世界のあちこちで連続するテロ⬅全部ハトホルとアイゼンベルグの命令 1

2017−6−04


<6月3日(4日の前夜:EVEイブ)に起きたロンドン橋でのテロ>




(最下部に地図あり)


1014年に開業したマーケットだそうです。この時にはロンドンはアングロサクソン王族に征服されていなかったのかしら?*** だって、あのバラ(=日本語のバラと同じ)というのはローズの意味で人間の王妃か女王か何か?のことらしいし。

***
1013年にデー人の王スヴェン1世がイングランドを人間(デーン人・ケルト人・ブリトン人・ピクト人・スラブ人=ノース人=ノルマン人)の手に取り戻したということです。



<今年3月22日に起きたウェストミンスター橋でのテロ>

この時には、わたしは酷いカゼを長期にわたってひいて寝込んしまっていて、ラジオのニュースでロンドン中心部でテロがあったと聞いていましたがネットで詳しく調べる気力もありませんでしたが、今回のテロ事件を調べていたら、3月のテロのサイトやブログも一緒に出てきたので読んでみたら、その凄惨(せいさん)さに驚愕(きょうがく)しました。






■■■ 英国は6月8日に総選挙を控えているとのことでテロの影響が心配です。しかし、英国民のみなさん、絶対にテロに屈服してサタニストたちの側の言いなりにならないでください。奴らの思う壷になりますからネ!!!



<マニラの発砲事件>

これもテロでしょ!! 2日と3日はちょっと他の重要な件で忙しくて記事にできなくて。。。そしたら、今日、4日に英国でもテロが起きて。英国は8日に総選挙を控えていて政治的な影響が大なので、そちらを優先して書きました。決して、フィリピンの人々を疎(おろそ)かしているわけではありません。




犯人の男は自殺したのではなく、マキシムズ・ホテルで待ち合わせていたテロの指令者たちと落ち合っていて、ハトホルやジョゼッペたちの予定通りに殺されたんじゃないかな〜?口封じのために。。。と、わたしは推察します。

★★★ なんと〜過激派組織「イスラム国」=ISが、5月下旬ごろにフィリピン南部ミンダナオ島のマラウィ市を占拠したとのことです!!!






最後の段落に「ISはアジアや中東の一部で拡散している」そうです。そして、勢力を拡大している地域の1つが東南アジアで、フィリピンがその中心になっている」とも。

や〜、フィリピンはまだまだ複雑な治安状況のようです。






[ 続報 2017-6-18 ]



<<ミンダナオ島>> 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜




















以前のコタバト州内にあった州都『コタバト市』(キリスト教系住民が主流)と、現在の独立都市『コタバト市』(イスラム系住民の中心都市)とでは全く違う都市になっているということです。





 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜














[PR]
by Ulala-lov | 2017-06-04 15:04 | サタニストの攻撃 | Comments(0)