『シャラポワ』のドーピング疑惑は3シスターズによって意図的にハメられた冤罪です!

2016−03−14

(お知らせします!コメント欄に記入できなくされているので。。。 3月7日のグレムリンに入っているカエルの遺伝子はウシガエルだった!の記事の下のほうの「これ見っけ!」のコーナーでロックバンド『クィーン』の「Don't Stop Me Now」という曲についての原詩は『エドワード8世』ですので、その説明を加筆しました。ぜひ、ご覧くださいマセ。😬; まったく呆れたダニ)



シャラポワは人間で、おそらく、ロシアの古代王家の血筋の娘です。



↓(ニュースからの引用) 〜  〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   
 
2016.03.13配信

[12日 ロイター] - ドーピング検査で陽性反応を示していたことを明かした女子テニスの元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(28、ロシア)は11日、自身のフェイスブックのページで、この件に関する一部メディア報道は「間違っている」と反論した。

シャラポワはファンからのサポートに感謝した上で、「服用していた薬が禁止薬物に指定されるという通告を5回も受けていたとの報道がある。これは事実ではなく、そのようなことはなかった」とコメント。「言い訳はしないが、5回も通告されていたというのは間違い」と主張した。

シャラポワは1月の全豪オープンで実施されたドーピング検査で、メルドニウムという薬物に陽性反応を示していた。家系に心臓疾患や糖尿病となる傾向があるため、10年前から服用していたという。メルドニウムは今年1月1日、禁止薬物に指定されたが、シャラポワはそのことを知らなかったという。

同選手はこの影響で複数のスポンサーを失ったほか、国際テニス連盟(ITF)から最長4年間の出場停止処分を受ける可能性がある。



(CNN) 女子プロテニスのマリア・シャラポワ選手(28)は13日までに、フェイスブックにファンらへあてた書簡を投稿し、ドーピング問題をめぐる報道は「事実をねじ曲げ、誇張している。正確な事実を伝えられていない」と反論した。

シャラポワ選手は7日の記者会見で、1月に全豪オープンのドーピング検査で陽性反応が出たことを認め、今月12日から出場停止の暫定処分を受けている。

11日の書簡では、医師に処方されて服用していた心臓疾患の薬「メルドニウム」が今年から新たに禁止薬物となったことを知らなかったと、改めて主張。服用は2006年から始めていたものの、医師の指示通り少量にとどめていたと述べ、「毎日服用していた」との報道を否定した。

また、禁止リストへの追加について「国際テニス連盟(ITF)から5回にわたり警告を受けていた」と報じられていることに対しても、「事実とは全く違う」と否定した。

シャラポワ選手は、ITFからの通知が「会報やウェブサイト、配布物の中に埋もれていた」と指摘。「反ドーピングとは何の関係もない件名のメールを開き、クリックを繰り返し、スクロールして読むまでは気付かない。一部のメディアはこれを警告と呼んでいるが、大半の人にとっては見つけるのが困難だと思う」「弁解はしないけれど、私が5回警告を受けたと言うのは間違いだ」と力説している。

薬物違反では最長4年間の出場禁止処分が科されるが、運動能力を向上させる目的で故意に摂取したのではないと判定された場合は2年間に減免される可能性がある。

 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


(うららおばさん……この事件はハトホルの妬み・焼き餅からで〜す!)
そもそも、新しくドーピングとして認定された薬物メルドニウムというのは、もともと治療薬であり、シャラポワが何年もの間飲んできている薬だと知っていたので、ハトホルたちは、意図的に昨年末にドーピング薬物として認定し、シャラポワにはわざと通知しなかったのかもしれません。

★★★ というのも、ハトホルたちは、一昨年から、シャラポワの歳の離れた妹か?姪っ子?(とにかく非常に近い親族)を誘拐して人質にしていたのです。ですから、ハトホルたちが好き勝手に悪い事をしても、シャラポワたち親族たちには彼らの言いなりになるしかなかったのでしょう。

******しかしながら、つい最近になって、その娘はシークレット部隊の活躍により解放されたのです。ですから、やっと、シャラポワは反撃の記者会見を開くことができたわけです。ハトホルたちはまったくもって卑怯極まりない奴らです!!! 031.gif め〜 075.gif 蜘蛛助め〜







わたしなどは、NTTやドコモなど知っている会社からや、なぜか、どこから知らないところからなども送られてくる膨大な受信メールのほとんどは読まずにポイしてます。というのも、これ以上ひどくウィルスに感染されるのが怖いからです。なので、自分がどうしても必要な受信メール、例えば、ごくたまにしかしませんが、ラジオショッピングの受付メールなどの受信などは開けます。(もちろん、インターネットの配信会社にウィルス排除の登録はしていますが、それでも、安心はできない現状なので。)

けっこうウィルス感染が怖くて、わたしのような人は少なからずいるのではないでしょうか?

まあ、わたしのような例はちょっと極端だとしても、シャラポワがこの新たなドーピング薬物指定のメールを発見するにはちょっとしたトリックが使われていた可能性が高いような気がします!




うららおばさん……わたしは、このようなドーピング審議会「ITF」という組織のほうに、かなり問題があると考えられるのですが、みなさんはどう思われますか?


<P.S.>

(1)女子テニス・ダブルスでグランドスラム優勝の杉山愛とは?


杉山愛のコーチ兼母親(おそらく実母ではない)というのが、おそらく、レアなのでしょう!父親がジョゼッペ。
マリア・シャラポワVS杉山愛 5

どうやら杉山愛=梶美奈子さん=わたしの偽姉・谷本由香子=「ジョゼッペの双子の娘の妹のほう」のようです。彼女は中学時代は軟式テニスをやっていたと話していました。おそらく、時差を上手く利用して、アメリカか英国の中学校か高校に通っていて、そこで練習していたのかもしれません。

(上の2つの動画AとA' のレッスン指導をしている杉山愛は本人ではなく、旧ハプスブルグ家の男性が女装して代理で教えているようです。杉山愛には教えることに関しては、そういう技量がないのではないかと。。。)

(試合の時の顔と、それ以外の時の顔とは全然違います。いつもは厚化粧しているけど、試合では汗でとれちゃうから、あまり厚化粧できないのでしょうね。)




中米のホンジュラスって、
2015年1月に帰国で2年間行っていたということは、2013年にホンジュラス* へ行ったということですね〜


ホンジュラス国内は想像を絶するような悲惨な状況のようです。国が麻薬犯罪組織に乗っ取られているのでしょうか?

日本での殺人は10万人当たり0.9人だから日本の治安が非常に良いかのように思うのはとんでもありゃ〜せんよ! だって、日本の自殺者は毎年約3万人だったっけ。。。これはアングロサクソン王族たちのさまざまな戦略により、職を失ったり、左遷されたり、自社が倒産させられるなどして自殺に追い込まれていると推察されますから。(あの自殺者の病気が第1の原因というはウソです。まあ、確かに仕事を失ってノイローゼや鬱病などにもなる人も多いでしょうけれども)


小泉元首相と竹中金融・財政大臣のせいではなく、米国の子ブッシュ元大統領のせいです。2001年の『9.11同時多発テロ』以降、『スリーシスターズ』たちは世界中の政府を「命令に従わないと同じようにしてやるゾ!」どと脅迫していたに違いありません。

★★★ スリーシスターズの深慮遠謀な計画により、あのバブル崩壊後から日本で自殺者が大幅に増えるような社会構造に変えていったでのです。つまり、企業でのリストラの横行、会社でのパワハラ・セクハラなどの陰湿なイジメの横行、学校での陰湿なイジメの横行、正社員登用が激減し派遣社員が急増加、中小・零細企業の倒産件数の増加などなどです。


なんと〜 あの「国の目標はGDPではなくハピネスの度合いである」と唱っていたブータンが21位に入っているではありませんか。。。絶句! な〜んだ、表向きの、建前(たてまえ)だけの目標だったのですね〜ww あ〜、ガッカリ!015.gif 039.gif 025.gif


(2)女子テニス・シングルでグランドスラム・ベスト4入りクルム伊達公子とは?


クルム伊達公子は、大竹しのぶにちょっと似ているので、わたしの偽姉・山根郁子=アルテミス=天照大神でしょう。


(相手の心を読むことができるので相手がショットする前に予測して動き始めることができるのでしょう。目はコンタクトで、視力はそれほど良くないはずです。)





おしっこがわざと少なかったことにしてドーピング指定薬の証拠隠滅を図ったのでは。。。きっと、その仕返しにシャラポワを虐めているわけね〜!それに、妹の杉山愛もウィンブルドンの試合で負けて苦々しい思いをしてますからネ〜!!



@@★ ちょっと見っけ!




ワクワクなんて〜 アングロサクソン王族=悪魔ETヴァンパイアたちが戦士として使うモンスターたちですから。。。恐ろし過ぎます〜!😱😖😫





[PR]
by Ulala-lov | 2016-03-14 12:58 | サタニストの攻撃 | Comments(0)