またしても米イージス艦が衝突、10人が行方不明・5人ケガ

2017−07−22










ところで、今年の6月に伊豆半島沖で起きたイージス艦「フィッツジェラルド」と『日本郵船』が船主のコンテナ船との衝突ではイージス艦の艦長などが8月17日に処分されています。


★★★ なんか〜どっちも、どっちなんじゃないかな〜って感じなんですけどね〜 (@~@ ? 
何しろコンテナ船の船主『日本郵船』って、めっちゃ怪し〜い人たち(アングロサクソン王族たち)の由緒正しき大御所的な会社じゃないですか。。。
 

まあ、イージス艦の見張りの乗組員約10人に落ち度があったのは確かですが、揃いも揃って...ということは上司の誰かが見張りを怠るようにさせていたのかしら?


あ〜、なんか「か〜ごめ か〜ごめ。。。」の歌が聞こえてきた〜!

(と唱った後に、中央にいる両手で目隠しをしている子どもが「後の正面」にいるであろう子どもを推測して当てる(名前言う)という遊びなんですけどね。)


この歌の中の「鶴」や「亀」とはサクソン軍団(アングロサクソン王族やサクソン人)のことですよ!

ですから、旧ハプスブルグ家の紋章『鷹』は鳥ですけれど、捕虜(奴隷)になっている籠(牢屋)に入れられている鳥(=人間の王族、あるいは、人間たちのこと)は、いつになったら出やる(いつ解放されるの?)

夜明けの晩に(解放が近い夜に?)、鶴と亀が滑った(サクソン軍団が負けた)

(しか〜し)
後の正面だ〜れ?(味方の中にいる敵=裏切り者はだ〜れ?)
=人間の中にいる裏切り者はだれか当ててごらん!だから、まだまだ安心できないし、だから、サクソン軍団はまだまだ完全には負けてないんだ〜!いつも、サクソン軍団は負けそうになっても、なぜか復活して勝利しているんだから。。。

★★★ つまり、味方の中にいる敵のスパイを捜す必要があるということ。

男の人たち(サクソン軍団も人間たちも)は、アングロサクソン王族女性(まあ両性具有なんですけど)たちのハニートラップに弱いですからね〜!!

とくに、スリーシスターズのハニートラップはすごいみたいです〜!!!


わたしは高校の時に『エデンの東』 という小説を読んだことがあるのですが、ストーリーは、(訂正:昔のことで勘違いしていました!→)次男が長男を殺すというものでした。

長男が次男を殺すという"兄弟の相克" * が書かれている旧約聖書の中の「カインとアベル」の話を逆にした感じなのですが。。。

つまり、小説『エデンの東』 は、エジプト神話にあるように長男のエジプト王を次男のセツ(セト、赤ちゃんの時にアングロサクソン王族と入れ替えられたのかも?)が殺害して王位を奪うというストーリーに近いような。。。

その中に「ケイト」という、この兄弟を生んだ後にすぐ家を出てしまった薄情な母親がいて、売春宿を経営する女性として登場するのです。あの「ケイト」という名前は「キャサリン」の愛称で、もともとは人間の王族女性に多い名前のようです(ハトホルが人間の王族女性に汚名を着せるために、わざとケイトという名前にさせたのでしょう)。しかし、実際、あの小説の中のケイトの人物像はまさにハトホルなのですよ〜!!!

もちろん、アングロサクソン王族たちにはこのような小難(こむず)しい長編小説を自分で書く能力はないので、ハトホルが捕虜(奴隷)にしている人間の男=旧ハプスブルグ家の男性など(あるいは他の頭のよい人間の男性)に書かせたのでしょう。


嘘をつくのを奨励しているようなところは、ちょっとちょっと〜?ってな感じで同意できませんし。。。純粋な人たちが必ずしも弱いとか死ぬわけではないでしょ〜!つまり、この小説はハトホルの意図で書かれているってことなんですよ〜!!私が生まれる直前に書かれて映画化されているってのもなんだかね。。。気味悪いわ〜 (ーー*
  〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜〜 〜 〜 

うららおばさん・・・高校時代に読んだ時は、なかなか難しくてよく理解できなかったところが多かったのですが。。。とにかく、あの兄弟の実の母親(ほんとうなら)『セツ?』の性質が気味が悪いほど、あまりにも悪辣(あくらつ)で、こんな女性ってほんとうにいるのかしら? いたとしたら怖すぎる〜!なんて。。。驚きを隠せないって感じだったのは確かです。 きっと、今読んだら、もっと多くを理解できるような気がします。


そして、ハトホルやアイゼンベルグたちは現在は世界中に売春業を大きく展開して大々規模にやっているようです。お金儲けにもなるし、それ以上に、その証拠(秘密に撮影してDVDなどに記録)をとって買春者たちを脅迫し(一生脅迫されてハトホルの言いなりになるわけ)、自分たちの味方に引き入れるという策略にも使えるのですから、売春業ってアングロサクソン王族にはイイことだらけ。

また、その売春婦や売春夫をつくり出すために、誘拐してきたりする仕事もやっているようですしね〜!

さらには、幼児性虐待者やロリコンのニーズにも答えるため子供の誘拐・売春もやってるんですからね!!!

さらにさらに、大人や子供を誘拐してきて、(地下)鉱山・地下工場・核関連施設など健康被害が心配される危険な場所・サービス業など3K(きつい、汚い、危険)のような仕事をさせて、しかも休憩もあまりなく重労働させているらしいですよ〜!!!










[PR]
by Ulala-lov | 2017-08-22 09:53 | サタニストの攻撃 | Comments(0)