イルミナティの計画的犯行:「痴漢疑われた男性死亡」「中学生をレイプの小学校教員逮捕」「松戸市公園で男がナイフとバットで無差別殺人未遂」

2017−05−21


最近は『イルミナティ』による計画的、かつ、組織的犯行と思われる奇妙な、わざとらしい事件が頻発しています。

つい最近では、若い男性が電車の中で手が触ったとかで女性に痴漢扱いされて、そばにいた男性たちに電車から、無理やり、ひき下ろされて、その後、ビルから突き落とされて死亡したり(あるいは、UFOで墜落させられたり・・・ニュースでは逃走し自殺したように書かれていましたが)、ホームから突き落とされて電車に引かれて殺されたり(ニュースでは自分から線路に飛び降りていったと書かれていますが)、というような事件がありました。(ターゲットになった男性たちは、おそらく、旧ハプスブルグ家の子孫たち)


痴漢されたと偽証する女の子と、親切ごかしにその言葉に従って冤罪をかけられた男性を駅員だか警察にひき渡そうとして奮闘する男性たちがセットになってターゲット男性を殺すという『イルミナティ』のメンバー集団による計画的な殺人です。


★★★ また、ニュース報道もスリーシスターズたちによって、きつく監視・規制されているようなのです。なので、どこの報道機関も真実を書けないようです。



そして、昨日2月20日(土曜日)のニュースでは。。。



日本の刑法では、レイプ犯罪は被害者の告訴でしか加害者を裁けないという非常におかしなものとなっています。(スリーシスターズたちがレイプ魔だから。。。加害者を優遇しているのです。)

被害者が告訴に踏み切るのには弁護士も必要らしいので、被害者にそれなりの金銭的余裕がなければなかなか起訴することもかなわないのです。結果、被害者の多くが泣き寝入りすることになります。

レイプ犯罪は被害者に一生忘れられない深刻な精神的打撃を与える許しがたい犯罪です。被害者が一生背負う苦しみや、そのことによって被害者の一生が台無しにされることなどを考えると、レイプ犯罪は加害者が死刑になってもいいくらいの重大な犯罪ではないでしょうか?! 現行法では処罰があまりにも軽過ぎるように思います。

レイプなどは犯人個人の問題だと思われるかもしれませんが、長期的な苦しみを与えるという点においては、レイプは殺人以上に怖い犯罪のように思われます。だから、ターゲットの家族の娘をレイプすれば、本人はもとより、その家族にも深刻な苦しみを与えることができる強力な攻撃方法なのです。だから、スリーシスターズたちは自身はもとより部下の『イルミナティ』のメンバーたちにも計画的にレイプ犯罪をやるように積極的に推奨* し、支援しているのでしょう。




😱 今日5月21日(日曜日)のニュースでは。。。


このニュース動画の最後のほうに地域住民らしき男の人が2人ほど事件の感想を話していますが。。。

最初に登場したおじいさんがおそらくジョゼッペで、次に登場したニヤニヤして事件を喜んでいるような小太りのオジさんがハトホルかもしれません!(顔を化粧などで造っているのがよく分かります。身体は痩せたり太ったり自由自在のようですし。)

よく殺人事件や死亡事故などの動画に目撃者や感想を聞かれたふうの地域住民を装ったような人たちがこれまでにも出てきましたが、多くがスリーシスターズたち(現役や過去の)のようだと何となく気がついていました。

そういえば、今日のお昼頃、上の部屋は今までになく静かで人の気配があまりしなかったので変だなあと思っていました。

要するに彼らがイルミナティの手下にやらせたのでしょう。そして、暴行現場をどこかで薄笑いを浮かべながら見ていたに違いありません。

ここの場所を地図で見ると、東大の『柏キャンパス』に近く、ジョゼッペ&ハトホル(山根夫妻)は以前からよくこの辺りに来ていて、当地の『イルミナティ』の組織も古くからシッカリしたものが存在しているのでしょう。

(この公園の名前も「金作」(きんさく、金を作る)のような変わった名前ですよネ)








[PR]
by Ulala-lov | 2017-05-21 16:39 | サタニストの攻撃 | Comments(0)