2017−09−09



日本時間の8日午後2時前、メキシコ沖の太平洋を震源とするマグ二チュード8.0の地震を観測し、太平洋津波警報センターはメキシコの沿岸に高さ3メートルを超える津波が到達するおそれがあるとして厳重な警戒を呼びかけています。

アメリカのUSGS=地質調査所によりますと、7日午後11時49分、日本時間の8日午後1時49分、メキシコ沖の太平洋を震源とするマグニチュード8.0の地震が起きました。震源の深さは35キロと推定されています。ハワイにある太平洋津波警報センターは、メキシコの沿岸に高さ3メートルを超える津波が到達するおそれがあるとして、厳重な警戒を呼びかけています。

また、中米のエクアドルやグアテマラ、南太平洋のクック諸島フランス領ポリネシア、それにキリバスでは最大で高さ1メートルの津波が到達するおそれがあるとして注意を呼びかけるとともに分析を急いでいます。

このほか、ハワイや、コロンビアなどの中南米でも、多少の潮位の変化が起きる可能性があるとして注意を呼びかけています。

日本大使館 情報収集中

メキシコの首都メキシコシティーにある日本大使館によりますと、これまでのところ日本人に被害があったかどうかなど詳しい情報は入っておらず、情報の収集を急いでいるということです。

現地に住む日本人「棚から本落ちた」

震源から400キロ近く離れたメキシコ南部のオアハカ市に住む日本人の男性は、NHKの電話取材に対し「横揺れが長く続いた。本棚の本が数冊落ちた。2年ほどメキシコに住んでいるが、ここまで大きい地震は初めてだ」と話していました。





(!)よりメキシコの天文台を探してみました。






(!)より他の南米の天文台を探してみました。





首都リオデジャネイロから少し北西にあるイタジュバを地図を幾度か(3〜4回くらい)クリックして拡大して探し、さらに地図を2度クリックして拡大すると、イタジュバの南のピラングスという町の少し南からほぼ西に直線を引いて、イタジュバの北西にあるブラソポリスという町から南に直線を引いて、2つの直線が交差する辺りがピコディアス天文台のある山の頂上あたりのようです。



👀 こんなの見っけ!










[PR]
by Ulala-lov | 2017-09-11 02:10 | サタニストの攻撃 | Comments(0)