米シンガーソングライターのビリー・ジョエルの本者と偽者(象二郎&ハトホル)

2015−01−05

この記事は2015年12月8日の記事を大幅に訂正加筆したものです。ぜひ、ご覧になってくださいマセ〜 ??


■■■ ビリー・ジョエル

ビリー・ジョエル(1949年生まれ)

写真は偽者のビリージョエルの象二郎のほうです。プロフィールなどは本者と偽者との混合のような気がします。アルコール依存症(麻薬中毒も)や鬱病は象二郎の持病らしいです。


■■ 本者(人間)

ビリー・ジョエル ストレンジャー Billy Joel Stranger

どうやら、本者のビリー・ジョエルはピアノを弾くのがものすごく上手(うま)い人のようです!

The Stranger / ストレンジャー (Billy Joel / ビリー・ジョエル)1978:洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS

(上の動画内の写真は、本者のビリー・ジョエルが新ジョゼッペのビリー・ザ・キッド風の顔に似せた顔に造らされて写っている写真と、偽者のビリー・ジョエル(新ジョゼッペ)がビリー・ザ・キッド風の顔に変化して写っている写真と、その両方が混在しているようです)

この歌詞は要旨を 新ジョゼッペ=新レア=クラレンス公アルバート・ヴィクター=エドワード8世=ジュディ・ガーランド=ジャクリーン・ケネディ=石川節子(藤間節子)=梶美奈子さん=新ハトホルがザザ〜ッと書いたものを旧ハプスブルグ家の誰かに渡して、詩らしい詩に仕上げさせたもののようです。この歌詞の内容は、ハトホル自身の千変化ことを何となく表していて、誰かに語っているようです。まあ、ハトホル自身がジキル博士とハイド氏のモデルですからね!君にも心の中に知らない自分がいるかもしれないよと何げに多重人格者(訂正→これは精神病ですが、ハトホルの場合は意識して化けている役者のような部分もあるし、これらの両方があるような。。。)への危険なお誘いをしているような。。。。人間が幼少期にひどい暴力を受けたり、とてもショッキングなことを経験したりすると多重人格者になったりする可能性が高いようです。


ビリー・ジョエル ピアノ・マン Billy Joel Piano Man New

ビリー・ジョエル マイ・ライフ Billy Joel My Life New

ビリー・ジョエル アレンタウン Billy Joel Allentown New



Scenes From An Italian Restaurant / イタリアン・レストランにて (Billy Joel / ビリー・ジョエル)1977:洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS New

ビリー・ジョエル ガラスのニューヨーク Billy Joel You May Be Right



BILLY JOEL - Piano Man (OGWT, 1975). New

この本者のビリー・ジョエルは人間ですが、ビリー・ザ・キッドによく似た顔に造らされています。なんか人間の鼻をスティック鼻のようにするために鼻の両脇を挟んで締め付ける鼻コルセットのようなものがあるらしいですよ〜!

★★★ ということは、象二郎もジョゼッペ=レアの男姿=ハトホルのクローン子孫(兄弟?)だということです。

*RARE* Piano Man (1973) New

あのエンジ色(暗い赤色)のカーディガンを着たちょっと太めのおじさんはエドワード8世ですよ〜!

Billy Joel - Live At The Old Grey Whistle Test, BBC Television Theatre (1978) New

この時は特に目玉が飛び出るかのように目を造らされているようです。また、おそらく、タバコはアングロサクソン王族たちの命令でタバコの売上げが伸びるように宣伝のためでしょう。サングラスも同じ意図でかけるように命令されているのでしょう。でなければ、わざわざサングラスをつけてピアノを弾くなんてアホらしいことするわけありません。まったく、すごい圧力かけてますね〜!まさに、先のWembley でのライブ動画Aの中で唱っていた「プレッシャー」です!

(↓歌詞・和訳や説明については、以下の幾つかのブログにリンクさせていただきました。大変上手い和訳をありがとうございます!?? )


Billy Joel 1978 Movin' Out

New York State of Mind 歌詞和訳

And now I need a little give and take のところは、わたしの解釈では「リズム&ブルースに触れるようになって、そういうジャンルの音楽好きな仲間たちとの交流を楽しんでる」という意味なのでは?


The Entertainer / エンタテイナー (Billy Joel / ビリー・ジョエル)1974:洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS

この歌詞の中の2段落目で、They(ヤツら)といっているのは、アングロサクソン王族やその手下のヤクザたちが『みかじめ料』(おそらく、御神占め {or 締め}料)を要求してきて、収益の大部分を分捕(ぶんど)っていくことを示唆(しさ)しているのでしょう。下から二行目の and I rub my neck は正しくは and they rub my neck らしく(きっと、ナイフか拳銃を首にくっつけて擦{こす}ったりするのでしょう。それで、不当な金額を要求をされても交渉さえもできずにヤツらの言いなりの金額で小切手を書くハメになるというわけです。)おそらく、人間の場合には半分かそれ以上(8/10~9/10かも)でしょう!(アングロサクソン王族の芸能人なら、おそらく、1/10くらいか0ゼロなのでは? もちろん、会場や警備などの経費は別かもしれませんが。。。
<p.s.> 警備はもちろん必要ですが、それはアングロサクソン王族たちの仕事で。。。その他にもたくさんのコンサートに関わる仕事をわざとたくさん作って、アングロサクソン王族たちが関わって、それらの経費も自分たちのものにしているようです。

また、3段落目の And laid all kinds of girls I can't remember faces のところは、きっと、象二郎あるいは入れ替わったジョゼッペのどちらかが?どちらもが?が自分たちのファンの女の子をひっかけて女遊びをしている実体験を書いたのでしょう。ということは、2段落目も旧ハプスブルグ家の男性たちなどの人間の芸能人たちの悲哀を象二郎たちが、わざと皮肉って(おちょくって、からかって)書いたのでしょう。その下の段落でも、「でもヤツラ"ちょっと長すぎだろ。。。。」などの歌詞も人間の芸能人たちに自分たちがわざとナンクセを付けて嫌がらせしているのをわざと皮肉って書いたもののようです。

もちろん、この歌詞も旧ハプスブルグ家の男性たちの誰かに詩らしい詩に仕上げてもらっているのでしょうから。。。旧ハプスブルグ家の男性たちの辛さや怒りはいかほどかと。。。でも、顔には出せないのです。彼らアングロサクソン王族たちにはジッと我慢我慢するしかないのでしょう。さもなければ、自分も、家族も何をされるか分からないし、さらには、怒りに任せて、他人までも、つまり、大勢の人間たちを無差別大量虐殺したりするかもしれないのですから。

つまり、この歌詞の要旨を書いたのは、ジョゼッペか象二郎のどちらか、あるいは2人で一緒にということです。


歌詞 和訳 Billy Joel - She's Always a Woman (ビリー・ジョエル - シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン):* Tomorrow Made New *

この歌詞の要旨を書いたのも、ジョゼッペか象二郎、あるいは2人が一緒に書いたのでしょう。ジョゼッペの双子のクローン姉妹のことを描いているようです。ジョゼッペにとっては、娘であり、妻であり、恋人でもあり、自分自身でもあるので可愛くて仕方がないのでしょう。浮気も自分自身がし放題なので、娘たちが浮気するのも認めざるをえないのでしょう。自分のクローン娘たちには特に甘いようですし。「あの子は永遠に一人の恋人だ」というセリフが何度も出てきますが、実際は、「あの子たちは永遠に二人の恋人だ」というのが正確なところです。そして、この双子の娘たちは、ジョゼッペの恋人たちでもあり、象二郎の恋人たちでもあり、ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)の恋人たちでもわけです(そのクローンたちの恋人たちでもあるので、だから双子の娘たちは非常に多くの男性たちの双子の恋人になっているのです)。つまり、互いに妻や恋人を共有しあっているようです。そういうふうなのが基盤となって、アングロサクソン王族たちは世界中のあちこちにフリーセックスのリング(グループ)をたくさん作っているのでしょう。

【和訳】Billy Joel - Just The Way You Are:EINZELZELLE
(転載禁止とありますが、このブログの内容が気に入ったので、ぜひとも〜よろしくお願いしますぅ〜。??)

この歌詞は本者のビリー・ジョエル自身が彼の恋人(女性)ために書いたか、彼の恋人がビリー・ジョエルのために書いたかのどちらかのようです。ただし、冒頭のビデオは偽者が唱っています。おそらく、このブログ主さんも本者だと思ってリンクされたのでしょう。(↑その後、音源が本者が唱ってるものに差し替えてありました!)

[和訳]Billy Joel - Souvenir:訳すてーしょん

こちらも上と同じでビリー・ジョエルか彼の恋人かのどちらかが書いた詩のようです。

Billy Joel Only The Good Die Young の英詞
若死にするのは善人だけ/ビリー・ジョエル :日刊ろっくす ROCKS(v BLOGS)

この " 悪人への勧め" みたいな歌詞の要旨は、きっと、ジョゼッペが書いたに違いありません。こんな歌を唱わせられて、きっと、本者のビリー・ジョエルもとっても〜悔しかったに違いありません!??????

Billy Joel - TONIGHT in Conn 1976 New

本者のほうはライブコンサートで自分の大ヒット曲を全部が全部唱わせてはもらえないようです。そうなると、当然、観客は満足せずクレームが出るのは当然です。この時も、「ビリー・ジョエルはこれは唱うリストに入っていないけれど。。。」と断(ことわ)って、大ヒット曲の『Honesty』を唱い始めました。おそらく、偽者の新ジョゼッペ=エドワード8世のほうが大ヒット曲ばかりを唱って自分のライブを盛り上げたいのでしょう。一方で、本者のライブが自分より盛り上がるのは面白くなくて許せないので、大ヒット曲をたくさん唱わせないようにしているのではないでしょうか?
(以前記事にしたキャロル・キングのライブコンサートでもあまりヒット曲を唱わないので観客から不平が出て、それでヒット曲を歌いだしたようでした。)


Billy Joel 1982 Long Island Live and interview New

Honesty - Billy Joel (歌詞・和訳付) New

Honesty/Billy Joel:ゆるゆる洋楽和訳

勝手にリンクさせていただいております。ありがとうございます。とても良い訳で〜す!??

その上、贅沢を言わせてもらって申し訳ないのですが。。。Honestyは「誠実さ」と訳している方がとても多いのですが、わたしが「誠」(まこと)という文字を羽織に描いていた新選組の局長・近藤勇と副局長・土方歳三を想い出してしまうせいもあるのですが、Honesty は単純に訳して「正直さ」のほうがシックリくるような気がします。

(p.s. それから、このブログ内の動画はどうやら偽者のビリー・ジョエル(=エドワード8世=クラレンス公アルバート・ヴィクター=ジュディ・ガーランド=新ジョゼッペ=新ハトホル)のようです。おそらく、ブログ主さんも本者だと思ってリンクされたのでしょう。)

***ビリー・ザ・キッドのことが分かったので気がついたのですが、ビリー・ジョエルという名前はビリー・ザ・キッドのビリーとジョン(新約聖書の「ヨハネ」に由来する名前)というジョゼッペがよく使う名前に、L(エル、Lizard トカゲ、爬虫類人間だから)をプラスした名前のようです。この名前を人間の◎◎◎◎というシンガー・ソングライターに付けて、もちろん、後からジョゼッペや象二郎がシンガーソングライター◎◎◎◎に成りすますつもりだったのでしょう。

■■ インタビュー(本者=人間)
(顔がビリー・ザ・キッドに似せて造りすぎているようで、なんか怖い感じです〜!目と目の間にすごいシワができるのは、そこの辺りから上にシリコーンゴムの出っ張って長い額のマスクを付け足しているからでしょう。目を大きく見せるために、多分、まぶたや目の下とかを引っ張って広げて何かで張付けているような。。。)


■■ 偽者(象二郎)

どうやら若い頃の偽者のビリー・ジョエルはハトホルで、後年のハゲで老いた感じの偽者のビリー・ジョエルは象二郎のようです!(きっと、本者は今でも若い頃とあまり変わらない風貌でしょう。)


★(↓音源だけ本者の歌と演奏に差し替えてありました!!!:2016.01.05)
Billy Joel - Studio Live 1977
(↑タイトルも含めてリンク先のYouTubeビデオ自体がソックリ本者のライブとさし替えてありました! 2016.08.31 と書くと、また偽者に戻すかな?)

音源はコンピューター偽造歌の録音を流していて、ピアノは弾いてるふりをしているようです。おそらく、本人もピアノはかなり弾けるようですが、一流のピアニストとまではいかないようです。

わたしの同級生の女の子だった(豪傑って感じでした)本田恭子ちゃん=象二郎は、幼い時の時からずっとピアノを習っているようでしたが、小学校5〜6年くらいの時に彼女が学校のピアノを弾いているのを見ていたら、弾けるには弾けるけれども、時々指がずれて隣のキイを押してしまうのがクセになっているようでした。


Billy Joel - Uptown Gir

音声が非常に高音で単調になっているので、象二郎の声で造ったコンピューター偽造歌です。映像も偽者のような気がします。

Billy Joel - My Life (Official Video)

こちらも映像は本者かもしれませんが(それも、ちょっと怪しい感じです)、音声がとても高音でおかしいです!おそらく、コンピューター偽造歌に差し替えてあるのでしょう。

ビリー・ジョエル マイ・ライフ Billy Joel My Life

これも映像は本者のようですが音声がちょっとオカシイです。全体的にかなり高音になっています!!


ハトホルの男性姿です!音声はコンピューター偽造歌か本者の録音を流して、口パクでとても本者の唱い方を上手に真似ています!しかし、ピアノの演奏をしている映像が少し写っていますがほとんど手の動きがほとんど同じで本者のように変化に富んだ動きではありません。

Billy Joel - Just The Way You Are (with lyrics)
(↑これも、本者の唱っている音源に差し替えてありました!2016.01.05)

Billy Joel - LIVE AT TOKYO 2006 (1080p)
(↑これも、本者の唱っている音源に差し替えてありました!2016.01.05)

Billy Joel live concert in Jacksonville, Florida, January 22, 2014

おそらく、自分のクローン子孫をバックの演奏者にしているようですが、音源は録音を流しているのですから、この演奏者たちも適当に演奏しているのでしょう。

映画『ニューヨーク・アニバーサリーライブ ビリー・ジョエル「ライブ・アット・シェイ・スタジアム -ザ・コンサート-」』予告編


ビリー・ジョエル - ハートにファイア(歌詞付き)/Billy Joel - We Didn't Start The Fire

この歌詞は、きっと、象二郎が書いたものでしょうね。といっても、いつものアングロサクソン王族スタイルで、ザザ〜ッと言いたいことだけ書いて、詩らしい詩に仕上げたのは旧ハプスブルグ家の男性の誰かでしょうけどね。

この歌は反戦歌などではなく、責任転嫁の歌ですよ!!!

「おらっちが戦争起したわけじゃね〜 戦争なんて ずっと昔からあったんだからな 。。。」って開き直ってる感じ。実際には、湾岸戦争を起した超本人たち(ベスト6)の1人ですら〜!!


(訂正↓:2015.12.13)以下の三つの動画は「本者(人間)」のコーナーに入れていましたが、よくよくビデオを観ていたら何だかギタリストやシンセサイザーなどの演奏者があまりちゃんと弾いていないのが分かったり、ビリー・ジョエルの表情なども本者に比べると、ちょっと苦々しいような表情をしているところが違うようです。

Billy Joel - The Stranger (Live 1977)

こちらの歌声はコンピューターを駆使した極めて本者の歌声に近いコンピューター偽造歌です!!
下の2つも同じです。


Billy Joel - Just the Way You Are

Billy Joel - We Didn't Start the Fire (Official Video)


ヘンリー・カボット・ロッジ・ジュニア (1902-1985)

カミッロ・カヴール(1810 - 1861) ウィキペディア

デンマーク王ヴァルデマー4世(1320-1375) ウィキペディア


?? こんなの見〜っけ! ??

Starship - We Built This City

サンタナ 哀愁のヨーロッパ Santana Europa New

[PR]
by Ulala-lov | 2016-01-05 16:07 | サタニストの攻撃 | Comments(0)