2010−04−01

のつづき)

(ピンク色の文字のところは、2014.10.02に訂正加筆した部分です)

それにしても、英国をハノーヴァー朝が乗っ取る前後には、下のサイトにあるように、数多くの戦争が続いていますよ。「ジョージ1世」とその背後にはサクソン王族サタニストたちの陰謀が渦巻いていて、これらの戦争により、イギリスが優位に立ち、後世『パックス・ブリタニカ』(「大英帝国の支配領域内の平和」の意味)と呼ばれる繁栄の時代の基礎を築いたのだとか!!!

第2次百年戦争
サクソン王族・サタニストが裏で画策し、世界中のヤハウェ王族の王朝にことごとく攻撃を仕掛けたのだろうと推察されます。しかも、「アン女王戦争」とかってヤハウェ王族の女王の名前を戦争名にしているのも、サクソン王族の偏った歴史改ざんによるものでしょう。


また、以前、チャールズ・ディケンズ*の「二都物語」という本を読んだことがあるのですが、フランス革命の始まりの頃から終わり頃までをロンドンとパリの二大都市をまたにかけて描いてある歴史ロマン小説です。

* チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens)
チャールズ・ディケンズのラブレター
ディケンズの肖像画はアングロサクソ脳族たちによって、みなスティック鼻、八の字眉に改ざんされていしまっているようです。かなりハンサムな人だったよです。


「二都物語」ー1859年作
二都物語上巻の訳文

フランス革命(1789〜1794年)
年表(1789〜1799年)
小説フランス革命 

この小説のストーリーでは、最初の頃にロンドンのテニソン銀行(仮名、おそらく、アングロサクソ脳族たちに乗っ取られる前の「本物のキリストの子孫」の銀行←2014.1020訂正)のローリー氏という銀行家(多分、重役級かその下くらい?)が 登場してヒロインのフランス生まれで英国育ちのルーシーという若い女性とフランス革命前夜の頃のパリに向かいます。テニソン銀行はルーシーが子供の時からずっと彼女の亡き父親の資産管理をしてきていて、ルーシーの財政的な世話をやいてきたのでした。しかし、18年も経って、その父親が生きていることが判明し(銀行のネットワークからか?)、ふたりは父親に面会するためパリに向かうことになるのですが、ローリー氏はとても紳士的で、親切で、誠実な人柄としてディケンズに描かれています。

フィクションとはいえ、ディケンズはこの小説を書くために友人の歴史家から荷馬車で山積み2台分の資料を運んでもらって執筆のための準備をしたということです。ですから、その当時の歴史的事実や社会的状況などに関してはかなり正確に描いてあるはずです。登場人物のキャラクターは架空の人物ですが、その当時の職業的な特徴とかには正確なはずです。もし、銀行家が世間的にもいろいろ問題の多い職業であれば、そのような人物として描かれていると思われます。ここ何十年間かの現代社会では、世界中で銀行や銀行家の信用はあまりよくないのですが、もし、あの当時にそういう社会状況や職業観があれば、つつみ隠さず描くのがディケンズという作家の特徴です。ですから、わたしは、
"1700年代のイルミナティが創設された頃からアシュケナージ・ユダヤ(ヤハウェ系)の銀行家が関わっていたとは思えないのですが"。*

最近になって分ったのですが「英国銀行」は、ジョージ1世のハノーヴァー朝になるとすぐにサクソン王族・サタニストたちに乗っ取られたのです。また、13世紀のヴェネチアで繁栄したスファラディム・ユダヤ系(=サクソン王族系)の数多くの銀行も英国には幾つかありました。それらが、イルミナティ創設に関わっていたということはありえます。しかし、1700年代には、英国を中心として世界中に及んでいた本物のロスチャイルド系の銀行は、まだ完全には乗っ取られていなかったのでしょう。ロスチャイルド系銀行が乗っ取られ始めたのは、1802年にナポレオンがオーストリアとの戦争に勝利し、神聖ローマ帝国を崩壊させ、ドイツの金融都市(独立都市国家)フランクフルト・アムマインを併合し、オーストリアが事実上アングロサクソ脳族たちに征服されオーストリア帝国と名称を変更しスメラ(三船敏郎)がオーストリア皇帝フランツ2世に成りすまして皇帝になった時からでしょう。そして、なぜか1866年の普墺戦争で、オーストリアがプロシアに敗北するとロスチャイルド銀行は完全にアングロサクソ脳族たちに乗っ取られたようです。(これ以上、戦争で母国オーストリアのヤハウェ系が殺されるのをロスチャイルドたちは見過ごせず、自分たちの所有する金融業などをすべてアングロサクソ脳族たちに譲ったのかも?)

神聖ローマ帝国の歴史

ちょっと改ざんされているようですが、1804年にフランツ2世がオーストリア皇帝フランツ1世を名乗るとありますが、これがほんとうは1805年のことでしょう。つまり、その前年の1804年に「アウステルリッツの戦い」でオーストリアとロシアの連合軍がフランス軍に敗北し、ほんもののフランツ2世はヴィルヘルム1世=『シバの女王』(ナポレオン=ジョゼッペの妻であり娘)の財産管理をするマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドという(アシュケナージ・)ユダヤ金融家(実際、奴隷のような立場)にされたというのが事実でしょう。

その後、ロスチャイルドの息子たちもアングロサクソ脳族たちの支配するヨーロッパの主要都市に派遣され、英国ではハノーヴァー朝(→現在のウィンザー朝)の資産管理をさせられてきたのでしょう。

*ライオネル・ネイサン・メイヤー・ロスチャイルド
上のサイトの3つの写真のうち、一番上の写真はライオネル(肖像画は鼻をスティック鼻に改ざんされています)ですが、真ん中の写真は偽・弟のアンソニー・ロスチャイルドのようです。アンソニーはロスチャイルド家の戸籍に乱入してきたアルバート公では?!!同じく一番下の写真の八の字眉(わざと眉尻を下げて変装している)の老人の肖像画は偽3男のナサニエルで三船敏郎(スメラ=ゼウス)のようです。偽4男のマイヤー・アムシェルはジョゼッペだと推察されます。

ナサニエル・ド・ロスチャイルド
(このウィキサイトの写真は下のサイトAにあるようにマイヤー・アムシェルの写真です。)
アメリ力に渡ったフリーメーソン&ブナイ・ブリスの創設 + 通貨を取り戻せ!
モーゼス・モンテフィオーレ(これが旧約聖書のモーゼ=スメラでしょう!)も、ナサニエル・ロスチャイルド(=スメラ本人か、そのクローン子孫)もよく似ています。三船敏郎などアイゼンベルグ=スメラ・ゼウスの系統です。

ヘッセン家
ヴィルヘルム1世(ヘッセン選帝侯)
『新生ヴィーナス』かと思っていましたが、どうも『シバの女王』のようです!
メアリー・オブ・グレート・ブリテン

ヘッセン家の歴史
テューリンゲン方伯
ヘッセン方伯
ヘッセン=ダルムシュタット方伯領
フランクフルト・アム・マイン
ユーロを発行する欧州中央銀行もこの街にあるそうです。

フィリップ・ド・ロチルド
(父のナサニエルは鼻先が垂れてるし、フィリップは八の字眉みたいで二人とも目が細くアングロサクソ脳族のようです!)

メイヤー・アムシェル・ド・ロスチャイルド
メイヤー・アムシェル・ド・ロスチャイルド画像 ナショナル・ポートレート・ギャラリー(英国肖像画展示館)所蔵・・・サイトA

ちなみにライオネルの三人の息子のうち本当の息子は長男の、3代目ネイサン・メイヤー・ロスチャイルドで、三男のレオポルド・ロスチャイルドは親戚筋にあたる(おそらくオーストリアから亡命してきた)本物のハプスブルグ家の家系の者だと推察されます。しかし、次男のアルフレッドは戸籍に乱入してきた偽・ロスチャイルドでジョゼッペです。

☆このブログ内の関連記事:
サタニストがアリス・リデルを暗殺しロスチャイルドを乗っ取る - 3 

**オーストリア帝国皇帝のフランツ・ヨーゼフ1世は"途中で(1866年に?)"サクソン王族らしき「ビスマルク」本人(=象二郎)か、象二郎に似た人物(象二郎の子孫)に入れ替えられているようです。(赤ちゃんの時の写真と全然違いますよね)
参考...歴代オーストリア皇帝
「神聖ローマ帝国」最後の皇帝であり、神聖ローマ帝国崩壊後は故郷のオーストリア帝国皇帝になった『フランツ1世』は、確かにヤハウェ王族セム系であるロスチャイルド家のオーストリア当主家=ハプスブルグ家の人間です。(訂正2014.04.12 : フランツ1世=アイゼンベルグでした!)
しかし、その息子で後継者の「フェルディナンド1世」はジョゼッペです!


なので、1886年の普墺戦争でオーストリア帝国が負けたのは、オーストリア皇帝がサクソン王族でプロシア側だったのですから、まさに"負けるべくして負けた"のでしょう。それで、すぐに勝敗の決着も着いたわけですね!


いろいろなロスチャイルド陰謀説には、わたしは疑問を感じます。どうも、本物のロスチャイルド家の人々は、その恐ろしい、ご主人であるサクソン王族の "隠れ蓑" とされているのではないでしょうか?

もちろん、サクソン王族たちに脅されて、無理矢理イルミナティに入らされたロスチャイルドを始めとするアシュケナージ・ユダヤ人も多少いたと考えられますが、それがいつの頃からかというのもよく分かりません。

そして、アメリカ独立戦争、フランス革命、ロシア共産革命、中国共産革命などいろいろな国の革命も、多分、サクソン王族のイルミナティが裏で画策して起こしたのではないかとこの頃思えてきます。(実際そうでした!)

フランス革命の成功を記念して建てられた自由の女神像やアメリカ独立100周年を記念してフランスからアメリカに贈られた自由の女神像ですが、下のサイトにあるゲルマニア女神像にとてもよく似ていませんか?
ゲルマン=サクソンですよ!
自由の女神像

ゲルマニアの女神像 (ドイツのニーダーヴァルトの丘にある)
女神像 動画(顔のあたりまでアップで見れます)
神聖ゲルマニア連合帝国
(下のほうにゲルマニア女神とは何か説明があります)

☆あんまり、そのままのそっくり女神像では、サクソンのアーリア人至上主義世界制覇計画(または、ドイツ第四帝国の野望とも言う)がバレバレなので、ちょっと変えてはありますけれどね!!  ^_~

以上で感想を終わります。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

それから、近頃、ネットのサイトとかブログとかウィキペディアにもいろいろとデマが多く書かれているようになって、明らかにサクソン・サタニストの手下たちがいろいろな「でたらめなサイト」を作って、人々を混乱させようとしているのがよく分かります。あくまでも参考程度にして、いろいろなサイトを見て自分が納得できる内容だけ信じた方がよいですよ。そして、図書館などの本で確かめましょう。本でも彼らの出版した本(こういう分野にもいろいろネットワークをもっているはず)もたくさんあるので一概に(いちがいに、ひとまとめに一般的に)は信用できません。よく自分の頭で考えて納得できるものだけを信じましょう、又は(または)、読みましょう。


2。ヴァチカンの真実の暴露について

「教皇の大司教区が津波のような虐待の訴えに向かいあっている」
ドイツの現教皇のベネディクト16世の前大司教区でのローマ・カトリックの司教たちによる性的虐待を取り扱うために立ち上げられた新しい作業チームの責任者は津波のようにものすごくたくさんの訴えがきて自分たちのチームが手がつけれないほどの忙しさに追われていると告白する。

このことからも、ベネディクト16世は近頃はカトリック司教(その中でもサクソン王族・サタニスト)たちによる性的虐待の真実を暴露し、その被害を受付け、救済する活動をし始めたということが分ります!!つまり、オプス・デイとかウィンザー朝の圧力に負けて、黙っていたベネディクト16世がとうとう反撃に出たということでしょう!!!


済みません、以下の記事はヴァチカンとは、また、別の性虐待のグループのことのようです。

上流家庭の娘が6歳の時からホーム・オブ・シェリフシステムで性的虐待を受けていたことを母親に告白し、母子の長い戦いの日々が始まった。
上から6番目の記事のラジオかネット放送でのインタビューのところです。

Anne Greig & Robert Green- Sexual Abuse of Hollie Greg.
ここの訳についても、また後日の記事として載せたいと考えています。済みませんがよろしくお願いします。

につづく)
[PR]
by Ulala-lov | 2014-10-01 17:28 | イルミナティ、フリーメーソン | Comments(1)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。

< 映画『火垂るの墓』を見て:米戦闘機による焦土作戦の悲惨さと孤児の悲劇 >

昨日、以前からなんとなく見たいと思っていた映画『火垂るの墓』をやっと見ました。戦争孤児の兄と妹が力を合わせて生きていく物語かな?なんて思っていたのですが、甘かったようです。実際、冒頭の兄が駅舎のような所で、柱にもたれ、他の何人かの少年たちと共に亡くなっていく姿を見た時はひどくショックでした!


火垂るの墓

作者の野坂昭如(のさか しょうご)の実体験とはやや違うようですが、この映画のような悲惨な目に遭って亡くなった孤児たちがたくさんいたことは想像に難(かた)くありません。(つまり、容易に想像できるということです。)実際に、野坂さん自身も駅などでそういった孤児たちの死にいく光景を見た体験があったからでしょう。

火垂るの墓 動画集

人前で「火垂るの墓」の話をするときは気をつけろ!

これらの世界中の各地で展開されていた戦争がサクソン王族サタニストたち特にアルバート・パイク(アイゼンベルグ)の『未来計画』の方針に従ったものであり、彼らの主催する悪の秘密結社「イルミナティ」の綿密な計画により遂行されていた陰謀であると知っていたら。。。。

あの兄と妹の節子が頼っていった親戚の家のおばさんは、きっとサクソン系の人です。映画の中で、おばさんの家の中の何かに「笹」の文様があるのを見ました。おそらく、この兄弟は、おじさんのほうの親戚だったのかもしれませんが、奥さんに頭が上がらないような弱腰のおじさんでしたからね。。。ほんと利己的で利用するところはちゃっかりと利用してから放り出す冷たい人でした。


ところで、書きたいことはいっぱい貯まっていますが、とりあえず、資料だけ下に入れておき、後で詳しく書きたいと思います。

とりあえずの資料保存のために下に数々のリンク先を入力しています。でも、大変重要な問題ばかりですので、とりあえず資料だけでも見て、なんとなく頭に入れて(インプットして)おいて頂ければ幸いです。

< ナチスによるホロコーストの犠牲者は "650万人" もいたらしい!!!>

8月4日の深夜にラジオを付けっぱなしにしてウトウト寝てしまい、その後、ぼんやり目覚めてきたら、聞こえて来たのがNHKラジオ深夜便の「オトナの生き方」(0:10~1:00a.m.)というコーナーでのインタビューでした。ナチスのホロコーストを逃れてリトアニアから杉浦千畝のビザをもらい、中継地としての日本に逃れて来たユダヤ人をさらに第三国に逃すために多大な尽力をした「小辻節三」の話を出演者の山田純大さんから聞き感動しました、また、ナチスによるユダヤ人虐殺の犠牲者が"650万人"にも及ぶと初めて聞いてビッ〜クリ! (*o*)ナ、ナニ〜?!6...650万だってえ〜!どんだけ?想像しがたい人数。。。。(現在の東京都の人口1300万人の約半分くらい!ちなみに神奈川県の人口は約900万人、ニューヨークの人口は約800万人、北京の人口は約2000万人、上海が約2400万人らしいです)

。。。まさに心が震撼させられました!* (((>_<;))) ガクガク...ブルブル... 
* 震撼する
震撼する - 類語辞典(シソーラス) 

***しかし、スターリンや毛沢東による共産革命の時の粛正で、虐殺された犠牲者はもっと多く、何千万人もだったらしい。。。 〜〜; 言葉もない。。。ほど。。。


山田純大の母親は?本名は?作家デビュー?熱愛報道や彼女の噂は?

小辻節三

命のビザを繋いだ男 小辻節三とユダヤ難民 l NHK出版

日本のユダヤ人
これまで、ポログラムなどで虐殺されたり、虐殺されそうになったユダヤ人というのは、ほとんどアシュケナージ・ユダヤのほうでしょう。ユダヤ人じゃない人たちの中にも、ユダヤ人だとして収容され虐殺された人たちも結構いるようです。そして、これらのナチスの残虐行為は、彼らの勝手な「アーリア人優性主義」や、スファラディム・ユダヤたち(サクソン王族純血種サタニスト)の歪(ゆが)められた「シオニズム」陰謀によってアシュケナージ・ユダヤをイスラエルに行かせる為の作戦の一過程だったのです。

日本のシンドラー、杉原千畝:かつて日本は美しかった

書評『命のビザを繋いだ男』 - 忘れられた日本人がいまここに蘇る:「頭の引き出しは生きる力だ!

無私が人を救う。『命のビザを繋いだ男』- Yahoo!ニュース

当時の日本は特例だらけだった?

正義の人(杉原千畝と樋口李一郎) その1
正義の人(杉原千畝と樋口李一郎) その2

命のビザを繋いだ男 小辻節三とユダヤ難民 山田純大 2013.6.11

命のビザを繋いだ男 小辻節三とユダヤ難民 - あっきーのひとりごと



< 韓国の児童養護施設で実際に起きた性的虐待・暴行などを映画化『トガニ』>

?? 映画『トガニ 幼き瞳の告発』

?? ただし、この映画は韓国では"18禁" 指定(18 歳未満の視聴禁止)だそうです。しかし、下のどれかのブログにあるように少年・少女たちにとって重要な問題であるだけにもっと年少の子供にも見てもらったほうがいいという意見もあります。なので、'うららおばさん' 的には、小学生以下は見ないほうがいいと思いますので"13禁" 指定です。13歳未満の子供たちが見ると、夜お化けが出てきて眠れなくなるじょ〜!??

それから、13~18歳未満の少年少女たちは、保護者(親や祖父母など)と一緒に視聴してくださるようにお願いします。


また、これを機会に性的な被害に遭わないように家族みんな(3・4歳くらい〜)で予防策*を勉強したりして、話し合いをしてみるのも良いことではないでしょうか?

* 虐待防止プログラム
Cyber CAP Project 公式サイト
左側の項目をクリックして、CAPプロジェクトの「プログラムの内容」、「グループ一覧」、「CAPフォーラム」、「子ども広場」などは、ぜひ、ご覧ください!

子供虐待防止プログラム・CAP l 天空プロダクション
NPO法人 子どもの虐待防止ネット にいがた - 草間医院ホームページ
虐待防止教育プログラム「KOS」について:あいうえお@New Zealannd

トガニ 幼き瞳の告発(2011)韓国 :こんな日は映画を見よう

韓国の法廷劇2作

韓国の"トガニ法"って知っていますか? - えみこ日記

衝撃作『トガニ』の監督が激白「製作中、一生分のストレスを全部受けた」2012.8.2


『トガニ 幼き瞳の告発』この「この世の地獄」は、本当にあります

[PR]
by Ulala-lov | 2013-08-07 10:45 | イルミナティ、フリーメーソン | Comments(2)

お久しぶりで〜す! ??
長い間、ブログをお休みしていて相済みません。
先月7月の初め頃、きっと上の部屋に潜伏している "本物のエリザベス女王"の命令により、サタニストたちがわたしに毒入り食品の攻撃を仕掛けて来て(まあ、以前から度々ですが、わたしがすぐに気づいて何度も回避してきましたが、今回はダメでした)、体調を著しく壊していました。かなり悪かったのは2週間くらいですが、その後は無理をせずにちょっとのんびりしていました。まだ、完全に体調が良くなったわけではありませんが、まあまあ?ほぼ良好な感じです。また、このブログへのご愛顧のほどよろしくお願いしま〜す!??



ところで、今日は昭和20年8月6日に広島に原爆「ピカドン」が投下された日です。犠牲者の方々とそのご遺族、また、今なお、その被爆による病で苦しんでおられる方々などに、心からお見舞い申し上げます。特に、現在も被爆者として病に苦しんでおられる方々にはできる限りの暖かい支援が国や医療機関や一般市民によって継続的になされるように強く願っています。

以前、わたしが腰の手術のため広島の病院に入院していた時のことですが。。。わたしのいた6人部屋に被爆者のおばあさんが入院してこられたいたのですが、同室の4~50歳代のいかにも勝ち気そうな主婦の患者さんが、同じ広島市民なのにみんなに聞こえよがしに、その被爆者のおばあさんに、「医療費がタダだから。。。(気軽に入院してくる)」みたいな悪口を言っていてとても気の毒でした。翌日、おばあさんは部屋を変わっていかれました。後日、主治医の先生が、そのことを怒っていたようで、その主婦の腕を診察のふりをして、ちょっと捻(ひね)って泣かせました!けどね。その口の悪い主婦は、わたしにも「ここは広島の病院なのに島根から来た人が優先されて。。。」みないな、勝手にひがんだような嫌みをタラタラと言ってましたけどね〜 

?? 戦争、原爆、放射能被爆などについて、もっともっと多くの人々にちゃんと理解してもらえるようにする必要がありますよね!?ネ!


原爆の恐ろしさは筆舌に尽くしがたいもののようですが、たくさんの米軍機が雨のように焼夷弾(しょういだん)を降らせた空襲もまた大変恐ろしものだったようです。日本各地の主要都市が攻撃され、その周辺一帯は火の海となり、すべてが焼尽くされ、たくさんの一般市民が丸焼けとなり死んでいったようです。これらの空襲もまた原爆に次ぐ非人道的で恐ろしく残虐な大殺戮(だいさつりく)だったようです。

その日本焦土作戦を指揮したのが、以前からウィキにも載っていて、このブログでも取り上げてきましたが、あのアメリカの「カーチス・ルメイ少将」* (後に大将)です。

* 日本空襲とカーチス・ルメイ - YouTube

日本空襲の本拠地であったグアム基地に1945年1月新しい司令官カーチス・ルメイが、やって来てそれまで軍需施設などに限られていた空襲を住宅地を含む空襲に変え、その方法も変更したとのことです。要するに無差別大量虐殺をやったわけです。

ナパーム弾、焼夷弾は空中で分裂し、40万発の小型爆弾になったとのこと。戦闘機はグアムに加えてサイパン、テニアン基地からも加り、多分、およそ300機くらいが東京空襲に関わった計算になるのかな?東京大空襲の時の様子をニューヨークのように明るかったと言っている。

インタビューに答えているロバート・モルガン=カーチス・ルメイ(J.Pモルガンの子孫ヘンリー・モルガン?)かもしれない?

東京大空襲の記録映像 1945年 - YouTube

カーチス・ルメイ少将、50万人殺して勲一等旭日大綬章〜JH4SEHのシャック

死者が50万にでも、怪我や病気になった人を含めれば、その後もっともっと死者は増えたはずです。第二次世界大戦中の日本人犠牲者は350万人となっていますが、餓えや、怪我・病気で亡くなった人などを合せれば、実際は、その何倍もの人々が亡くなっているはずです。おそらく、2000万人以上でしょう。当時の人口は今よりずっと少なかったはずですから、相当な割合だったはずです。ちなみに、1920年頃の日本の人口は、およそ5600万人くらいだったようです。1930年頃までには、6000万人以上になっていたとして、その頃から日本は様々な戦争で人口は伸び悩んだと考えて、犠牲者2000万人を差し引くと、太平洋戦争終結の頃には、総人口は4000万人くらいだったのではないでしょうか?(しかし、日本の人口統計にはかなりウソが多いような気がします。戦後昭和史 - 日本の総人口と老年人口

カーチス・ルメイ 画像集

東京大空襲:ホモファーベル庵日誌

小泉元首相の父親小泉純也氏の旧姓は「鮫島」。ということは、「サメ」**の遺伝子をハイブリッドしたサクソン王族ということかも?それから、この人の顔は、なんだか、わたしが赤来中学校に勤務していた時の校長先生によく似ています。サクソン王族の序列では、山田元教育長より偉いということでしょうか?

** 豊玉姫 Yahoo!百科事典
ここでいうワニとは、サメのことです。

木花開耶姫と豊玉姫 - 古代文化研究所

ちょっと難しくて分かりにくい文章ですが、要するに豊玉姫は海神豊玉彦の娘であると同時に古代に鹿児島県南東部地域を支配していた大山祇神(オオヤマツミ)の嫡出子の娘だったということのようです。つまり、海神豊玉彦=大山祇神なのか?あるいは、卑弥呼は両方の男性との間に子供をもうけていて、自分のクローン人間の娘を生んでいたということなのか?おそらく、前者のほうでは?

*魏志倭人伝に記されている宗女って何? l OKWave

邪馬台国の女王だった壱与は、卑弥呼の宗女だということですが、宗女の意味がよく…Yahoo!知恵袋

この卑弥呼の宗女「壹与」(トヨなのでは?)ですが、要するに、卑弥呼=豊=豊玉姫=木花開耶姫=新生ヴィーナスなのでは?(新生ヴィーナスにはクローンが何人もいますし、新生ヴィーナスはヴァンパイアで死なないのですから。一方、クローンはずっと生きてもらうと困るのでわざと定期的に亡くならせるなどして、つまり意図的に殺して、新しくハイブリッドした生物学的ロボットにしているのかも?その中で、最も悪智恵の働く者に人工知能を移植して『新生ヴィーナスを」』を継承しているのでは?)

豊玉姫 - コトバンク

木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)について
この姫がドイツの「椿姫」(森鴎外著)らしいです。ということは、「シバの女王」たちの一人でしょうが、いったい誰のことでしょうかね?「椿姫」は、高級売春婦の話ですが。。。孫が「イワレヒコの命」(ミコト)=神武天皇です。(サクソン王族たちの捏造した歴史の中では、サクソン王族としては初代天皇)

どうやら豊玉姫=木花咲耶姫のようです。

そして、やはり、ドイツの高級売春婦『椿姫』=『新生ヴィーナス』でしょう〜!



カーチス・ルメイ少将が受勲した理由

日本焦土化作戦の立案者カーチス・ルメイに対する海外の反応:スパチカねんね

ルメイに対していろいろな意見がありますが、わたしは、ルメイ=生物学的人造 "殺人ロボット"による『イルミナティ』(ちなみに、「フリーメーソン」はヨーロッパ王族たちの組織で、イルミナティの上級組織)の計画的な「本物の"人間"=ヤハウェ系」撲滅を目的とした大殺戮だと考えます。もちろん、これらの殺人ロボットたちは、サクソン系の市民が巻き添えになろうがどうなろうが彼らは一向に気にしません。太古の昔からサクソン軍団の兵士たちはいくらでも代替えのある戦士として作り出される殺人ロボットにすぎず、スメラやシバの女王やタコの首領たちなどサクソン軍団トップたちは、"どんだけ味方の兵士たちが死のうとも少しも意に介せず!でやってきた" のだろうと推察します。


★★★ ところで、どうやら。。。カーチス・ルメイは東伏見慈洽*のようです!

ルメイも、本田先生(=東伏見慈洽)の娘らしい、わたしの故郷「仁万」(島根県)の小・中・高の同級生「本田恭◎」ちゃんに似ていますので。
*このブログ内の関連記事
大和朝廷(皇室)の奥に潜み、天皇をも操る伏見宮家
本田恭◎ちゃんは、上のサイトにある「豊田副武(とよた そえむ)少将」とも似ていますよ。
豊田副武とカーチス・ルメイの写真を比べてみると、耳や目から下の顔がそっくりです。かすかなヒゲの剃り跡なども同じ感じ〜!

とにかく、東伏見慈洽も、ジョゼッペ同様に相当に変装が得意な1 / 4 だけ人間の生物学的人造殺人ロボットのようです。

東伏見慈洽=カーチス・ルメイ=豊田副武=仁万在住の中学校教師「本田先生」(国語担当)、奥出雲の赤来中学の「藤原先生」(教務主任・音楽担当)*=瀬島龍三**

* 吹奏楽部の練習に熱心なふりをして、定期テストの一週間前、通常なら部活休止時期にも練習をやって生徒の学力低下に貢献していたのです!でも、山田教頭(=島根の温泉津町の山田元教育長)のほうが偉かったのか?藤原先生の自画自賛の自慢話に反論していたことがありました。
** 瀬島龍三
瀬島龍三 画像集
瀬島龍三 家系図
小野寺電を握りつぶしたのは瀬島龍三! 岡部伸記者を断固支持する
特攻隊の突撃死(自爆)にも深く関わっていたのは瀬島だったし。。。悪よの〜!以上に "まさに悪魔だ!" 自伝もゴーストライター使うくらい頭良くないよ。

それから、瀬島の画像集の老人っぽい写真は、わたしと元夫(アイゼンベルグの孫)のお仲人さんだった「加藤剛太郎」氏に似ているような。。。トヨタ本社で技術部長をしていたとかで、当時は出向で豊田通商の子会社「トヨタ・スチールセンター」の監査役だったのです。豊田市に住んでおられました。あっちこっちに家庭があり、忙しいことです〜!奥さんは美濃の出で、おそらく、アイゼンベルグとジョゼッペの混血「早矢仕有的」の子孫でしょう。親戚は医者だらけだとか。。。怖い〜!
その奥さんは、若い時の三浦和義*に似ておられました。娘さんの結婚式の時の話でホテル側にいろいろ言ったりされた様子ですし、その後のスチールセンターを辞めた直後などにも物置小屋の屋根にとスチール板をトラックで運ばせたり、権力を笠に着てけっこういろいろなことに口出しして利益を得ておられたようです。自分でも豊田通商の副社長が私の顔を見たら逃げていったとか言って笑っておられたぐらいです。また、娘さんが2人いて、長女は常滑出身の名古屋大学医学部の研究員かなにかで、アメリカの病院に3年間くらい留学され、家族で滞在されていたようです。次女は豊田通商に勤めていて社内結婚されたそうです。

*三浦和義 画像集
加藤監査役の奥さんは最上段の右端の写真を若くした感じでした。
三浦和義はなぜ自殺したのか l カナダde日本語
三浦和義は水の江滝子の隠し子だったようで......Yahoo!知恵袋
水の江滝子 画像集
(一番上左端の写真は、顔が違うようです)
水の江瀧子 wikipedia
ジョゼッペは、あっちこっちに子どもいますからね〜!三浦という姓は、乗っ取ったヤハウェ王族の家の戸籍を都合良く使っているのでしょう。やはり、三浦和義が隠し子というのは本当でしょう。


ところで、トヨタ自動車の加藤鋼太郎氏(=東伏見慈洽)の奥さんや、三浦和義によく似ているのが、『世界・ふしぎ発見』のミステリーハンターをしている「川幡由佳」です。特に、以前、わたしが買った、ある雑誌の表紙に彼女が載っていて、あまりに加藤氏の奥さんに似ているのでビックリしました。親子かと思ったくらいです。

川幡由佳 画像集

川幡由佳 wikipedia
実家は地元で有名な金物屋ということですが、天然オレンジオイル洗剤の輸入販売元ということからもサクソン王族の有力な家系であることが分かります。

川幡由佳アイガー登頂bySA315Bラマ - YouTube

画像集の写真もそうですが、上の動画でも分かるように彼女の鼻の上部はかなり太くタコ系であることが分かります。ところが下部の鼻翼は非常に広がっています。(なぜか分かりません)また、オオカミ系の垂れ眉ではないようですが眉の描き方でゴマかしているのかも?加藤鋼太郎氏の奥さんは、わたしの家にある当時の写真を見てみると、やや垂れ眉気味でした。

加藤鋼太郎氏の奥さんは、美濃のおそらく早矢仕有的(はやし ゆうてき)*(ジョゼッペが脳移植で乗り移っていたアイゼンベルグ&ジョゼッペの混血家系)の子孫だと思われますので、その奥さん(お姉さんがいるとか)にとてもよく似ている川幡由佳もおそらく早矢仕有的の子孫でしょう。また、前述した三浦和義の写真も早矢仕有的の写真とよく似ています。

*早矢仕有的 画像集
このブログ内の関連記事:
ジョゼッペと明治2年創業の『丸善』&系列会社

ところで、川幡由佳さんの夫のTBSアナウンサーで、現在、アナウンス部次長安東弘樹は、ヤハウェ王族でしょう。おそらく、父親か祖父が東伏見慈洽か、ジョゼッペで、その命令で結婚させられたんでしょう。

東京ベイ船橋ビビット2013-2012:川幡由佳
実家の金物屋は建築向けの専門店で「銅市」は、明治27年創業の船橋を代表する老舗とのこと。写真の1993年に建てられたという店舗ビルもかなり立派なものです。

川幡由佳オフィシャルブログ「ずっこけママ」


また、わたしが、昭和52年(1977年)4月から婦人警察官として入校していた愛知県警警察学校の元校長(確か)「山中茂」**という人が今思うと東伏見慈洽だったような気がします。奥さんと警察学校の教官宿舎に入っていて、息子さんは大学生と高校くらいの2人いたと思います。宿舎の書棚には、カーネギーの「人を動かす」などが置いてありました。(つまり、エドワード7世=カーネギー=J.P.モルガン=象二郎の息子でしょう)

** 愛知県警察
歴代本部長の1981〜82年の山中茂ところです。(前職:内閣調査官→警察庁警務局付、この後退職してトヨタへか?)それにしても、なんだか怪しそうな人たちが多いようです。1969〜71年の重光武徳も東伏見慈洽でしょう。1985〜88年の於久昭臣(おく あきおみ?)は、多分、奥田碩(おくだ ひろし)トヨタ元会長でしょうし、1992〜94年の伊藤一実は、多分、象二郎でしょう。わたしが名古屋市北区の派出所に初勤務していた時の伊藤主任(巡査部長=平の巡査より一階級上)は象二郎でしたし、その派出所には田辺主任(田辺製薬の社長か?)、曽我巡査(多分、ジョゼッペ、外勤の婦人警察官の「内田」主任でもありました)、また、名字は忘れましたが若宮貞夫によく似た28歳とかの若い巡査、その巡査と結婚した婦人警察官の坂野先輩(おそらく、「シバの女王」の誰か?ちょっと痩せたマリリン・モンローっぽい)などがいました。(全員がサクソン王族ではなかったようですが、上記の人たちは多分そうです。わたしの監視のためか非常に多かったようです。)

また、山中茂元学校長は、わたしたちが卒業する1977年秋頃に、確か、警察学校のあった同じ春日井市だったか?に自宅を新築されたような記憶があります。奥さんは元婦人警察官だったようですが、校長は、かなり奥さんに気を使っていたようですので、きっと偉いサタニストの娘だったんでしょう。

また、わたしが2003年に藤沢高等職業訓練学校で、大変な意地悪をされた「坂部」(さかべ)先生(以前、坂田先生と書いていたのはかなり昔のためにうろ覚えになっていて間違いでした)という女の先生(英のアレクサンドラ王女=代理ではなく、本物のオギルヴィー夫人=横浜市長「林文子」)が主導して、彼女に忠実なイルミナティ青年部らしき人たちによる傷害を受けた時に、藤沢警察署で被害届を受け付けた「偽・刑事」が東伏見慈洽だったと今なら分かります。その後、何も捜査も、起訴もしてくれず。藤沢署刑事課に電話しても本部に転勤したとか言って取り合わず。でも、あの時の偽・刑事が2〜3年くらい前にこの近所で女王の親衛隊の一人を説教していたキン肉マンにちょっと似ていたので分かりました。偽・刑事は色白でしたが。


さらに、おそらく、尼崎連続殺人事件***で、本物のエリザベス女王(当時は中村玉緒の身体)と一緒に監禁暴行、殺害していた主犯「角田美代子」(=エリザベス女王)の片棒で、いとこの韓国人「李正則」(38歳)も、多分、東伏見慈洽でしょう。2004年頃に、脳移植をしてエリック・ロバーツの身体に乗り移って若返ったようです。** なので、2009~10年頃にこの近所で見かけた時には30歳代くらいに見えまのでしょう。

***尼崎事件
未解決事件 尼崎殺人死体遺棄事件 l NHKスペシャル
替え玉の容疑者「角田美代子」は、容疑者が亡くなれば起訴できないことを目的に殺されたのでしょう。また、替え玉として動き、事件の内情をいろいろ知っていたので口封じに殺されたということもあるでしょう。
**このブログ内の関連記事
前述の*の関連記事「大和朝廷の奥に潜み、天皇をも影から操る伏見宮家」で東伏見慈洽について詳しく書きましたが、それと共に下のブログも参考になります。
「兄弟はイイ!」と象二郎は言っていた :尼崎事件との関連(1)

また、東伏見慈洽が仁万の「本田先生」の時の嫁は、「江利チエミ」(シバの女王、この人もタコの首領「白木みのる=本名・柏木みのる」の娘か?)のようです。

(つづく)

(2013.08.13 10:15 p.m. 記述完了)

*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2013-08-06 05:53 | イルミナティ、フリーメーソン | Comments(7)

2010−04−05

のつづき)

サヴァリの告白のなかで、2002年のイルミナティのアジェンダとコントロールのネットワークの全容の要約の記事「イルミナティの逃亡者が ’邪道に陥らせる陰謀’の詳細について語る」の訳の続きです。なかなか続きが書けなくて、遅くなって済みません。どうも、新型インフルエンザなのかもしれませんが、カゼ薬に頼らずに直そうと思っているので(漢方薬は飲んでいるのですが)、よけい長引いているのかもしれません。でも、カゼ薬飲むほどのひどい症状がでないから〜熱っぽい時もよくあるものの。。。  〜〜  よう分からんにゃ〜

3月30日の記事2本目の記事のサヴァリの「イルミナティ・レポート」の続き;

<軍事占拠>
サヴァリ;
簡潔に言うと、米国のどの地域にも’ ナーブ(神経の網のような意?)・センター’ また
は、地域活動のための活動拠点を持つ。米国は7つの主要な地理的地域に分けられてきた。どの地域にも、人里離れた隠れた地域や広大な私有地の隠れたところに軍需工場や軍事基地をその敷地内に含む場所がある。

これらの基地は、各世代のイルミナティに<軍事的な技術、つかみ合いの戦闘、大衆コントロールや兵器の使用、軍事交戦のすべての局面>においての教育を施し、訓練するために断続的に使われている。


ここから、長かったのですが、今日元の英文レポートにアクセスしたのですが、できませんでした。サタニストたちの妨害でしょうね。

なので、わたしが、以前読んで覚えている範囲で簡単にまとめて報告します。

・世界中の各都市にはイルミナティの組織があって、各都市でその地域で非常に社会的に高い地位にある人たちがメンバーとなっている。医師、大学の教授、学校の先生、法律家(弁護士を含む)、看護士(多分、婦長とか高い地位の人)、企業の重役、(多分、市長や町長なども?警察官署長とかも?でしょうね。)など
各地域にほとんどすべての分野の人たちの一部をイルミナティのメンバーとして取り込んでいるということ。

・ワールド・ニューオーダーという計画を密かに進めていて、世界の人口を大幅に削減し、多分90%以上の削減という恐ろしい陰謀を計画している。実際、鳥インフルエンザやエイズやその他のウィルス感染による大量殺害は30年くらい前から起きていて現在より広範囲に菌をばらまいて実行中、また、ハープと呼ばれる電磁波兵器によって地震、津波、干ばつ、水害、寒波による大雪、集中豪雨などの気象操作による大量殺戮も、すでに世界各地でこの十数年に渡って起きている。さらに、第三次世界大戦を起こす予定にしていて、毒ガスや小型核爆弾や電子銃などいままでよりずっと恐ろしい兵器を使っての人類の大量虐殺を始めようとしている。

(ここは、わたしの知っていることも加えて書きました)

・戦争が始まったら、戒厳令をしいて、反抗する大衆を収容所に入れて、3種類に分類し、思想的に彼らの思うところに反抗する人などは裁判なしで処刑される。

・世界中の人々に番号をつけて、背番号制にして管理しようとしている。注射器の針の先ほどの小さいマイクロチップを注射器で人の体内に埋め込みその人の行動を監視する。

・人口を削減し終わった後に、王族・貴族を頂点とし、その次に各分野で非常に優れたエリートや研究者たちを手下にし、あとのほとんどの人々を奴隷として人間牧場で飼育するというもの。

・テレビ、ラジオ、雑誌、本、音楽、コンピューターゲーム、DVDなどで大衆を洗脳し、イルミナティの思う方向に大衆を従わせていくなどの活動をしている。

・暴力などはテレビなどからの悪影響ではないという人がいるが、それは、嘘で影響は大いにある。画像で見た暴力などのシーンは潜在的にその人の脳に残り、何度も見るうちに、暴力に対する抵抗感が薄まっていく。



2.『ヴァチカンの真実の暴露』

カトリック牧師の幼児性虐待のニュース

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/vaticancityandholy
see/7482028/Pope-archdiocese-faces-tsunami-of-abuse-claims.html

(訳)

「教皇の大司教区が津波のような虐待の訴えに向かいあっている」

ドイツの現教皇のベネディクト16世の前大司教区でのローマ・カトリックの司教たちによる性的虐待を取り扱うために立ち上げられた新しい作業チームの責任者は津波のようにものすごくたくさんの訴えがきて自分たちのチームが手がつけれないほどの忙しさに追われていると告白する。

2010年3月19日、ローマのニック・スクワイアの報告

新しい報告は幾つかのヨーロッパの国々でのカトリックの牧師を含むほぼ日常的に行われていた性虐待事件を明らかにした。その論争の広がりは、アイルランドを悲嘆にくれさせたスキャンダルについて教皇が土曜日にも記者会見を予定しているとの通知にも影を落としかねないようすだ。

新しい訴えの数々は、ベネディクト16世が1977〜82年にジョセフ・ラッツィンガーとしてミュンヘンの大司教をしていた時、幼児性虐待をしていた牧師たちから子供たちを十分に安全に守らなかったことを明らかにした。

そのチームは昨日から仕事をスタートさせたが、1月からドイツ中から訴えられた300件の性虐待のレポートのうち、120の事件を再調査するだろう。

およそ100件は南バーバリアのアルプスの麓(ふもと)のエタルにあるベネディクト修道院の寄宿学校に関わるものだ。

幼児性虐待に関わる牧師のスキャンダルについて言及した教皇からアイルランドの人々への文書はアイルランドのカトリック信者にショックを与えた。

教皇ベネディクト自身がいまだ立ち向かっている最も不利になる暴露は、1980年に精神治療を受けるために別の司教区から移される予定の11歳の苦しんでいる子供をある牧師が非難するのを彼(教皇)が許したことだった。その牧師、ピーター・ハラーセンは後に世俗に戻り、1986年に幼児性虐待の罪で18ヶ月の執行猶予の刑を受けた。

バチカンは将来の教皇はその頃までには新しい任務のためローマに転勤していたと主張した。しかし、大司教区のあるメンバーは教皇は自分や仲間にハラーマンは犯罪者だということを知らせるべきだったのにと言った。

ハーマンを治療した精神科医はその牧師は弱者を決して扱うべきではないと教会側に何度も忠告したにも関わらず無視されたと言った。

彼は絶対に子供たちとは離れているべきだったとウェーナー医師は語った。

罪の自覚にも関わらず、ハラーマン牧師は教会の職務を再開するのを許され、今週1週間だけの休職となった。

性虐待のスキャンダルは、オランダでも吹き荒れ、オーストラリア、スイスへと
移り、今週はイタリアへと移った。

オーストリアとの国境近くで、主にドイツ語圏の地区の北イタリアのボルザノ司教は、被害者に対して心からのお詫びを表わすとともに、虐待の訴えの件をイタリアの検察に送るだろうと言った。

(お詫び)
この前の3月30日の記事で、バチカンのスキャンダル暴露のところに勘違いしてスコットランドの幼児性虐待の告発のmpの音声のサイトを貼付けてしまい、済みませんでした。しかし、このスコットランドの件もとても重要な内容なので要約しようかと思っています。明日にでも、このブログに載せますので、また、ご覧になってくださいネ!


* コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2010-04-05 19:42 | イルミナティ、フリーメーソン | Comments(6)

2010−04−02

のつづき)

<ヴァイスハウプト>
サヴァリ;
ヴァイスハウプト*はイルミナティを創設しなかった。彼らは名目上の指導者として彼を選び、何について書くべきかを彼に話した。金融家たち;(ヨーロッパでの初期の王たちに資金を融資していたテンプル騎士団時代の銀行家たち)ーがイルミナティを創設した。ヴァイスハウプトは彼らの言うがままになる使い走りだったにすぎない。

*アダム・ヴァイスハウプト
イルミナティ

アダム・ヴァイスハウプト=ジョージ・ワシントン~やりすぎ都市伝説スペシャル2014夏について

??うらら...アダム・ヴァイスハウプトは『シバの女王』』だと分かりました!(再訂正:2014.10.02)


つまり、「7年戦争」(1756〜1763年)**(詳しくは最下部のところで説明してあります)
敗北したオーストリアのハプスブルグ家は、それでもまだ「神聖ローマ帝国皇帝」ではあったものの、実質的には、神聖ローマ帝国はアングロサクソ脳族サタニストたちに多くの面で支配されており、皇帝の権威は地に堕ちていたようです。

神聖ローマ帝国皇帝「ヨーゼフ2世」
ヴェルサイユ宮殿 - 革命に呑み込まれた王妃マリー・アントワネット
(これらの肖像画も、アングロサクソ脳族によって改ざんされてスティック鼻にされていますが、このヨーゼフ2世がハンサムだということは分かります)
ヨーゼフ2世=フランツ2世が最後の神聖ローマ帝国皇帝となった。このフランツ2世も途中で、アイゼンベルグ(三船=ピーター・オトゥール)が成りすまして入れ替わって、神聖ローマ帝国を解体させて初代オーストリア帝国皇帝になっています。

ロンドン家の始祖ネイサン・メイアー・ロスチャイルド
(ロスチャイルドはキリストの子供たちという意味ですが、なぜかファースト・ネイムの「ネイサン」にはネイ(Nayは否定を意味する古英語)がついていて、「子供ではない」という名前にされています。(←2014.10.20 訂正:きっと、アングロサクソ脳族だから)
nayの意味 - 英和辞書 Weblio

ネイサン・メイアー・ロスチャイルド

現在の英国当主「ジェイコブ・ロスチャイルド」氏にソックリです!この写真は歴史改ざんのためです!
本当の写真は下の写真でヴィルヘルム1世(ヘッセン公)=『シバの女王』です。この『シバの女王』が韓国のセウォル号沈没事件もイルミナティの手下に命令してやらせたようです!!!

ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決 ビルダーバーグ Rothschild Bilderberg

現英国当主のジェイコブもアングロサクソ脳族たちに脅迫されて不本意ながら従わされてきましたが、今は、対決しているようです!実際は、この動画の映像よりもハンサムな方です!
(2014.10.20 訂正:間違いでした!この人はゼウスのクローン子孫で、フリーメーソンのグランドマスター(総帥・指導者)「ケント公エドワード」であり、日本の天皇「明仁」でした!!)

**7年戦争の講話条約では、それほどオーストリア帝国は打撃を受けていないようにウィキなどには書かれていますが、実際はそうではなかったのでしょう。
オーストリア継承戦争から七年戦争まで
オーストリア継承戦争
マリアテレジアと七年戦争

七年戦争(前編)
プロイセンの紋章がカラス(黒)で、ハプスブルグ家の紋章は鷹(茶色)ですから、間違えないでね〜!
七年戦争(後編)

要するに、ロシア皇帝エリザベートが死亡(おそらく、嫁のエカテリーナが毒殺したのでしょう)、プロシアのフリードリッヒ2世(=おそらく、アイゼンベルグの子孫で少年期に脳移植されアイゼンベルグになっていたんでしょう)に心服しているピョートル3世が皇帝に即位、しかし、間もなく、またしても、エカテリーナが夫のピョートル3世を暗殺し、自分が女帝エカテリーナ2世として即位したということでしたね!エカテリーナ2世は、ドイツのサクソン王族の回し者で、おそらく、「シバの女王」のひとりでしょう。←口の下のアゴが長いのでアイゼンベルグの女性形クローンでしょう!
エカチェリーナ2世

フリードリヒ2世 アンサイクロペディア
プロイセン王国 フリードリヒ2世
(2013.03.25 4:30p.m 加筆)



☆☆☆[ ’うららおばさん’の疑問点 ]☆☆☆☆

ヴァイスハウプトはイルミナティを創設した人物として有名なようですが、サヴァリはそうではなく、銀行家が彼に指示をしてイルミナティを創設させたのだとありますが、わたしはその銀行家がという点にちょっと疑問を感じています。

このイルミナティについてのヘンリー・マッコーの要約文(この記事の***のあるところから)の四段落目を見ると、「彼女は世界で最も裕福で最も権力のある。。。。」で始まる文です。
「途中省略。。。。アーリア人至上主義(トップではドイツ語が話される)で、しかし、ユダヤ(うらら...ここでは、アシュケナージ・ユダヤを指しているようです)の背教者も歓迎される。」とあります。つまり、イルミナティはアーリア人至上主義で、アーリア人(スファラディム・ユダヤ)たちが中心になっていて、ユダヤ人(ここでのユダヤとはアシュケナージ・ユダヤと考えられます)はあくまでも、付け足しで加えられているということが分かります。ーA

なのに、この<ヴァイスハウプト>の項では、テンプル騎士団(ヤハウェ王族=アシュケナージ・ユダヤ)の頃(13世紀)の金融家たち(ヴィネチアなどイタリアのスファラディム・ユダヤが創設した銀行が多かったが、アシュケナージの銀行も一部あったでしょう)が「イルミナティ」を創設したとあります。ーB
イルミナティを創設した金融家たちというのははユダヤ人ですから、AとBの文の内容は明らかに矛盾します。つまり、イルミナティでは脇役であるはずのユダヤ人(=アシュケナージ)が(A) 、金融家(=ユダヤ人)がイルミナティを創設した(B)というのはかなり矛盾が生じます。???ということは、(B)でいう金融家とは、スファラディム・ユダヤのことでしょう!!!

やはり、サクソン人(アーリア人)の王族たちがイルミナティを創設したと考える方がなんだかスッキリしますよね!!!それにしても、ユダヤ人で背教者しかイルミナティに入れないということなので、やはり、サタニスト・サクソン王族の金融家たちということになるでしょう。とにかく、「シオンの議定書」にしてもユダヤ人が書いたと言われていますが、そうなると、やはり、サクソン王族(=スファラディム・ユダヤ)が書いたと考えたほうがスッキリです!!!

現在、フリーメーソンに金融家が多いのは、イルミナティがフリーメーソン(元々は、ヤハウェ王族のまともな石工組合的な組織だった。←ここでいう石工の親方とはヤハウェ系の王や貴族を指していたようです。)を徐々に乗っ取っていったためだとか。また、会員は世界中にいましたが、わりと普通の凡人でも誰でも入会できるようにして会員が劇的に多くなったのは最近のことではないかと思われます。フリーメーソンは王族・貴族がメンバーになっていて、イルミナティのピラミッドのトップの部分に位置しているようです。

山川出版者の「ドイツ史」という本を見ると、
中小領邦の啓蒙絶対主義(p151〜2)
ドイツ国内の啓蒙絶対主義は、1780年代の末以降急激に熱がさめ(1760年代から盛んになっていたが)、むしろその反動として保守化した。ヴィルヘルム2世(在位1789〜97)の治下、保守に転化し、88年の「宗教勅令」と検閲の強化によって、啓蒙思想の弾圧が始まった。オーストリアでも、1792年のフランツ2世の即位によってはっきりと反動に転化した。
★バイエルンでも選帝侯カール・テオドールは1785年に啓蒙思想の牙城『イルミナティー(光明会)』を禁止した。
しかし、啓蒙絶対主義による改革の第一波は、揺り戻り期を経て、やがて19世紀初頭、もっと大きな第二波に受け継がれるのである。

また、『フリーメーソン』に関しては、p159のところに、
啓蒙運動の担い手として無視し得ないのが、秘密結社のフリーメーソンである。これはもともとは「自由な石工」の組合にさかのぼるが、1723年にロンドンで憲章をもった組織に整えられ(これがサクソン王族に乗っ取られた時)、その後、他国に広がったのである。ドイツでは37年にハンブルクで設立されたのが最初であるが、たちまちのうちに北ドイツに広がり、その勢いは中部から南ドイツにもおよんだ。フリーメーソンでは、身分と宗教の差をこえた同胞愛の教えがその根拠にあり、宗教的寛容の源泉の一つでもあった。ただカトリック教会はフリーメーソンを禁止し弾圧したが、しかしそこではフリーメーソンの一分派であるイルミナティ★★★★★が広まった。

★ということから、イルミナティとカトリック教会(=ヴァチカン)とのつながりがはっきり分かり、気になるところですね!

★★★★★ここがポイントだと分りました〜!!!
英国では、1714年にドイツ出身のジョージ1世*が即位しハノーヴァー朝になると、英国銀行がサクソン王族・サタニストたちに乗っ取られてしまったのだそうです。だから、サクソン銀行家たちが強大な権力を握り、フリーメーソンやイルミナティが大々的に組織され、世界中に組織を広めていったのだとか。。。このイルミナティの活発な活動により、ハプスブルグ家への攻撃もやりやすくなったし、海外への植民地政策も活発化し、世界の主要国で革命が起きたのでしょう。
*ヴォルフ家の流れを汲む神聖ローマ帝国の諸侯の家系で、1692年に成立したハノーファー公国の君主の家系の「ゲオルグ」
(ヴォルフ家という名は、wolf (ウルフ、つまりオオカミ)家ということです。つまり、この一族は、オオカミとの交配種なのではないでしょうか?また、『モンゴル』という映画の中で、これは、チンギス・ハン(少年期にジョゼッペが脳移植←源義経がチンギス・ハン少年に変身?あるいは、義経の人工知能をチンギスハン少年に移植?)は、たびたび山頂のオオカミに会いに行き、お告げをもらっています。おそらく、岩陰に隠れていたアイゼンベルグがお告げをしていたのかも?(←オオカミ神、つまり、昔からモンゴルの地に住んでいた人間の魂をもったオオカミのアドバイスを受けていた)ただし、ヴォルフガング・モーツアルトのWolfgang(=オオカミ・ギャング) は、サクソン王族が、後世、'蔑称'というか、'濡れ衣として'というか、"わざ〜っと"と付け加えたものでしょう。ま〜、ほんとイヤな性格よね!?????? 
おそらくモーツアルトの生涯の記録も、品行が悪いようにサタニストたいに改ざんされてしまっているのか、モーツアルト自身がスパイ活動のためにそのようなふりをしていたかのどちらかでしょう。それにしても、結局、最後にはサタニストたちに毒殺されたようです。?????? 
ほんと、サクソン王族にはムカつくわ〜!??

とにかく、モーツアルトも、シューベルトも、ベートーベン(弁当さん??)も、ショパン(食パンさん??)も、私たちがよく知っているクラシックの音楽家たちは、ほとんどヤハウェ王族のようです。特に、多分、ハプスブルグ家の人が多いみたいですよ〜 ????〜 ????〜 ?? 
()内の呼び方は、私が小学3年くらいの時に、こっそり心の中で呼んでいた名前で〜す! 音楽室の壁に貼ってある音楽家図版を見て、「なんか〜音楽家の中では"食パンさん"が一番ハンサムね!」とか思っていましたけど。??

につづく)
[PR]
by Ulala-lov | 2010-04-02 14:34 | イルミナティ、フリーメーソン | Comments(4)

2010−03−30

1. イルミナティの真実の暴露について

イルミナティの真実を暴く記事をベンジャミンさんのブログのコメント欄で見つけたのでその事をお知らせしようと思っていますが、ベンさんもなんだか今年はいいことありそうって書いておられましたので、その記事も翻訳しておきますね。

Blog:ベンジャミン・フルフォード

2/15 春節(旧暦の正月) ’ 寅年が始まり、寅が吠えるぞ!’
(訳)
寅年は牛年と(卯年を越えてなんだけどね)辰年の間にあり、これはとても象徴的だと思う。牛は近頃の西洋のことを象徴しているようだ。つまり、男性的で攻撃的だが知恵と忍耐に欠けている。龍はとても年をとっていて賢いが多分あまりに用心深くて受け身的で東洋の象徴のようの思われる。もし、あなたが西洋と東洋の一番良いところをミックスすれば、結果は寅だ。今週は、私はブラック・ドラゴン・ソサイヤティーの代表としてイルミナティやテ(トかオ)ニック騎士団のリーダーたちと話あうためローマに飛ぶ。西洋と東洋でまさに50/50でコントロールされるような新しい新しい金融システムを構築することができるようにと期待している。結果的に、崩壊と管理(統制)などの問題が片付けられたかの確認に必要な移行期の後、すべての人々によってコントロールされる金融システムがもたらされるだろう。


コメント欄の一番下 SOULDIERさんのコメントを見てください。

<裕福な家庭に育った元イルミナティの女性の告白>

イルミナティについての文 

2009年1月の更新:
 サヴァリ(仮名)は生きているし、安全である。click hereで詳しくみることができる。
これらの異常な状況のなかで、しかし、彼女はとても重要な話をしてくれた。いままでもそうであったように、彼女はまれに見る勇気を示しこれらの話をうち開けてくれた。

2010年2月の更新:
イルミナティの儀式的な虐待やその他のことについてのサヴァリによる非常に重要ないくつかの項目の記録文書で、2000年から2002年までに書かれたものはここで見ることができる。here

(以下に私の素人(しろうと)訳ですが、体調の関係で少しづつしか訳せないので、加筆しながら完訳したいと思っていますので、気長に見てくださいますように、よろしくお願いします。)

彼女の証言はとてもショッキングではあるが、とても重要で、彼女がここにいることは私たちにしてみれば明らかに光栄(誇りとも言えること)なのである。
サヴァリはイルミナティの血流に生まれた、あるアメリカ人女性である。彼女は12歳の時にとても大切だと告げられたセレモニーのためにヴァチカンに連れて行かれた。彼女が目撃したのは、実物の子供の生け贄で(3〜4歳くらい、素直な子に見えた)、地下埋葬所で黒曜石の大きな五角形の板の上に置かれていた。

彼女とグレッグ・シマンスキーとの驚異的なインタビューが以下です。
インタビューの音声 

イルミナティの子供たちはみな従順で、忍耐強く、自制心があり、家族に対して完璧に忠実であるように育てられる。軍隊や政治のための教育をほどこされる者もあれば、ビジネスや売春のようなビジネスにさえ携われるように教育される。結婚は親に準備される。イルミナティのなかの違う血流との絆を強くするためというだけの唯一の理由で。イルミナティ・ファミリーのメンバーの人々はみなその身分にふさわしい正常な人として尊敬にあたいする見せかけの態度を持つ。つまり、そのグループの中には、、その人格や生活に二面性がある者がだれひとりとして存在するはずがないと思っていて、それを疑ってさえみないだろう。会合はしばしば夜に行われる。子供たちは麻薬や嘘やショック療法を使って訓練される。彼らは、8歳までには銃を操作でき、死ぬほど(まったくもって)正確に銃撃することができるようになっている。

すべての西洋の国々では、高度な政治のレベルにおいて、イルミナティが深く関わっていてコントロールしている。アメリカ合衆国では、人口の約1%がイルミナティかイルミナティの関係者である。約300万人という計算になる。あなたは彼らのうちの何人かを知っているかもしれないが、いままで、一度も彼らを疑ったことはなかったでしょう。


サヴァリはいままでそこから立ち去る者などほとんどなかった本当に数少ないイルミナティのメンバーの例外的なひとりでもある。その状況はちょうどとてもすばらしかった。そして立ち去るということは配偶者、両親、子供、家、お金、すべてを捨てるということを意味していた。ごくまれにしか脱走する人はいない。彼女自身が次のことをを徐々にわかってきた後、去るという道しか残されていなかった。なぜなら、彼女はイルミナティのトレイナー(家族のなかでの彼女の役目または仕事)としてイルミナティの子供(=自分の子供たち)に嘘をついていたから。つまり、彼女は自分が若い時にも自分にも嘘をつかれてきたにちがいないということに気がつきはじめたのだ。彼女は’キリスト教’に改宗していた。(’本当の’キリスト教に;様々なキリスト教教会は非常にイルミナティにコントロールされていると彼女は述べていた。)そして、このことが彼女に去ることへの強さを与えた。彼女はラジオのインタビューを受けたし、ウェッブサイトでもインタビューを受けた。しばらくの間、多作に執筆した。しかし、2006年からは何も聞かれなくなった。

インターネットには彼女の情報がたくさんある。グーグル’サヴァリ’ を読んでみよう。

イルミナティのアジェンダとコントロールのネットワークの全容の要約は多分ヘンリーマッコウの2002年の記事です。here   下記に再生しました。

*       *        *        *       *

「イルミナティの逃亡者が『邪道に陥らせる陰謀』の詳細について語る」

もし、あなたが現在起きている数々の事件の中において、悪魔の仕業(しわざ)を捜査するとしたら、あなたは自分で考えているよりずっと真実に近づいているのかもしれない。

イルミナティ・カルトのなかで成長した、ある女性が米国の人口の1%を構成する権力のある秘密結社を語る。その結社はすべての社会機関に浸透してきたし、また、密(ひそ)かに軍事的な占拠を準備している。
彼女の暴露は「テロとの戦い」や「国家の安全保障」に真実の光を投げかける。


サヴァリは仮名で、45歳、1996年までイルミナティのカルトのためのマインド’プログラマー’(マインドコントロールのプログラムを考える人?)だった。彼女はサンディエゴ支部の6人目の主任トレーナーであって、30人のトレーナーに彼女に向けてレポートを提出させていた。彼女はイルミナティの秘密の権力と目的を人類に警告するため彼女の人生を危険にさらしてきた。

彼女は世界で最も裕福で最も権力のある人々によって導かれるサディスティックな悪魔カルトについて語っている。それはそのカルトは主として、ホモセクシャル、小児偏愛、動物の生け贄や儀式的殺人の実行である。それはCIAやフリーメーソンのメンバーとぐるになって行われている。アーリア人至上主義(トップではドイツ語が話される)で、しかし、ユダヤの背教者も歓迎される。それ(イルミナティ)は麻薬、銃、ポルノグラフィー、売春の世界的な流通をコントロールしている。それは政治的な暗殺や9.11、メリーランドの狙撃事件、バリ島での爆破事件を含むテロリズムの背後で関わっているかもしれない。

イルミナティは地方、州、国家レベルの政府(と自治体)、金融機関、宗教、メディアに浸透してきた。ヨーロッパを軸として、ワールド・オーダーを計画していて、ナチズムやコミュニズムは楽な仕事のようにその初期の試みとなるだろう。もうひとつ詳細に分かることは、この人々は幸せではないということである。


サヴァリの勇気ある証言は
「なぜ私たちの子供たちが市民の価値基準をもはや教えられないのか?」
「なぜ子供たちがホモセクシャルや暴力の悪癖(あくへき)に陥っているのか?」
「なぜ私たちの’文化’が虚無主義や性的な堕落に陥っているのか?」
などの疑問に対して説明をしてくれる。



2000年の3月に、サヴァリは「Suite(スート=アパート)101.com」でイルミナティの儀式での虐待にあったサバイバー(被害者)たちのために月刊コラムを書き始めた。2000年の12月には、「CenterExNews.com
(センター・エクス・ニュース コム)」の編集長、H J スプリンガーがサヴァリに連絡してきて、長期の18回に渡るインタビューを彼女にメールで行う。それはネット上で再生され、著作権が取られた。

[プロジェクト キャメロット ノート; suite101.comでの記事はhere(リンク先)。スプリンガーインタビューの18回のうちの13回はhere(リンク先)で再生された。]

「私は彼女が the real MacCoy*(マックはスコットランド人の姓に多い、 Coy=Companyは軍の略)であると確信する。」とスプリンガーは私に書いてきた。「私はイルミナティの他のメンバーたちからの彼女への膨大な数のEメールメッセージを個人的に中継者として受けとった。彼らは儀式的な虐待、洗脳、レイプ、性的虐待を受けた人々で、あなたが指名した彼らのうちの何人かの言葉が私に彼女の暴露話が真実であると確信させた。だから、私はサヴァリが子供のころからイルミナティに入っていたということを全く疑わない。」
* the real MacCoy = 本物    
英語慣用語句

私はサヴァリの証言もまた信頼している。なぜなら、その証言は私の直感と短期集中調査で確信したからだ。すべてがそれと納得できる。人類を弾圧するように思われる好ましくない根強い影響から、なぜクリントンが中国に秘密のテクノロジーを与えたかとか、絶え間なくやって来る米国の強制収容所についての数々の報告に至るまで。それ(彼女の証言)は、私が知っている人々がなぜ陰謀的ないわくありげな方法で行動するのかを説明してくれる。私はサヴァリに感謝している。彼女は私に世界を理解するための恐いけれども驚くべきひとつのカギを与えてくれたから。

ある友人は早く嘘に気付くようにと私をせかし、サヴァリの個人的な話の真偽を確認する手助けをしようと申し出た。私はそれを受け入れた。私はあなたがたに彼女のすべての証言を読み、本当かどうかを心を決めるように求める。最初に、パート1〜パート18を読んでください。そのリストの真ん中くらいで始め徐々に読み進めよう。

ここに、許可を得て、サヴァリとスプリンガーとのインタビューでのやりとりのハイライトがある。彼女の「イルミナティは世界を乗っ取るか?」という彼女の記事からの文もまた含めた。

<普及力のある存在>
サヴァリ;
イルミナティは米国のすべての大都市の中心地に存在している。イルミナティは一つの地域を以下のところを通じてコントロールする。
『その地域の銀行や金融機関』
何人のイルミナティの銀行の重役がいるか推察してみて?きっと驚かされるでしょう。
『その地方自治体の役所』:何人のイルミナティが市議会に選出されているか?
『法律』:イルミナティの子供たちは法科大学や医科大学に行くように励まされる。
『メディァ』:前記以外の子供たちはジャーナリズムの学校行くように励まされる。そして、イルミナティのメンバーは地方紙の基金にお金を出し援助する。


<信念>
サヴァリ;
イルミナティは’啓発’として知られる、ある形式の忠誠を実践するグループである。イルミナティは、ルシフェリアン(悪魔信奉者)であり、そして、彼らは彼らイルミナティのルーツが古代のミステリアスな'バビロン’や'エジプト'や'ケルトのドルイド'*の宗教に起因すると新しくやって来た弟子たちに教える。彼らはおのおのの人のベストと考えられることを選ばせ、そのことの基本的な錬磨をさせ、それから、超オカルト的な修養にその弟子たちを自分達と共に参加させる。地方レベルでの多くのグループは’エル’、’バール’、’アスタルト’、’イシス’、’オシリス’、’セト’のような古代の神々を崇拝する。 ーーー 私はこれらの人々が邪悪を教えたり、邪悪を実践したりするということをまさしく知っているのだ。


*古代のバビロン、エジプト文明の中でも、サタニストが征服した一部の王朝の宗教に起因するという表現が正しく、ケルト(ヤハウェ系で古代にヨーロッパに移住していった部族)のドルイド(ケルトの宗教)に起因するというのはまったくの"ウソ"です。つまり、ルシフェリアン=サタニストたちが"ウソを混ぜて"**教えているのです。
(**サタニストたちは真実とウソをごちゃまぜにしカオス状態にして、真実を分らなくさせるのが得意)


(つづく)「イルミナティ、ヴァチカンの真実を暴露!」の続編2は2010.04.02、続編3は2013.04.05です。

* コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
by Ulala-lov | 2010-03-30 02:44 | イルミナティ、フリーメーソン | Comments(32)