今日たまたま、あるところで、「女性セブン」を読んだのですが、「東京電力の値上げ」、「関西電力の節電要請」などサクソン王族サタニストたちが経営陣をほぼ独占し、かつ、多くの株主となっている電力大手10社の相も変わらずの親方日の丸のごとき、ごう慢な経営体質が暴露されていました。昨年の3.11東北大震災、福島原発事故以後も、彼らの考え方、やり方はまったく変わっていないそうです。すでに東電などは電力値上げと言う前に昨年から電気料金を調整費とかって実質値上げをして私たちの電気料金に上乗せされているのだそうです。なのみ、今度また、さらに値上げしようとしているのです。

「女性セブン」にはかなり詳しく取材し、詳しくレポートされていましたので、ぜひ、みなさま「女性セブン」の”6月14日号”を読んでくださ〜い!(わたしは女性セブンには何の関わりもない者ですし、特別ひいきにしている雑誌というわけでもないのですが、今回のこの記事だけは必見です)

「女性セブン」6月14日号  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://josei7.com/bn12-21.html

「値上げ」「節電要請」電力会社にだまされるな!

高額年収、豪華保養施設はいまもそのまま。企業には値引きするのに家庭には負担を押しつける電力10社の企業体質。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東電値上げ:「利益の大半家庭から。認められぬ」公聴会ー毎日jp
http://mainichi.jp/select/news/20120608k0000m020066000c.html

「東電の『全販売電力量』に占める『家庭向け電力量』は、2006〜2010年度で『平均38%』に対し、『利益』では家庭向け分で『91%』を占めている。」ということです。

つまり、ふつうであれば、全利益の38%が家庭向け電力、残りの62%が企業など、その他エリザベス女王やジョゼッペやタコたちサクソン王族の特別な人たちのスパイ活動のために使っている建物やその関連団体の施設・建物などからは電気料金は徴集していないと思われます。

なので、38%しか使っていない家庭からは東電では全利益の90%以上(他の大手電力9社では70%位だとか)もの法外な電気料金を徴集しているってこと!一方、電気をバンバン使っている大企業などには残りのわずか数%分しか徴集していないということなのです! さらに、サクソン・サタニストの特別な団体などに至ってはおそらく電気代0(ゼロ)ってことですね〜!そういえば、大企業などは電力使えば使うほど料金が割安になるって以前「菊池ゆみ」さんのブログに書いてありましたよね〜

「総括原価方式」という「ぼったくり」東電料金システム 
〜プルサーマル計画を憂慮する有志の会
http://blog.goo.ne.jp/youtontonjp19630130/
e/4b558264afa9d9d70e0cce1804711d3d

3.11の津波の直後に、福島第一原発の内部にいた東電の技術者2人が冷却装置の電源をわざと切断したことはもうバレバレなんですから、東電の株主の中で、サクソン王族たち株主や経営者たちなど事故に関わっていた人たちの個人資産や法人資産を凍結すれば、彼らは超お金持ちだから100年、200年もかけて債務を払うまでもなく、数年(2〜3年ぐらい)で決着が着くと思うんですけどね〜!!

総括原価方式という悪しき料金システム l もののけクリニック
http://blog.murablo.jp/kenkou36987/kiji/281540.html

とにかく、日本の電力会社大手*、つまり北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の大手電力10社を解体して、新しい電力制度を設置しなければ、日本の今の悪質な電気システムと秘密の核ミサイル製造のための原発依存は直らないと思いますね〜!

不透明・不公正負担点かの電力料金引上げを阻止:植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-35ad.html

* 日本の電力会社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3
%81%AE%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E4%BC%9A%E7%
A4%BE

経済産業省OBや警察OBなどの天下りの人数のところは、各大手電力会社の傘下にある中小のグループ会社を含んでいない人数なので、実際はもっともっと多いらしいです。実際、その大手電力10社の幹部たちが傘下のグループ会社にも天下っていくので、そういうところは、経済産業省などからの天下りに加えて大手電力10社からの天下りも引き受けているということで天下りの人だらけじゃないのかしら?

なので、それら大手電力会社とグループ会社との契約などは、すべて競争のない随意契約になっているのだそうです。したがって、価格競争もないので、すべてが高額な価格で取り引き可能ということになり、それがまた消費者である国民の電気料金に上乗せされるという悪循環をもたらすわけですね〜!


>>ガスもそうなの〜?

電力と同じくガスも「総括原価方式」 マスコミへ広告費や野球チームの費用もガス料金に上乗せ
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/news/1321604002/

う〜ん、確かにガス常勤もかなり割高感が否めないわ〜!ウチは、お風呂と台所の流しの所だけがプロパンガスなんですけど〜それでも結構な料金払ってますからね〜。特に冬場は電気もガスもびっくりするぐらい〜、ため息がでるくらい〜高いです!

総括原価方式を、総括しなさい! l たまにはTSUKIでも眺めましょ
http://ameblo.jp/smile-moonset/entry-11153064326.html

国民のライフラインである電気やガスや水道はまっとうな会社にすべきです!今、その存在をよ〜く考えて根本から改革していくべきちょうど良い機会ととらえるべきかもしれません!!大手電力10社を解体、ガス大手なども解体して、総括原価方式などは廃止し、送電線網も解放して、民間企業や地方自治体などが参入でき正しい価格競争できるようになるといいですね。また、なんといっても、国民のライフラインなのですから、その安全性・誠実性・能力などにおいて信頼に足る会社・団体を選定できるような法律や制度をつくっておかなければならないのではないでしょうか?
[PR]
by Ulala-lov | 2012-06-08 20:53 | 企業とサタニスト | Comments(0)