甲武信ヶ岳、木賊山などの秩父山地 2

2017−6−27

のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。



大きくいうと秩父山地周辺ということになります。







会長の小菅一憲が浦◎憲一(今上天皇明仁)=現アイゼンベルグ、社長の小菅哲也がクローン息子で俳優の菅谷哲也=次期アイゼンベルグ、小菅利江が石川初子=前ハトホル、「小菅さとみ」が山根郁子(赤来中学で同僚の国語教師だった「仲井聡美」なかい さとみ先生は山根郁子でしたから)=現・ハトホルで、鈴木博夫が前アイゼンベルグ(=三船敏郎=ピーター・オトゥール〜ただし、映画『アラビアのロレンス』で演じていたのは旧ハプスブルグ家の男性でしょう)ではないかしら。。。

このブログ内の過去記事:


つまり、俳優の加藤剛(本者=旧ハプスブルグ家の男性と偽者=アングロサクソン王族の二重構造)=歌手の高山厳(二重構造)=わたしの偽兄・浦◎憲一=今上天皇『明仁』(現在、おそらく、石川初子が代理をしている)=吉尾クリニックの吉尾先生?

加藤剛に似ているのが映画『アラビアのロレンス』に主演のピーター・オトゥール=アイゼンベルグ(三船敏郎)=昭和天皇=隅田のおじいさん


取引先が日立や三菱重工などのアングロサクソン王族系の会社

取引銀行は武蔵野銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫(政府と関係が深いのでは)




なんだか「日本イエズス会」の語順を変えて少しもじった名前のような。。。




取引銀行は三井住友銀行になっていますが、おそらく、ウソで、三菱UFJ銀行というのが本当でしょう。


この出牛洋行社長もきっと現アイゼンベルグ=今上天皇『明仁』=浦◎憲一です。





社名「イワサキ」は、三菱財閥(現在の三菱グループ)を創立した岩崎家にちなんで名付けられたのでしょう。


こちらも取引銀行が三井住友というのはウソで、三菱UFJ銀行というのが本当でしょう。
また、役員の上原文秀とは、おそらく、現アイゼンベルグの浦◎憲一のことで、染野操が現ハトホルの山根郁子ではないかと。。。

他の役員の一部には実質的な働き手としての旧ハプスブルグ家の男性たちの名前も入っているような感じがしますが、役員というのは建前(たてまえ)だけで、実質は奴隷です。

前アイゼンベルグの三船敏郎もノーベル賞作家の川端康成のようですが、旧ハプスブルグ家男性のゴーストライターに書いてもらったくせに喜多文磨という、いかにも文章の達人のような本名を持っています。





👀 こんなの見っけ!


動画の最初に出てきた201という番号の戦闘機が二人の自衛隊員の乗っていた自衛隊機だったのでしょうか。。。両翼の端にミサイルを搭載しています。さらに、両翼の根元あたりにもミサイルが見え全部で4機のミサイルを搭載していたことになります。

練習機だなんて、メディアはとんでもないデタラメなニュースを流したんですネ!つまり、圧力がかかっていた=報道管制がかかっていたということでしょうね。

この201の戦闘機にはオレンジ色(火色)のミサイルが一機見えますが、1985年8月12日の『日航ジャンボ123便』撃墜テロ事件の時にも、最初に伊豆半島沖で攻撃された時にもオレンジ色のミサイルが遠ざかっていったのが目撃されています。この時にはミサイルは爆破させずに123便の機体のどこか一部をかすって破壊しただけでした。しかし、これは墜落への前段階でしたが。123便のオレンジ色のミサイルとこの201戦闘機のオレンジ色のミサイルとは同じ型のミサイルだったのではないでしょうか?

そして、1999年11月22日(スリーシスターズたちの大好きな数字が勢ぞろい!)に起きたこの墜落、実は撃墜テロはスリーシスターズたちの埼玉県入間市の人間大領虐殺(おそらく、アングロサクソン王族やサクソン人は他の場所に避難していたはず)を意図したカルト祈願生贄殺人のテロだったのではないでしょうか?おそらく、UFOかステルス戦闘機で雲に隠れて201戦闘機を追尾していてレーザー銃で燃料タンクに穴を空けたのでしょう。それが火災を引き起こしてエンジン停止になるところまでハトホルたちはちゃんと計算しつくしてやったのでしょう。

しかしながら、この時は2人のパイロットの機転と自己犠牲により大量殺人には至らなかったわけですが。

お二人のご冥福を心よりお祈りします。



<メモ>




(上のハーマン・ブラナは、おそらく、五島慶太(ごとう けいた、生年月日からすると、「エドワード8世」みたい)=吉尾先生みたいだし。。。あるいは、五島慶太にソックリな五島慶太のクローン子孫である今上天皇『明仁』=浦◎憲一=吉尾先生ということでしょうか?






(南アルプス市に巨摩高校があるということは、ここが巨摩郡の中心地だったのでしょうかね?!)








[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-27 15:27 | サタニストの攻撃 | Comments(0)