ジブリ映画『風立ちぬ』の主人公で飛行機設計者の「堀越二郎」と原作者の「堀辰雄」 2

2016−01−27

のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


◎ Tー2 試作初号機(101と船体に書かれている)
Tー2超音速高等練習機は防衛庁の注文により三菱重工が1967年に設計をスタートし開発した試作初号機。1971年7月に初飛行に成功。1971年12月に航空実験団(現「飛行開発実験団)配備され、2002年までT−2型1号機として運用された。量産のTー2型機は航空自衛隊の超音速高等練習機として1988年までに当工場から92機飛び立ち、その優れた機動性のため、ブルーインパルス*にも採用され、FSーTー2改**(Fー1*** の前身)、CCV研究機**** 等の開発の基礎となったと書かれています。

最大速度 1・6マッハ です!!!

(しかしながら、エドワーズ空軍基地では、1950年までにすでに超音速爆撃機の初飛行は成功していたのです。三菱に注文しなくても輸入すればそれでよかったのでは?)

KGB作成の「宇宙人の地下秘密基地(UFO基地)を示す世界地図」を調べ、さらなる驚愕の事実を発見! 6
(エドワーズ空軍基地のYouTube 動画の中のわりと最初のほうで述べられています。1958年に無人ロケットではマッハ6の飛行に成功していますし、1970年代後半には有人爆撃機でマッハ3まで出しています。)

* ブルーインパルスとは - 広報 - 航空自衛隊

【航空】 ブルーインパルス PV 最強版 Blue impulse 【自衛隊】

キムタク、ブルーインパルスに搭乗!

キムタクと明石家さんま(隅田の治ちゃん)と。。。複雑な気分やわ〜!????;

明石家さんまは戦闘機乗れないとか言ってますが、ほんとうは戦闘機パイロットの訓練も受けているはずですよ〜!なにしろ、次のハトホル候補くらいの高位のアングロサクソン王族のはずですから。わたしが小学校低学年の時には高学年だった治ちゃんは将棋もトランプもそうとう上手かったし、わたしが小学校高学年の時に中学生だった治ちゃんは伝書鳩をたくさん飼ってたし、わたしが中学校の時に高校生だった治ちゃんは自分の部屋の二段ベッドの下を暗室にして写真の現像をしたり、エレキギターも持っていて友だちと演奏していたらしいし〜 子供の時からアグロサクソン王族の帝王教育受けてるはずですよ〜


一方、旧ハプスブルグ家の子孫であるキムタクたちも、アングロサクソン王族(WASP)の奴隷となっているとはいえ、WASPにとって利用価値が高いキムタクたちは旧ハプスブルグ家の帝王学で育てることを許されているはずですが、こちらはアングロサクソン王族たちが旧ハプスブルグ家の人々に危険なテストパイロットの任務をこなさせるために戦闘機パイロットの訓練を受けさせているようです。なのでへっちゃらな顔してますよね〜!訓練受けたことのない人ではこうはいきませんからね!

WASP(ワースプ)=White Anglo Saxon Protestant (白人で、アングロサクソンで、プロテスタント) アメリカ(っていうか欧米)ではWASPが支配層だと言われていますが、実際には、16世紀初頭に教皇アレクサンデレと、その息子チェザーレ・ボルジアがローマカトリックの総本山『バチカン』を乗っ取ってからはカトリックもアングロサクソン王族たち(オプスデイという組織)によって操られているのでカトリックの神父や修道女や信者もアングロサクソンには多いはずです。

** 三菱 FS-T2改 - 株式会社 ハセガワ

*** F1(航空機) ウィキペディア

(『事故』のところより一部引用)〜 〜 〜 〜 〜 〜  〜 〜 〜 〜 〜
1998年(平成10年)8月25日夜、第3航空団のF-1支援戦闘機が岩手県沖を3機編隊で訓練中、編隊長のA二等空尉(当時29歳)とB二等空尉(当時29歳)の2機が墜落した。A二尉は飛行時間2000時間超、B二尉も1500時間超の中堅パイロットであり、B二尉は築城基地の第8航空団所属で訓練に参加していた[出典 6]。僚機は三沢基地に帰還後「火の玉が見えた」と報告した。*
 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

その後も、同じく1998年10月上旬にF-4EJ戦闘機が墜落、翌1999年1月には米軍のF-16が墜落したとのことです。
**


きっと、この1998や1999はアングロサクソン王族=悪魔ETモンスター・ヴァンパイア=レプタリアン=宇宙人グレイたちにとっての数字カルトの生贄殺人儀式で9(自分たちウルトラQ)を強化するためのカルト祈願だったのではないかと推察されます。

グラビアアイドル・金融会社勤務を自称する「松川佑依子」(=新レア)が、以前、テレビのバラエティ番組で、「赤羽」(東京都北区赤羽あかばね)でのUFO目撃の多いとの話題の時に、「自分は赤羽の辺で2ケツ(にけつ=バイクの二人乗り)で廃病の前を通ったら「火の玉」を見たことがあると証言していたのも、彼女が火の玉を作り出すレーザービーム兵器?のことを知っているからだったのではないでしょうか?!(ごく短時間の照射では火の玉ができる程度、しかし、続けて照射すると重大な損傷を起す兵器なのでは。。。)

自称の意味 - goo辞書

火の玉といえば想い出されるのが、1985年8月12日の日鉱ジャンボ機123便撃墜事件では、長野の上野村あたりの人たちが何人も「夕刻に、幾つかの小さな火の玉におおわれて低空飛行していた飛行機を目撃した。」と証言しています。

(うららおばさんのご勝手推理)
★★★ おそらく、123便の後(うしろ)から、旧ハトホル(石川初子)と新ハトホル(=ビリー・ザ・キッド=石川節子)の乗ったステルス戦闘機「ファントム」が追尾していて、レーザービームを何度も発射して123便を御巣鷹山の尾根に追い込んだからでしょう!!!

だって、あまりにもサタニストたちのカルト祈願に都合良い場所で撃墜されていますからね。おかしいですよ!

** 百里基地所属のRF-4EJ(2007年9月撮影)

まるで漫画のようですが。。。シャーク(サメ)のエが描かれています。これは鹿児島東南部の大山氏(=大山家=久邇宮家=伏見宮家の分家というか、でも本家に近いのかも?)の先祖の女性「豊玉姫」がサメだったということに由来する(「鮫島」さめじま姓) カルト的意味を込めた戦闘機なのでしょう。米空軍基地にも似たようなサメの顔をした戦闘機が展示してありましたよネ〜!
(ただし、ソプラノ声楽家の鮫島由美子は人間のようですが。。。)(ただし、ソプラノ声楽家の鮫島由美子は人間のようですが。。。)


**** CCV研究機
[軍事]T-2 改造 CCV研究機
昭和58年(=1983年)試作機

新田原基地航空祭1998 F-1 F-4 模擬空対地射爆撃 JASDF Nyutabaru Air Show

反重力装置を使って垂直離着陸すれば簡単なのに、パラシュートまで使って滑走路を走り減速しています。きっと、アングロサクソン王族たちは反重力装置を大衆に知られることを極端に恐れていたからでしょうね。今まで、この反重力装置を使ってさまざまな悪さや嫌がらせや虐殺などを、集団攻撃*に、個人攻撃に使ってきていますからね。その秘密がバレちゃうと訴えられて使えなくなるかもしれないから。だから、アングロサクソン王族たちは、普天間基地への水平離着陸できるヘリコプター『オスプレイ』の配備には、オスプレイをわざっと攻撃して墜落させ、あれだけ大々的にデモ隊を繰(く)り出して反対してきたのでしょう。

* あの地下鉄日比谷線列車脱線事故やJR福知山線脱線事故では電車の車輪の一部をほんの少し浮き上がらせて、あらかじめ決めていた対象物(この時は反対車線の列車、マンション)に激突させたのでしょう。
***このブログ内の関連記事:
反重力装置による脱線事故の記事

オスプレイ反対デモに騙されるな!!絶対に報道されないオスプレイ関連ニュース - NAVERまとめ



つづく

[PR]
by Ulala-lov | 2016-01-27 19:42 | サタニストの攻撃 | Comments(0)