KGB作成の「宇宙人の地下秘密基地(UFO基地)を示す世界地図」を調べ驚愕の事実を発見! B18

2016−07−12

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。

(1月19日の17のつづき)



13 カナダ のつづき

2. ナハニ国立公園とその周辺(フォートシンプソンなど)

◎ ナハニ国立公園(ノースウェスト準州)


◎ フォート・シンプソン(ノースウェスト準州)

明らかに『シンプソン夫人』(=ハトホル=高橋尚子=山根郁子)の名前にちなんでつけられた地名のようです。

シンプソン夫人はエドワード8世の妻であり、よく入れ替わって偽エドワード8世となって活発に活動している。米ロックバンド『ボンジョビ』のヴォーカルジョン・ボンジョビに成りすまして偽者のジョン・ボンジョビ(口パク)として活発に活動しています。


人口わずか1200~1300人程度の町です。









アングロサクソン王族(きっと、ハノーヴァー朝)の植民地だったようです。




フォートシンプソンから就航している5つの空港のある町は係わり合いの深い町のようです。

★ 冒頭のKGBが作った宇宙人の秘密基地を表した地図の中で、カナダ北西部の2つの白丸で表示されている箇所はどうやら上のサイト内に表示されている6つの空港のうちの『フォートネルソン』と『ハイ・レベル』(訂正:秘密基地のマークはもう少し東側と気づきました!)のようです。

(下のハイ・レベルの地図Aがこの6つの空港の位置を見るのにちょうどよい地図みたいです。)


◎ ヘイリバー




◎ イエローナイフ(ノースウェスト準州)


1991年にダイヤモンド鉱山が発見されたということです。



◎ フォートネルソン(ブリティッシュコロンビア州)





大きなシカの造詣物(ぞうけいぶつ)がまるで町の象徴でもあるかのように屋根の上にこれ見よがしに飾っているお店(スポーツ用品店)がありましたね!シカはアングロサクソン王族たちと関係の深い動物です。


人口わずか4500人でも、この辺り(カナダ北部)では相当に大きな町になるんですね!

◎ ハイ・レベル(アルバータ州)




南紀の白浜と関係が深いようですが、以前から白浜はアングロサクソン王族と関係ある町のような気がしていました。佐藤勝己=ルートヴィヒ2世の母親の佐藤加奈子=マリー・フォン・プロイセンもなぜか和歌山の海岸から見た夕日はものすごくデッカくて今までで一番感動したとかって、すごく力を入れてほめちぎっていました。


◎ ノーマンウェルズ(ノースウェスト準州、フォート・シンプソンより北)




わずか人口800人にしては、ものすごいたくさんの企業があります。どうなってるのかな? やっぱ、地下で何やらやってる裏企業があるからでしょうか?




フランク・ホープって〜、もしかしたら、ハトホルのクローン子孫かしら?
この辺りを仕切っている裏ボスってこと? 探検にやってきた、このブログ主さんは、裏ボスに警戒されたため、クマに何度も遭遇したり、さんざんな目に遭わされたということなのでしょうか?


👀 こんなの見っけ! 👽💀


これらの奇妙な生物は、おそらく、みなアングロサクソン王族が造ったハイブリッドの人造生物モンスターたちです。強力パンチを繰り出す「モンハナシャコ」の遺伝子などは、ハトホルが自身の身体の戦闘能力を増すために取り込んでいる可能性大です。ハトホルは強力パンチで人々の顔をぶん殴ることが頻繁(ひんぱん)らしいですよ〜!





[PR]
by Ulala-lov | 2016-07-12 20:16 | サタニストの攻撃 | Comments(0)