危険な天文台の望遠鏡など 3  鹿角平天文台(福島県鮫川村)

2017−05−6

のつづき)
ただし、以下の記事も同じシリーズですが重大な場所を特記したものです。
ノーベル物理学賞・小柴東大教授の「カミオカンデ」を巨大望遠鏡 "かぐら" (の白大蛇)が強襲か?!(冒頭の「かぐら」の説明が分りにくかったので訂正・加筆しました。失礼しました。)



▶ 鹿角平天文台


地名に鮫(サメ)がついてますから、大昔にジョーズのような巨大ザメがサクソン軍団の戦士(3Sにコントロールされている)として、この地を襲撃したのかもね。


人口がわずか3400人ぐらいで、老人や子供もいるから、就業者数が2400人くらいですが農業産出額が28億円もあり、製品出荷額等が51億円近くもあります。ん〜、なんか裏(地下かな?)の仕事があるのかもね?!


(地図の左下のほうに天文台の位置が示されています。)







この石橋は写真手前の立ったとこら辺がサメの頭ではないかと。サクソン軍団が襲撃してきた時に人間に頭を切られたのでしょうか? おそらく、石の遺伝子の入った頑丈(かんじょう)なサメだったのではないかと。。。



鮫川市は東側で福島第1原発事故の被災者たちも多く避難している「いわき市」と隣接しています。


「三菱マテリアル」(核廃棄物が得意分野だったけ?)さんもいわき市に。。。悪いことしてないか心配だな〜  n(~_ ~ ;




いわき市湯本町には、あの "フラガール" で有名な「スパリゾート・ハワイアンズ」(=もと「常磐ハワイアン・センター」)もあります。








★★★ それにしても、先般から地図を見るたびに、ここかしこにゴルフ場だらけ。。。そんなにゴルフ人口が多いはずな〜い! おかしいです! なにか裏がありそうですよネ!

(どなたか、ご存知の方がいたら、ぜひとも、教えてくださいませんか? よろしくお願いしま〜す!)


につづく


🎵🎵🎵 気分転換によかったらどうぞ! ↓










AもBもCもDも、映画に実際に出演していた俳優が左側(人間)で、右側のアングロサクソン王族の顔をマネさせられていたのでしょう。映画公開後はアングロサクソン王族たちがAやBやCやDの映画に出演した俳優として世間から注目され華やかに活躍しているのでしょう。

しかしながら、(これは特例かもしれませんが)2016年にアカデミー主演賞を受賞したのは本者の人間のほうのレオポルド・デカプリオだったようです。

(おそらく、現アイゼンベルグ、あるいは旧「象二郎」=旧「第二のハトホル」でしょう。)

(おそらく、現ハトホル、あるいは旧「ハトホル」でしょう。)

(YouTubeに投稿してくださった方々へ、いつもありがとうございます。)



[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-06 04:30 | サタニストの攻撃 | Comments(0)