★火龍、虎族、鹿族、狼族、猪族、亀族、猫族、熊族などモンスターの来襲! ▶ 対抗策をシッカリと! 1

2015−10−22


アイゼンベルグは、動物たちを大量に産み育てて自分のサクソン軍団の兵士として囲っています。半獣半神(動物の頭と人間の身体をした者、人間と動物の混じった顔や身体の者などいろいろなパターンがある)、人間の魂をもった動物、普段は人間の姿をしていて動物に変身する者(反対に、普段は動物の姿をしていて人間に変身する者もいるかも?)などなど私たちの想像を絶するような生物学的人造ロボットたちがいるのです。

そして、上記のようなサクソン軍団兵士の生物学的人造ロボットたちは、森や湖や海や大河の洞窟など、また、アングロサクソン王族たちが造った地下秘密基地=地下秘密都市(=地下秘密トンネルを含む)に住んでいるようです。(そして、姿が非常に人間に似ている者たちは、わたしたちの社会の中で共に生活しているのです。実際、この人たちは人間の数より相当多くなってしまっているようです。)

なので、口から火を吐(は)く『火龍』だって空から現われるかもしれません。そういう摩訶(まか)不思議 * なことも単なる空想や意外なことではないと考えられまっス!なので、その時の対応策もシッカリと考えておいてください。

* 摩訶不思議の意味 - goo辞書

また、日本には鹿がとても多いらしいです。特に、奈良公園で鹿がとても大事にされているのは、サクソン軍団が奈良にあった「プレ大和朝廷」(=『飛鳥朝廷』?)を征服した際の戦闘で、『鹿族』の貢献が非常に大きかったからだと考えられます。

とすれば、鹿の生物学的人造ロボットがたくさんいると人間たちには非常に危険だということになります。

実際、現在の日本には鹿がとんでもないくらい異常に増えていて、特に北海道ではエゾシカが異常なくらい多いらしく、農作物に大きな被害を及ぼしたり、森林を破壊したり、交通の妨害をしたりと、地元の人たちは非常に困っているのだとか。。。

また、熊は人間に近い動物ということで愛着を感じている人々も多いかと思いますが(わたし自身もそうですが)、サクソン兵士となっている『生物学的人造ロボットの熊』たちは非常に危険な存在ですので、そこのところをシッカリと認識して(頭に刻み込んで)おいてくださいネ!


< 火龍 >

火龍には「大火龍」と「小火龍」がいるようです。

☆☆☆ 大火龍



元町とかあって、横浜の中華街のような町でしょうかね?

なんか横浜、長崎に次ぐ日本の三大中華街の1つだそうです。

★ 日本の『中華街』に潜伏する「中国マフィア」のボスか幹部(とにかく、中心的存在=まとめ役)になっているのが、おそらく、『鄧小平』(きっとハトホルのクローン子孫)か『ウェンディ・デン』です!(ウェンディ・デンは「大火龍」族なのかもしれません。)

ウェンディ・デン(鄧文迪)=元中国共産党主席鄧小平」の娘=メディア王ルパード・マードック(旧エリザベス2世=ハトホル)の妻(最近、偽装離婚したらしい)=米女優・歌手「デミ・ロヴァート」=日本の歌手「當山みれい」


上のYouTube動画の2:02から出てくる空を飛ぶ火龍は『大きな龍』のようです!!
下の南京町の火龍は47(支那シナ)メートルもあるそうです。この火龍の顔については、わたしは人間と狼と虎(白虎)を合せたような顔だと思うのですが。あっ!あの「般若面」*はんにゃめん)にも似てるかも。。。つまり、アングロサクソン王族=アイゼンベルグやハトホルの本来の顔ってことかな?


★★★ ん〜、般若面は、お化粧する前は教員時代に同僚だった舟木先生(アイゼンベルグ)に似ていて、お化粧すると仁摩ルーテル教会でお友達だった梶美奈子さん(ハトホル)=偽Mwghan Trainor **(メイガン・トレイナー)=新エリザベス2世 に似てますよ〜!!!

(つまり、歌手として本者のメイガン・トレーナー(=「人間W」と仮定)は、梶美奈子さん=エリザベス2世の顔に造らされていたということです。最初からエリザベス2世は、後から自分が本者の歌手メイガン・トレーナー(人間W)に成りすまして口パクで唱うつもりで音楽プロデューサーに命令して「人間W」の顔を自分顔に造らせたのでしょう。メイガン・トレーナーという名前もいかにも偉そうな歌手名ですから、これもエリザベス2世が命名したのでしょう。)

★★★★★ やはり、ハトホル(ハトシェプスト女王、エリザベス1世、ヴィクトリア女王、ルイーゼ・フォン・ヘッセン・カッセル、アレクサンドラ・オブ・デンマーク、エリザベス2世)はアイゼンベルグの女性形ということですネ!!!

###このブログ内の関連記事:

映画『スカイフォール』に関しての感想は別の記事にしました。↓


☆☆☆ 小火龍









< 鹿族 >










★★★ 鹿も含めて多くの動物は夜明け頃と、夕暮れ時が活動時間なのだそうです。


奈良公園の鹿は、ニホンジカのようです。


トナカイの別名は『カリブー』= Caribou 、つまり、カリブ族のCaribsと同じように、Cal(カル)はコンピューター制御の意味でしょう。bou は(bough 大枝)の略で頭の『角』のことでしょう。

*このブログ内の関連記事:

あの雄鹿たちの角は、サンゴに似てませんか?ネ! 

つまり、ヒドラの遺伝子がハイブリッド(異種交配)されているので、「鹿の角」はあのように「枝のような形」になったのでしょう。


タイトルに書いた火龍、虎族、鹿族、狼族、亀族、猫族、熊族。。。それ以外にも、蛸(タコ)族、蜘蛛(クモ)族、蛇(ヘビ)族、猿(サル)族、鼠(ネズミ)族、(蝙蝠(コウモリ)族、蜥蜴(トカゲ)族、鰐(ワニ)族などの動物、さらには、植物(樹木、食虫花)、物質(石、金属)などあらゆる種類のものたちがいるようです。

特に、奇想天外なのは、石と人間をハイブリッド(異種配合)したと推察されるのが童話『かさこじぞう』に登場する、時には動くこともできる(つまり、戦士にもなる)「お地蔵様」です。『かさこじぞう』では、恩返しをする義理堅く優しい「お地蔵様」になっていますが、実は、旅人を襲ったりして金品を奪うような、恐ろしい「お地蔵様」が多かったのかも?


もしかしたら、「マヤ文明」の前文明ともいわれている「オルメカ文明」の『巨石人頭像の戦士』* も、イースター島の『モアイ像』** も、実はサクソン人(あるいは猿)と石をハイブリッドしたサクソン軍団の戦士だったのかも?つまり、ラピュタ人への侵略戦争の時には、巨大な戦士となって動いていたのかも?


となると、奈良の大仏や鎌倉の大仏(金属製)など代表的なものを含め各地にある大仏、これまた各地にある巨大な石の観音像やマリア像なども、もしかしたら、サクソン軍団の兵士の可能性もありかしら?!


また、童話『ぶんぶくちゃがま』に登場する茶釜(鉄製)に変身する狸(たぬき)も、茶釜と狸をハイブリッドしたために、このような不思議な変身する狸が実在していたとも考えられます。

映画『Lord of the Rings』(邦題:ロード・オブ・ザ・リング)の最後のほうの合戦の場面で、樹木たちが動き出したように、樹木人間や人間の魂をした樹木たちが実在しているらしいことは、以前にも、このブログで言及しました。

[PR]
by Ulala-lov | 2015-10-22 01:01 | サタニストの攻撃 | Comments(0)