KGB作成の「宇宙人の地下秘密基地(UFO基地)を示す世界地図」を調べ驚愕の陰謀を発見!  A9 欧州・アフリカ・中東・アジア

2016−08−03

A 8 のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。




13 インド

(1)プネ(ー)~パールヴァーティー寺院(丘の頂上)

古代インドにUFOが存在した? インド科学会議での発表に波紋


(2)アンドラ・ブラデシュ州『ガダンキ』




場所は Gadanki という所のようです。



インド南部の都市「チェンナイ」から西に内陸部に入って、ヴェロール(ここ拡大して)の北のチットゥール(ここで何度か拡大して)のさらに北に進むとガダンキがありました!(ふ〜っ!分かりにくかった〜044.gif



★★★ チェンナイの北には『スリハリコタ発射場』というのがあり、これも宇宙人の地下秘密基地のミサイル基地になってるのかもしれません。わたしの地図帳には世界の各地にこのような何だかよく分からない発射場がたくさん載っています。インドでは他にもインド南端部「コモリン岬」の「ナーガコイル」という町付近に『ツンバ発射場』というのもあります。インドは核保有国だし、これらが核弾頭ミサイルの発射台だったとしたらゾゾゾッ〜です〜!!!😱

また、ここチェンナイは元の地名が『マドラス』ということからも、あのマドラス=マドロス* と言えば水兵さんのことですから〜、今はインド軍の海軍基地はありませんが、その代わりに宇宙人の地下秘密基地の海軍基地になっている可能性が高いです。というのも、ここチェンナイとその周辺地域には大きな入り江や湖や川が非常に多く、潜水艦やUFOの基地として、とても都合が良いようです。なので、ここら辺は両方の複合基地になっているようです。

オランダ語だそうです。でも、マドラスと命名したのはイギリスが植民地にしてからのようです。英王室は当時〜現在(ハノーヴァー朝〜ウィンザー朝)もですがオランダの王室とも繋(つな)がりが深いようです。



★ チェンナイの怪しいホテル











(投稿者欄に「ここら辺は客引きが多いので注意してください。」とあります。単なるホテルだけでなく、売春も込みのような感じです。)

(投稿者欄に英語で詳しく書かれています。どうやらヤクザかマフィアのような人たちが経営・運営しているようです。)


■■■ 先の「旧・ほんとうがいちばん」さんのブログに書かれていた気象兵器HAARP(ハープ)の場所より、さらに多くの場所が下のブログに書かれていました。まったく、あ〜あ!です。やんなっちゃいます!021.gif



14 アフガニスタン 

カイバー峠
(アフガニスタンの首都カブール〜シャララバード)〜カイバー峠〜(パキスタンのペシャワール〜首都イスラマバード)




15 イラン


16 イエメン

サヌア


A10 につづく




こっちがちゃんと唱っているほうで、元旧ハプスブルグ家の人?で今井美樹の代理として唱わされているようです。


どうりで急に歌が上手くなったと思ってました! なかなかヒットが出ないので、唱うのが上手な代理に唱ってもらって、そのコンピューター偽造歌を流すか、あるいは、インスタオケで唱ったものを調音してもらうかして録音を流すなどして、とにかく、口パクのようです!!


★★★『マドンナ』なども同じパターンで、アングロサクソン王族が唱ってもヒット曲が出ないので旧ハプスブルグ家の誰かに代理で唱ってもらったレコードを出して大ヒット曲を出すのです。そして、しばらくは本者にプロモーションのためコンサートをしてもらって、その時にアングロサクソン王族のほうは、旧ハプスブルグ家などの歌の上手い人の唱い方をよ〜く観察しておいて、今度は自分自身がコンサートを開き、コンピューター偽造歌やインスタオオケで唱った後でさらに調音するなどの録音を流し、代理のものまねをして口パクで演技をするのでしょう。


👀 🎵 めずらしい中東?イスラム系?の歌のようです!


このシルバ・ガンバルディという歌手にも、おそらく、本者(実際に唱っている人間)と偽者(アングロサクソン王族)がいるはずです。このビデオはおそらく偽者のほうでしょう。本者のほうも偽者の顔に似せた顔に造らされているはずです。

そして、このシルバという歌手の顔はミランダ・カー=ヴィクトリア女王の三男コノート公爵アーサー(ジョゼッペ)の次女『パトリシア王女』にソックリです!

このブログ内の関連記事:



こっちのサビーナ(「初期ローマ」を征服したサビーニ族の名前に似ていますネ)は山根郁子が変装した顔(っていうか、こっちのほうがカエルっぽい顔で素顔に近いのかも?)に似ています!もちろん、口パクです。ほんとうに唱っているのは、おそらく、旧ハプスブルグ家の男性たち(女性のボーカル部分も)でしょう。

要するに、スリーシスターズとスリーブラザーズは、今はみな「恐竜タコ+スズメバチ+ウシガエル」(最新モデル)になっているということでしょう。このビデオに出演しているのは本者(実際に唱ったいるほう)か偽者かどっちかは分かりませんが。。。


こちらのエラ・イストレフィという歌手の顔も上のサビーナの顔に似ています!なので、山根郁子=ハトホルでしょう!!!もちろん、この歌も、ほんとうに唱っているのは人間です!










[PR]
by Ulala-lov | 2016-08-03 22:30 | サタニストの攻撃 | Comments(0)