KGB作成の「宇宙人の地下秘密基地(UFO基地)を示す世界地図」を調べ驚愕の事実を発見! B12

2016−07−15

11のつづき)


13アメリカのつづき


◎◎◎ どうやら宇宙人(=アングロサクソン王族)の地下トンネルは前記事で書いたネヴァダ州の『ラスベガス』から「コロラド川」沿いにアリゾナ州→ユタ州→コロラド州『デンバー空港』へとつながっているようです。


1 ラスベガスの『マッカラン国際空港』
4 ノース・ラスベガスの『ノースラスベガス空港』
3 ボールダー・シティの『ボールダー・シティ市営空港』


7 ピーチスプリングスにある『グランド・キャニオン・ウェスト航空』
3 グランドキャニオン/タサヤンにある『グランドキャニオン国立公園空港』
9 ページにある『ページ市営空港』


6 モーアブの『キャニオンランズ・フィールド飛行場』
(私の地図帳でみると、この近くにはウラン鉱山があるようです。)


5 グランド・ジャンクションの『グランド・ジャンクション地域空港(ウォーカー・フィールド)』
(この辺りはウラン・バナジウムなどの鉱山があるようです。また、ウォーカーはブッシュ家の祖先につながるアングロサクソン王族家系の家名です。)
4 イーグルの『イーグル・カウンティー地域空港』
(この辺りにはタングステン・モリブデンなどの鉱山があるようです。)

3アスペンの『アスペン=キットピン・カウンティー空港(サディー・フィールド)』
(4とは近くなので関係ありそうです。)

1デンバーの『デンバー空港』

2コロラドスプリングスの『シティー・オブ・コロラドスプリングス市営空港』
(1のデンバー空港から比較的近い観光都市にあるので関係ありそうです。)


以上のように観光地や鉱山と宇宙人の地下秘密基地がドッキングしているケースが多いようです。いづれも、アングロサクソン王族たちの金儲けと戦略がドッキングしているためです。それに、いざ敵が攻めて来た時に攻撃できないように『人間の楯』としての人質という性格もあるのでしょう。

★★★ つまり、これまでにも言及してきましたが、アングロサクソン王族=悪魔ETモンスター・ヴァンパイアたちは世界中のあちこちから誘拐してきた人間の子供や大人を奴隷として、鉱山労働者として重労働させたり、売春などをさせるなど非人道的な虐待をしているようです。



◎ ロサンゼルス



ロサンゼルスの辺りには以下のような空港がありました。

1 ロサンゼルス市の『ロサンゼルス国際空港』

9 バーバンクの『ボブ・ホープ空港』

8 オンタリオのオンタリオ国際空港

10 ロングビーチの『ロングビーチ空港(ドハティ・フィールド)』

7 サンタアナの『ジョン・ウェイン空港(オレンジ・カウンティー)』



フェニックス〜ツーソン(トゥーソン)もそうかもしれません!

先のサイトBよりUFO基地の可能性大です。ここら辺は地図上の白丸が集中していて分かりにくい場所です。

・フェニックス







・ツーソン





サイトの最下部にある女性オーナー(前列左側)は、わたしの近所の吉尾クリニックの婦長だった「カヨちゃん」という女性によく似ています。おそらく、カヨちゃん=テレサ・テン=高橋尚子=山根郁子=大竹しのぶなどなど=ハトホルか、あるいはそのクローン子孫の一人です。

おそらく、今も吉尾クリニックに婦長として勤務しているのではないかと思われますが、夜になると、超高速ジェット機かUFOに乗ってアメリカや世界各地に行き、また別人として活発にいろいろな活動をしているのではないかと。。。



[PR]
by Ulala-lov | 2016-07-15 21:02 | サタニストの攻撃 | Comments(0)