KGB作成の「宇宙人の地下秘密基地(UFO基地)を示す世界地図」を調べ、さらなる驚愕の事実を発見! B22アメリカ

2016−11−25

B21のつづき

大変済みませんが、この記事はまだまだ書きかけです。


アメリカ、ニュージャージー州のつづき


ウエストオレンジ・エジソン研究所跡

上のサイトの『トーマス・エジソンが1887年に研究所をエジソンからウエスト・オレンジに移した。』という文は大ウソです!エジソンは1913年にウッドブリッジのカーレースに出場していたくらいですから、少なくとも1913年までは確実にウッドブリッジ市アイセリン町のエジソン・ストリートにあった『エジソン研究所』にいたはずです。


ここでは最下部の末尾の文にニュージャージー州ニューアークのメンローパークに研究所と工場を設立したとありますが、何度も言うようですが、前回の記事で追加説明しましたようにウッドブリッジ市アイセリンのエジソン・ストリートにある確か6階建てくらいの立派なビルで、現在はホテルになっていました。

アングロサクソン王族たちは『メンロパーク・エジソン研究所』がエジソン市のメンロパークにあったことにするようにエジソンの子孫やマスメディアなどに強い圧力をかけて厳命しているのでしょう。



「万人が欲(ほっ)するものを発明する」という文はかなり誤解を生みそうですが、おそらく、エジソンはお金になるとかはあまり考えてなかったのではないでしょうか!だって、トーマス・エジソン=トーマス・グラバーなら、スコットランド系王族の裕福な家庭の生まれだったはずですから。(もちろん、アングロサクソン王族の脅威があっていろいろな面でかなり不自由を強いられた生活ではあったはずですが。)

ですから、エジソンは、ほんとうは「万人に役立つものを発明する」と決意していたというのがほんとうではないでしょうか。。。

また、*(大ウソ)の決意が後にエジソンの発明競争における訴訟の乱発につながるというのもまた大ウソです!

実際、アングロサクソン王族たちが何度となく執拗にエジソンの発明を横取りしようとしたから訴訟の乱発をするしかなかったのでしょう。



「二時間が分けた電話の発明者の栄誉」のところを読むと、

(引用)「1876年2月14日、ベルは完成した電話機の特許を出願しました。そしてベルに遅れること二時間後、イライジャ・グレイもまた発明した電話機の特許を出願に来た。。。」とあり、

エジソンに関しては・・・
(引用)「しかし、エジソンもベルに先立つこと一ヶ月前の1月14日に電話機の特許を出願していたのですが、出願内容に不備があったため不受理されたのです。」
とあります。

どんな不備があったのでしょうか?

★★★ おそらく、出願した先の特許庁の役人は何かが不備であるように見せかけて、わざと不受理にしたのです。きっと、事前に、アングロサクソン王族の誰かが、特許庁の幹部にエジソンの出願書類を不受理にし、かつ、その内容を写しておくように命令していたのでしょう。

そうして、アレクダンダー・グラアム・ベルがエジソンの特許を横取りしたのです。グラアムはグラハムとも発音し、グラはグランドの略、ハムはノアの三人の息子のハムの子孫という意味でしょう。すると、きっとカナンの子孫でしょう。

アレクサンダー・グラハム・ベルは下のサイトAの若い頃のほうの写真を見ると俳優の蟹江敬三の若い頃サイトCに似ています。しかし、年配になって、わざと老いた造りに化けている顔は象二郎系かな?ジョゼッペ系かな?とも思えます。

無題ドキュメント・・・A

グラハム・ベル 名言集・・・B

イライジャ・グレイの話は作り話です。イライジャ・グレイの写真をよくよく見ると、グラハム・ベルの写真を改ざんしたもののようです。

(ウィキペディアのベルの説明は長過ぎて、それにウソが多そうだったので省きました。)


この時の蟹江敬三は、おそらく、アメリカのオリンピック陸上での醜聞で有名になったメアリー・デッカー選手=女優の◎◎の兄エリック◎◎(アフリカのシエラ・レオネの出自)が身体を交代した後かもしれません。なんか非常に若々しくてそれまでと違う感じです。

👣👣👣 >>>ちょっと寄り道 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

ちなみに、NHKで2000年前後頃に土曜の深夜に放送されていた海外ドラマ『ダーマ&グレッグ』のグレッグ役のトーマス・ギブソンと蟹江敬三がソックリですが、おそらく、旧ハプスブルグ家の男性が代役として出演していたのでしょう。そうすることにより番組制作の許可が降りたのかも?当然、蟹江敬三にかなりの出演料というかマネージメント料(仲介料)が払われていたはず。アングロサクソン王族たちって、あちこちで何気に楽してよく稼ぎますねえ!028.gif

東伏見稲荷(いなり=キツネ→実はオオカミですからネ〜)ってのがあるらしいから、『20世紀フォックス』は東伏見慈洽の会社ってことかな〜?039.gif

さらに、つい最近気がついたのですが、あの渋谷の『忠犬ハチ公像』って〜、なんかカルト的な意味合いを込めて、あのように日本を代表する若者たちの集う繁華街『渋谷』に設置されているのではないでしょうか?!

(ハチは生きているうちから銅像になっていたんですネ〜 やっぱ、普通では考えられませんよ〜)

だって、『柴犬』はオオカミの原種にかなり近いイヌらしいですから。(もともとイヌはオオカミを改良して造られた動物なんだって知ってましたか〜?わたしも数年前にネットサーフィンしている時に偶然知ったんですけれども、そうなんですって!)


つまり、アングロサクソン王族たちのカルト祈願ために、あの『忠犬ハチ公』の物語は意図して作り上げられたのではないでしょうか?(でっち上げのウソなのか、やらせで事実を作りあげたのかは分かりませんが)

忠犬ハチ公 ウィキペディア
(ハチの顔はオウム真理教の麻原彰晃あさはらしょうこう=勝新太郎=笹川良一=豊田章一郎=ジェイ・ロックフェラー4世に似ていますぅ〜 宇宙犬=ハイブリッド{異種交配}で人間の魂を持った犬だったのでしょうか?)

(ん〜、やらせで事実を作り上げたようです!それに映画のようにやせ衰えて死んでないみたいです。巨体です〜 ww )

元夫の佐藤勝己(バイエルン王ルートヴィヒ2世)が映画『忠犬ハチ公』のDVDを借りて来たので一緒に見たことがあるのですが、わたしは最後のほうで何年も主人の帰りを待ち、どんどん元気がなくなってやせ衰えても必死で主人の帰りを待つハチが可哀想で涙をわんさか流していたのですが、元夫はケロッとして「なんで泣くんだ〜!」とかって笑いながら言ってました。要するに、事実を知っていたから、ダマされて泣く人間たちが可笑(おか)しかったのではないでしょうかね〜?! 026.gif

  〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



東伏見慈洽さん死去 天皇陛下の叔父・・・D


★★★ 蟹江敬三が亡くなったのが2014年3月30日で、東伏見慈洽が亡くなったのは2014年1月1日でした!やはり、東伏見慈洽=蟹江敬三です!!!
 ↓
★★★つまり、その頃から東伏見慈洽(蟹江敬三)が私の部屋の上にいる第二のハトホル(谷本由香子)の補助役(主に、コンピューター操作や第二のハトホルの命じた殺人の手配など)としてやって来たということでしょう。

現在も蟹江敬三の声が聞こえたりしています。今まで第二のハトホルの補助役の男性は何人も代わっています。


蟹はカニクモ(ヒドラ恐竜の幼虫)のことでしょう。ということは、蟹江敬三はカエルを象徴とする象二郎系(ゴリラ系)ではなく、カニクモを象徴とするハトホル系(マントヒヒ系)ではないかしら?
(実際は、アングロサクソン王族たちは1200年ごろ以降の生まれはダイオウイカ(オオカミを含む)+『カニクモ+スズメバチ+ウシカエル』+チスイコウモリ+その他いろいろな生物+人間(50%)で、クローン細胞(人間の卵子や精子のどちらかを使う場合もある)を使った人工授精で全員ほぼ同じタイプに進化させていったはずですが、顔の判別をつけるため、また、それぞれの生物の代表として戦闘を指揮するため以下の三種の系列に別れているようです。

◎カニクモ系=マントヒヒ系=ハトホル系
◎カニクモ+スズメバチ系=チンパンジー系=ジョゼッペ系
◎カニクモ+スズメバチ+ウシカエル=象二郎系(第二のハトホル系)



額がでっぱっていて、細いスティック鼻をしています。ということはハトホル系です!耳はおそらく、整形で下のほうにつけかえたか、写真が改ざんされているかのどちらかでしょう。


こちらが本者の谷本由香子です。

こちらの「いしだあゆみ」はクローン母の女優・根岸李衣が代理をしているのでしょう。喉に年齢が現れています。いくらヴァンパイアで年を取らないといっても、肌(シワやシミなど)や歯(入れ歯や差し歯)や髪の毛(ハゲが多い)などの劣化は避けられないようです。(根岸李衣はカツラでしょう)このお別れの会で根岸李衣が着ている、本来は『お通夜』の時に着る着物は、わたしの偽姉『谷本由香子』がウチの母のお通夜の時に着ていた着物です。(←先ほど、母の葬儀の写真集で確認しました)ウチの母が比較的若い頃(50歳くらいの時)に喪服の着物とともに葬儀用に子供たち全員に揃えてやったものです。こういうのは確か母自身が内職で稼いだお金や、父の月給も加わっていたと思います。とにかく、こういう儀式用はウチの両親が子供にきちんと揃えてくれていたようです。ただし、他の着物はわたしたち子供のほうも半分くらいの金額は払っていました。

とにかく、母は古い考えで着物は一生ものだからと言って、娘たち全員に結構たくさんの着物を嫁入り支度として揃えてくれました。でも、姉たちは「母ちゃんが揃えてくれた着物なんてタンスの肥やしだが。」とブチブチとグチをこぼしつつも、お正月・お花の稽古・その他と結構着ていました。最近、わたしはブログを書くためにYouTubeビデオを見ていて気がついたのですが、女優の田中美佐子(わたしの偽姉で長女の山根郁子)も、かなり昔のテレビドラマの中で、(わたしの子供の時の記憶では)確か母が揃えてやっていたような柄の着物を着ていましたよ〜!(アングロサクソン王族たちはウソばかり言ってるからね〜 005.gif005.gif



[PR]
by Ulala-lov | 2016-11-26 03:45 | サタニストの攻撃 | Comments(0)