。

東久邇宮稔彦王

この稔彦王が、またまた、わたしの中学校の2年、3年と担任だった西本先生(なんでも石見銀山の近くの由緒ある西本神社の神主さんの家らしい)にそっくりなんですよね〜 あるいは、その息子さんか、親戚なのでしょうか?なかなか神経質な先生でした〜!けっこう陰険な意地悪を時々されましたよ〜!きっと、それもフリーメーソン、イルミナティの命令でだったのかもしれません。(例:わたしが、定期試験で3年間で一番成績が振るわなかった時に、そのクラスで5名ほどのいつもは成績のよさそうな子の名前を黒板に書いて、みんなに学年順位を予想させたんですよね〜 わたしの名前もあって、いつもは5番以内くらいなので、当然、他の生徒もそれ位を予想して書くでしょ。すると、先生がその時のわたしの順位12位を黒板に書いたんですよ!ネ、酷いでしょ!!

ちょっと、弁解させてもらえば、一年に一回だけ、数学のテストがメチャクチャ簡単な時があるんですよね。わたしは数学得意で大概90点以上なんですが、そのメチャクチャ簡単なテストの時は、「え〜、こんなに簡単なはずな〜い!」って思って、混乱して、何度もやり直すんです。裏の裏があって、どっかに落とし穴があるはずだなんて思っちゃうんですよね〜(それって難問解く時にはけっこう役に立つんです) それで、間違った答えを出してしまうみたいなんですよね〜 90点以上の人とかも多いテストなのに、わたしは70点台とか80点台をマークしたりするので、当然、その時の総合順位は極端に下がってしまいます。1年の時も、それで9位になりました。数学の先生もどうしてこんな点とったの?とかって聞かれるんですが、「あんまり簡単だったから。。。」って他の生徒の前で言ったら、なんか奢(おご)ってるみたいで言えなかったんですぅ〜。だから〜首をかしげて黙ってました〜!2年の時は体育の先生が数学を教えておられて、ちょっと分かりにくくて、日頃からあまりやる気が出なかったので、あまり気にしなくて返って普通にやったのかも?ハハ!^_^; )

(つづく)

(2011.11.18 2:30 p.m. 記述完了)

*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-15 16:25 | アングロ・サクソン王族 | Comments(1)

(2のつづき)

この「徳川頼房」が、正室を持たず、側室に「久昌院」(きゅうしょういん、名は久子 1604〜1662年)や佐々木氏、藤原氏の娘などを置いていました。
久昌院の父は「谷重則」.......わたしが梶美奈子さんから聞いた話から、おそらく、谷とか重は好きみたいで。。。とすると、この久昌院という女性=谷重則の娘「久」は、マリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズか?エリザベス女王か?アレクサンドラ女王?でしょうかね?つまり、「久」にシバの女王の誰かの脳を移植したのではないかと。。。ということは、久昌院は、「シバの女王」たちの得意とするハニー・トラップで、徳川頼房を手の内で転がしていたのでしょう。頼房は、生涯、正室を持たず久昌院の言いなりになっていたものと思われます!

その徳川頼房と久昌院との間には、長男「頼重」と、三男「光圀」が生まれます。やはり、久昌院は、サクソン王族系の血筋として知られていたので正室にはなれなかったのでしょう。(それで、水戸藩からは、将軍を出せないことになったのかも?)

つまり、久昌院は、水戸藩2代藩主「水戸光圀」*、及び、高松藩**藩主「松平頼重」の生母なのです。ところが、久昌院の生んだ水戸光圀も、松平頼重も、おそらく、父・徳川頼房の子ではなく、ジョゼッペやアイゼンベルグあたりの子供だったのではないかと。。。。
* 水戸黄門の実像のページ
大日本史は、光圀が編纂を命令したものではなく、後世の将軍(サクソン王族系)が光圀の名前で世に出しただけだそうです。アレ〜、光圀の銅像を見ると何かスメラミコトに似ているような気もします〜!すると、父親はスメラ(須田)ですか〜?!
悪代官〜アンサイクロペディア
水戸藩の税が一番高くて、8割だったとか。。。やっぱり、悪代官だったんだ〜!
副将軍・水戸光圀はどれほど偉いのか?l 綾野ノリオの「ウンチク太平記」
水戸藩は将軍を出せない代わりに参勤交代を免除されていたんですって!だから、江戸にずっといたりすることもできたんですね〜
徳川光圀〜ウィキペディア
とにかく、顔が徳川家康*と全然似てませんね〜!!!

* 徳川家康 学研キッズネット 分かりやすくてイイですね!ちょっと違っていたのは、「徳川家康は、多くの言いがかりをつけて豊臣氏を挑発し、大阪の陣で豊臣氏を滅ぼし天下を統一した」とありますが、実際は、石田光成(=ジョゼッペ)と淀君が、家康をずっと挑発していたのですよ。

それから、水戸藩第三代藩主になったのは、光圀の長男「頼常」(よりつね)ではなく、第二代徳川光圀の兄で高松藩**の藩主だった「頼重」の次男徳川綱條でした。そして、光圀の長男・頼常が高松藩主になったのでした。
綱條の治世は、水戸藩の以前からしだいに悪化していた財政が特に赤字になり、領民に運河の建築の苦役や、重税を貸して苦しめ財政を改善しようとしたとのことで反発を招いたとあります。つまり、前述のアンサイクロペディアにあったように悪代官そのものだったようです。

** <高松藩>
高松藩〜ウィキペディア
香川県高松市ー高松と水戸と彦根の関係ー(幕末・維新の町を行く)
幕末には、大老「井伊直弼」の娘と、高松藩第十代藩主・松平頼胤(よりたね)*の息子で、第十一代藩主になる松平頼聡(よりとし)が結婚したことにより、高松藩と水戸藩とは犬猿の仲になってしまったとのことです。水戸藩や一橋家は、元々、彦根藩の井伊家とは仲が悪かったようですから。
* 松平頼胤の正室は、第十一代将軍「徳川家斉」の娘「文姫」でした。そして、この徳川家斉は、「御三卿・一橋家」の第二代当主「徳川治済」(第八代将軍吉宗の孫)の長男であり、母は側室の「お富の方」でした。この母「お富」は、将軍「徳川家斉」、尾張藩主「徳川治国」、福岡藩主「黒田斉隆」、一橋徳川家当主「徳川斉敦」(なりあつ)など高い地位に昇り、権力の座に就いた者だらけです。

お富は一橋徳川家当主・徳川治済の目にとまり、将軍家治の許可を得て側室にしたとのこと。1781年に、お富の息子の豊千代が将軍家治の養子になり、後に第十一代将軍徳川家斉になるのですが、その養子縁組は、一橋家当主「治済」が、お富と関係が深い田沼意次(たぬまおきつぐ)や
大奥年寄「大崎」などに頼み込んだ結果、大奥が豊千代を擁立しかなったとのことです。どうやら、この「お富」も「シバの女王」の誰かのような気がします。後に、豊千代が将軍家斉になると、お富は、大奥で絶大な権勢を振るったとのことですし。。。

高松藩〜維新の志士たち 勤王も、佐幕派も、紙一重ですよね。"勝てば官軍"だったのでしょうか?ほんと「鳥羽・伏見の戦い」、「戊辰戦争」も、どの藩がどっちなのか分かりにくいですよネ。それをいいことに、ジョゼッペたちは主にヤハウェ系の藩主や領民を敵にした戦闘をして、殺していったのでは?

高松藩〜松平(水戸)家
??+??とにかく、上の歴代の高松藩主の表を見ると、やはり、ほとんど水戸藩からの出身です。そして、水戸藩と徳川「御三卿」の一つ徳川一橋家とはもともと一心同体のようなものであり、非常に血縁関係が深いようです。だから、結局、高松藩主と一橋家当主とも血縁関係が深いということになります。

さらに、「徳川幕府」の内なる崩壊は、八代将軍「徳川吉宗」(よしむね)において最も激しくなります。吉宗は、紀州藩主「徳川光貞」(父は、徳川頼宣l母はお万の方lであり、母は、加藤清正の娘)が、湯殿番をしていた浄円院(じょうえんいん、1655〜1726年、俗名は「由利」、「紋」)お紋(もん)に手をつけてできた子であることから、やはり、このお紋が「シバの女王」の誰か?でハニー・トラップを使って藩主の子供を生んだものと思われます。しかし、いつも通り、生まれる子は、サクソン王族の男子とシバの女王の子供の可能性が高いのです。吉宗は、藩主になるなんてさえまったく思われていなかったのに、なぜか藩主の継承者が次々と亡くなり、紀州藩主に、そして、とうとう将軍にまでなってしまったのです。これは、やはり、サクソン王族たちが世継ぎを暗殺しまくって、自分たちのサクソン王族の子である吉宗を将軍にするという陰謀を成功させたからでしょう。尾張藩か紀州藩の世継ぎしか将軍には成れないのですから。。。サクソン王族の秘密結社のメンバーたちが総力を挙げて遂行した必死の作戦だったのでしょう。
??秘密結社...?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??

八代将軍「吉宗」が名君の誉れ高いのも、後世サクソン王族たちが歴史を自分たちに都合良く、うまく改ざんしてきた賜物(たまもの)だと考えられます。この吉宗になって、『徳川三卿』*という、「徳川御三家」に匹敵する吉宗の子孫のみを優遇する制度(それまでなかった将軍継承権まで付与)ができてしまったのです!! だから、やっぱり、「吉宗」はサクソン王族純血種に違いありません。

* 「御三卿」の中でも、一番、勢力が強かったのが、一橋徳川家でした。

引用:「御三卿の中で将軍を唯一出し、第十一代将軍「家斉」と第十五代将軍「慶喜」が一橋家の出身である。さらに、田安徳川家第二代の治察が早世し、清水徳川家初代・重好が実子を残さなかった結果、18世紀末以降のほとんどの将軍と「御三卿」当主が一橋家の「宗尹」(むねただ、吉宗の四男、1721〜1765年)の子孫で閉められることとなった。大政奉還後、徳川宗家を相続した田安家出身の「徳川家達」(いえさと、1863〜1940年、号は「静岳」)も宗尹の男系子孫である。 しかし、一橋家当主自身は短命で子を残せないものが多く、将軍となった慶喜は水戸徳川家から一橋家に養子に入った。」とあります。

この一橋家初代の「宗尹」(むねただ)の母は将軍吉宗の側室「深心院」です。名は「梅」、父は「谷口正次」です。1704年に和歌山城に奉公に上がり、吉宗の母「浄円院」付きの女中として働いていました。吉宗の寵愛を受けるようになり、吉宗が将軍になると、江戸城大奥に移り、1721年に宗尹を産んだが同年、22歳の若さで病没したとあります。「梅」の父である谷口正次の姓・谷口の「谷」は、藤原姓の一つ。ですから「深心院」もサクソン王族で、おそらく「シバの女王」の誰かでしょう。すでに、「吉宗」自身がサクソン王族純血種だと考えられますから、その子「宗尹」がサクソン王族純血種なのもほぼ間違いないでしょう。その「宗尹」の子孫たちが徳川幕府の将軍や主要藩の藩主になっていったのですから。。。?? こりゃ、あきまへん!

結局、最後の将軍「徳川慶喜」(1837〜1913年、将軍在位1867〜68年)は、「御三卿」一橋徳川家の第九代当主(ただし水戸徳川家からの養子)として、将軍後見職、禁裏御守衛総督など要職を務めた後、徳川宗家を相続、第十五代将軍に就任しています。以前から何度も言っていますように、この徳川慶喜の父親はジョゼッペにほぼ間違いありません。

というのも、わたしの最初の職場の同期生(女子)に慶喜によく似た人がいましたが、ある部署(転勤があるので)にいた時、上司(課長級、やはり今から考えるとジョゼッペ)が、彼女を何となくちょっとだけ特別可愛がっていたような感じがありました(人目があるので、あまり目立ってではないですが、彼女の名前を呼ぶ時も今から思うと父親か祖父のような感じだったような?)。彼女は、ちょっとアナウンスの仕事も余分にしていたので給料も特別手当とかもらっていました。(←彼女自身がわたしたちに給料明細を見せたので)当然ちゃ当然のことですから、別に気にはしませんでしたが。。。

その後、同期の女子全員にそのアナウンスの仕事をやってみないかと上司に言われましたが、他の人はあまりその気がなかったみたいですし、わたしは、同期の中で一番生まれ月が早いもので、リーダーをやっていて(なぜか、そういう年功序列が大事な社風だったので、一応公務員でしたが ^_^;)、その責任でけっこう気ぜわしかったものですからやりませんでした。でも、リーダー職には特別手当はなかったです。他の部署に転勤してから後に、おそらく以前のリーダー職のせいか、ちょっと特別昇級がありましたけどね。結局、後輩女子のひとり(この人は主の仕事がなぜかできないでいました。でも栄転しましたよ!どうもサクソン王族のコネのようです)と、その慶喜に似た同期女子との二人がアナウンスの仕事をやっていました。まあ、わたしも親戚のサクソン王族のコネでなんとかやっていたようなものですから。。。あまりコネ、コネ!って言えませんが。でも、わたしの場合、その非常に危うい(危険もはらんでいる)コネと、シバの女王たちの攻撃との両方で、いろいろ大変なことがいっぱいありました〜!

なお、最後の将軍・徳川慶喜の後、徳川宗家(=元将軍家)を相続した「徳川家達」は、明治維新後、"公爵" になりました。そして、貴族院議員を務めたり、恩賜財団済生会会長、明治神宮奉賛会会長、後の「日本サッカー協会」名誉会長、日本赤十字社社長など数々の名誉職を歴任しています。しかし、徳川家達が、同性愛者であることは華族の中では広く知られ、かつ女性関係の問題もあったらしくあまり評判はよくなかったようです。

徳川家の説明が長くなりましたが、というわけで、「徳川御三卿一橋家」と「高松藩」とも血縁は深いわけです。だから、元橋本首相の橋本家の「橋」は、どうやら一橋家の「橋」に由来しているのではないでしょうか?

その曾祖父「橋本源三郎」の家は岡山総社市の旧家であり、源三郎の長男である祖父橋本卯太郎は、貧乏な農家でありながら、苦労、苦学して、1894年に東京工業学校(現在、国立「東京工業大学」)を卒業し、実業家になったとのことです。(おそらく、最後の高松藩主・松平頼聡が井伊直弼の娘と結婚し、水戸藩と犬猿の仲になっていたため、明治維新後、冷や水を飲まされたということでしょうか?)

ところで、卯太郎は、同じ岡山県出身の href="http://ja.wikipedia.org/wiki/馬越恭平" target="_blank">「馬越恭平」に見込まれたとありますが、この馬越氏は、すごい実業家のようで、三井物産、大日本麦酒の社長、衆議院議員を務めるなどしていて、これはサクソン王族の大物の誰かでしょう。ジョゼッペか、アイゼンベルグか、象二郎などのうちの誰かでしょうか?この橋本卯太郎にサクソン王族の血が流れていなければ、彼らは、いくら卯太郎が優秀でも、このような大会社の重要な地位、ひいては社会の重要な地位に就けることは絶対にありません。

この卯太郎が熊本藩士の「石光真民」の娘「マツ(真津)」と結婚しています。マツの兄には、熊本県出身の大日本麦酒支配人石光真澄、陸軍少佐・諜報活動家「石光真清」、陸軍中将石光真臣がいます。また、「マツ」のオジには、陸軍主計総監・男爵「野田豁通」がいます。

ところで、石光家は、前にも述べましたように、石田光成(=ジョゼッペ)に関係ありそうで、おそらく、ジョゼッペの家系だと推察されます。陸軍少佐「石光真清」は諜報活動家で、ジョゼッペ本人かもしれません。まあ、ジョゼッペは、いつも、いろいろな名前で暗躍しています。


そして、橋本卯太郎と真津(マツ)の子に橋本龍伍(1906〜60年)が生まれます。龍伍は、東大法学部を卒業後、大蔵省官僚を経て、「吉田茂」に政界入りを勧められ、1949年に岡山選挙区から出馬して衆議院議員に当選。吉田学校* の一員として1951年より文部大臣、厚生大臣等を歴任しています。

* 吉田茂の独自体制を支えるために集められた国会議員のグループ。官僚出身者が多数。首相となった池田勇人、佐藤栄作らが最も有名。

??★????????????????????????
これらのメンバーが政界、財界、司法界、学会、マスコミなどを支配していったんでしょうね!!そして、現在も、その子孫たち(名字はいろいろに変わっているかも?)が、同じように各界に君臨しているはずです!!!

(つづく)

(2012.11.17 12:00 記述完了)


*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-14 23:59 | アングロ・サクソン王族 | Comments(1)

(1のつづき)

橋本龍太郎
橋本大二郎
一番下の橋下家の家系図を見てください!!

橋本龍太郎/大二郎 近現代・系図ワールド 橋本岳

橋下知事の息子は拉致監禁ではないのか

加害者の元知事ー大二郎氏の次男が逮捕されずに、被害者代理人の逮捕とは?どんだけ陰の権力者?

土佐の雑記帳:どうだって良いじゃないか
この記事のコメント欄の上から二番目「なるほどねぇ〜 by 特定日本人です 2009.09.11」を読んでください。この元高知県知事の橋本大二郎さんって相当な悪じゃないですか〜!!

ひねもす雑記&似顔絵
2003年03月12日(水)「オタクは世界を動かす」を見てね!
この橋本大二郎元高知県知事の次男が李正則*だと思われるんですよ〜!李正則容疑者は、この近所で見かけたエリザベス女王の親衛隊の司令官みたいな浅黒い顔の筋肉マンによく似ている男だって思ってたんですけど〜。でも〜、あの顔を白くしたら、あの橋下大阪市長**にけっこう似てるんですよ〜!!!そして、橋下大二郎の長男の可能性大だと思うんですよね〜!しかも、元妻の連れ子って、その元妻がマリエ・ペルギアかマリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズの可能性大なんです。

* 李正則 (38歳)尼崎コンクリ殺人事件関係図〜サザエさんで学ぶ尼崎事件

** 橋下徹(1969年生まれ、43歳)
年齢的にも、弟が38歳、兄が43歳なら兄弟としてごく普通にありえますしね〜!

そして、なぜか〜その橋本大二郎の妻の連れ子二人の次男らしき、以前わたしがこの近所で見たエリザベス女王の親衛隊の司令官らしき筋肉マン君*は、なんと、あのGHQが最も恐れた男とかいう「重光葵」** こと東伏見慈洽(=瀬島龍三)*に似ているのです。
*このブログ内の関連記事
「兄弟はイイ!」と象二郎は言っていた :尼崎事件との関連(4)の上のほうの「上の李正則の写真は違っています。。。」の青字の段落とその下の黒字の段落のところです。

** 若き日の重光葵
下の燕尾服姿の写真の顔でメガネがなく色を黒くするとけっこう似ていました。もちろん、悪い事している司令官なので、化粧かマスクなどで多少顔の感じを変えていた可能性があります。

*瀬島龍三
昭和の生き証人・瀬島龍三氏死去 - 軍事評論家=佐藤守のブログ日記
上の写真の証言をしている瀬島の両手を見てください!親指をまっすぐに下に突き立てています。そして、上の**「若き日の重光葵」の下の燕尾服を着た重光葵の両手を見てください!やはり、親指が同じ形で下に突き立てたまま他の四本指が握られていますヨ!ネ!!

(また、上の瀬島に関するブログ「昭和の生き証人。。。」の一番下のほうに書かれている「東京裁判で戦犯になった者はみな死刑になっている。。。」というのは間違いです。多くが戦犯指定解除で解放されてしまって、その後も「クロカモ」として、社会の上層部の重要な役職につき日本をまたどうしよもなく悪くしてきたのです。)←( p.s. :2012.11.17 15:30)

橋下市長に関するつぶやき

そして、あの橋下=橋本大阪市長も。。。
橋下徹 オフィシャルウェブサイト
やはり、重光葵の両方の写真にどことなくパーツが幾つか似ているような〜!上の橋下市長の写真の顔をもう少し引き締めて浅黒くして、頭を丸坊主にして、唇はちょと薄くして、目もちょっと小さくしたら〜なんか似てるよ〜 ていうか雰囲気似てるし〜


国民が知らない反日の実態 - 橋下徹の正体
ビデオを見ると彼のいい加減さやウソがよ〜く分かりますよ〜!!!橋下市長はTPP参加派だし〜〜何で政治家になったのか?全然分かりません!その信念のなさが。。目の落ち着きのなさに現れているような。。。親サタニストの仕出しっていうか〜まあ単なる手先なんでしょうね〜!

上のサイトの説明で、間違っているところは、■「国家理念もなくやたらと『地方分権』を叫ぶ」のところの、「倒幕→明治維新をもたらしました。。。岩倉具視たちによって成し遂げられた。。。。」のくだりです。

というのは、歴史のほんとうの真実を見れば、「明治維新」は日本にとって、まさに悲しむべき "植民地時代の始まり" でした。坂本龍馬が暗殺されたため、龍馬が意図していた幕府と朝廷が協力して国を治める「船中八策」案、つまり、幕藩体制の再編強化という「公武合体」策は上程されることなく、時勢は急展開して瞬く間に討幕運動に傾き、徳川幕府が滅亡。朝廷の奥に巣食っていたサクソン王族サタニストたちが、孝明天皇を暗殺し、自分たちの意のままに動くサタニストたちの血筋の若い新天皇・明治天皇にすげ替え、日本を彼らの独裁国家・植民地にしてしまったのです。

龍馬を殺し、倒幕に貢献したのがジョゼッペ(=岩倉具視と新撰組の土方歳三)と、象二郎(=新撰組の近藤勇、土佐藩の後藤象二郎)や「シバの女王」たちや「タコ」たち、最上位の奥の院「スメラミコト」(=須田)です。つまり、これらの自称「神々」たちは何千年、何万年と生きて、世界中の国々を点々とし、人々を殺して食い荒らし、すべてを奪い、破壊して回っている"吸血鬼モンスター" たちです。


つまり、明治以降、日本はこれらの悪魔たち、その手下たち、戦士たち(すべて宇宙人スメラと動物の混血)に支配されてきたのです!だから、今、彼らから独立して日本を独立国家にしなければなりません!橋下大阪市長はそのサタニスト・トップたちの直系子孫です!!橋下政権が誕生したら、そりゃ〜今の民主党政権よりズズ〜ッと悲惨ですよ〜!!!

ところで、瑠衣ちゃん一族「β(ベータ)家」(橋本大二郎家らしき)のある香川県高松市の歴史をず〜と遡(さかのぼ)っていきますと、なんとあの〜『水戸黄門』こと水戸藩3代目藩主「水戸光圀」と深〜い関係があるのです。

<<徳川御三家>>
『将軍家』(=宗家)に次ぐ地位を持っていた三家のこと。単に「御三家」とも言われる。
将軍家、尾張、紀州で「御三家」と言ったり、尾張、紀州、駿河で「御三家」と言うこともあった。
1. 尾張徳川家.....始祖:徳川義直(徳川家康9男)
2. 紀州徳川家.....始祖:徳川頼宣(徳川家康10男)
3. 水戸徳川家.....始祖:徳川頼房(徳川家康11男)
(水戸徳川家ではなく、元々は駿河徳川家が御三家のひとつだった)

<<御三卿>>
江戸時代中期に徳川氏の一族から分立した大名家
1. 田安徳川家......始祖:徳川宗武(第8代吉宗の次男)
2. 一橋徳川家......始祖:徳川宗伊(第8代吉宗の四男)
3. 清水徳川家......始祖:徳川重好(第9代家重l=吉宗の長男lの次男)
徳川御三家に次ぐ家格

徳川家の大転機は、まず、水戸徳川家の初代『水戸頼房』は、「家康」とその側室「お万の方」(=「万」)と呼ばれていた「養珠院」の子であることです。

「万」の実父は「正木頼忠」であり、「木」は扶余八貴族の名字の一つであり、この人はサクソン王族のようです。また、「万」の養父は「蔭山長門守氏広」だったということで、長州にいたアイゼンベルグ(=幕末の吉田松蔭、高杉晋作、現在でも「影山」という名字を使っていますので)のようです。

さらに、『水戸頼房』の養母はやはり家康の側室だった「お梶の方さま」と呼ばれていた英勝院でした。「梶」って言えば、梶美奈子さん!梶タコ(もしかしたら、=田部タコかも?)の娘ですからね。つまり、「新生ヴィーナス」&「クレオパトラ」であり、「マリエ・ペルギア」ってことです!

つまり、水戸藩は初代からコテコテのサクソン王族サタニストたちに汚染されていたということです!!!

<水戸藩初代-徳川頼房>
徳川頼房(1603〜1661年、徳川家康の11男 常陸水戸藩の初代藩主。小さい時からかなりやんちゃだったようですね!
幼少時に、准母(養母)の英勝院(=「梶」、「お梶の方」と呼ばれていた)に育てられる。「梶」は、江戸城代であった遠山氏(太田氏の説も)の出自で、同じ遠山氏の「天海」* により女官か側室に推挙されたらしい。倹約家の英勝院を家康は気に入って、駿府城の奥向きの大半を彼女に任せ、金蔵の鍵すら預けていたとさえ言われるとあります。シバの女王たち女スパイは、相手の性格を十分調査して気に入られるように取り入りますからね〜!さすが〜お見事!!

つまり、「江戸(徳川)時代」当初から、すでに『徳川幕府』には暗いサクソン王族サタニストたちの影がいっぱい忍び寄っていたってことに〜!さすが〜というか、恐るべし〜サクソンの女スパイ!

* 「天海」のウィキペディアの説明を読むと、天海は、無量寿寺北院の住職となり、1612年には無量寿寺北院がを再建し「喜多院」と改名したとか。。。すると、喜多文磨はアイゼンベルグですから、「天海」もアイゼンベルグだったことに!@o@*

天海大僧正〜日光の社寺 l 世界遺産
上のサイトでは、「天海」は、明智光秀だったとか。。。わたしは、明智光秀はジョゼッペだと思っていましたが、アイゼンベルグでしたか〜! まあ、そう言われればそうかも? ん〜、じゃあ、ちょっと「細川ガラシャ」の記事も変更しとかないと。。。(後でね)


また、徳川頼房は、第3代将軍「徳川家光」と年齢も近く、家光から兄弟のように慕われ、頼りになる身内として江戸に常住させられていたのだとか。さすが〜取り入るのがうまい!「お梶の方」の教育が良かったのでしょう〜!

(つづく)

(2012.11.17 2:30 p.m. 記述完了)

*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-13 03:46 | アングロ・サクソン王族 | Comments(3)

2012−11−12


引き続き、連日ニュースになっている悪の女王「角田美代子容疑者」による尼崎事件ですが。。。実際、そのほとんど7〜8割はエリザベス女王による犯行で、残りの最後のほうの犯行が身代わりとなって逮捕されている女性が行ったものです。

すでに、ご存知かと思いますが、エリザベス女王たちサクソン王族サタニストたち、つまりフリーメーソンとイルミナティが深遠な計略とともに進めている超陰謀のような感じです。それについては、先日より、このブログでも「『兄弟はイイ!』と象二郎は言った!:尼崎事件との関連1〜3」で書きました。

しか〜し!!ここに来て、もっと真相の深層の闇の計略が見えてきました〜!!!

それは、単にヤハウェ系の人々を民族浄化するためや、反抗するサクソン王族に対するへのみせしめというだけではありません。また、第二次世界大戦中の"ナチ" の「突撃隊」とその後の「親衛隊」、日本の「特高警察」* とやり口は似ていますが、今回の尼崎事件では、その意味合いがかなり違うようです。

* 特別高等警察〜ウィキペディア
特高警察:福岡県弁護士会
犠牲者数は、ここに書かれているのとは違って(福岡はヤクザの巣だし、サタニストの巣になってるし)、おそらく、この数の虐殺数(80人)、獄中死(1600人)など数十倍〜百倍くらいの人々が犠牲になっていることと推察されます!!!??????
特高警察〜コトバンク
神奈川県警特高の拷問の実態
治安維持法と特高警察
「人権委員会」は特高警察の甦りである

全体主義の怖いところは、「悪事を??見ざる、??言わざる、??聞かざる」にしてしまうことなんだよネ!!!


[角田美代子]サザエさんで学ぶ尼崎事件[李正則]

・この<主犯>角田美代子=エリザベス女王はもうお分かりでしょう。

・その夫(正式ではないけど)とは、サクソン王族の奴隷にされているヤハウェ系王族のトップクラスのR。

・角田美代子の妹(血縁関係なし)の「角田美枝子」は、おそらく、アレクサンドラ王女(レディー・オギルヴィ)こと林文子横浜市長です。

アレクサンドラ王女(仮名・偽名)=レディー・オギルヴィ夫人(ジョージ5世孫:サクソン王族たちが便宜上作った戸籍でウソ?オギルヴィも仮名、偽名)
http://urarala7.exblog.jp/14355515

2年がかり、レディ・オギルヴィ::世界の王室
http://yaplog.jp/theworldroyals/archive/909
上から、2番目の家族写真の母親は子供たちと全然似ていません。おそらく、本当の母親を殺して、マリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズが継母として戸籍に乱入していったのでしょう。それで、この頃、マリエ・ペルギアが映画「哀愁」のごとき計略で、ライオネル・ネイサン・ロスチャイルドと結婚する。ライオネル=マッカーサーで、母親のアリス=不思議の国のアリスのモデルは、サクソン王族の計略で強盗に襲われ自殺。その後、妻アリスを亡くしたばかりの父「レオポルド」はマリエ・ペルギアと結婚させられる。ところが、レオポルドを亡くなったことにして、財産を半分相続したマリエ・ペルギアは、今度はその息子のライオネル=マッカーサー(自分の義理の息子なんですけど)を狙います。そのために、マリエ・ペルギアは脳移植して他の女性として人妻ならぬ妻帯者のライオネルを誘惑して結婚。ライオネルの妻だったマリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズも相手がマリエ・ペルギアなのでおとなしく身を引く。っていうか、これも、ちゃんとサクソン王族たちの計画通りで事前に了解済み!そして、そのユージーンは、今度は、ロスチャイルドのイギリス本家の当主だった「ヴィクター」に乗り換えたということでしょう。

どうやら、父親のケント公ジョージ*という本当にジョージ5世の4男なる人物がいるのか?いないのか?ロスチャイルドの英国本家のチャールズ・ロスチャイルド(昆虫学者)、あるいは、チャールズの長男のヴィクターを利用するためにサクソン王族が創ったものなのか?それとも、ロスチャイルドを矢面にした戸籍にして、実際は、その影に隠れている本物のサクソン王族の戸籍なのか?

とにかく、ケント公ジョージの長男のエドワードというは、英国本家のジェイコブ・ロスチャイルドの写真ですし、ウィキにはケント公マイケルもロスチャイルドの人間になっていますが、下のサイトにはサクソン王族らしい男がケント公マイケルになっています。要するに、ロスチャイルドが表の顔(影の人間として、実際に彼らを操っているのがサクソン王族トップたち)として、フリーメーソンの仕事をさせられているということでしょうか?

アレクサンドラ王女の夫「アンガス・オギルヴィ」こと、"実"か、"仮"かの「父」か「祖父」(
おそらくこっちの祖父の可能性が高いような)は、上のサイトでは、2004年12月26日に亡くなったとあります。

*http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョージ_(ケント公)

http://ja.wikipedia.org/wiki/エドワード_(ケント公)

http://ja.wikipedia.org/wiki/マイケル・オブ・ケント
プリンセス・マイケル・オブ・ケント
http://yaplog.jp/theworldroyals/archive/206
こちらは、上のふたりと顔が全然違うので、おそらく、本物のサクソン王族です!

★★★なので、" 写真のオギルヴィ夫人は、どうやら、ジェイコブの姉か妹かのどちらか " のようです。そして、その夫は、おそらく、名義上、チャールズ(祖父)がなっていたものと考えられます。

そして、2005年か2004年末頃に、その名義上の夫(美枝子の実の父か祖父)をエリザベス女王が沖縄で、自ら手を下したのか、角田美代子ことオギルヴィー夫人にさせたのか分かりませんが、とにかく崖から突き落として殺害したのです。その弟(これが父親のヴィクターか?)も、2011年夏に美代子の監禁小屋で死亡したとのことです。

貸倉庫でコンクリ詰めか 尼崎変死、転落死の男性の弟(朝日新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2012102500011.html

実は、アレクサンドラ女王は、わたしが、2001年頃からDV相談(昔、結婚していた時の後遺症が心配で)で通っていた時の担当の相談員の「高橋」さんでした。

しかし、その後、2003年に藤沢職業訓練高等専門学校に通っていた時には、坂田先生という63歳くらいの以前は元広告会社にデザイナーとして勤めていたとかいう年配の先生に習ったのですが。。。いろいろ意地悪され、結局、クラスメートにもイジメにあい、ケガもさせられて中途で止めました。その時の学校の校長は、霞ヶ関の天下り官僚のような感じで藤沢以外にも、厚木?だったかの職業訓練所の校長も兼任していました。そして、との時の藤沢の副校長が、アンガス・オギルヴィ氏にとても似ていました。

まさか、あの高橋さんが、坂田先生とは信じがたいのですが、もしかしたら、高橋さんがアレクサンドラで、坂田先生がマリエ・ルイーズ・ユージーンだったのかもしれません。

とにかく、アレクサンドラ王女は、エリザベス王女に小間使いのように仕えているようですし、また叶美香=アレクサンドラですから。。。

それとも、アレクサンドラ王女というか、ジェイコブ・ロスチャイルドの姉か妹か?は、もしかしたら、シバの女王の脳を入れ替えられている可能性もあるのですが。。。。よく分かりません。でも、小間使いのように働かせられているとしたら、やはり、ジェイコブ・ロスチャイルドの姉か妹かなのかも?

そして、殺された美枝子の母親というのは、沖縄でなくなったチャールズ・ロスチャイルドの妻かもしれません。

実は、わたしが1981年秋から1982年春まで、イギリスのブライトンの英会話学校に通学していた時に、学校から紹介された家にホームステイしていたのですが、その家の奥さんがミセス・アブラハムという当時45歳?(本当はもっと年だったのかも?再婚みたいですから)くらいの女性で、サクソン王族系らしき夫アブラハム氏とは別居していて(もしかしたらトルーマン元大統領か?その子孫か?大金持ちなので離婚できないのだそうです。英国は法律で離婚すると財産を半分づつ分けるので)子供がふたりいました。

ところで、このミセス・アブラハムさんとその弟は、両親が早くになくなったとかで、オジさん夫婦に育てられたのだとかで、よくオバさんが来て子供たちの世話をしていました。たまにオジさんも来るのですが、その人がアンガス・オギルヴィ氏(鼻を大きくし、わざと顔を黒っぽくしていたようです)にそっくりでした。おそらく、チャールズ・ロスチャイルドではないかと。。。大人しい人でした。オバさんは、良い人で金髪でケルト系スコットランド人かな?って感じでした。この人が本当の奥さんなのかもしれません。

ミセス・アブラハムは、夫との壮絶な離婚騒動(長い木の棒で夫に頭を殴られ入院したので、後日、同じ目に遭わせたのだとか)で、一時、精神的におかしくなり、ちょっと性格が気難しくなったところがあったみたいです。わたしにもちょこちょこ困りごとを押し付けたりしてこられましたので、どうやらサクソン王族、特にエリザベス女王の言いなりになっていたようです。

また、私が多分、2005年の1~3月くらいに戸塚の横浜女性フォーラムで、相談員の高橋さんに会った時に顔色が悪かったので、「どうかされたんですが、元気がなさそうですが?」と聞いたら、「ええ、夫の父親が亡くなったものですから。。。」と答えられました。ですから、真実は、美枝子の夫ということになっているチャールズ・ロスチャイルドは2004年の12月26日に殺されたのでしょう。

それから、もし、オギルヴィ夫人=アレクサンドラ王女が脳移植されているとすれば、マリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズのクローンの脳を移植してあるかも?、あるいは、脳移植ではなく、本物のジェイコブの姉か妹はかなり昔に暗殺されていて、ユージーン本人か、そのクローンがオギルヴィ夫人に成り済ましている可能性もあります。これは、はっきりしません。ただ、彼らシバの女王の命令の言う通りに動いているだけなのかもしれませんし。。。

また、サザエさんの事件簿にある角田美代子の兄というのは、東伏見慈洽(ひがしふしみ じごう)=エリック・ロバーツ(エリザベス女王が変身したジュリア・ロバーツの兄)でしょうか?交際していた女性というのは誰か分かりません。

それから、「高松市のβ家」こと「橋本二郎?一家」についてですが、これは、もしかしたら、高知県知事をやっていた「橋本大二郎」一家のことかも?

橋本知事の息子は拉致監禁ではないのか
http://www.asyura2.com/2003/nihon3/msg/329.html

この福岡で知り合った前妻さんの二人の息子の次男が「李正則」ということにしてあるのでは。。。。サザエさんで学ぶ尼崎事件の図は、少し情報が錯綜(さくそう:物事が複雑に入り交じって混乱)している、っていうか〜、エリザベス女王たちがわざと警察にウソの情報をバラまかせているような。。。

自分のことl橋本大二郎公式サイト自分史
http://daichanzeyo.la.coocan.jp/history3.html

父のこと:龍伍について
http://daichanzeyo.la.coocan.jp/history.html
橋本大二郎 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/橋本大二郎

どうやら、夫=橋本大二郎氏と次女「瑠衣」(27歳)だけは生存しているようですが。。。となると。。。何か変ですね~

長女は、この人かも?
アナウンサー 橋本菜穂子の写真、画像ーNAVER
http://matome.naver.jp/odai/2126535921111183601
NHKアナウンサー
http://cgi4.nhk.or.jp/a-room/search/detail.cgi?id=385
橋本菜穂子(1980年生まれ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/橋本奈穂子

ということは、今、32歳ですかね~ まあ、瑠衣さんと年齢的に姉妹って言ってもおかしくない範囲です。2003年入局ですから、2002年に行方不明になった時期と合いますね~!この橋本家の長女が殺されたとしたら、養母を実の母のように慕っていたためなのかもしれません。(でも、生きている可能性もあるかも?)

この頃、次女の瑠衣さんは角田一族と尼崎で同居を始める。瑠衣さんは、2007年に角田美代子の息子と結婚。5年前だから、22歳で結婚したことに。すると、角田美代子の息子はおそらく、15歳くらいで結婚ってありえないから、まあ、同棲ってことかしら?

要するに、監禁リンチされたのは、主に新しい妻(この人は、ただの養母というか乳母)と、その妻の実家の家族のようです。これが、ヤハウェ系の家族だからか?つまり、二人の娘というのも、福岡のNHKの職員で子連れだった最初の嫁(これが、おそらく、マリエ・ユージーンかマリエ・ペルギアではないかと)との間の子供でしょう。ただし、ユージーンかペルギアはスパイ活動などで忙しいし、育児できないし。。。で、尼崎から養母(乳母)として選ばれたのが暴行されたアルファ家の長女で、ユージーンorペルギアはそのこと(ふたりの娘が自分ユージーンorペルギアの子だということ)を誰にも知られたくなかったので。。。殺したのでは。。***

橋本大二郎っていう人の母親は、橋本正といって、その父親は若宮貞夫*で、逓信官僚で、政治家です。写真を見ても分かるように、ヒヒ属のドリルの顔によく似ています。
*http://ja.wikipedia.org/wiki/若宮貞夫

また、橋本龍太郎元首相は、一族は元々は岡山県総社市出身とかで、やはり、サクソン王族たちの重要拠点の出身です。

また、石光という家も何か重要そうですが、おそらく、ジョゼッペでしょう。石田光成から来ている名字のような。

橋本家の祖先には渋沢栄一もいますよ。この人も、おそらく、サクソン王族でしょうね~!

要するに橋本家は、ゴテゴテのサクソン王族の名家のようです。そして、橋本大二郎さんが福岡で知り合ったNHK職員の女性が、マリエ・ユージーン or マリエ・ペルギアかも?だとしたら、こういう悲惨な事件をエリザベス女王に起こさせて、尼崎に次女瑠衣ちゃん*を連れて行き、ヤハウェ系王族Rを恐怖に陥れて、Rと自分との間にできた息子RR2(実は次男らしい)と瑠衣ちゃんを結婚させるのが目的だったということでしょう!!!

* http://ja.wikipedia.org/wiki/橋本愛_(1996年生)
このタレントさんが瑠衣ちゃんみたいな気がします。年は10歳くらいごまかしています。出身地熊本は橋本家の先祖にも関係が深い地のようです。

*http://matome.naver.jp/odai/2133951601806762901
一番上の写真を見るとかなりアゴが鋭角に尖っているようです。
*http://www.youtube.com/watch?v=gJ4jYSRl-vs
ユージーン=松本伊代にちょっと似てませんか?

それに、ユージーン or ペルギアもクローンを何人も創っているはずですから、民主党の岡本英子(すでに子供がいるので)にはクローンの脳を移植して、これからエリザベス女王とヤハウェ系王族Rの子供で次男のRR2との間に"一番大事な子供"を生む瑠衣ちゃんには自分の脳を移植しているかもしれません。

エリザベス女王とその手下のリンチやリンチ殺人にビックリしたRやその息子RR2は、その瑠衣ちゃんに同情し、何とか助けたいと思って、エリザベス女王が結婚するように言った時には断れなかったはずです。それが、ペルギアやユージーンたちの目的でしょう。

エリザベス女王とRの息子RR2と瑠衣ちゃんを結婚させて、その子供たちも2人いるというけれど、その子たちは、おそらく、瑠衣ちゃんと、どこか重要な家系のサクソン王族の息子との間の子供たちに違いありません。

そうやって、Rの長男RR1(嫁はヤハウェ系)の赤ちゃんRRR1は、ヤハウェとサクソン王族の半々だけど、エリザベス女王とRとの間の息子である次男RR2の赤ちゃんSSS1はバリバリのサクソン王族純血種の子供たちなわけで、いつかRの長男RR1の息子RRR1をその地位から蹴落とすか暗殺するかして、瑠衣ちゃんの生んだバリバリ-サクソン王族純血種のふたりの子のうちの一人SSS1をロスチャイルド家の跡継ぎにして、全てのロスチャイルド家を "サクソン王族トップたちの純血種 " だけにして完全に乗っ取るつもりです!!!

これが、尼崎事件の"一番の目的”で、マリエ・ペルギアやマリエ・ユージーンたちがエリザベス女王たちに命令してやらせたのでは?さらには、上のスメラやタコたちも合意していて、フリーメーソン、イルミナティなどが一緒にうまく呼応して動いているのでは?

だから、これもサクソン王族トップサタニストたちの自作自演の三文芝居です〜〜!!
それにしても、目的のためなら、残酷なリンチ殺人で犠牲者を何人も出すことなど平気なんでしょうね。
おお~怖~!!! ((( ><。 )))ガクガクブルブル〜〜〜


とにかく、何はともあれ、この瑠衣ちゃんはロスチャイルドを完全に乗っ取る為のサクソン王族の創り出した人間兵器ですから。。。本人には大変同情しますが。。。何しろサクソン王族・トップたちには、こういう陰惨なリンチに瑠衣ちゃんを参加させることによって、瑠衣ちゃんが精神的にズタズタになりマインドコントロールしやすくなるので一挙両得なのでしょう。

どっちにしても、瑠衣ちゃんに同情して、ロスチャイルドの次男RR2が瑠衣ちゃんと結婚するのは得策ではないのは明らかです!!!

につづく)

*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-12 13:48 | アングロ・サクソン王族 | Comments(3)

(1のつづき)

<いったい安倍家って?どんな家系?>

安倍宗任より四十一代末裔の安倍晋太郎 古沢襄 l 歴史・神話 杜父魚ブログ

安倍晋三・昭恵・晋太郎、岸信介家系図〜系図でみる近現代

安倍晋太郎
「関係する人物や団体」:義父・岸信介は「国際勝共産連合」・「統一教会」と友好的な協力関係を持っていたが、晋太郎も同じく、関係が深いとの見方が度々取りざたされていた。。。。2006年には、子息の安倍晋三が「統一教会」の関連団体のイベント(合同結婚式)に祝電を寄せたことが報道され、祖父や父の代からの深い関係があるのではと見られ波紋を呼んだ。(本人は秘書がしたことと否定)

岸信介・・・C(写真)

御殿場の妖怪が満州国国務院実業部総務司長だった

昭和天皇が嫌っていた松岡洋右と安倍晋三は親戚だった!そして岸信介がA級戦犯不起訴になった本当の理由

カナダde日本語 A級戦犯の岸信介が処刑を免れたのは何故か?

若宮貞夫・・・C(写真)
この若宮貞夫は逓信官僚であり、後に国会議員になりました。でも、写真のこの顔って、なんだかヒヒ属のドリルに似ていますよ〜!これも見ると、よく分かります〜 眉が八の字だし〜。。目とかも。。。顔の輪郭などもヒヒ属なんか似ています。

さらに、この若宮貞夫氏の写真と岸信介元首相の写真とを比べてみると、なぜか?と〜っても良く似ていますよ!そして、この若宮貞夫の娘「正」が、橋本龍太郎元首相の継母であり、その弟で、次男の元高知県知事・橋本大二郎氏の実母です。

安倍晋三の父親は元外務大臣「安倍晋太郎」、母洋子の父である祖父は、戦後の元首相「岸信介」、叔父には佐藤栄作がいます。

佐藤信寛〜ウィキ
長州藩校明倫館に学び、江戸で兵学を修め、吉田松陰(アイゼンベルグ)にも兵要禄を授けたそうです。とすれば、アイゼンベルグよりもっと上位のサタニストってことですか?それとも、アイゼンベルグこと吉田松蔭が子孫である佐藤信寛に兵要録を授けたのかも?

佐藤信寛〜スパイシー
右端の相関図を拡大してマウスで引っ張ったりして見るとよく分かります。


<安倍氏、阿部氏の出自>

前九年の役(1051〜1062年)
平安時代後期の奥州(東北地方)を舞台とした戦役で阿部氏が滅び*、清原氏が東北の覇者となった。
*つまり、男は皆殺し、女は側室などに。そして、源氏に戸籍を乗っ取られたのでしょう。ですから、現在の「安倍家」、「阿部家」はほぼみなサクソン王族家系になっているかも?わたしが勤務していた赤来中学には「阿部」さんって生徒がいました。おそらく、父親がサクソン王族で、母親がヤハウェ系〜阿部氏?のような気がします。わたしが教えていたのは2年生の女生徒で、3年にもお姉さんがいましたけど、二人ともイイ子でしたよ!彼女たちの母親が本物の「阿部家」の血流(女系のみ)のような気がします。赤来あたりの奥出雲には、重要なサクソン王族家系が集まっているので。(宍道湖周辺も、石見銀山の大田市周辺もそうですし、まあ島根はかなりの部分がそうなのかも?でも、その分、重要なヤハウェ系王族家系の女系もいるということになりますかね?!だから、田部タコや梶タコや柏木タコや荒木タコや境タコや山田タコや岡田タコや大谷タコや中島タコ(中島タコは岡山が主流ですが島根にも)などの怖い人もいるにはいるけど、その他は、案外イイ人も多いんですよね〜!)

なので、安倍晋三家は、佐藤家、岸家などと養子縁組をしたりして、しょっちゅう戸籍が入れ替わったりしていますが、これは、それ以上に、かなり複雑に養子をとっていると考えられます。女系によって生き残った安倍家の血筋というのとは全然違うようです。だから、安倍晋太郎元外務大臣が「自分は朝鮮人だ。」と言ったのでしょう。安倍晋太郎氏と安倍晋三氏も親子といえども、全然似てませんし。。。


治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん、1180〜1185年)

?? <おまけの参考資料>
西郷隆盛
この西郷さんが連れている犬って、なんだかオオカミみたいな。。。

p.s.

上の本文で、何気なく「あべ」を安倍にしたり、阿部にしたりパソコンの変換の時にあまり気にせずしていましたが、やっと自民党の総裁は、"安倍"晋三であることに気がつきました!それで、訂正しておきました。その際、「安倍氏」と、「阿部氏」の違いを調べたら以下のようで、いろいろな興味深いことも分かりました!

阿部氏_(徳川譜代
戦国時代に三河国の松平氏(後の徳川氏)に仕えた最古参の譜代の家臣には酒井、大久保、本多、阿部、石川、青山、植村の七家があったということです。

阿倍氏
古代日本の豪族に由来する貴族の氏の一つ。孝元天皇(紀元前273~158年)の皇子大彦命(おおひこのみこと、第1王子)を祖先とする皇別氏族(皇室から臣籍降下した諸流)ということです。まだ、ヤハウェ王族系の元祖「大和朝廷」の時代なので、後のサクソン王族系「大和朝廷」とは違います。

ということは、どうやら紀元645年の中臣鎌足(=藤原鎌足=ジョゼッペ)と中大兄王子(=象二郎)が皇極天皇(=斉明天皇)らと起こしたクーデター「乙巳の変」(いっしのへん、おっしのへん)の時に、蘇我入鹿たち蘇我氏と共に阿部氏も男系は一部惨殺され、その後の「前九年の役」で、東北地方を治めていた阿部氏も完全に滅亡させられたということでしょうか?!そして、女系の血筋のみを婚姻により残し、その戸籍も乗っ取るというサクソン王族サタニストたちのいつも通りのパターン。蘇我氏が石川氏になったり。。。阿部氏は、安倍氏になったりした者もいたのではないかしら?と'うららおばさん’はご勝手に推察します。

というのも、「安」のつく名字は扶余系らしですから。しかし、わたしの父親は、ヤハウェ系王族の家系らしいのですが、名字ではなく、下の名前が「安○」です。でも、この下の名前に「安」がつくのも、ヤハウェ系王族だけでなく、サクソン系王族にもいるみたいなので、なかなか名前だけで判別するのは難しいようです。

ウィキペディアの「孝元天皇」の似顔絵を見ると、わたしが赤来で教えていた阿部さんにちょっと似ているような気がします。彼女はちょっとポチャッとした顔でしたけど。。。太っているほどではなかったですけど。

しかし〜、安倍晋太郎氏や安倍晋三総裁とは、全然似てませんよね!

さらに、現在、自民党総裁の「安倍晋三」の父親である「安倍晋太郎」元外務大臣(NAVERの下のほうの写真)は、統一教会始祖の「文鮮明」に似ているだけでなく、あの「スターリン」(ソ連共産党元書記長)でもある奥田碩元トヨタ自動車会長にもかなり似ていますよ〜!この人は、ブッシュJr.元大統領を操り、米国をアフガニスタン戦争、イラク戦争へと積極的に導いた影の極右リーダー「リチャード・パール」でもあります。なにしろ、何万年、何千年と生きている吸血鬼モンスターの一人ですから。何度も言いますが、この安倍家はローマ帝国のサクソン王族名門クラディウス家の直流血族であるようです。

奥田碩前会長、御手洗富士夫会長、経団連史上最悪の「不出来の会長」だった (板垣英憲「マスコミに出ない政治経済の裏話」)

奥田碩
この顔もちょっと変装していますけどね〜。

奥田碩の娘であるローラ・ブッシュ元大統領夫人の顔は、リチャード・パールの時の顔に近い感じ。(もちろん、口紅はしてないし化粧もこれほど濃くないし、髪型も大部違うけど)


(2012.11.21 追記)

p.s.2

奥田碩(=スターリン=リチャード・パール)に関するこのブログ内の関連記事:

1. 奥田元トヨタ社長≒リチャード・パールか? そして、パールの娘がローラ・ブッシュと気づく!

2. リチャード・パール=奥田碩ブッシュ義父=スターリン!象二郎=レーニン!ジョゼッペ=トロツキー!

3. 『極左=極右』 スターリン=リチャード・パール!トロツキー=ヒットラー!レーニン=ムッソリーニ!

*なお、上の3つの記事の中で、この頃に「シュメール人」(この時は、アシュケナジム・ユダヤだと思って使っていました)と書いていた人々は、2012.08.30になって、本当の名は「ヤハウェ系の人々」だと判明しましたので、その点ご了承ください。それ以降はアシュケナジム(仁であり、義や道徳や善を重んじるほうの人々)は、ヤハウェ系と書いています。

つまり、シュメール人=スメラミコトの率いるスメラ人=スファラディム・ユダヤ=サクソン王族だったということです。しかし、歴史書では、古代メソポタミアに最初に文明をもたらしたのはシュメール人(=スメール人=スメラ人)となっていますが、実際は、そうではなく、本当は「ヤハウェ系の人々」がエジプト文明、メソポタミア文明、インダス文明、黄河文明をそれぞれの地に最初にもたらした人々です。

(2012.11.22 2:00 a.m. 追記)

*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-09 16:50 | アングロ・サクソン王族 | Comments(3)

2012−11−08

このブログ内の関連記事:
「ヤハウェ」の渡来 vs. 「須=すめら」の渡来 その6・・・*

上のサイト*内のリンク先「** クレオパトラ〜不思議館」内のマルクス・アントニウスの彫像・Aと、下のサイトの安倍晋三の写真・Aを比べてみてください!! 

ネ!瓜二つでしょう!!!眉も目も鼻も口も、全体的な顔の輪郭も全くのうり二つです!!気味が悪いくらいです。
(2015.05.01 訂正:分かりました!安倍首相はマルクス・アントニウスの顔に似せるようにアングロサクソ脳族に命令されてそのような顔に造っているのです)

「ローマ帝国」直前、「共和政ローマ」末期のあのシーザーの部下のマーク・アントニウスは、シーザーの暗殺後、シーザーの姉の息子(つまり、甥)で後継者指名されていたオクタヴィアヌスと闘って敗北し自殺したはずなのですが。。。

不思議館サイト**の説明と、わたしのブログ*内のそれに関する説明を読んでください。
(なお、上のサイト**には、シーザーの悪口がかなり書いてありますが、実際のシーザーは、そのような好戦的な人物ではなかったようですよ!元老院の命令で戦争に向かわされていただけでしょう。このブログで以前に書いた次の記事を読んでいただければ、きっとご理解していただけるかと思います。ローマ帝国2大皇族血流:「ユリウス家」と「クラディウス家」
それから、シーザーを暗殺した首謀者のブルータスは、おそらく、(今はブルース・シャントと名乗っていたりする)アイゼンベルグでしょう。シーザー暗殺後、アントニウスによって殺されたとありますが、それもブルータスの替え玉が殺されたんで、実際、アイゼンベルグは今も生きています。

安倍晋三〜ウィキ・・・A
それにしても、サイト内にあるブッシュJr.元大統領と一緒のたくさんの写真を拡大してよ〜く見てください。眉・鼻・頬・口の形など実によく似たところが多いですね〜!目尻、眉尻が垂れてます〜。額とアゴの大きさがブッシュJr.のほうがちょっと大きいくて違うくらいです。まあ、あと目蓋が阿部さんのほうが腫れぼったい感じでそこもちょっと違いますが。

マルクス・アントニウス〜ウィキペディア

ネットにはシーザーに関するウソがいっぱい書かれたブログがたくさんバラまかれています。何度も言うようですが、シーザーが終身独裁官だったというのは間違いです。共和政ローマで一度だけ独裁官になったのは、「スッラ」という少年時代のシーザーを暗殺しようとした人物です。

「アクティウムの海戦」後、クレオパトラが自殺したというのも、"替え玉"(もしくは、ま、まさか、すでにクローン人間?)に自殺させていたのは確実で、クレイオパトラ=マリエ・ペルギアは、ず〜っと現代まで生き延びているのです。アントニウスの自殺については、はっきりとは確信は持てませんが、もしかしたら、やはり脳移植で現代まで生きている可能性があるかも?とすれば、安倍晋三。。。

(2015.05.01訂正:マルクス・アントニウス=安倍晋三ではないから、すると。。。いったい誰? やっと、分かりました〜!俳優の勝新太郎=日本財団の会長だった故「笹川良一」=オウム真理教の麻原教祖=勝英二郎元財務次官です!!!下のサイトAのアントニウスのイラストと下のサイトB、Cの勝新太郎の写真を比べると、多少の変身はしているもののほぼ同一人物と分かります。そして、勝新太郎はウチの母の妹で美子・偽叔母さん(親戚の服部家に嫁ぐ。昭憲皇太后* に似ているかも?)の3男で服部慎太郎という私と同い年の従兄弟にソックリです。子供の頃は勝新太郎とは似ても似つかず、それにちょっと知的障がいがあったようです。しかし、最近、その妹のまし子さんの結婚式の写真を見たら下のサイトCの勝新太郎の若い頃にソックリに写っていました。子供の頃、あるいは大人になってから入れ替わったのか?ほんものの服部慎太郎さんの身体に勝新太郎の人工知能を移植したのか?のいづれかだと推察されます。)


(ネット上ではアゴが以上に長く修正されている写真が多く見られます)

古代アレクサンドリアをめぐる人物 アントニウス、マルクス
B.C.44年にシーザー(=カエサル)とアントニウスが同時にコンスル(執政官)になったとありますよ〜!!そして、同年、シーザーが暗殺されたとありますから、まず独裁官になったということはありえませんね!
マルクス・アントニウス - はてなキーワード

ところで〜ビックリ!仰天な記事がありましたよ〜!!!次のサイトにある中央日報の記事ですが、元ネタは「週刊朝日」2006年10月6日号の内容のようです。

安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」l 中央日報・・・B(晋太郎氏の言葉)

安倍晋三元首相の父親「安倍晋太郎」元外務大臣が「私は朝鮮人だ。」と自ら家政婦さんに言っていたというのです。え〜!とわたしも思いましたが。。。。

その後、下のブログ*を見つけて、その晋太郎氏の写真を見て、「あ〜!も、もしかして〜この晋太郎氏って〜あの〜『統一教会の文鮮明』**に似てるかも〜〜〜〜?」と思って調べてみました〜

安倍晋三を首相にするとウォール街のユダヤ人が儲かるワケ・・・B(晋太郎氏の写真)

児玉誉志夫は、麻薬密売でも儲けていたんでしょうけど、高額のダイヤや貴金属は、満州にいた人々(中国人、日本人を問わず)から強奪したりして手に入れたものです。ウチの両親の場合は、戦後一年後にやっと日本に帰れることになり満州製鉄の社宅を出て、汽車で引き揚げ船の出航する港まで行く途中のことでした。突然、日本兵たちが現れて汽車を止め、「中国軍が金目の物すべてを出さないと汽車を進めさせない。」と言って、金目のものはすべて出させたのだそうです。で、今ならわたしにも分かるのですが、その時の日本兵は絶対に児玉誉志夫たちであっただろうということです。ずっと昔に、ロッキード事件の頃ですが、テレビで”児玉が満州で集めた宝石や貴金属を袋に集めて一杯日本に持って帰って来て、それを自民党を創る資金にした”とかって放送していましたから。

また、GHQは、マッカーサー*(ロスチャイルド家の人間だがヤハウェ系=人間)が司令官になっていたものの、実質の権限はサクソン王族の副司令官にあり、その副司令官もスメラやタコたちの命令を聞きながらマッカーサーを操っていたのでしょう。GHQと言えば、マッカーサー以外の何者も表立って名前が出てきません!マッカーサーを矢面に出して、その裏で、日本、日本人からごっそりと財を奪う計画を立て実行していたのは、日米のサクソン王族たちでしょう。

CIAは、イェール大学卒たちの秘密結社スカル&ボーンズに代表されるようなサクソン王族の幾つもの秘密結社らのメンバーなどによってコントロールされているのではないかと推察します。当然、その上には、英国王立研究所、つまり、英国王室ウィンザー朝を始めとする神々たち(公爵、伯爵などの上位の王族でもある)が君臨しているのでしょう。さらに、そのウィンザー朝を操っているのが、スメラやタコたちなんでしょうね〜!

* 日本兵がマッカーサーに敬意を評して背を向けて立っていた。 - YouTube
あら〜、最初っからジョブくらわして〜! つまり、旧日本帝国陸軍幹部たちは、最初からマッカーサーをバカにしていたんですね!マッカーサーはヤハウェ系王族だから。。。日本にはサクソン王族の神々(スメラ、シバの女王、ジョゼッペ、象二郎、アイゼンベルグ、スターリン=奥田、重光葵*たち)がいるんだゾ〜!おめえ、甘く見るなよ!ってとこですかネ〜 ??;

*重光葵....今、かなり気になっている人物です。そうとう上位にいるサタニストだと思われます。それから吉田茂の父親みたいな。。。
アレ〜!、東伏見慈洽の写真とはかなり似ています!!!とすれば、満州で手榴弾を投げられ足を失ったというのは大ウソです!ジョゼッペも弱視を装って、わたしの故郷仁万に小林という家庭を持ち、白い杖をついて障害者のふりをして歩き、いつもは大阪でマッサージ師をしていると奥さんに言わせていました。だから、おそらく、戦後の関西の有力な実業家「小林中」もジョゼッペです。り、わたしが通っていたキリスト教会にアイゼンベルグらしき老人も身体障害者のふりを来てしていました(外見はそう見えないのですが、若い時に結核を煩って背中に穴が空いているとかってご本人に障碍者手帳を見せられました)。その後、2年位して亡くなられたとのことでしたが、彼らがいつも使う手口です。

若き日の重光葵 l 末の間の床の間 下の写真のほうが、東伏見慈洽に似ているような。。。。また、渡辺篤も東伏見慈洽です!重光葵-連合軍に最も恐れられた男-福冨-健一
この写真はちょっと違う感じですが。。。それでも、この本のタイトルから、重光葵(=東伏見慈洽)が、GHQなどにも相当な影響力を及ぼすことができるほど絶大な権力を握っていたということは歴然としています!

「若き日の重光葵」の上の写真は、なんか瀬島龍三**にも似ているような〜!!わたしは今まで、瀬島龍三は、ジョゼッペだとばかり思っていましたが、どうやら東伏見慈洽のようです。額の生え際がウィキの少年時代の写真とよ〜く似ています。

**昭和の生き証人・瀬島龍三氏死去 - 軍事評論家=佐藤守のブログ
[瀬島龍三と源田実]:リチャード・コシミズ7/11/2009 東京学習会
日本の戦闘機(あの中島タコの会社=中島飛行機)にはゼロ戦より優秀なものがあったのに、わざとゼロ戦を使って特攻隊に自爆させていた!!また、ソ連と話し合ってシベリアへの捕虜抑留を決めたのも瀬島だった!!捕虜の悲惨な苦役や大量死の映像を見てください!!!

新・平成日本のよふけSP 瀬島龍三 1/3 これは、本人ではないでしょう!すでに、蟹江→エリックに変わってますから。このおじいさんはクロカモのひとりで、シベリア抑留の状況をよく知っているクロカモのひとりでしょう。小松左京あたりかも?似ているような。。。
源田実
ウィキの説明は長いので、以下だけ見れば十分かも?
源田実考:イザ! 自分は小心者のくせに、ヤハウェ系の若者は絶滅しろ!!ですか〜?

★★★★★ また、JFK(ジョン・F・ケネディ)は、以前にも言いましたようにジョゼッペであり、暗殺なんかされていません。パレードの車で銃撃される直前に車の下からマンホールを通って地下の下水道に入って逃げたのです。まさに"マジックショー" をやってのけたのでした!

★★★ また、ブッシュ一族は、スカル&ボーンスのメンバーで、ウィンザー朝と血縁関係の深いサクソン王族トップにいる血流たちの中の最も重要な一家系です。

『ユダヤ』という言葉も、スファラディー・ユダヤ(=サクソン王族)たちがと〜てもうまく利用している言葉なんです。自分たちサクソン王族がやっている悪事をすべてアシュケナージ・ユダヤ(=ヤハウェ系王族)に押し付けるために彼ら(アシュケナジム)を「ユダヤ」と呼んでいるのです。つまり、1866年以降、ウォール街を庶民を苦しめる為にメチャクチャに操っているユダヤはスファラディー・ユダヤ=サクソン王族です。しかし、彼らの下でこき使われ、金融の几帳面な実務を担っているのは優秀なアシュケナージ・ユダヤの人々です。そして、サクソン王族のしでかす悪事のために、その悪名を一身に浴びせられているのはアシュケナージ・ユダヤ(ヤハウェ系王族)ということなのです。サクソン王族たちは、この「ユダヤ」という言葉を実にうまく使って悪にまみれたわが身を陰に隠しているのです。

「日本版ネオコンと軍産複合体の結託」のリンク先もクリックして、しっかり見てくださいネ!
ネオコン政治家・・・[筆頭] 安倍晋三、石破茂*
*(鳥取県ー柏木タコ、境タコの郷里出身、石破はヤハウェ系王族石川氏を破った一族の意味?)
安倍首相は最近はネオコンとは言えないような穏健派に変化してきたようです。今まではアングロサクソ脳族たちに脅迫されていたので仕方がなくネオコンに近い政策をとらされていたのでしょう。

[若手]......「新世紀の安全保障体制を確立する若手議員の会」
代表世話役 武見敬三(自民) 
世話人   石破茂、浜田靖一、米田建三、山本一太(自民)
      前原誠司(民主党)
      浅尾慶一郎(みんなの党)
      上田勇(公明党)
メンバー103名もいるとか。。。。ガッカリ!

[新旧国防族]......「安全保障議員協議会」
会長 瓦力、 副会長 久間章生、名誉顧問 綿貫民輔、事務総長 額賀福志郎 (以上は自民)
常任理事 前原誠司(民主)


**<<文鮮明教祖>>

ところ〜が、文鮮明は、つい最近、今年9月3日に亡くなっていたのです!しかし〜、ニュースでは全然報道されていませんでしたヨ〜 あれだけ世間を騒がせた人物なのに。。。なんだか、おかしいですね〜!それさえ、何かサタニストたちの意図があるようで不気味です〜

統一教会創始者・文鮮明氏が死去 霊感商法が社会問題に〜2012.09.03朝日デジタル

統一教会の文鮮明教祖死去にあたって 2012.09.03

統一教会の文鮮明氏死去、信者らが弔問

文鮮明師 追慕映像・・・B(文鮮明の顔)

そして、このビデオの映像にある文鮮明の中年くらいの時の顔と安倍晋太郎元外務大臣の顔(メガネをとったところを想像してみて!)が、やっ〜ぱり!似てます、似てますぅ〜

「民主党の中道路線を歓迎。平和志向&脱原発で保守タカ派と闘うべし。」::2012.11.03 日本がアブナイ!

民主党は、まあ変な議員も多いけど、まともな人もまだけっこういるみたいなので、衆議院選の前に国民によく分かるように、ハッキリと別れてくれると良いのですが。。。

(つづく)

*コメント欄も見てくださいネ!

[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-08 16:30 | アングロ・サクソン王族 | Comments(4)

ところで、「ヤハウェ」の渡来 vs. 「須=スメラ」の渡来 その5で、オロチョン族の説明をしていて、モンゴロイド系が「北京原人」が元になっているのかもしれないということ、さらに、その北京原人とは。。。。その元になっているのがオナガザル科の「アカゲザル」や「ヒヒ属」ではないかということを説明していました。そのアカゲザルやヒヒ属の説明が長くなり、結局、このシリーズの5、6、7にまでになってしまいました。

でも、よ〜く考えてみると、『シバの女王』たちを輩出したオナガザル科のヒヒ属やアカゲザルやベニガオザルなどは、結局、「シェバ人」(猿人か?原人か?旧人か?)ってことになってしまいます!!!


じゃあ、いったい『北京原人』は?どのお猿さんとスメラミコトとの遺伝子を組み合わせたの???ってことに。。。

そして、再度、北京原人をネットサーフィンして調べてみることに。。。
そして、やっとこさ次のサイトに〜〜当たりました〜!
「周口店の北京原人遺跡 旅情中国」*を読んで、さらに一番下の幾つかの写真のうち、「北京猿人の像」を拡大して見ると、アレ〜!北京原人って、チンパンジーの顔そっくりじゃないですか〜!!**

**チンパンジー

チンパンジーの:
[生態]
●ナックルウォーク(要は拳を軽く握って内股歩きする感じに近い〜)
●群れが他の群れと敵対し、殺し合いをしたりする。
●子殺しを行うこともあり、加害者・被害者ともオスが多い傾向がある。
●サルを集団で協力し狩猟することもある。

[社会行動]
●特定のオスメス関係にもとづいた繁殖をしないので、人の社会における父親に相当するものはない。
●個体間の序列がハッキリしている。この順位を巡っての争いがある。オス間での連合の形成が見られる。
★★★特に、「子殺し」の習性がある。さらに殺した赤ん坊を食べてしまうことがある。

[人間が襲われる事故]
●猛獣であること。
●まず、相手の手の指の骨を折り、目を潰そうと攻撃してくる。
(なんかルミナティの子供たちが、他の子の目に物を投げて怪我をさせるのに似ています〜!こんなところに原点があったのですか〜!??)
●成獣では、200〜500kgもの握力がある。

また、上のサイトの右端にあるチンパンジーの分布図を見ると、1の場所は、現在のエリザベス女王の身体であるジュリア・ロバーツの父親の出身地らしきシエラレオネと一致します。

このブログ内での参考記事
女優ジュリア・ロバーツ←中村玉緒&寿美花代←エリザベス2世  <2>

北京原人遺跡 l 世界遺跡 JTB-CHINA

「☆周口店の歴史及びエピソード」のところを読むと、北京原人の化石は、ジャワ島でも発見されたということで、アフリカ〜ジャワ島〜アジアまでやって来たということは、ネアンデルタール人じゃないですか!!!やっぱり、旧石器時代後期にネアンデルタール人とシェバ人が世界中に拡散していったということですね。そして、場所、場所で名前が違うけどこのネアンデルタール猿人を「〇〇原人」と呼んでいるんですね〜 でも、北京原人はほんとうは北京猿人だったのですね〜!
あの映画「スタートレック」にあった場面のように、クロマニョン人を狩っていた猿人軍団でしょう〜!

でも、約1〜2万年前ごろには、北京辺りには様々な原人がいたという記事も以前読みましたから、ゴリラから進化した猿人もいたことでしょう。もともとゴリラ***とチンパンジーは兄弟みたいな種だそうですし。その両者の異種交配もあったことでしょうし。。。

***ゴリラ
ローランドゴリラ〜ナショジオ日本公式サイト
ゴリラ〜ウィキペディア
●ゴリラは普段はわりとおとなしいそうですが、交尾時期には、オスがメスを殺すこともあるらしいです。
(ず〜っと昔に見たテレビドラマ(確かNHK)ですが、第二次世界大戦中の朝鮮が舞台になっていて。。。日本の将校がキリスト教会の白人の青年牧師と恋をしている若い娘を兵舎?に引っ張って行ってレイプして惨殺して、その青年牧師の教会の前に放り出していったドラマを見たことがあります。最近、分かってきたのですが、あの時の残忍なエロ気違い将校は、きっと児玉誉志士夫(=象二郎)だったろうと。。。う〜ん、象二郎が身体は「ゴリラ」とスメラの遺伝子配合で、前頭葉がカエルとコウモリの遺伝子配合の扶余だとすると、「そうか〜!やっぱり、それで〜!!」って感じです。絵本「不思議の国のアリス」に登場するティーパーティーのふたりは、以前にも言いましたが、やはり、「いかれ帽子屋」がジョゼッペで、「三月うさぎ」が象二郎です!!なぜ三月ウサギなのかも分かりました!三月は、ウサギの繁殖期(3〜10月頃)の一番始めの月で、交尾が一番活発な月なのだとか。それだけ、象二郎が色気違いということでしょう!!!ただし、象二郎はホモではないとか。ジョゼッペはホモで、女好きで、両方らしいです。)あ〜、まったく〜この人たちの話をすると吐き気がしそうですぅ〜 ??
●「人間との関係」のところに、「カルタゴの航海者ハンノは、紀元前480年頃に西アフリカ(シエラレオネ辺り)へ遠征した際、ある島に上陸し、「ゴリライ」と呼ばれる毛深い女ばかりの部族と接触したとあります。男たちが逃げたのに、その女たちは逃げもせず、ハンノたちが捕まえると噛みつき引っ掻いて抵抗した。。。。」その時、ハンノ一行はその女たちを惨殺したようです。その後、ローマのスキピオがサクソン王族系が支配していたカルタゴを打ち負かした時に、トログロディッテ・ゴリラと命名した。これによってゴリラの存在が認知された。ヨーロッパで信じられていた居穴人「トログロディッテ」という人間に似た怪物の正体とされたチンパンジーと、新発見されたゴリラとが仲間であると推測された為とか。

ん〜、エリザベス女王のジュリア・ロバーツはどっちかな?「チンパンジーか?ゴリラか?」+マントヒヒ+ダチョウのようですが。。。

キュアゴリラ
 この若者なんかは、けっこう良い人みたいなのですが。。。

王子動物園 ゴリラ YouTube このマウンテンゴリラに良く似たおじいさん見たことアル。。。って思ったら。。。なんだか山田タコ(山田教頭先生=山田教育長=境政郎*)=岡田タコ(小人だった生徒、イオンの岡田家一族)に似ているような。。。それに、児玉誉志士夫(=象二郎)にほんとよ~く似ていますよ〜!!!
*境政郎....フジサンケイを統括する(株)エフシージー研究所会長
このブログ内の関連記事:
 タコ系の境氏≒酒井氏と山田氏≒岡田氏も非常に関係が深そう!

Gorilla Fight ゴリラの喧嘩(けんか) YouTube

ボノボ
コンゴに生息するボノボは、比較的穏やかでマナーが良い霊長類ということです。でも、チンパンジーによく似ているようですが、よ〜く見ると違うところもあるような。。。???
(訂正):ボノボは、チンパンジーの一種で、中央アフリカのコンゴに生息しています。いままで、間違った情報が伝えられてきたようですが、ほんとうはチンパンジーと行動が似ていてやはり、獰猛なサルのようです。
このブログ内での参考記事:
'うらら’のご勝手推察=「人類とは? 1」 類人猿〜旧人〜現生人類(新人) 
( ?? 本日、かなり加筆訂正しましたので、ぜひ、お読みくださいマセ!)



>>> 5で説明途中だった「オロチョン族」(=オロチ族)にもう一度戻っていきま〜す!

<中国少数民族 オロチョン族(2)>で、紺字のところ。。。
「モンゴロイド系といっても、この段階では、まだ『北京原人』*(猿人の次が原人)、または『山頂洞上人』**(旧人〜新人)のどちらかぐらいでしょう。」

と書きましたが。。。

山頂洞人(=上洞人)
「ヨーロッパのクロマニョン人と同時期の、後期旧石器時代* の人類であることが明らかになった。東アジアで最初に発見された "現世人類" であった。」とあります。つまり、北京猿人が進化して山頂洞人になったのではないのです。山頂洞人は、きっとヨーロッパのアルタミラ洞窟やラスコー洞窟に隠れて暮らしていたクロマニョン人(ヤハウェ系)と同じく、「ネアンデルタール人」を恐れて山頂の洞窟に隠れて暮らしていたヤハウェ系の人たちだったのでしょう。
* 旧石器時代後期4万〜1万3千年前 人口:220〜300万人 

また、「旧石器時代中期(30万年前?火星で?〜4万年前)ネアンダール人が広がった。極東アジアの中期石器文化の特徴からヨーロッパから来たネアンデルタール人に依ったものではなく、アジアの原人から進化した古代型新人によって形成された可能性が大きいと言われる。」とあり、やはり、北京原人から進化した新人がモンゴロイド系と考えられます。モンゴロイド系は、山頂洞人(おそらく、クロマニョン人=コーカソイド系と同じ)とは別種です。

人類の直接の始祖は、クロマニヨンなのでしょうか?〜教えて!goo
「クロマニョン人は、40,000~10,000前にヨーロッパに生息したホモ・サピエンス。同時代・他地域の上洞人、港川人など「化石現生人類(絶滅なら)」とも言う。シャンスラード人・グリマルディ人はクロマニョン人の同類・近縁とされる。」とあります。でも、クロマニョン人、上洞人、港川人、シャンスラード人、グリマルディ人、その他などは混血しながら進化し現代に至っていると考えられます。なので、クロマニョン人系が絶滅したということではないでしょう。

シャンスラード人
グリマルディ人

旧石器時代中期〜後期の文化(ウィキの順番とは違って、この123の順が正しいと考えられます)
1. オーリニャック文化(クロマニョン人の文化)
2. シャテルペロン文化(ネアンデルダール人の文化)
3. ムスティエ文化*(ネアンデルタール人の文化)

*「ヨーロッパにおける旧石器時代後期に栄えた文化のこと。北アフリカ、ヨーロッパ、近東でムスティエ文化の痕跡が見られるが、シベリア、アルタイ地方まで分布が見られる。古典的ネアンデルタール人らが活動していた時期と一致しているが、一部では変種も見られ、これは現世人類タイプの人々が営んだと考えられており、西アジアでは原クロマニョン人の化石と共に発見された例も存在する。」

ところで、「旧石器時代」の次は「中石器時代」**で、そのまた次は「新石器時代」なのだそうです。しかし、旧石器時代が終わったのはなぜ?次の中石器時代ってどんな風だったのでしょうか?

レバント(=東部地中海沿岸地方の歴史的な名称)

(広義)ギリシャ、トルコ、シリア、キプロス、レバノン、イスラエル、エジプト
現代では(狭義)シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル(および、パレスチナ自治区)

テル・アブ・フレイラ
11000年以上前に穀物を栽培した跡が見られ、現在のところ「人類最古の農業」の例。
テル・アブ・フレイラの遺丘(いきゅう)の下から見つかった亜旧石器時代の住居跡『アブ・フレイラ(1)』は、今からおよそ11,000年前(B.C.9000年)に成立し、10,000年前(B.C.8000年)頃まで続いた。

また、11,050年前(B.C.9,050年)のライムギの耕作・栽培の証拠がこの遺跡から検出された。この時期は、最終氷河期が終わり、温暖化に向かっていた気候が再び急激な寒冷化を迎えたヤンガードリアスという寒冷期の始まりに当たり、この地域の乾燥化によって野生動物や野生ムギ類が減少し、採集にに依存していた人々は食料確保のために農耕を始めたとされている。

この後、放棄されていた時期を挟み、今から9400年前から7000年前にかけて、新石器時代(8500年前〜青銅器時代***になるまで)のテル・アブ・フレイラの集落『アブ・フレイラ(2)』が成立した。
***青銅器時代



中国の少数民族オロチョン族
<言語> 「アルタイ語族*、満州・ツングース語」
「ツングース語に属するオロチョン族の言葉を使っている。民族独自の文字は持っておらず、公用語は中国語」とあります。

*では、アルタイ語族とは。。。


サハリン州
サハリン島(樺太島)とクリル諸島(千島列島)を管轄し、極東連邦管区に所属する。

ロシア極東旅行記 サハリン〜ハバロフスクへ 2006年

中国百科〜山頂洞人の骨針とアクセサリー


大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。

*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2012-11-05 21:15 | 人類 | Comments(2)