サタニストたちがバラまこうとしている「透明なスズメバチ・ガ・カ」などに注意してシッカリ予防対策を!!

2016−04−20

(下の本文中の「白いガ」のところをピンク字で2ヶ所ほど追記しましたので、ぜひ、ご覧くださいませ。)

スリーシスターズをトップとするサタニストたちは、どうやら『透明なスズメバチ』、透明あるいは白い『蛾(ガ)』、『透明な蚊(カ)』などを準備していて、今日か、近日中にバラまくつもりでいるようです。

というのも、わたしは少し予知能力のようなものがあるらしいのですが(これまでも火龍が日本に向かって海洋を泳ぎ来る様子が見えて予知したことなどがあります)、今朝、赤紫色で透明なプラスチックのようなハチを女の人が掌に握っていて、その通常より少しスリムな感じハチは頭と肩くらいまでを女の人の握った掌の人差し指と親指の間から出していたのです。どうやらスズメバチのメス(働き蜂)で何か他の昆虫とハイブリッドされているのかもしれません。その後、よく考えてみたら、あの赤紫の色はあのハチが『夜の女王』に謁見(えっけん)するために、わざと色づけされていたのであって、本当は『透明なスズメバチ』なのだろうと気づきました!!

さらに、一昨日、わたしの住んでいるアパートの階段の1階と2階の間の踊り場の壁際の床の隅っこに今まで見たこともない変わった白い蛾(ガ)がジッと動かずにいました。そのガの羽は非常にスリムな二等辺三角形 * で、また、その羽の模様は白いレースのような感じでネットで調べてみると"ヒノキの葉" ** のような模様でした。下のサイトのヒノキの葉の写真の模様が左右の羽に三段ずつで両方の羽で六段あり、まさに白いレース模様のようでした。

(身近な場所で見かけるガとありますが、わたしが子供の頃から見慣れた蛾はもっと羽が短いのですが。。。わたしが見た白いガの羽の模様はこの蛾とは全く違っていました。)
(追記:今日、4月21日にシロオビフユシャクらしきガを近所で見たのですが。。。あ〜 確かに、このガならよく見かけたことがあります。でも、このガは白というより非常に薄い茶色で、とても小さいガです。私が見た羽が白いレース模様のガは、このシロオビフユシャクの2倍くらいの大きさはありました。)

(サイトの真ん中のほうに針葉樹の葉の写真があります。)


また、そのガが白いのはアルビノのせいで、おそらく、ハイブリッドされた蛾なのでしょう。わたしは、そのガに毒があるかもしれないと思ったので近くの草地に転がっている石を拾って来て、その蛾に投げつけました。死んだかどうかはハッキリしませんでしたが、今日見たら、誰かがひっくり返していて、どうやら死んでいるようでした。

ところで、昨日、わたしがちょっと買い物に出かけた時に、この近所で白い豪華なレースのワンピースを着た女性に出会いました。その時は気がつきませんでしたが、今日のスズメバチのことからも考え合わせて、つまり、透明なスズメバチもあの白いガも(これも、その後、『透明なガ』にされたかも?)、サタニストたちが操る生物兵器なのです。なので、あの白い豪華レースの女性(黒いロン毛でポニーテール*** でした )は、あの白い蛾と同じ遺伝子をもつ女性だったのかもしれないと思い至りました。それに、もしかしたら、アングロサクソン王族ヴァンパイアたちに入っているコウモリの遺伝子ですが、コウモリ自体がガと関係があるのかもしれません。だって、夜行性で飛翔できるという共通点がありますから。

これも、もちろん、ポニーテールにしているからみんながみんなアングロサクソン王族とかいうわけではありませんが。。。わたしだって、髪の毛を後で一つに結ぶことがありますし。しかしながら、アングロサクソン王族たちの中には、わざと『ヘビ』を模して一本結びにしている人たちもいるようなのです。偽姉たちが、以前、母の偽姉妹たちがポニーテールにして写っている大正時代末期か昭和初期くらいの写真が見つかったとか言ってわたしに見せてくれながら、この当時写真を撮影することができたのも珍しいことだったこととか、伯母(や叔母)さんたちが着物姿でポニーテールをしていることを「この時代に髪を後で一つに結ぶ、この髪型はみんながみんなできるわけじゃなかったんだけね。」となんだか意味ありげに自慢げに言っていました。


蛾(ガ)とくれば、蚊も似たり寄ったりの夏の害虫なので、サタニストたちが『透明なカ』も造って、例えば、昨年、日本でも流行した『デング熱』や、現在、南米で流行中の『ジカ熱、ジカウィルス』などをもっと広範囲に流行させようとしている可能性もあります。

今日4月20日は「仏滅」なので、もしかしたら今日がバラまく最初の日なのかもしれません。

どこにバラまくつもりなのかハッキリとは分かりませんが日本国中なのか?世界中なのか? というと、全部の可能性があるのですが。。。

また、こんな時に、こんなことを言ってはまことに恐縮なのですが。。。サタニスト(悪魔崇拝者)たちは弱い者イジメが好きで、弱い所、弱い所を狙って攻撃してくるという性質があるようなのです。。。。したがって、4月14日夜以降絶え間なく大きな地震が続いて、今、大変なことになっている熊本県の被災地にバラまく可能性も大いにあるのです。

★★★ なので、熊本の被災地の人はもちろん、全ての人々、世界中の人々に、この透明で危険な昆虫たち(他の生物も含むかもしれませんが、とりあえず)の攻撃を予防する方法を真剣に考えて、予防対策を実行してほしいのです。

もちろん、すでに『平和戦士隊』にはこのことは知らせてありますので、本格的な駆除対策なども考え中だとは思いますが。。。

しかし、早急に、幅広く、この迫り来る危険を衆知させるには、このブログで書くことが一番だと考えて今書いています。決して、みなさんをパニックにさせるためではありませんので、落ち着いて、今から説明しますが、とりあえずの対策方法を読んで考えて必ず実行してくださいネ。


<< 予防対策へのアドバイス >>


◎ まずは、家の中にこれらの危険な虫を入れないように、出入口、窓には網戸をつけることと、それらから出入する際には虫が入らないように十分注意すること。

◎ 外出の歳には、身体や衣服に虫除けスプレーをかけるか、虫除けパッチなどをつけるなどして虫を近づけないようにすること。

◎ 下のサイト内の下のほうの『スズメバチ』に関するリンク先ブログを読んでください。
*このブログ内の過去の関連記事:

[PR]
by Ulala-lov | 2016-04-20 18:36 | サタニストの攻撃 | Comments(0)