1979~1996年まで群馬県で起きた連続幼女誘拐殺害事件4件と栃木県の横山ゆかりちゃん行方不明事件の犯人は? 1

2016−07−03


今日、ニュースで20年前に群馬県太田市で起きた『横山ゆかりちゃん誘拐事件』について聞きました。
アングロサクソン王族たちは子供たちを誘拐して3K(きつい、汚い、危険」な労働者にしたり、売春させたり、幼児性虐待後に殺害したりと、悪の限りを尽くしているようですから、以前からこのようなニュースは気になっていました。
それで、いろいろ調べてみました。


■ 今日のニュース


平成8年、群馬県のパチンコ店で当時4歳の横山ゆかりちゃんが行方不明になった事件から20年になるのを前に、警察などがチラシを配り、情報の提供を呼びかけました。
この事件は、平成8年7月7日、当時4歳の横山ゆかりちゃんが群馬県太田市のパチンコ店で行方が分からなくなったもので、警察は、店内から何者かに連れ去られたとみて捜査しています。
事件から20年になるのを前に、警察の捜査員などが市内の大型商業施設で、ゆかりちゃんを連れ去ったとみられる重要参考人の防犯カメラの画像が掲載されたチラシ1000枚を配りました。
また、身長が1メートル58センチほどとされる重要参考人の等身大の写真も設置され、買い物客らに情報の提供を呼びかけていました。
警察によりますと、ことし5月末までのおよそ20年間に3900件余りの情報が寄せられていますが、解決につながる有力な手がかりは得られていません。<太田警察署の池田康郎署長は「捜査員一人一人が事件を絶対に解決するという強い思いを持ち、寄せられた情報をもとに捜査を徹底したい」と話していました。


■ 事件の概要 

横山ゆかりちゃん行方不明事件


上のリンク先Aの最後のほうに書かれているグスタフソン氏が透視した『採石場の特徴』

(1)古い2本の塔 (2)山の上の家 (3)廃業している採石場

栃木県内の採石場廃墟で検索してみると。。。


とりあえず、この事件が発生した群馬県太田市に一番近いところの地図上のアイコンをクリックして見てみました。


下のほうの写真・ブログ・リポートの最初のものを見ると、画像は削除されてしまったようですが、「2008年9月10日:時代遅れのモノ達と、彼女たちが見せる哀愁を 探して。」という何か "意味深な" コメントが書かれています。犯人の投稿でしょうか?



群馬県太田市と栃木県足利市(連続幼女殺人事件の起きた)と佐野市(村樫石灰戸叶鉱山)の三つの地点はかなり近いです!!



近くの白い民家らしき建物(なんか今も誰か住んでいそうな?)はいったい何でしょう?
「事務所」兼(けん)「宿泊所」だった所なのでしょうか。。。

★ ところで、この石灰鉱山の名前の『戸叶』(とかの)って。。。

戸・・・古代の『律令制』(中央集権的政治制度←アングロサクソン王族の政治形態)の行政上や社会組織の単位でもあったらしいので、たとえば、国や地方自治体などのことも指していると考えると、『世界政府』のことを指しているような。

叶う(かなう)は、「願いが叶う」という意味と考えられます。

ですから、「『世界政府』樹立の願いが叶いますように」というカルト祈願の名前が付けられているということです。

👿😈👿 そして、『叶(かのう)三姉妹』(叶恭子=谷本由香子=象二郎、叶美香=山根郁子=アイゼンベルグ=東伏見慈洽、叶晴栄=山根光男=ジョゼッペ)の『叶』という名字と同じ「叶」という字が付いています。ですから、この「戸叶鉱山」の所有者・地権者は、おそらく、『スリーシスターズ』か、その代理人になっていることでしょう。

★ おそらく、これらの幼女誘拐殺人で殺された女の子たちは『モレク神』(サタン)への生贄(いけにえ)とされたのではないでしょうか?つまり、生贄儀式殺人なのでは? モレク神(バール*=ヤギ)=サタン=デビル(女優デビー・レイノルズの名前も象徴的)=ハトホルということで、自分で誘拐して自分に生贄を捧げたということなのかも?


『バール』は「雄牛神」とか「雷神」とか言われていますが、実は「ヤギ神」=『モレク』のことでしょう!彼らアングロサクソン王族たちにはヤギの遺伝子も入っているようなのです。
山羊(ヤギ)の鳴き声はヒツジもヤギも同じで、日本語では「メー」とか「メエー」と表しますが、英語では「baa」とか「baar」* と表します。わたしは「子供英会話塾」で教えていたのでよく知っています。きっとヤギは、ヒツジに『ヒドラ』の遺伝子を組入れハイブリッド(異種交配)した動物なのでしょう。


ヤギは急峻な(切り立った)崖でも勇敢に降りて行く能力があるのだとか。だから、戦闘時にも役立つらしいです。当然、軍馬にもこのヤギの遺伝を入れているでしょうね。
なので、喜多珠子さん(おそらく、細川ガラシャ=玉子)のように外反母趾やX脚(ヤギの脚・足の特徴)とかの人もけっこういるようです。
(サルってガニ股ですよね!アングロサクソン王族はO脚を治すためにX脚のヤギの遺伝子を入れたのかも?しかし、最初は調整が難しかったためにX脚やO脚の人(正確には人類=人間に似た人造生物)ができてしまったとか)


これも近年のアングロサクソン王族たちには改良されているようです。だって、わたしの偽姉・偽兄や元夫の佐藤勝己たちはX脚でもO脚でもありませんでした。
また、アングロサクソン王族より下位にあるサクソン軍団の兵士や労働力などとして造られた「生物学的人造ロボット=サクソン人」には、ヤギ族(羊族と偽っている)・オオカミ族(イヌ族と偽っている)・シカ族・ヘビ族・コウモリ族・ネズミ族とか、いろいろな動物別に別れているようですから、X脚や、その反対のガニ股=O脚の人や、外反母趾の人や、外反足・内反足とか、本来の人間の脚や足とは違うさまざまな形態の脚や足を持っている人たちがいるようです。もちろん、脚や足以外の身体の部位も同様で本来の人間の形態とは異なっています。しかし、近年は相当に改良されているようですが。。。それでも、改良できていないところもまだまだあるようです。上の前歯もないので差し歯にしているようですし。。。



(上のビデオを5:12のところでストップさせてみてください。)

◎ 古い2つの塔(映像の手前中央の四角い塔と、その左手奥にある円柱形の白い塔)があるように見えますネ!

これは先のサイトAにあるようにグスタフソン氏が透視で見た採石場の特徴(1)の「古い2つの塔」の条件に合います。やはり、ここが事件現場のようです!

(さらに、もう一度ビデオを見てみると。。。最初の0:03のところでストップさせてみてください。)

◎ 採石場の特徴(2)の「山の上の家 」という条件にも合っています。




につづく


[PR]
by Ulala-lov | 2016-07-03 22:25 | サタニストの攻撃 | Comments(0)