KGB作成の「宇宙人の地下秘密基地(UFO基地)を示す世界地図」を調べ、さらなる驚愕の事実を発見! A11 タイ

2017−01−09

10のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


(第6代大統領コンパオレの顔は山根光男の母親や兄弟の顔によく似ています。つまり、ジョゼッペ系なのでしょう。現ジョゼッペ(山根光男)は整形したり、うまく化けたりしていて、より人間に近い顔をしています。)


◎ タイ

< ウタパオ空港 >








(ウタパオ空港はラヨーン県にあるのですが、すぐ西隣の(パタヤのある)チョンブリー県との県境に近いのです。それで、実際もって、ウタパオ空港の利用者の多くはパタヤへの行き来に利用しているので、パタヤ(のため)の空港といえるのでしょう。)











ベトナム戦争の惨禍(さんか)がこんな形でも残っていたのですネ! 米軍の枯葉剤投下による後遺症や環境悪化は有名ですが。

やっとこさ重い腰を上げたタイ政府の今後の取り組みが期待されますが、どのくらいの効果が出てくるのか…ちょっと心配です。いろいろ複雑な要素がからんでいるようですから。。。






< パンガン島 > =「タイ」版の『ボヘミアの森』もある。








タコやダイオウイカのような形のデコレーションが空中につら下がっていたり、明らかにサタニストたちの主催している乱痴気*パーティーでしょう。『レイブ』** って「レイプ」をモジッた言葉のような。。。



また、参加者の顔を見ると、アングロサクソン系、サクソン系の顔が多いようです。まあ、この人たちはお金持っているから。。。(反対に、人間はどんどん貧乏にさせられていってるけれども。しかし、利用価値のある有能、あるいは、お金持ちな人間たちは仲間に(イルミナティ)引き込みたいみたいだから多少の人間も混じっているかも?)

★★★★★ このパンガン島はもともと麻薬の島だったようですから、これらのパーティー参加者たちが何度か参加しているうちに、(会場内か会場外の)どこかでコッソリ麻薬を勧められて(=買わされて)麻薬に溺れるチャンスは大いにあるような気がします。


★★★ 2014年のフルムーンパーティーの動画の最初の映像に写っている3人の女性の真ん中にいるのは、おそらく、ハトホル(山根郁子)です。すると、両脇にいるのは第二のハトホル(=象二郎=谷本由香子)とジョゼッペ(=山根光男=今上天皇「明仁」)ってことかしら?!

満月や新月の夜は、サタニストたちは生贄殺人儀式も活発に行っているはずですから、この島のどこかでもやっているのかもしれません。その後、フルムーンパーティーにやってくる者たちもけっこう多いのではないかと推察されます。



フルムーンパーティー後などの他の幾つかのパーティーや他のハーフムーンやブラックムーン(新月)パーティーなどにはパンガン島の南西部にある広大な森が使われているとか。であるとすれば、この森はカリフォルニアにある『ボヘミアの森』と同様の役目を果たしている『タイ版のボヘミアの森』であると推察されます。


< サムイ島 >



ここでは、2〜10月が旅行シーズンだって。。。でも、下のタイの秘境10選のブログでは11〜5月の乾期が旅行シーズンだって書いてあったんですけど。。。本当のところは、どうなんでしょうね?


ビデオの中のグレーのキャップを被って自分を自分でカメラに収めている男性の格好をした人物は胸がかなり膨らんでいます。つまり、両性具有のアングロサクソン王族です。おそらく、ジョゼッペ(山根光男)か象二郎(谷本由香子)で、一緒に写っていた女性の格好をしたのがハトホル(山根郁子)のような気がします。

おそらく、こういった超豪華なリゾートホテルをあちこちに建てているのも彼らスリーシスターズでしょう。自分たちの楽しみや権力誇示でもあるとともに、金儲けや権力増強のためです。観光も、売春も、イルミンナティのメンバー勧誘も。












[PR]
Commented by Ulala-lov at 2017-01-10 16:07
上の本文の<パンガン島>のところに▶▶▶で「Neverまとめ」の『 [タイ] パンガン島フルムーンパーティーとかいうキチガイパーティー』の記事をリンクさせたつもりだったのですが。。。Qベスたちに削除されたのか? なくなっていました。(〜〜。エーン!! その下の説明はこのリンク先を前提にして書いたものだったで、この「NAVERまとめ」の記事がないと全く理解不能だったはずです。(++; ?

なので、今さっき、再度リンクさせましたので絶対に見てくださいネ!
by Ulala-lov | 2017-01-09 03:42 | サタニストの攻撃 | Comments(1)