パキスタン

2017−10−6


大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。





















メーテルが言っていた「私は冥王星に行って、元の身体に戻らなければならないの。」って、いったいどういう意味なんでしょう? 意味深だわ〜

















< 拡大するパキスタンの核開発・核実験 >




これは、ハトホルが議会の承認なしで自由自在に核開発ができ、いつでも核ミサイルを発射できる北朝鮮のような独裁的な小国を増やしたいからでしょう。つまり、ハトホルが核拡散を望んでいるためでしょう。

パキスタンは『イギリス連邦』に所属しているそうですから、ハトホル=『エリザベス2世』の絶対命令が即座によく効く国だと考えられます。



これと関係する「行方不明の核爆弾」については別記事にしました。


















[PR]
by Ulala-lov | 2017-10-06 08:56 | アラブ・中東 | Comments(0)

イラン

2017−10−04


大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


< イラン >




















👀 こんなの見っけ!

■■■ビートルズ


■■ 本者(全員人間)


ビートルズの動画をよくよく見てみると。。。あれ〜?

ポール・マッカートニーはレオポルド・ロスチャイルドじゃやなくて、ショクパンさんだったかもしれませんね〜!

間違えてしまって、どうも済みませんでした〜! m(ー~ ー; m












■ 偽者(ポールはハトホル?か、ジョゼッペ)




(こちらは口パクのようです!本者に比べると口の開き方が小さいようです。)







[PR]
by Ulala-lov | 2017-10-04 06:32 | アラブ・中東 | Comments(0)

サウジアラビア

2017−10−02


大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。
















2015年12月の話なのです! え〜、今まで女性に選挙権なかったの〜!!(@o@;




ほんとうに全財産なのでしょうか?もっともっと莫大な財産があるからこそ、約4兆円もの大金を寄付する気になったんじゃないかしら? 余裕ですよネ!





(引用)これが裂け目ーーイスラム国による、スンニ派が全権を振るうこれら3つの柱(=サウジアラビア王ですよ!)の否定ーー、すなわち他のすべての要素についてはワッハービズムを受け入れるイスラム国を、サウジアラビアの深刻な脅威としているものだ。

★★★ サウジアラビア王家は、形式上というか世界的な批判を免れるために、自分たちの手先である『イスラム国』を敵視する姿勢をよそおっている(=ふりをしている)にすぎませんよ!



この写真のムハンマド・イブン・アブダル・ワッハーブというワッハーブ派の創始者って、わたしの偽兄・浦◎憲一=現アイゼンベルグによく似ています。(偽兄は大きめの黒ぶちのメガネをかけていました。おそらく、人相を隠すためだったのではないかと。。。)

そして、浦◎憲一=(これまでの様々な情報から)今上天皇『明仁』であり、今上天皇『明仁』=わたしが英国ブライトン市の語学学校にいた時に知った日本人学生「ヒロシ」(この二人はソックリではなかったのですが顔の特徴がよく似ていました!)はまた少し違った人相をしていましたが、おそらく人相はいろいろに変えることができるのでしょう。

それから、イブンというのはイブの、この場合のイブとはハトホルのことでしょう。つまり、おそらく『旧約聖書』のアダムはアイゼンベルグで、イブはハトホルということでしょう。

そして、今上天皇『明仁』は古代エジプトの「アメンホテプ4世」によく似ていて、アメンホテプ4世=『イクナトーン』というなので、イク(山根郁子の郁イク)のトーン、すなわち、大阪などでは父親のことを「おとん」(この場合の"お"は丁寧語)と呼びますから、トンは父親のことと考えられ、イクナトーンは「イクの父親」ではないでしょうか?これまでにも、スリーシスターズたちは世界中のあちこちで日本語を用いたネイミング=命名をしています。以前言及した、あのシリアの首都「ダマスカス」とかもね。)




上の地図を見ると、あっちもこっちも油田の黒い穴だらけ、それでも、まだ油田掘りたいってどんだけ欲張りなんでしょうか。。。 ww (~。~)




[PR]
by Ulala-lov | 2017-10-02 04:12 | アラブ・中東 | Comments(0)

2017−08−08




(最下部の引用)
ラッカの奪還はISISへの強烈な打撃になるが、組織の消滅には至らないと見られている。米当局者は諜報活動で得た情報として、指導部を含むISISの構成員数百人がこの数カ月でラッカを脱出し、ユーフラテス川流域に逃げ込んだとの見方を示している。





(参考:5月末時点での各勢力の支配地域の地図あり)


ISの「モデル都市」に暮らす生き地獄 シリア・ラッカ - 2017.06.30





道路に地雷を仕かけたり、地下トンネルを掘って家々を包囲したワナを仕かけたり、避難する市民たちを射殺したりして逃げられないようにしている。

ラッカには3000〜4000人のIS戦闘員がいる。




下の記事より、ダブカ・ダムは、SDFと国際有志連合により5月10日に制圧されていました。↓











(最下部の引用)
2017年6月29日、シリア民主軍は(ISILの)最後の退路を断ち、ラッカを完全包囲したと発表した。







最近のニュースより


8月20日、トルコ軍はISが占拠しているタルアファルの町に攻撃を開始!
なおIS戦闘員2000人が残っている。
住民10000人(トルコ系が多い)が人質になっている。


[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-08 02:46 | アラブ・中東 | Comments(0)

2017−6−26


大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。
















[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-26 12:04 | アラブ・中東 | Comments(0)

2016−01−20

シリア 地図

シリア地図

イスラム国の支配地域の拡大が分かる地図 1 - NAVERまとめ

イスラム国の支配地域の拡大が分かる地図 2 - NAVER まとめ

▶▶▶ 斬首の訓練受けるイスラム国の少年兵、わずか8歳の子供も:パンデモニウム

▶▶▶ IS 兵士 動画集

イスラム国問題の本当の原因はどこに始まるのだろうか? - NAVERまとめ


< アサド大統領 >

【シリア】最悪の独裁者?アサド大統領の意外な生い立ち - NAVER まとめ

バッシャール・アル=アサド(1965生まれ) ウィキペディア

ロ・プーチン大統領がシリアのアサド大統領に退陣勧めたとの報道 - FNN (2016.01.23)

ロシアのプーチン大統領が、シリアのアサド大統領に退陣を勧めたとの報道があった。
イギリスの経済紙「フィナンシャル・タイムズ」電子版は22日、2015年の終わりごろ、ロシアが、軍当局者をシリアに派遣し、アサド大統領の退陣を勧めるプーチン大統領の意向を伝えたと報じた。
アサド大統領は、これを拒否したという。
フィナンシャル・タイムズは、記事の内容について、西側の情報機関によるものとしているが、ロシア大統領報道官は22日、「事実と一致していない」と、報道を否定した。

シリアに軍事介入 ロシアはなぜアサド政権を守ろうとするのか? - BLOGOS

やらせ捏造?アサド・シリア政府軍によって殺された少女?#fake #syria

アサド・シリアの真実 This is my story...my name is Syria

アサド大統領がほんとうに国民のための政権維持を図っているのかどうか、まだ、よく分からない不明な点が多いのですが、確かに、アメリカCIA(=アングロサクソン王族がコントロール)がイスラム政権ではないアサド政権を煙たがって消そうとした可能性も確かに否定できないという気がします。

[PR]
by Ulala-lov | 2016-01-20 20:41 | アラブ・中東 | Comments(0)

2015−06−29


【AFP記者コラム】トルコ国境に押し寄せるシリア難民の波:2015.06.28 AFP=時事

IS補給拠点テルアビヤドを制圧 シリアのクルド人部隊:2015.06.16 朝日新聞デジタル
(引用)
 シリアのクルド人組織「民主統一党」(PYD)の軍事部門「人民防衛隊」(YPG)は15日、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配下に置いていたシリア北部テルアビヤドを「完全制圧した」と発表した。同地域はISが「首都」とするシリア北部ラッカの約80キロ北にあり、トルコ国境に接する物資補給拠点で、ISへの大きな打撃になるとみられる。

テルアビヤド 地図

IS支配下での「恐怖の日々」、シリア難民が回想 その1:2015.06.18 AFPBB News

IS支配下での「恐怖の日々」、シリア難民が回想 その2:2015.06.18 AFPBB News

きっと、姦通罪で処刑といっても、でっちあげの冤罪の姦通罪で処刑されたりするのではないでしょうか?!!

ISの「モデル都市」に暮らす生き地獄 シリア・ラッカ その1:2015.06.26 AFPBB News

上の記事でとても気になったことは、ラッカを制圧するまでは、『反政府派』と『イスラム国』は協力しあっていたけれども、ラッカ制圧後には反政府派を追い出した、つまり、分裂したということです。やはり、『イスラム国』は一見反政府勢力のふりをして、実は、シリア政府側のもう1つの軍事勢力であると見なしたほうがよいような。。。つまり、「シリア政府軍」も「イスラム国軍」も共に、そのトップは同じアングロサクソン王族=悪魔ETヴァンパイアモンスターたちであるということです。

ISの「モデル都市」に暮らす生き地獄 シリア・ラッカ その2:2015.06.26 AFPBB News

『イスラム国』は、民間人に冤罪を着せて残虐な公開処刑をしたり、拷問後に殺害したり、投石で殺害したり、屋上から突き落として殺害したり、ほんとうに残虐ですね〜 
005.gif 007.gif 007.gif 

ISの「モデル都市」に暮らす生き地獄 シリア・ラッカ その3:2015.06.26 AFPBB News

アングロサクソン王族の特徴として、味方する者(特に外部者)に対してはお金も物もたっぷり与えて懐柔するのです。しかし、そのような特別待遇は利用する時だけで、それがその後も長期にわたって持続するかは大いに疑問とするところです。フィリピンのマルコス大統領や、ユーゴスラビアのチャウシェスク大統領たちの結末を見ても分かりますよね〜!!!
006.gif 045.gif 039.gif

シリアの内戦は非常に複雑で、シリア政府軍(シリアが独裁政治体制を維持するための恐ろしく残虐な精鋭部隊と秘密警察*)と、反政府軍*(反政府軍にも2種類orもっと?主要戦闘勢力は『IS』)との、両者(政府軍とIS)とも問題だらけの軍隊が戦争をしているようです。どっちにしても、何度も言うようですが、『シリア政府軍』と『IS』(イスラム国)の両者を操っているのはアングロサクソン王族=悪魔ETヴァンパイアモンスターたちですからね〜!!!

そして、いつものように、この内戦で犠牲になってのは、やっぱり、人間の戦闘員たちや人間の民衆たちです。


* 反政府軍のイスラム過激派組織『アルカイダ』(アル=王や神を表すアラブ名、カイダ=カイトをちょともじった名=カイトはイカの神)が民衆を煽動して作った軍隊(シリア国外からも参加)→アル・ヌスラ戦線=『IS』(イスラム国)。

もう一方の反政府勢力『自由シリア軍』のほうがまともな勢力のようですが、『アルカイダ』を裏で資金援助している「サウジアラビア」が参加しているのがと〜っても気になります!!!

シリアが内戦している理由!アサド政権vs反政府勢力vsイスラム国の攻防 その1 - NAVERまとめ

シリアが内戦している理由!アサド政権vs反政府勢力vsイスラム国の攻防 その2 - NAVERまとめ

シリア内戦の相関図 - NAVERまとめ

IEDとは - ニコニコ大百科


*精鋭部隊『第4機甲師団』と秘密警察『ムハバラート』(=日本のかつての『特高』)

シリア軍 Wikiwand

陸軍の最精鋭部隊が共和国防衛隊と第4機甲師団(大統領の弟マーヘルの部隊)、空挺部隊・装甲部隊などを含む2個特殊戦力師団と6個独立特殊戦力連隊であるとのこと。アラウィー派によって構成されている。

そして、シリア軍の上位階級昇進にはバアス党籍が必須とのこと。

情報機関・治安警察組織として「ムハ(ー)バラート」が存在しています。共和国防衛隊(ほんとうは第4機甲師団じゃないの?)とムハバラートがシリアの「真の権力装置」と言われているそうです。

シリアの治安-3

えらい人の前で「こいつ本当は中国人」と言われる〜安田純平の戦場サバイバル - ガジェット通信

なぜ米国が「ムハバラート」再建を?2003年9月号 Foresight 新潮社

米国の「子ブッシュ政権」が『イラク戦争』を始めたのが2003年3月20日です。そして、開戦後、少なくとも9月までには、バクダッドでCIAの情報部員に「フセイン政権」時代の情報機関「ムハバラート」を再建させる活動を始めていたようです。サダム・フセイン大統領は、すでに、逃避行していた頃なんでしょう。子ブッシュ大統領は2003年5月1日戦闘終結宣言を出しています。そして、サダム・フセイン大統領は2003年12月13日に逮捕されたようです。処刑は2006年ですが、本当に処刑したのか大いに疑問が残ります。

バーサーカー :ニコニコ大百科

シリアの「ムハバラート」や、イラクのフセイン政権の「ムハバラート」もバーサーカーのような組織かもしれません。つまり、そのトップは、もちろんアングロサクソン王族です。

この狂戦士たちの中には、人間の子供たちが誘拐されてサクソン軍団(『イルミナティ』=『ET』の地下秘密基地)の中で育てられ『MKウルトラ・ソルジャー』になった人たちが大勢いるようです。

バッシャール・アル=アサド ウィキペディア

モスクワを訪問したバッシャール・アサド大統領とアスマ夫人(2005年1月)

【シリア】最悪の独裁者?アサド大統領の意外な生い立ち - NAVERまとめ

シリア 敵同士が話し合う (政府軍兵士と反政府軍兵士)

2013年5月17日放送されたシリア空軍パラシュート爆弾攻撃

Israel is a nuclear attack about Syria. イスラエルがシリアを核攻撃(←核攻撃ではないようです!) - YouTube

2013.08.20公開

シリアの惨状につけ込んで、イスラエルまで攻撃してくるなんて。。。イスラエルのリブリン大統領(←多分、ダーティーハリー役)とネタニヤフ首相は"あくま(悪魔)で、も〜" 攻撃的ですね〜〜〜!031.gifめ!013.gif013.gif013.gif

ルーベン・リブリン

アシュケナジムだということですが、写真を見ればスファラディムなのは明らかです。それとも、アングロサクソン王族っぽい顔をさせられている何の権力も持たない奴隷マネージャーの旧ハプスブルグ家の誰かでしょうか?

Official photo of Reuven Rivlin, the 10th president of the state of Israel
(第10代大統領ルーベン・リブリンの公式写真)

ベンヤミン・ネタニヤフ

Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu and U.S. Defense Secretary Robert M. Gates, not pictured, conduct a press conference at the Dan Cesarea Hotel in Israel, March 25, 2011.

SS22 高橋和夫×荻上チキ「★イスラエル・ネタニヤフ首相が米議会で演説。イラン政策でオバマ大統領批判」2015.03.04

シリア情勢(18日)2012.01.19 野口雅昭:BLOGOS

マーヘル・アサド(アサド大統領の弟で国民弾圧で悪名高い)の指揮する第4師団とは。。。

アル・アサド・マーヘル(シリア共和国護衛隊司令官、アサド大統領の弟)

アサド側近の面々:ワールド&インテリジェンス
ジャーナリスト・黒井文太郎のブログ/国際情勢、インテリジェンス関連、外交・安全保障、その他の雑感・・・(※諸般の事情により現在コメント表示は停止中です)


マーヘル・アサドに関する仏紙ネットの記事:中東の窓

シリアのアサド政権を支える国内の実業家たち

シリア:「射殺」命令下した指揮官らの氏名 発表 - Human Right Watch

シリアのアル・アサド大統領及びその関係者等

シリア、アサド体制の黒幕はアニーサ・ママ? - 2012.02.24 中東三面記事猫革命!

「シリアを仕切っているのは、アサド大統領の母親」
↑ ↑ ↑
きっと、これが事実です!!!西太后のような悪魔オバタリアンです!

2011年11月15日のシリア情勢:シリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢

上のサイトの真ん中のほうの写真の中央に写っているアニーサ・ママゴンの顔から判断すると『新生ヴィーナス』系のようです!!!

ハーフィズ・アル=アサド ウィキペディア

この人は旧ハプスブルグ家の人かもしれません。つまり、アニーサ・ママゴン『新生ヴィーナス』の養子で、単なる"ダーティー・ハリー”役です。

日本がシリアに経済制裁:日々の感想

日本が底の抜けたザル制裁を課しているなんて、世界への恥さらしです〜!これも、安倍政権を裏で操っているエリザベス女王らスリーシスターズのせいですぅ〜ww 042.gif008.gif007.gif

シリア政府内の強硬派

シリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢

シリア国民連合 ウィキペディア

ISIL(=アイシル=イスラム国=ISともいう)
(いつも通りウィキの説明は長いので、ザザッと斜め読みして、興味のあるところだけじっくりと読んでくださいね)

地域別インデックス(中東) - 外務省

シリア東部で特殊作戦=「イスラム国」幹部殺害―米軍 2015.05.17掲載:時事通信
(引用)
【ワシントン時事】米政府は16日、オバマ大統領の指示を受けて特殊部隊がシリア東部で15日に急襲作戦を行い、過激派組織「イスラム国」幹部アブ・サヤフ容疑者を殺害し、妻のウム・サヤフ容疑者を拘束したと発表した。米兵に死傷者はなかった。人質救出以外で、米軍がシリアで同組織を攻撃する地上作戦を遂行したのは初めてとみられる。(時事通信)

シリアのキリスト教徒戦闘員、IS戦闘員を斬首:2015.05.31掲載 時事通信

【AFP=時事】シリア北東部でキリスト教徒の戦闘員が、「処刑」された人々への報復だとしてイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」の戦闘員を斬首した。英国に拠点を置く非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が29日明らかにした。(AFP=時事)

IS、断食破りで2少年につるし刑 シリア:2015.06.23掲載 時事通信
(引用)
【AFP=時事】シリア東部デリゾール(Deir Ezzor)県で22日、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」が、イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」の昼間に食べものを口にしたとして、少年2人の手首を縛り、はりからつるす懲罰を与えたことが分かった。(AFP=時事)

シリア北部アレッポで政府軍が学校を空爆か、子ども5人死亡:2015.04.13 時時通信

【AFP=時事】シリア北部のアレッポ(Aleppo)で12日、学校が政府軍の空爆を受け、子ども5人と教師4人が死亡した。英国を拠点とする反体制派のシリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)が明らかにした。(AFP=時事)007.gif007.gif007.gif
[PR]
by Ulala-lov | 2015-06-22 08:09 | アラブ・中東 | Comments(0)

2011−07−12

<ヨルダンの歴史>

3. 海のシルクロードとエドム人の渡来・他の伝説

旧約聖書のアブラハムの系図に関しては、シバの女王とソロモンにより、シュメールの系図を改ざんしてでっちあげたものだと思われますので、今後、解明が進んでいくでしょう。

また、徐福*に関しては、サクソン系の「秦の始皇帝」が派遣した日本征服のための大船団だったという説もあり、倭国連合を組織したのが筑紫の徐福だったということで、その後、フツ・フツシ・ヒミコたちがやって来て合流し日本征服王朝「大和王朝」を築くための’露払い’* 的な存在だったのかもしれません。

* 露払い
露払い(ウィキペディア)

* 徐福 ウィキペディア
(徐福=秦の始皇帝=象二郎=新生ヴィーナス?のような。。。漢に滅ぼされて、日本に逃亡したのでは。そんな格好悪いことはアングロサクソ脳族の歴史には書けないので美化してあるような。日本の王になったということは始皇帝=ヤマト王朝の初代「神武天皇」ってことかも?)

徐福伝説:古代史の扉

日本各地に上陸し、先住民のヤハウェ系(=人間)を侵略・征服していったようです!!

徐福伝説は紀元前三世紀の史実だった
http://www.syamashita.net/history/johuku/
(まあ、言葉巧みに言っていますが、実際は、日本の多くの上陸地で戦闘を行い征服していったものと推察されます。{後からやって来た王族のフツ→}富士→藤のつく姓が多いのはこのためでしょう。)

エドム人 ウィキペディア
エドム人 BlueRose Wiki
(西アフリカのエド族と関係あるのかな?)

外務省:松本外務大臣とハッサン・ヨルダン・ハシェミット王国計画・国際協力大臣との会談

ヨルダン地域情報 >> ヨルダンの歴史

ノアの箱船の時の大洪水後に、B.C.8000年くらいから最初にここら辺に定住したのは、海洋民族=シュメール人(=この地ではナバタイ人と名乗る=ヤハウェ系=人間)だったようですね。その後、テュルク系(アモリ人、モアブ人*)やアフリカ系ネグロイド(エドム人)やサバ人の攻撃にさらされ、シュメールのナバタイ人は南部に退いていたということでしょうか?

* モアブ人

ヨルダン基本情報

IT産業の育成を目指すイスラムの国、ヨルダン...歴史と現在 l ネット l マイコミジャーナル

鷲(紋章)

Make an Epoch 〜新時代を開く〜 (7)ジハード

ダイジェスト・モデルプレーンと尾翼の世界  Africa

クライシュ氏族というのが、おそらく、シリア、ヨルダン、アラビアなどに住んでいたシュメール人=ナバタイ人=ヤハウェ系=人間みたいですね〜  

★★★
そのアラビアの名家「クライシュ氏族ハーシム家」の純情な『ムハマンド』をだますか、家族を人質にして脅迫して、イスラム教を創設させたのは「シバの女王」などのサバ王国(アクスム)を中核とした『アビシニア帝国』*の’アラビアを初めとする中東やアフリカを専政支配するのための戦略=謀略だった’ようですね〜!!


* アビシニア帝国(=アクスム=後のエチオピア帝国に続く)
その支配はアフリカのほぼ全土に及んでいた可能性があります。


『謎の王国、アクスム』〜特集 THE 世界遺産 TBS

ところが、下のサイトを見て、またまた、ビックリ!!

予言者時代

★★★★★
A.D.570年頃に、クライシュ氏族の拠点「メッカ」は、ムハマンドが生まれる直前に『アビシニア軍』に攻撃されています。そして、ムハマンドの父も死去しています。ということは、ムハマンドはアビシニア帝国の人質になっていた可能性もあるということではないでしょうか?それで、アスクムかエジプトにいた「シバの女王」**や「ヒッタイト人(=ユダ人)の王」の命令で、A.D.611***年に’ムハマンドはイスラム教を創設させられた’のかもしれません!!


** シバの女王...襲名で実際の名前とは違う。当時は、クレオパトラという名ではなかったでしょうしね〜 ???
*** 611は、911の反転で、エチオピアの暦での正月9月11日にあわせて、611年にイスラム教を創設したのでしょう。サタニストたちは、カルトにこだわりますからね〜


アクスム

7世紀にイスラムに征服されたとありますが、大ウソで、イスラムに征服されたふりをして、実は『アビシニア大帝国』を築き、中東、アフリカ、アジア、ヨーロッパなど、ほぼ全世界をすでにこの頃から裏で操っていたのですよ〜!

もちろん、ケルト(シュメール人=ヤハウェ系を含む)勢力も対抗していましたけれどもね!!

世界史年表  A.D.7C

世界の地質時代・考古学・歴史

「B.C.725年に神武東征の一団はエルサレムを放棄し東方を目指す。」って書いてあります。つまり、ネブカドネザル2世率いる『新バビロニア』に破れ、BC597のバビロン捕囚の後に、彼らは東方に向かい、中国を侵略し、秦の始皇帝(象二郎=新生ヴィーナス?)となったものの、その後のわずかな期間にヤハウェ系(人間)の「漢」に破れて、今度は徐福(象二郎=新生ヴィーナス?)と名乗って日本に逃げていき、先住民を征服していき、ついには奈良の飛鳥王朝?(プレヤマト王朝)を倒してヤマト王朝を開いたということでしょうかね?!


[PR]
by Ulala-lov | 2011-07-12 00:16 | アラブ・中東 | Comments(1)

2011−07−11

この記事は大幅に訂正します。アラビアのロレンス=オスマン帝国軍と戦った英雄かと思っていたのですが、どうやら、第一次世界大戦中にウィンザー朝の命令で動いていた陸軍情報総局(DMI)* の諜報員(スパイ)だったようです。(2015.01.23)


(北軍に潜入していた南軍スパイのユリシーズ・グラント将軍=アラビアのロレンスと呼ばれているトーマス・ロレンスにも似ている=ブッシュ親子の顔にもよく似ている)

映画『アラビアのロレンス』*をDVDで見たことを5月14日の「『シバの女王』とは。。。1」のコメント欄にも書きましたが、この映画からいろいろなことが分かりました。

「アラビアのロレンス」ことトーマス・エドワード・ロレンス**は、英国陸軍エジプト基地勤務の情報部少尉のロレンスが上官の命令でオスマン帝国からの独立闘争を指揮するマッカ(=メッカ)のシャリフであるファイサイル王子***を支援するようにとの命令を受ける。

* 映画 アラビアのロレンス
** トーマス・エドワード・ロレンス

*** ファイサル1世_(イラク王)
この画像集を見ると、ファイサル1世はアングロサクソ脳族のような顔ですネ!アラブのクライシュ氏族(ヤハウェ系)の名門『ハーシム家』も、婚姻でその血筋を乗っ取られていたんですね〜!

要するに、ロレンスは英国の諜報部員で映画では正義の味方ですが、実際は、汚い手を使うことが多い’007’といったところですね。上のウィキの写真を見てください。
まず、このロレンスの写真って、誰かに似ていませんか?

。。。ピ、ピ、ポーン! あれっ、『ジョージ・ブッシュJr.』 に似てる〜
それに、愛車のオートバイの名前がなんと『ジョージ』ですってぇ〜!

ロレンスは、英国*・仏**・ソ連***などの帝国主義(覇権主義)の陰謀に加担していたらしい。 hmmm~ 😥

(それにしても、ブッシュファミリーはウィンザー朝(女王たち)の’出しによく使われていますね〜’*、それだけ、蓮っ葉**な、’捨て石’的存在ってことじゃ?)

* サクソン王族側
** 仏革命以来、政府など上層部はサクソンに乗っ取られている
*** サクソン絶対君主制全体主義国家
* 出しに使う
(しかし、ブッシュファミリーは何も知らないで利用されているわけではなく、大いにQベスに加担しているところが違いますけどね)
子供を出しに使うなよ。
** 蓮っ葉
蓮っ葉(はすっぱ) - 語源由来辞典
「はすっぱ」とは?:各国のタバコ事情
(要するに、’ぞんざいな扱いの'ことを言っているんだと思いま〜す!)

♡しか〜し、ロレンスはケルト系王族だから奴らサタニストとは違うんです〜!
(↑訂正2015.01.23:ここが大間違いでした!ロレンスはアングロサクソ脳族でした!!)

イギリスはトルコを攻撃して、なんとか自分たちの支配地を拡大しようとしていたというのは英国のサクソン系王族側勢力で、英国のケルト系王族側勢力はヨーロッパがオスマン・トルコ帝国に征服されるのを危惧(きぐ)*していたのでしょう。

* 危惧するの同義語 - 類語辞典(シソーラス)
「なぜ危惧するのか?日本の原発に地震ダメージが及ぼす重要なリスク」ヘラルド・トリビューン/朝日新聞 2007.08.11:Genpatsu
(原発は人間がコントロール不可能なモンスターですので、利用しないのが一番です!)

とはいえ、トルコのアラビア支配は暴虐だったみたいだし、ファイサル王子の部族だけでなく多くのアラビア部族がトルコからの独立を望んでいたようです。そして、英国から見ても経済上も戦略上もオスマントルコ帝国の解体が必要だった。オーストリアまで迫ってきてましたからね〜 ヨーロッパが飲み込まれてしまう危機的な状態だったとも言えるし。。。

★★★ しかしながら、マクマホン書簡*などのアラブ独立の約束は、ウィンザー朝の影での画策「サイクス・ピコ条約」**や「バルフォア宣言」***によって空手形となってしまった。

* フサイン=マクマホン協定
ヘンリー・マクマホン

** サイクス・ピコ協定

*** バルフォア宣言
フサイン・イブン・アリー(マッカのシャリーフ)

ヒジャーズ王国

ヨルダン

ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ

クライシュ族とハ−シム家ー予言者ムハンマド伝ー

クライシュ族の鷹

クライシュ族

上の「クライシュ氏族」のサイトで、「イスラム教との戦い」の項目を見ると、619年ムハマンドの保護者だったアブー=ターリブ*が死亡し、弟のアブー・ラルブがその跡を継いでいた。アブー・ラルブはムハマンドの保護を取りやめ、ムハマンドは仕方なく信者たちをエチオピアのキリスト教の国アクスム王国やヤスリブ**に脱出させなければならなかった。」とあり、ムハマんドとアスクム王国とは関係があるということで、ムハマンドの『イスラム教の創設』には、’アスクム王国のコプト教=エチオピア正教の関係者が深く関わっている’可能性がありますね〜! やっぱり、またまた〜、シバの女王(その時は、誰が女王だったのか分かりませんが)の「ダマスカス」=「だましてやるっぺ!」だったのでは。。。

* アブー=ターリブ
(594〜619年、クライシュ族出身の商人)

** ヤスリブ(=マッカ=メディナ)=マディーナ

[PR]
by Ulala-lov | 2011-07-11 03:41 | アラブ・中東 | Comments(2)