世界における気象兵器HAARPの施設だけを特化して紹介

2016−08−09


◎ 日本


Fortaleza は、Fortは要塞、aはつなぎ語、lezaは laser(レーザー)のつづりを分かりにくいように少し変えただけです。つまり、『レーザー光線の要塞』という意味なのではないかと。

一番上のタイトルの下にTateyamaとあり、「立山」って、富山県にある立山という山のことかと思ったのですが、ネット検索してみると。。。意外や意外〜!なことが分かりました!!


(1)勝浦宇宙通信所



(2)国立天文台 野辺山宇宙電波観測所





観測装置のある場所の周囲にある白くて細長い大きな屋根のようなものは、いったい何なのでしょうか?

一部は太陽光発電のような気もしますが。。。とても気になります。

なんか〜、ビニールハウスかもしれません。そうだといいのですが。。。下の(8)の[2]の「シーロスタットの施設」だと大変なことになります!
039.gif (よくわからにゃいダニ〜)


◎ 長野にはもう一つ『臼田宇宙空間観測所』といのがあります!!!



上の投稿者欄を読むと、直径が64メートルもある巨大パラボラアンテナがあるそうです!!! 005.gif005.gif005.gif




このようなパラボラアンテナはよいことにも使えるのだけれど、一方で、地震・津波・台風・ハリケーン・火災・干ばつ・洪水など(果ては、地球を内部からの爆破)を引き起こす恐ろしい『気象兵器HARRP』にもなるのです!!!


(3)九州大学 ICSWSE

(4)東北大 IPRT

(5)極地研究所 オーロラWDC 
EISCAT スバーバルレーダー(ノルウェーのスバーバル諸島)

(6)京大 理・地磁気センター

(7)京大生存研 信楽MUレーダー




(8)京大 理・付属天文台 飛騨天文台 ドームレス太陽望遠鏡






(HAARPのような機能があります。)

(この「太陽館」全体がHAARPのような施設のようになるみたいです。)


[3] 岡山天体物理観測所











(9)名古屋大学 STE研 北海道・陸別(十勝総合振興局陸別町)










◎ カナダ


オタワの近くにあるアルゴキンという町にあるそうです。


アルゴンキンで調べてみるとオタワの近くに『アルゴンキン州立公園』というのがありました。どうやら、この公園の一角にあるようです。


上の地図を拡大してみてください。サイトBによれば、アルゴンキン・レイディオ観測所は「トラバース湖」(Lake Traverse)のほとりにあるようです。









先のサイトAの冒頭のタイトルのすぐ下にあるように、この観測所と下の『ナチュラル・リソースィーズ・カナダ』という組織とが関係あるようです。


Geodetic (ジオデティック)というのは、辞書で調べてみると「測量学」のことだそうです。


この中にある△ピラミッドの説明はなんだか〜イルミナティの組織の解説のようですよ〜! イルミナティの元となったフリーメーソン組織は、もともとは人間の王族が『石工組合の親方』みたいな組織を作っていたのをアングロサクソン王族たちがだんだんと乗っ取っていき、ついには自分たちの組織にして名称もフリーメーソン(メーソンは親方だから、親方から自由になるって意味)に変えたらしいのですが。。。人間の親方のほうがよっぽどましなのに、なぜか悪者にされちゃってますぅ〜 039.gif








[PR]
by Ulala-lov | 2016-08-09 19:45 | サタニストの攻撃 | Comments(0)