日本で今起きている交通事故や鉄道事故や火事などを装った連続テロ←全部ハトホル&アイゼンベルグの仕業 3

2016−6−17

のつづき)


(新着ニュース順にリンクさせていただいています。)


おそらく「結核」自体がスリーシスターズたちが造った「ウィルス兵器」なのでしょう。もちろん意図的に計画的にバラまいているのです。

戦後の日本でも大勢の人たちが結核にかかったような話をよく聞きました。

ヨーロッパでは終戦間際のウィーン(オーストリアの首都)で結核が大流行して大勢の死者を出したり、スリーシスターズたちが闇取引きに関わっていた粗悪なペニシリンによって脳障害を起した子供たちがたくさんいたとかっていう事実を小説にしたのがグレアム・グリーン著の『第三の男』* で、映画化されて有名になったんですよね。

(身長は190センチだとか。どうにでも自由自在になるんでしょうが象二郎は大柄な体格を好むようです。それにしても、眉間に数本のタテジワがありますよ〜!珍しいタイプのシワですよね。)

あの人種差別のようなひどい扱いを受けた、恐ろしい「ハンセン氏病」もきっと同じです。沖縄のキャンンプ・ハンセンって、米陸軍系のキャンプ(基地)らしいですが、ハンセン氏とはいったい誰でしょう?きっとアングロサクソン王族の誰かの名前でしょう。ハンセン氏病を造った人で、おそらくスリーシスターズのうちの誰かでしょう。


報道管制のせいで「1人軽いけが」となっていますが、その後に訂正され、「1人の男性が全身に大やけどして病院で手当を受けている」との続報ニュースがありました。











(これは心中か?あるいは、自宅カメラに偽者が写っていたとすれば偽装心中の可能性もあり、よく分かりません。)



藤本美貴はアングロサクソン王族だから、わざとやった小テロに違いありません!

それに、バイクに乗っていた被害者が軽傷ということになっていまが。。。しかし、車体が黒だからやや見えにくいのですが、藤本美貴の車の右前側面にはキズが幾つかあり、かなりな衝撃があったと考えられます。それに、警察官がバイクを移動させていますから、運転していた男性は救急車で運ばれていったということでしょう。ですから、軽傷とメディアには報道されていても、現在のハトホル&アイゼンベルグの報道管制下では本当かどうか大いに疑問です。



北朝鮮からのミサイル防衛のために配備されている米イージス艦が巨大なコンテナ船(フィリピン船籍、『日本郵船』所有)にぶっつかってこられて機能停止に。。。。(しかしながら、非常に高度なレーダーが備わっているはずのイージス艦が、どうして巨大コンテナ船の接近を探知できなかったのか?大きな疑問が残ります〜!)

ともかく、この事件は北朝鮮や中国からの攻撃に対抗するための日米協力体制下の防衛能力低下を狙ってハトホル&アイゼンベルグが命じて『イルミナティ』メンバーにやらせたテロとしか考えられません!!


















警察がおかしい!














につづく






[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-17 09:32 | サタニストの攻撃 | Comments(0)