カテゴリ:サタニストの攻撃( 367 )

2017−6−22


のつづき)


(新着ニュース順にリンクさせていただいています。)


これも上空のサクソン軍団のUFOか戦闘機から反重力装置を使って軽乗用車をコントロールしバスにぶつけたと推察されます。


上空のサクソン軍団のUFOか戦闘機の反重力装置によってパラグライダーをコントロールし、わざと電線に引っ掛けて、乗っていた男性を感電死させたのではないでしょうか?


クマの頭に針の先ほどの微小なチップスを埋め込んでハトホルたちがクマをコントロールして人間たちを襲わせている可能性があります。また、ツキノワグマなどヒドラ遺伝子の入ったクマはもともと凶暴ですし。


ただし、以下の2つのテロは少し前のものですが今日ネットで見つけました。)

(この最初に出てくる目撃者の自称"漁師" の(←ウソ)おじさんはアイゼンベルグ=吉尾先生=浦◎憲一=今上天皇『明仁』です!)

双方の車両とも上空からサクソン軍団のUFOか戦闘機で爆破されたようです。車内のガソリンに引火して燃えたのとは違ったふうな燃え方です。




レポーターの税田奈緒子はハトホルか第二のハトホルのどちらか。

税田って取税人ってことかしら?かつて、なかなかの人気歌手・女優だった河合奈保子(おそらく、この人も本者と偽者の二重構造になっている)にちょっと似ていますが、彼女もハトホルでしょう。


そして、なんだか嬉々とした目で目撃証言をしているおじさんは、またまたアイゼンベルグでしょう。



[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-22 16:05 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−6−21


神戸港で陸揚げされたコンテナから「ヒアリ」という猛毒をもつアリが発見されたというショッキングなニュースがあったばかりですが、その2日後の今日、今度はアカカミアリという毒アリがまたもや神戸港で陸揚げされたコンテナから見つかったそうで二重のショックを受けています。 (〜〜`` いったいどうしたらいいんや?!ブツクサ。。。


このブログ内の関連記事:



見つかった数もヒアリの時と同じく、およそ100匹(もしかして、正確には111匹?)というのは、やっぱりテロなんでしょう! (ーー 妙に納得だわ。。。



(3枚の分りやすい写真あり)


(引用)在来の生物多様性を減少させている。

ということは、他の生物をどんどん攻撃して食べてしまい絶滅させてしまうってことでしょ。 ヒアリより毒はやや弱いらしいけれども、非常に攻撃的ってことですし〜 

あの童話『アリとキリギリス』のせいか、アリさんって、働き者でシッカリ者って、良いイメージだったけれど、やっぱ、ヒドラ遺伝子入りのアリさんは悪魔アリなんですよね〜! あ〜あ、ガッカリ!



他の危険な外来生物も紹介されています。これらも、『イルミナティ』によってバラまかれる可能性があるかもしれません。

なので、よく覚えておきましょう。
(とはいえ、全部覚えるなんてムリ。このブログでチェックするか、パソコンのブックマークに入れておいてチェックできるようにしておくとか。)



今回、神戸港で発見されたアカカミアリは外来種ですから、殺人アリのアカヒアリということです。


(絶対にマネをしないでください!この男性は事前にアナフィラキシーショックに対応すアドレナリン自己注射キット『エピペン』を注射していたのでしょうから。そして、彼はアカカミアリ(アカヒアリ)がどのくらい素早く人間を襲うかをみんなに知らせたくて実験したのではないでしょうか。)


★★★ ですから、ヒアリやアカカミアリなどの恐ろしい毒アリを見つけたら、駆除は専門家に任せたほうが安全です。そして、専門家の駆除の後にベイト剤を仕かけておくのが一番イイ対処法ではないでしょうか。






[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-21 20:09 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−6−20

のつづき)

大変住みませんが、この記事はまだ書きかけです。



■ 鹿児島大学 研究用天文台
〜理学部物理科学科宇宙コース

国立天文台VERA入来(いりき)観測局の隣にあるそうです。





このブログ内の関連記事:









👀 こんなの見っけ!

シンディー・ローパー

■■ シンディー・ローパー(人間)






授賞式でトロフィーを受け取ったのは偽者のほうで、後から唱っていたのは本者のようです。







わたしが偽者だと思って "脳天パラリロ" とかなんとか書いたもんだから、なんかファッションセンスが以前より随分とビジネスガール風に近くなっていますネ!ゴメンナさ〜い!(#m#

まあ、上の動画と、この下の動画との中間くらいのファッションがいいかもネ〜
(うららおばさんの全くの個人的見解ですが)




1986年とありますが、実際は2010年頃に撮影された映像でしょうね〜



■■ 偽者(ホトホルかアイゼンベルグ)


















<マドンナ>

1980年頃にデビューしたアングロサクソン王族のマドンナがいつまで経ってもヒット曲を出せないので、1990年頃から人間のマドンナを登場させたら大ヒットに!それで、人間のマドンナとアングロサクソン王族数人のマドンナがいて、いろいろなマドンナが活動しているようです。


■■ 人間のマドンナとハトホルのマドンナの映像や動きがミックスされているもの


人間のマドンナのコンサートの映像で、顔をアングロサクソン王族のマドンナの顔にすり替えたり、ところどころ、アングロサクソン王族のマドンナのコンサートの映像(特に、あの赤いベッドの映像のところのマドンナは太ももの前側が妙に膨らんでいて人間の脚ではない)をミックスしたり。。。(あるいはアングロサクソン王族の映像をところどころ人間のマドンナのダンスの動きで動かしたりしているのかも?)とにかく、以前YouTubeビデオで見た「人間のマドンナのコンサート」とはかなり違います。



■■ハトホルなどのアングロサクソン王族

(司会の井上順が「今日は歌入りテープでお聞きください!」って言ってましたよ。)






このマドンナは踊るとすごいガニ股なのが分かります。それに時々すごい猫背になります。









〜〜〜〜〜↓👻👻👻👻👻 以下のビデオは18禁(18歳未満は禁止)です。また、心臓の悪い人や精神的に弱い人、てんかん症の人、知的障がいのある人、妊婦さんなどは絶対に見ないでください!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


わたしの偽姉・谷本由香子(第二のハトホル)と谷本隆臣(たかおみ=野球の星野仙一元監督)の長女「清香」(=エレノア=米歌手アリアナ・グランデ)ちゃんの娘が2人いて、確か長女の名前が「リオン」(漢字は知りません)でした。




↓以下の2つのビデオは偽者の映像を部分的に(特に踊っているところなど)本者の動き合せて動かしているのではないかと。。。。




[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-20 00:59 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−6−19


神戸港で陸揚げされたコンテナ(中国広州市の港発)が、先月5月26日に尼崎市で積み荷を取り出す際に「ヒアリ」という南米原産の猛毒アリの集団が発見されたそうです。

おそらく、『イルミナティ』のメンバーがコンテナ船の乗組員の中にいて、幾つかのヒアリの入った巣箱を持ってコンテナ船に乗り込み、日本で解き放ったのでしょう。


とにかく、ハトホル(2人)&アイゼンベルグのスリーシスターズたちは、今、必死でたくさんのテロを起しています。

***ですから、わたしたち人間もそれぞれ必死になって自分自身や家族などの身を守る必要があります。みなさん、十分に気をつけてください!!!



▶▶▶ ストップ・ザ・ヒアリ:環境省


ヒアリはスズメバチの仲間の種ということです。ということは、やはり「ヒドラの遺伝子」が入っているのです。だから、赤茶色なのです。

つまり、「ヒアリ」はスリーシスターズたちが人工的に造った生物兵器だということです。

スズメバチも同じく人工的に造られた生物兵器です。しかし、スズメバチはブンブンと飛ぶ音で気がつきやすいのですが、ヒアリは知らない間に身体にくっ付いて刺す可能性が高いので、より刺されやすいはずです。




小型の脊椎動物だって集団で襲って食べるということは、人間だってアナフィラキシーショックで動けなくなれば食べられちゃうんじゃあ?! 怖っ!!(◉__〜;



そうですね〜!子供たちにアリに触らないように、近づかないように、よく言い聞かせておく必要がありますよネ!!!

また、子どもたちには砂場・草地(芝生も)・土の上(畑や田んぼも含む)などで素足で遊ぶのは、当分の間、ヤメさせたほうがいいのではないでしょうか。



神戸港からのコンテナで見つかったのは氷山の一角かもしれず、すでに他の港から各地に広まっている可能性もあるとか。。。

★★★ みなさん協力しあってヒアリを絶滅させましょう!!!

(ニュージーランドでは上陸早期に熱心な駆除対応をして絶滅に成功したのだとか)


<P.S.>

ヒアリの発見・駆除対策の一助となりそうな良い方法を発見しました!

今日(6月20日)早朝になってふと思い付いたのですが、子どもは身長が低いからアリを見つけやすいし、砂場や地べたにかがんで遊ぶことも多いので大人の何十倍もアリを発見しやすいはずです。

ですから、子どもがアリを発見したら、すぐに、親御さんなどの保護者や信頼できる知っている大人(←親御さんなど保護者から見て)に知らせるように教えておいてあげてください。その大人がアリをよく見て、ヒアリであれば以下のような所**に電話して知らせて駆除していただきましょう。


[例えば関東の場合] 関東地方環境事務所

野生生物課:TEL:048-600-0817

「野生生物の保護管理」のところに、「外来生物の防除」と書かれています。ここですネ!ここに電話をして知らせ駆除していただきましょう!

(他にも身近な役場・区役所・市役所などにあればいいのですが、もし、そのあたりに詳しい方がいれば皆さんに教えてあげてください。どうかよろしくお願いします。)



それから、数日前ですが、川崎市の幼稚園で同じクラスの園児2人がそれぞれ別の日に、自宅に帰ってから気分が悪くなり病院に運ばれ、けいれんなどを起して亡くなったという哀しいニュースがありました。遺体の検査でウィルスなどは発見されなかったということでした。しかし、そうなると、誰かが、この死亡した園児たちがひとりで遊んでいる時か、通り過ぎた時とか、お昼寝している時などに、遅延性(しばらく後になって効力が現れる)の毒ガスを近くで撒(ま)いたのではないかと考えられます。とすれば、幼稚園の職員が怪しいような。。。(まあ、もしかしたら、アングロサクソン王族の成人が子どもに変身して通園している可能性もあるかもしれませんが。)あるいは、外部の者が園児たちに接近できる場所(庭?)でやられたのでしょうか?

とにかく、これも小テロです!



何にしても、学校や幼稚園・保育園などの先生たちにもアングロサクソン王族やサクソン人が非常に多いということは、みなさん肝に銘じておいたほうがいいですよ。ということは『イルミナティ』のメンバーということですから。先生たちがイジメ問題にちゃんと対応しないのはそのせいです。

ですから、子どもがまだ小さいうちはできるだけ家で親や祖父母が育てたほうが安心なのです。また、子どもが幼稚園・保育園・学校から家(ウチ)に帰ってきたら、親は今日は何をしたとか、何があったとか、よく聞いてみるといいですよね。親子のコミュニケーションにもなりますし。




<メモ>






[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-19 20:50 | サタニストの攻撃 | Comments(1)

2016−6−17

のつづき)


(新着ニュース順にリンクさせていただいています。)


おそらく「結核」自体がスリーシスターズたちが造った「ウィルス兵器」なのでしょう。もちろん意図的に計画的にバラまいているのです。

戦後の日本でも大勢の人たちが結核にかかったような話をよく聞きました。

ヨーロッパでは終戦間際のウィーン(オーストリアの首都)で結核が大流行して大勢の死者を出したり、スリーシスターズたちが闇取引きに関わっていた粗悪なペニシリンによって脳障害を起した子供たちがたくさんいたとかっていう事実を小説にしたのがグレアム・グリーン著の『第三の男』* で、映画化されて有名になったんですよね。

(身長は190センチだとか。どうにでも自由自在になるんでしょうが象二郎は大柄な体格を好むようです。それにしても、眉間に数本のタテジワがありますよ〜!珍しいタイプのシワですよね。)

あの人種差別のようなひどい扱いを受けた、恐ろしい「ハンセン氏病」もきっと同じです。沖縄のキャンンプ・ハンセンって、米陸軍系のキャンプ(基地)らしいですが、ハンセン氏とはいったい誰でしょう?きっとアングロサクソン王族の誰かの名前でしょう。ハンセン氏病を造った人で、おそらくスリーシスターズのうちの誰かでしょう。


報道管制のせいで「1人軽いけが」となっていますが、その後に訂正され、「1人の男性が全身に大やけどして病院で手当を受けている」との続報ニュースがありました。











(これは心中か?あるいは、自宅カメラに偽者が写っていたとすれば偽装心中の可能性もあり、よく分かりません。)



藤本美貴はアングロサクソン王族だから、わざとやった小テロに違いありません!

それに、バイクに乗っていた被害者が軽傷ということになっていまが。。。しかし、車体が黒だからやや見えにくいのですが、藤本美貴の車の右前側面にはキズが幾つかあり、かなりな衝撃があったと考えられます。それに、警察官がバイクを移動させていますから、運転していた男性は救急車で運ばれていったということでしょう。ですから、軽傷とメディアには報道されていても、現在のハトホル&アイゼンベルグの報道管制下では本当かどうか大いに疑問です。



北朝鮮からのミサイル防衛のために配備されている米イージス艦が巨大なコンテナ船(フィリピン船籍、『日本郵船』所有)にぶっつかってこられて機能停止に。。。。(しかしながら、非常に高度なレーダーが備わっているはずのイージス艦が、どうして巨大コンテナ船の接近を探知できなかったのか?大きな疑問が残ります〜!)

ともかく、この事件は北朝鮮や中国からの攻撃に対抗するための日米協力体制下の防衛能力低下を狙ってハトホル&アイゼンベルグが命じて『イルミナティ』メンバーにやらせたテロとしか考えられません!!


















警察がおかしい!














につづく






[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-17 09:32 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−6ー15

👀 こんなの見っけ!


上のニュースの写真(2011年)は偽者のボブ・ディラン=アイゼンベルグです!・・・A

(ただし、アングロサクソン王族=悪魔モンスター吸血鬼は年取らないから、ほんとうはもっと若い顔をしているはずで、年齢相応に年寄り臭く変装しているようです)

そして、6月5日にノーベル賞受賞講演をしたのもアイゼンベルグのほうで、本者のボブ・ディラン=人間のほうではないようです。



(↓新しいニュース順になっています。)

<イギリス>


これもラマダン中にイスラム教徒をわざと殺して『ジハード』(聖戦)を呼びかけ、イスラム過激派をさらに刺激し、世界中でテロを一層激化させようとハトホル&アイゼンベルグが『イルミナティ』のメンバーに命令して起こさせたテロです! 

★★★ ですから、イスラム教徒の皆さん、絶対にダマされないようにしてください!!!
(*m* < 念々!(ねんねん)


ホトホル(第一&第二)やアイゼンベルグの3Sを始めアングロサクソン王族=悪魔モンスター吸血鬼たちには清らかな信仰心など露ほどもありません。彼らの信仰しているのは冷血な悪魔教だけです。



<ポルトガル>


まだ鎮火もしてないうちから寄付のお願いです〜 なんか〜 よく分かりません。ヤラセ?それとも、殺した人間たちを車に積んで焼き殺した?生贄殺人カルト儀式?





(俳優の渡哲也=ジョゼッペをおじいさんっぽく老けさせたような顔ですネ〜!それに、冒頭の偽者のボブ・ディラン=アイゼンベルグの写真(=サイトAの中)にも似ています。となると、アイゼンベルグ、ジョゼッペ、象二郎はハトホルのクローンなのかも?) 

@o@;  やっぱ、クローン兄弟(子孫)かな?!それに"夜叉面" によく似てる〜ww


男女合せて、いろいろな夜叉面がありますが、基本的な顔の造作(ぞうさく)は同じような。。。。






<アメリカ>


全ての罪を認める代わりに死刑を免れるって。。。ちゃんと自白する薬とか使えば全部白状するんじゃないかなあ。。。なのに、死刑を免れて終身刑になると、その後、恩赦などでどんどん刑期が短くなり、また社会に出てきて何をするか分かったものではありません。

それに、アングロサクソン王族=悪魔モンスター吸血鬼だとすると、ず〜っと死なないから。。。その後もず〜っと悪魔モンスター吸血鬼が犯罪をし続けるのは確実!

また、刑務所に入所して早々に『イルミナティ』組織の助けで(刑務所の幹部への口聞き、あるいは、仲間の手助けで)刑務所の裏口から逃がされるという可能性も大いにあります〜!

ん〜、やっぱり、これだけ残忍に大勢の人を殺害した犯人なんだから死刑にすべきが真っ当な判決なんじゃないかと〜  ww (>_<*







スカリス議員は重傷で、かなり重篤(じゅうとく=危険)な容態(=状態)のようです!!

日本のメディアはみな「腰を撃たれたけれども大丈夫」などと書いていますが。。。
  
この報道内容の差はいったいどういうことなのでしょうか?!! 
 
(◉〜◉ * < う〜〜〜ん  ものすごい疑惑ざます〜



<中国>





<インド>



<フィリピン>




[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-15 09:05 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−6−13








<木賊山>










わたしは山のことはよく知りませんンが、標高2400メートルもある山なのに12 月末にしては頂上付近に雪が少ないのでは。。。何か理由があるのでしょうか?



<甲武信ヶ岳>








左端下の辺野古新基地建設に反対のスローガンが書かれていることから、どうやら、ここの山小屋には左翼の人たちが関わっているようです。山小屋はわりと左翼の経営が多いようです。あの軽井沢の山小屋での連合赤軍の人質立てこもり事件『あさま山荘事件』(山小屋を管理している夫婦の奥さんが人質に)も、あの山小屋はもともと左翼系だったみたいだし。。。

ですから、あの事件は左翼学生運動の終焉を演じるための見せかけのパフォーマンスだったのかもね〜。だって、警察の中枢(公安部)を握っているのもスリーシスターズたちなんですから。
(すでに目に見えての大規模な学生運動は衰退していた頃ですが、その後はアングラ**的な水面下で行われる活動に移行したもよう→つまり、もともと秘密結社『イルミナティ』の一部が始めて、大衆を巻き込んで、その後、また本来の秘密裏の活動に戻ったってことかな〜)


あの巨大な鉄球で山荘をぶち壊すというハデハデしい警察のやり方も、それを撮影してテレビ(約10日余りだったけれども、現場には大勢のマスコミが張り付いていて、連日、ニュースで生中継放送していましたよネ)などで大々的に流せば、国民にアピールするためのショーとしてふさわしいと判断して実行されたものでしょう。ハトホルの提案かしら〜?




<三宝山>








林道








<雲取山(くもどりやま)>











につづく



両方とも偽者のようです。


ドリス・デイ=ハトホル(山根郁子) しかし、歌には、実際に唱っている本者(人間)と口パクの偽者(ハトホル)がいるようです。


ダイアン・クレイルの顔は私が知っているハトホルの1つの顔にそっくりです。しかし、上の動画のように、ハトホルのある顔に似せた顔に造って、実際にピアノでジャズを弾いたり、唱ったりしているのは人間でしょう。



上の動画はハトホルのダイアン・クレイルが口パクで唱っているふりをしているのか、人間のダイアン・クレイルがハトホルの顔に造って実際に唱っているのか、よく分かりませんが。。。ハトホルは上のように妖艶な女性の顔もするし、20才前後の若くて純情な超美人の乙女の顔も持っています。もちろん、その他いろいろな、怖い・恐ろしい顔や男性の顔ももっていますしね〜  (+o+;


















[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-13 03:40 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−6−12

のつづき)


(新着ニュース順にリンクさせていただいています。)




おそらく、反重力装置でボートを転覆させられたか、あるいは、レーザー銃などで攻撃されたのでしょう。ハトホル&アイゼンベルグたちによって、真実は報道できないような報道管制が敷かれているのでしょう。



おそらく、この山田かな子さんという名前は偽名です。ハトホルが事実とは逆にアングロサクソン王族のほうがテロ攻撃にあっているように偽装したいためメディア全体に圧力をかけているのでしょう。














































につづく
 



[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-12 13:24 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−6−12

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。






























(FRB創設のため反対派の中心人物たちを抹殺するためだったとする説あり。)











[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-11 23:41 | サタニストの攻撃 | Comments(0)

2017−6−10

今日のニュースから


<東名高速「新城PE」付近で起きた乗用車の爆破・バスとの衝突というテロ>




単なる交通事故の衝突にしては乗用車の壊れ方が尋常ではなく、変だ変だと不思議に思っていたら次のニュース動画で原因が分りました!(まあ、もしかしたらUFOかステルス戦闘機が乗用車を反対車線に反重力装置を使って誘導したのかもしれないとは思っていましたが)



しかしながら、上のニュース動画の中のボイスレコーダーの記録を見ると、ハトホル&アイゼンベルグは、わたしの想像をはるかに超えた残虐な方法で実行していました。乗用車を反対車線にぶっ飛ばし、観光バスにぶつかる直前に乗用車を爆破しています。さらに、ぶつかった後にも、もう1度爆破しています。

(1)
まず、観光バスの運転席から上空がよく写っていましたが、真ん中のほうに光った丸っこい白い雲(かなり低い位置にあるような)がずっと見えています。この時、上空にはあまり雲はなく青空のほうが多いのですが、他に少しだけ下のほうに見えている灰色の雲とはなんだか様子が違っています。

おそらく、この雲の中にUFOか、あるいは、下の『フライマンタ』やF-117 * のようなステルス戦闘機が潜んでいたに違いありません。

F-117の上部表面全体が軍服のような迷彩柄になっているのがおそらく『日航ジャンボ123便』を撃墜したやつでしょう。だって、2008~10年頃にはネット上で、(今から考えると)ハトホル&アイゼンベルグが撮影したのであろう日航ジャンボへの攻撃・撃墜場面の動画が見れましたもの。なんかキチガイが造った気味の悪い合成映像かと思っていたのですが

その時に、F-117を実際に操縦していたのはアイゼンベルグで、いろいろ悪魔のアドバイスをしていたのはハトホルでしょう。


* 下のウィキによれば、F-117の愛称はナイトホークとか。でも、確か以前は「ファントム」(=怪物くん)って名前だったとわたしは記憶しているのですが。




もちろん、アイゼンベルグ&ハトホルの使ったF-117はU.S.アーミー(アメリカ軍)の正式な戦闘機ではなく、秘密地下基地で造られた戦闘機だったのかもしれませんが。。。当時はその辺りがあいまいだったかもしれません。


(2)
そして、ボイスレコーダーの映像から、自動車は明らかに空を飛んでいます。つまり、アイゼンベルグ&ハトホルたちが上空のUFOあるいは戦闘機から反重力装置を使って、反対車線から観光バスのほうへと飛ばしたのです。

(3)
そして、バスにぶつかる直前と直後に乗用車は2度レーザー銃のようなもので爆破されたようです。乗用車がバスにぶつかる音よりずっと大きい爆破音が2度聞こえました。

(4)
運転手は乗用車がぶつかってくるのを避けようとしたのですが、おそらく、完全に避けるには時間がなさすぎたのと、アイゼンベルグ&ハトホルは乗用車の運転手に単なる自損事故による死亡ではなく、他人を死傷させるような重い罪をきせたかったので、バスにどうしてもぶつけたかったのではないでしょうか。というのも、飛んできた自動車は、一端、バスの運転席の窓ガラスの上を通り過ぎたようだったのに、また、戻ってきてバスの運転席の窓正面にぶつかってきたような感じでした。その直後に2度目の大きな爆破音が聞こえています。乗用車を完全に破壊して運転手の息の根を止めるためでしょう。

まったく、おどろおどろしい醜悪な企みと執念深さです!!!



につづく



[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-10 14:38 | サタニストの攻撃 | Comments(0)