自殺したとされる(殺人かも?)電通の元社員「高橋まつり」の過労死事件と『電通』という会社

2017−05−22

大変すみませんが、この記事はまだ書きかけです。


世界的に日本人は勤勉だということで有名なようですが、それはアングロサクソン王族たちによって作られた制度によって、知らず知らずに、こき使われているからです。

だって、幼いころから学校では一日も休まず皆勤賞をもらうことはちょっとした名誉なことになっていますし〜。

会社でも同じように一日も休まず、さらには、残業もたくさんこなした人が出世するような風潮があるようだと聞いたことがあります。お仲人だったトヨタの設計部長をされていた加藤剛太郎氏の奥さんの英子夫人(前ハトホル=石川初子)の話によれば。。。しかし、これには少しウソがありますが。。「豊田通商の副社長の大西さんはたくさん残業されたから出世されたけど、ウチの主人は早く帰ってきていたからダメだったんですよ。」とかって。しかし、ちょっと訂正しますが、加藤剛太郎氏はどうやら本田宗一郎や瀬島龍三に似た顔をさせられていた旧ハプスブルグ家の男性だったようです。なのでトヨタグループの会社の副社長とか社長にはどうやったってなれないのです。

要するに、日本に住む人間たちを忙しくこき使って、よくものごとを深く考えられないようにして人間をおバカさんにしたり、家庭を犠牲にさせて家族関係をおかしくしてみんなを不幸にしたりするなど。。。のためのスリーシスターズの人間支配の手段なのではないかと推察されます。

おそらく、実際に、これらの日本の労働慣習について海外の人々が詳しく知れば、「そんなの信じられないことだ!」と呆れてしまうことでしょう。短期ではありましたが、わたしの留学経験からすると、欧米の先進国など(発展途上国でも多いような)においては、"自分や家族の日常生活を犠牲にまでして会社に尽くす会社人間なんてありえない!" みたいな感じでしたから。



[ 電通社長:石井直 ]



なんだか吉尾クリニックの吉尾先生に似ています。ここのサイトにちょっと前までは、石井直氏のプロフィールとして「高校・大学時代にアメリカンフットボールをやっていた」と書かれていたのですが。。。今は削除されています。吉尾先生も以前「大学時代にアメリカンフットボールやっていたよ。」と話されていましたから、ジョゼッペ=吉尾先生でほぼ確定でしょう!

吉尾クリニックは木曜休みなのですが、上の部屋の表向き?の東伏見慈洽(=俳優の蟹江敬三の声)も木曜は上の部屋によくいるみたいだし。。。

(おそらく、この記者会見をしているのは替え玉にされている石井社長の顔そっくりに顔を造っている旧ハプスブルグ家の男性でしょう。困った時はいつもそうらしいですから。)

(今までの例からすると、彼らスリーシスターズたちは名前をほんの少しだけ変えて別人になりすますことが多いみたい。)

なんかコブラみたい!この顔はどちらかといえば星野仙一監督=私の偽姉の由香子の夫「谷本隆臣」さんの顔に似ていますネ〜。やはり、山根光男=谷本隆臣=ジョゼッペでしょう。


これもジョゼッペのようです!


[ 執行役員 :大山俊哉 }


この中のインタビューで答えている大山俊哉は、まともなことがしゃべれないアングロサクソン王族の代役にされている旧ハプスブルグ家の男性みたいです。かなりカッコいいでしょ!


(2016年3月15日か、16日に撮影・投稿)

この「中野力哉」 地域コミュニケーション部長って、執行役員で「高橋まつり」さんの所属していた「ダイレクトマーケティング・ビジネス局」の局長を兼務していた『大山俊哉』氏じゃないかしら? さすがに、気まずいでしょうからDMB局からは移動しているはず。この時は、すでに「高橋まつり」さんの事件でDMB局の局長『大山』の悪名はかなり世間に広まっていたでしょうから偽名使っているんですね。 先のインタビューのサイトの受け答え文とはだいぶ違って。。。見ての通り、ほとんどしゃべってません!

だいたい、大山って、あの南鹿児島の大山氏族(=久邇宮家くにのみやけ )のクローン子孫です。

[ DMB局の局長:砂川一雄 ]


(株)ニチレイで、それまでの経営監査部長から経理部・部長になっています。なんにしても、かなり偉い人のようです。それが「まつり」さんの所属部署の局長もやっていたようです。アングロサクソン王族や、こき使われている旧ハプスブルグ家の男性たちも、何十ヶ所〜何百ヶ所かの肩書きをもっているようです。ジョゼッペやハトホルは何千ヶ所もの肩書きを持っているのかも?


難しくてよく分かりませんが、砂川一雄という人物が1902-1965の間を生きていて、職業は神職だったということです。 与那覇勢頭豊見親というのは王子の名前のようですが、これが砂川一雄自身だったのかも?すると、あの『白川宮』の碑も砂川一雄の碑で「旧ジョゼッペ」だったということでしょうかね?!

ということは、白川宮能久親王=鷹司景子らしいから、これもジョゼッペということでしょうね〜!それとも奥さんのハトホルと入れ替わったりしているのかな?鷹司景子に関してはまだ不明としておきましょうかね。。。わたしは、どうも鷹司景子=高須恵子さんはハトホルのような気がしてならないのですが。。。



最下部から2番目の5月29日のところに砂川一雄:享年100歳と書かれています。ということは、何百年だか何千年だか生きているヴァンパイアで、名前は同じだけれども幾つものもの別人としての人生を持っているということです。


あの水色のキャップを反対向きにかぶっている足の不自由なふりをしている車椅子バスケットをする少年が砂川一雄のようです。すると、障がい者の子供にも化けて別人生を送っているわけですネ。


なんか〜アングロサクソン王族たちが老け顔に顔を造っている感じです。3人の怪しいおばあちゃんたち。旧スリーシスターズたちかな〜?



コメントのところに『仲佳世子』の名前が。。。ハトホル=山根郁子か、そのクローン子孫のことのような。。。何にしてもこの店怪しいです。 ★★★ 気をつけましょう!


砂川和夫氏(砂川一雄本人かクローン子孫じゃないかなあ?)が宮古島の市議補選に立候補したようですが、どうなったのでしょうか?結果が非常に気になりますね。


[ デジタル・アカウント部の部長で「高橋まつり」さんの直属の上司:佐々弘弥 ]

【人事】電通(2016年6月1日)

佐々主任はなんだか栄転されたもよう。。。

★★★ それもそのはず、『イルミナティ』の中では、酷い残虐な悪事を働けば働くほどイルミナティ・ピラミッドの上の階層に上がれるみたいだから。。。



先に起きた元電通社員男性の過労死自殺事件の時も年齢が24歳で「高橋まつり」と同じ年齢だったことから次のようなことが考えられます。つまり、2(へび)が4(死ぬ)という意味になります。したがって、スリーシスターズたちは自分たちの死を回避するカルト生贄儀式のために24歳の人間たちを身代わりにこれまでも大勢死なせているのではないでしょうか?もちろん、これは主なる理由ではありません。

実は、高橋まつりさんを自殺に追い込んだ主なる理由とは「高橋まつり」さんの家系が人間の元王族だったことらしいです。

しかし、この自殺というのは少し疑問があります。というのも、直前に彼氏が帰国して会って別れ話になったというのですが、これも、彼氏のほうが『イルミナティ』の上司に何気に「まつり」さんとの交際を禁じるような脅迫をされたとか、あるいは、その彼氏がスリーシスターズのハニートラップにハマって別れざるをえないような状況に追い込まれていたのかもしれませんが、とにかく、これも余りにも話が出来過ぎのような気がします。

そして、このこと(彼氏にふられて精神的に大打撃を受けた)は電通が「高橋まつり」さんの自殺について、電通での考えられないほどの長時間残業を理由にされないための理由作りにちょうどいい他の理由作りになっているのです。

つまり、電通(命令をしているのはハトホル)が元々、消す(殺す)ターゲットとして採用した「高橋まつり」さんへわざっとやっていた行き過ぎた残業やパワハラなどに対して、ターゲットの殺人後に電通の責任を問われないために彼氏との別れという別のもっともらしい自殺原因を作っておくという周到さ * です。


もしかしたら、この彼氏自身がイルミナティのメンバーで、計画的に「高橋まつり」さんに近づいていったのかもしれません。もちろん、この自殺偽装計画を実行する直前に別れ話を持ち出すことは交際前からの前提としてハトホルによって決められていて彼氏も承知していたのかも。『イルミナティ』の計画(つまり人工知能『ハトホル』が考えた)はいつも深慮遠謀のようですから。

そして、クリスマスの朝、母親に届いていたというメールも、もしかしたら、「高橋まつり」さん本人がしたメールではなく、「まつり」さんを殺した犯人たち(複数の可能性あり)の誰かが(これだけのもっともらしい文の内容からハトホル自身かも?)、殺害後に、自殺と偽装するために「まつり」さんの携帯を使って「まつり」さんの母親にメールを送ったのかもしれません。


(インタビューの最初のほうで、「自宅の建物から飛び降りた」とありますが、これは「電通の独身寮の"自分の部屋"(の窓)」から飛び降りた」という意味のようです。)


▶▶▶ 電通〜『女子社員の過労死事件』 ウィキペディア




< 電通という会社 >

電通は日本のメディアを支配しているのか?(内田樹の研究室) 仏紙元記事と元記事中の動画も採録。:雑談日記(徒然なるままに、。)



女優「大竹しのぶ」(=現『ハトホル』=山根郁子)に似ています。


糸井重里にも本者と偽者がいそうです。ほんとうにCMのキャッチコピーを作ったのは旧ハプスブルグ家の男性たちで、それを小遣い銭のような安価で(脅迫まがいの圧力をかけて)、買い取り、自分が作ったことにして大金を稼いでいるのは偽者の糸井重里(自分でCM作った人を本者にすると)=現『ジョゼッペ』=山根光男でしょう。



二人は元々夫婦のはず、ということは糸井重里として他の女性と結婚していたのを樋口可南子のハトホルが別れさせたということかしら?とにかく、どっちも、世界中のいたる所に、それぞれ別の家庭を持っているんですからねえ〜! 😁 😅 す、スゴい!

とにかく、ソフトバンクの経営者(=孫正義そんまさよしと?しかし、実際に身代わりの替え玉としてよく働いているのはアルバート公なのですが)はこのお二人さんなんですから、「自分の会社のCMに出て稼ぐのは当然の権利です!」なんて。。。あのCMによく一緒に登場している黒人男性は多分ジョゼッペかな〜!


電通 ウィキペディア

かなり黒々したところの多い会社だったんですね〜!有名な会社だから知っていたけれど、まさか〜こんな会社だったなんて。。。😲



検察が大ナタをちゃんとふるってくれるかな〜? ちょっと心配だ〜! 😒





[PR]
by Ulala-lov | 2017-05-22 06:31 | サタニストの攻撃 | Comments(0)