★火龍、虎族、鹿族、狼族、猪族、亀族、猫族、熊族などモンスターの来襲! ▶ 対抗策をシッカリと! 2

2015−10−30


< 猪族 >

鹿(→鹿族に変身?)の次に大量に増えているのが猪(→猪族に変身?)だそうです!

イノシシ ウィキペディア

ニホンイノシシ ー危険生物 MANIAX-


イノシシ 画像集

今月の話題 イノシシ:No.297@富山市科学文化センター


イノシシ 動画集

☆山中で出くわした巨大イノシシ対オオカミ犬

イノシシって、かなり怖そうですね! 人間が出くわしたら、ホント危険そうです。この犬は人間を危険から守る特別な訓練を受けているようです。

イヌとイノシシの戦い【閲覧注意】Dog fighting Wild Boar[Viewer Discretion Advised]

この犬も多分、こういう攻撃してくる動物に対しての訓練を受けている犬なんでしょう。どの犬でもこういうふうにイノシシに対して優勢に戦えるわけではないでしょうから、その点を心得て気をつけてくださいネ!

これが野生のイノシシだ!! (イノシシの駆除に同行)

100kg級の大いのししが捕まる

リアルハンターによるイノシシ狩り

すごいスピードで逃げて行きますネ! 反対に、もし襲われた時のことを考えると、十分注意しないと非常に危険なんですよね!

2012.6.9 六甲山でイノシシに襲われる

単なるイノシシではなく、アングロサクソン王族が囲っている人間の魂をもった生物学的人造ロボットのイノシシだったりすると(人間の姿をしていて、時によってはイノシシに姿を変えたり、その反対もあり!)、頭にチップを入れられていてアングロサクソン王族に操られている可能性があります。6月9日に襲われたというのも6(人間にラッキーな数字)を9(アングロサクソン王族にラッキーな数字)に変えるというカルト的な意図で、アングロサクソン王族がわざと人間を待ち伏せさせて襲わせたのかもしれません。

道理で。。。実は、わたしは、なんかイノシシのような性格と体格をしたおじさんにあったことがあります。それは、2004か2005年頃に、横浜の職安** の企画で「ホワイト・イグゼンプション」(ホワイトカラー=事務系が対象)という就職セミナーがあり、それに参加したのですが。。。そのセミナーで、『資生堂』の人事部長をしている(近々退職予定)とかいう鼻息の荒そうなおじさんが途中参加でやって来たのですが。。。グループワークの時に同じグループになり、そのおじさんのおっしゃることには、「妻もお父さんは自己中だから、もう諦めている」とかって言ったり。。。「社内で会議をやって、若いもんに意見を出せと言っても、だれも言わないんだから、しょうがない。自分が意見を出して決めるしかないんだ。」とかなんとか。。愚痴なのか、自分が偉いということを見せつけたいのか。。。よく分からない感じで、周りの人々にしゃべくっていました。今になって考えると、身体つきも動く感じも、ほんと、イノシシのような感じのおじさんでした!

また、わたしが愛知県警の婦人警察官をしていた頃の、初任地の派出所勤務の時、ある休みの日に派出所に行ったのですが(なぜだか忘れました。多分、仕事の残りを片付けに?)、でも、その時、派出所内には誰もいなかったのですが。。。そこへ近所に住んでいるという女の子2人がやって来て、その日は外勤第1係の担当日だったせいか、田辺(たなべ)さんという巡査部長(巡査のすぐ上の上司)のことを「ああ、ゴキブリさんね〜」とか言っていました。今になって考えると、あの2人の女の子たちは、おそらく、アングロサクソン王族の子供か、あるいは、ウチの姉たちが子供に変装していたのかもしれません。

ところで、数年前、当時のことを想い出して気がついたのですが、人間がゴキブリを退治しようとして狙っている時など、壁の隅っこを這(は)っていたゴキブリが辺りを伺ってジッと立ち止まったりするように。。。ほんとうに、あの田辺巡査部長も周囲の人々の動向をジッと伺っているような様子が時々見られました。田辺=田部(たなべ)一族でゴキブリの遺伝子が入っているゴキブリ族なのかも? 2~3年前に、あのタレントの「千秋」(その時は別名だったかも。でも声で分かりました!)がNHKラジオで、自分が飼っている巨大なゴキブリ(なんか手の平ぐらいのサイズとか)をスタジオに持ち込んでみんなをビックリさせていました。千秋は「いつもエサやってると、だんだん可愛くなってくるよ。」って言ってましたね。

外勤第1係のもう1人の巡査部長が伊藤巡査部長で頭がつるっとした丸坊主で、多分、象二郎(=児玉誉志夫→民主党の藤井裕久議員)だったような気がします。田部巡査部長は伊藤巡査部長には、ものすごく気をつかっていて、子分のような感じでした。おそらく、象二郎には象の遺伝子が入っているのではないかと。。。



** 2003年に横浜の職安で求人票を書いて提出していたのですが、その後、わたしが藤沢高等職業訓練学校に行って、あの乾貴美子(いぬい きみこ=女子マラソンの高橋尚子)に怪我をさせられて途中で退学した後、しばらくしてから、また、横浜の同じ職安に行ってみると、自分の以前提出していた求人票が知的障がい者の求人票のところに入れられていたと分かり愕然としました。もちろん、訂正してもらいまいましたが。きっと、わざとです!エリザベス2世の差し金だったのでしょう。という具合に、イルミナティのネットワークで彼らは人間たちの就職についても妨害のし放題なのです。だから、いくら『再チャレンジ』できる社会とか言っても、それは単なるダマシなのです。アングロサクソン王族の支配する社会とは極端な格差社会を形成する(逆Tの字のね!)階級社会であり、彼らの奴隷である『人間』には不平等なチャンスしか与えられず、その階級社会の最下部にだんだんと追いやられてしまうのです。
[PR]
by Ulala-lov | 2015-10-30 19:42 | サタニストの攻撃 | Comments(0)