ボンジョビBlaze Of Gloryがテーマ曲の映画『ヤングガン2』のビリー・ザ・キッド=モデルはジョゼッペ!4

2016−03ー04

(3のつづき)

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


▶▶▶ Young Guns 2 Full Movie - Western Movie - Emilio Estevez, Kiefer Sutherland Movie・・・A

▶▶ Jon Bon Jovi - Santa Fe・・・B

(済みません!上の歌詞の和訳は今夜中に仕上げます。旧ハプスブルグ家の人たちに自分の犯した悪事の罪をなすり付けようとしていることを、逆に、まるで自分が濡れ衣を着せられているかのように皮肉っているような内容です。)

遅くなりましたが、以下のサイトの歌詞と和訳を参考に訳してみました。(2016.01.02 3:40p.m.)

Santa Fe ~Jon Bon Jovi:限りなく優しい日々~bigfish
(大変参考になりました!ありがとうございます。??)

わたしのご勝手解釈による和訳:
 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜

They say no man is an island
西部のあの街にはもう"人っ子一人(ひとっこひとり)いない" ってさ。
(ビリー・ザ・キッド自身が皆殺しにしたから。まるで他人から聞いたような語り口で書いています)
And good things come to those who wait
人は "待てば海路の日和あり" * なんていうが
But the things I hear are there Just to remind me
Every dog will have his day

オレに言わせりゃ、あの街のことは。。。「誰にでも威勢がイイ時はあるもんさ(少しはイイ時もあっただろうが、だけど、結局はイイ時を待ってても無駄だったってことさ」ってことを思い起こさせるだけさ。
***(この和訳の後で詳しく説明します)
* 待てば海路の日和あり

The sprits they intoxicate me I watched them infiltrate my soul
オレに毒を喰らわせた大勢の奴らの魂がオレの魂に吸い込まれるのをオレはジックリと観てた(感じていた)のさ
(敵対する奴らを殺して、その魂を自分の魂に取り込む→多分、オカルト的見地で、人の魂を取り込むことにより自分の魂が膨張してより大きくなる=強化されるということかな?)
They try to say it‘s too late for me
Tell my guns I‘m coming home

彼ら(英国議会の議員たち?)は、オレには「もう手遅れだ」と言いたいだろうが、オレは家に帰るところ(復帰する予定)だと彼ら(オレの敵たち)には言っといてくれ
I swear I‘m gonna live forever Tell my maker he can wait
オレは永久に生きるつもりなんだ だから創造主の神様には死ぬ日をジッと待つように言っておいてくれ
I‘m riding somewhere south of heaven
Heading back to Santa Fe

今、オレはサンタフェに向かって(自分にとっての)天国(=アメリカ)の南を馬に乗って移動中さ
(また、イルミナティの新たな悪魔計画を実行するためにサンタフェに向かっているいうことなのでは?そのサンタフェでは最後の審判がくだされようとしていると日本語訳にはあるので、おそらく、原子爆弾の開発計画とインディアンたちの強制移住・保留地と被爆計画のことでしょう。)

Once I was promised absolution
オレは一度は罪を許された身だが
There‘s only one solution for my sins
オレの罪を解決する方法はたった一つしかないのさ
You got to face your ghosts and know With no illusions
オレの幽霊たちと対決して、奴らの幻を消し去るってことさ
That only one of you is going home again
そうやって、再び家に戻れるのは自分だけだってことを知るのさ
And I blame this world for making A good man evil
そして、オレはこの世界(地球)の人々に罪を追わすつもりさ 善人(自分たちアングロサクソン王族=宇宙人グレイのことを都合よく逆転の発想で善人にしてしまっています)を悪魔にしたのはお前たちだからってね
It‘s this world that can drive a Good man mad
そうさ、善人をキチガイにさせることができるのがこの世界(この世の中、地球)なのさ
 
(これはアングロサクソン王族たちが人間への攻撃として善人を冤罪で悪人にしたり、善人を精神病患者に仕立ててしまったりしてきたことを逆転的に人間の罪にすり替えてしまっています。ダマされる世の中(人間=地球人)のほうが悪いというわけです。それに、実際、人間たちの中にもアングロサクソン王族にダマされて彼らの手下になったり、手先として働いたり、また、赤ん坊や子供の時に誘拐されてMKウルトラ・ソルジャーとして育て上げられたりして、アングロサクソン王族の悪事の一端を担(にな)わせられている人間たちも『イルミナティ』の末端には数多くいるみたいですからね。(これは旧ハプスブルグ家の人たちのことではありません。彼らは賢いのでアングロサクソン王族のトリックをよく心得て知っていましたが、いかんせん、アングロサクソン王族たちの捕虜となった後は、厳しく監視され続けていて逃げることができないので従うしかなかったのです。といっても、殺人などには積極的には関わっていないはずです。ビリーの命を守るための護衛の任務をさせられていて、そのためにビリーに撃って来る相手などを撃ち殺さなければならなかったりしたのかもしれませんが。。。? 詳しいことは分かりません。)

And it‘s this world that turns killer
Into hero Well I blame this world for making
A good man bad

そして、殺人者を英雄に変えてしまうのもこの世界(この世の中、地球)なのさ
そうさ、それって、この世界(オレはこの世の中に)が悪いのさ(罪があると思うね)
(↑これも逆転の発想で、加害者の自分が罪をうまくごまかして善人のふりをしているのに、人間たちは、それを見抜けず、自分を英雄にしてしまっている。だから人間たちがバカなんだと人間のせいにしてしまっています。つまり、ダマすよりダマされるほうが悪いという逆転の発想です。)
Now I ain‘t getting into haven If the devil has his way
オレは天国になんて行く気はないさ もし、悪魔には悪魔の生き方っていうのがあるなら
I swear I‘m gonna live forever
オレは永久に生きるって誓うよ
Heading back to Santa Fe
サンタフェにまた舞い戻ろうと、今、向かってる途中さ
Got debts to pay in Santa Fe
神様(イエス・キリストの子孫のこと?勝手な言い分のようです)にはサンタフェで支払うべき借金があるのさ
(だからアングロサクソン王族が、その借金を取り立てに行くってこと?おそらく、でっち上げでしょう。)

So I save a prayer For when I need it most
To the Father, Son And the Holy Ghost

だから、オレは神様とイエス・キリストと精霊(の三位一体)への祈りは一番必要な時のためにとっておくんだ(だから、今はオレは祈ったりしないのさ)
And sign it from a sinner With no name
その時には、名もない一人の罪人として洗礼を受けるさ
When I meet my maker Will he close the book
On the heats I broke And the lives took

オレが神様に会う時、オレがいろいろなものを焼きつくしてきた火炎の熱や奪った人々の命を感じて、神様は聖書を閉じてしまうだろうか?
Will he walk away ‘Cause my soul’s
Too late to save

神様は"オレの魂を救うのはもう手遅れだからどうすることもできない" と言って歩いて行ってしまうかな?
 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜

***お金持ちになる夢を見て西部に移住してきた人たちをけなして言っているようです。どうせ「一夜の夢」(ひとよのゆめ)だったのさみたいな。

西部で金鉱や砂金が発見され、一攫千金を夢見て西部に集まった人々たちの、いわゆるゴールドラッシュにより西部の各地に小さな街が幾つもできては消えて行ったそうですが、アングロサクソン王族たちはイルミナティ組織を使って、彼らのゴールド発掘の権利を横取りしていったのではないでしょうか?その際にインディアン部族の民族浄化もしていたようですし。


西部開拓時代(1860~1890) ウィキペディア

アメリカ合衆国の歴史(1776-1789) ウィキペディア

米墨戦争(べいぼくせんそう=アメリカ・メキシコ戦争、1846-1848) ウィキペディア

金ぴか時代 ウィキペディア

ビルトモア・エステート ウィキペディア

ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世(1862-1914) ウィキペディア

森田剛 画像集

森田剛(V6)[163センチ]:身長が低い芸能人まとめ - NAVERまとめ

嵐にしやがれ⑭楽屋では親切オバサン!? 森田剛❤・・・C

ヴァンダービルド2世(ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルド2世)の父親の名前は、ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルトという名前です。ビリー・ザ・キッドの本名(といっても仮名)がウィリアム・ヘンリー・マッコーティー・ジュニアだったのは、この父親の名前を引用していたのですネ!!

★★★ 上のV6の森田剛の画像集や上の動画Cを観ても、ヴァンダービルト2世=ビリー・ザ・キッド=V6森田剛=エでワード8世=新ジョゼッペ=新レア=石川節子=ジャクリーン・ケネディと分かります!!


★★★★★ つまり、1865年の南北戦争終結直後にジョン・ブース(=北白川宮能久親王=新ジョゼッペ=新レア)がリンカーン大統領を暗殺し、アングロサクソン王族たちがアメリカ大統領を選出し、アメリカ議会を掌握して以降、アングロサクソン王族たちは西部開拓に着手し、西部に先住していたアメリカ・インディアンの部族の民族浄化(大量虐殺)や、西部に移住してきた人々を殺したりするなどして、そのすべての既得権益を奪い(その中には金鉱や牧場なども含まれていた)、ヴァンダービルド家=ドイツや英国のサクス・コーブルグ・ゴータ家=英国ウィンザー王室が大もうけしていたということですネ!!!


また、このボン・ジョビの『サンタフェ』という歌(冒頭の動画B)も、偽者のジョン・ボンジョビ=エドワード8世=東伏見慈晃=新レア=新ジョゼッペ=新ハトホルがオリジナルの原文を提供し、旧ハプスブルグ家の男性たちに詩らしい詩に仕上げさせた歌でしょう。このYouTube動画で唱っているのは本者のジョン・ボンジョビ(人間)のようです。題名の『サンタフェ』とは?

サンタフェ ウィキペディア

Santa Feとはスペイン語・ポルトガル語で『聖なる信仰』の意味で世界各地のスペイン語・ポルトガル語圏にたくさんのサンタフェという町があるとのことです。

このサイト冒頭のサイトBのビリー・ザ・キッドの移動経路を見ると、ニューヨークから出発し、最終地点がニューメキシコ州* の『サンタフェ』** になっています。

ニューメキシコ州の地図・マップ - トラベルタウンズ海外旅行・・・C

* ニューメキシコ州 ウィキペディア

ロスアラモス郡には、第二次世界大戦の間に、あの原子爆弾を製造したことで有名な『ロスアラモス研究所』がありますよ〜!また、最初の核実験はニューメキシコ郡のホワイトサンズ実験場(米陸軍の所有)の砂漠で行われたとのことです。

(「国家の犠牲地域」の項目から引用)
ニューメキシコ州のインディアン保留地一帯はアメリカの核兵器開発と原子力産業の中枢となっており、全米科学アカデミーはこの地を「国家の犠牲地域」(National Sacrifice Area)のひとつに指定している。


** サンタフェ(ニューメキシコ州) ウィキペディア

ロス・アラモスの町はサンタフェのすぐ北側に隣接しているようです!!!ゾ〜 ????

★★★ アメリカ・インディアンたちを強制的に移住させた保留地(フォー・コーナーズ)でウランを採掘し、そのウランを使って、その近くのロスアラモスで原子爆弾を製造し、さらには、その近くのホワイトサンズ実験場で核実験までやっていたのです!! 『ハトホル』のインディアンたちを放射能被爆させようという意図がバレバレです!!!まさに、ビリー・ザ・キッド(当時はハトホル候補だったからキッドとかJr.とかいう名前だったのでは?)=エドワード8世=ジョゼッペ=ハトホルはトンデモナイ『悪魔大王』です!!!

英王エドワード8世(1894-1972←生きてますよ!、在位1936年1月-12月)

■■■■■■■
エドワード8世が1894年生まれということは、このビリー・ザ・キッドとしての悪の限りを尽くして亡くなったことにした1881年7月14日後に、旧ハトホル=後半のヴィクトリア女王が、その悪知恵を見込んで、ビリーの身体を赤ん坊くらいに縮ませ、英王室のエドワード7世の戸籍に長男として入籍させたということでしょう。また、その前にニューヨークで親殺しをしてランナウェイ(逃亡者)となって西部に向かって逃げ出したジュディー・ガーランドということでしょう。

エドワード8世 拡大画像

先のサイトAのビリーの写真と上のエドワード8世の拡大画像を比べてみると、かなり似ています!!

このシリーズの1の冒頭のウィキで確認してもらえば分かりますが、ビリー・ザ・キッドは1859年生まれですから、ジュディ・ガーランドは、ほんとうは1859年頃に生まれたのでしょう!!!

ん〜、ちょっと気になって、ヴィクトリア女王の長男で英王『エドワード7世』の長男『クラレンス公アルバート・ヴィクター』(切り裂きジャックとのうわさがあった)の生年月日も調べてみると、1864年生まれで、ジュディー・ガーランドに近いですね〜!となると、アルバート・ヴィクター=ジュディ・ガーランドという可能性も大いにありそうです!!

Bon Jovi - Runaway

クラレンス公アルバート・ヴィクター(1964-1892) ウィキペディア

1892年にアルバート・ヴィクターが亡くなって、その2年後の1894年にエドワード8世が生まれたことになります。やはり、同一人物の可能性が高いです!そして、歌手の山口百恵の可能性も。。。

★★★おそらく、クラレンス公アルバート・ヴィクター=ジュディ・ガーランド=ビリー・ザ・キッド(ウィリアム・ヘンリー・マッカーティーJr.)=エドワード8世=ジャクリーン・ケネディ=石川節子=新ジョゼッペ=新レア=新ハトホルということではないでしょうか!!

[他のエドワード8世の百変化]
ロミー・シュナイダー=ミランダ・カー=パトリシア王女(ヴィクトリア女王の3男アーサーオブコノート公=旧ジョゼッペの次女)=マリーネ・デートリッヒ=作詞家キャロル・ベイカー=女優テイタム・オニール=女優エマ・ワトソン=女優クリステン・ステュワート=歌手ブリットニー・スピアーズ=タレントの兵藤ゆき=タレントの堀ちえみ=元祖モーニング娘の中澤裕子=女優・岸恵子=歌手・林寛子=女優菅野美穂=歌手・早見優=歌手アグネス・チャン=グラビアアイドルの松川佑依子=V6森田剛=光GENJI諸星和己=タレント愛川欽也=自民党の小此木(おこのぎ)八郎議員=東伏見慈晃(現在の青蓮院の門主、京都仏教教会会長)=楽天の三木谷浩史会長などなど(まだ全部書いていません)

[エドワード8世がマネして化けている歌手]
マドンナの偽者、サラ・ブライトマンの偽者、クリスティナ・アレギラの偽者、バーバラ・ストライザンドの偽者、エリー・ゴールディングの偽者、歌手ジェス・グリーンの偽者。メーガン・トレイナーの偽者、ミックジャガーの偽者、ジョン・ボンジョビの偽者などなど(まだ全部チェックしていません)


また、サイトAを見ると、ビリーは、最初にニューメキシコ州のリンカーン郡*** にやって来て、『リンカーン郡戦争』に巻き込まれたことになっています。(←これはアングロサクソン王族改ざん歴史ではの話です。)しかしながら、真実は、ビリー・ザ・キッドことウィリアム・ヘンリー・マッカーティー・Jr.(ノルマン王の名前やスコットランド貴族の名前などを合成した偽名〜ただし、ミドルネームにヘンリーが付いていることからアングロサクソン王『ヘンリー』たちうちの誰かのようです)その後、サンタフェに移動し、そこで亡くなったことになっているのでしょうか。。。

*** リンカーン郡(ニューメキシコ州)

★★★ ところで、ニューメキシコ州のリンカーン郡とチャベス郡は隣接していて、あの宇宙人グレイの乗っていたUFOが墜落し一躍有名になったロズウェル**** の町はチャベス郡の中心都市であり、リンカーン郡の中心都市ルイドソのすぐ近く(東側)です。また、ロズウェルの町は、もともとはリンカーン郡に所属していたんですって!!そして、ビリーはロズウェルのすぐ北側に位置するフォートサムナーで、元仲間だったパット・ギャレットに撃たれて亡くなったことになっていますが、ギャレットはおそらく自分のクローン子孫である象二郎です。なので、ビリーの身体には小さな一発の弾痕があっただけなのです。前にも述べましたように、このくらいの傷ではアングロサクソン王族たちは死にません。ウーパールーパーのように切っても切っても、もと通りに復元する身体なのですから。

**** ロズウェル(ニューメキシコ州)

5につづく



[PR]
by Ulala-lov | 2016-01-02 15:25 | サタニストの攻撃 | Comments(0)