英歌手のエリー・ゴールディングの本者と偽者

2015−10−05


■■■ エリー・ゴールディング


Elena Jane Goulding とあり、偽者のほうは、あのエレーナのことですかネ?


このエレーナは、そう言えば、なんだか偽姉・谷本由香子=石田あゆみ=渡辺えり(子)の長女の清香ちゃんに似ているような。でも、新エリザベス2世が清香ちゃんの顔を真似ているのかもしれません。



■偽者のエリー・ゴールディング(エリザベス2世=エドワード8世=梶美奈子=谷本由香子かな?)


上の本者のLive動画A偽者のLive動画Cと、を比べると、ギターの弾き方もAのほうが様になっていますし、マイクを持って唱っている姿勢や動作もCはかなりワイルドな感じでAとはかなり違います。どうやら、Cの偽者のLiveでは録音した音源を流して、新エリザベス2世が口パクで唱うふりをしているようです。


上の動画では、まるでチンパンジーかゴリラのようなワイルドな動作が見られます。ドラムを叩き付けるように演奏していますが、上の動画Bの本者のドラムの叩き方は、もっと抑制が効いているように思われました。


上の本者のLive動画Bと偽者のlive動画Dを比べると、2人とも同じ衣装を着てはいますが別人のようで、Bはギターが非常に得意でちゃんと弾いているのが分かりますが、おそらく、Dでは録音した音源を流しているので、偽者は音が出ないようになっているギターを適当に弾いているだけなのでしょう。


同じ『ラスコー』という曲で、本者のLive動画Bと偽者のLive動画Eを比べると、Bの本者のほうがギターの弾き方がずっと上手いようです。Eの偽者よりずっと複雑な弾き方をしています。Eは演奏も歌も録音の音源を流していて、偽者の新エリザベス2世は口パクで上手に唱うマネをしています。Eでの偽者(Qベス)のドラムの叩き方は本者のマネをして抑制の効いた叩き方をしようとしていたようですが、ギターが邪魔になってあまりちゃんと叩けなかったような。。。でも録音を流しているから、ちゃんとドラムを叩く音はしてましたよ。


ギターリストがほとんど指先を動かしていない。ピアニストもなんかそっと弾いています。


ピアニストもギタリストも弾いているまねをしているだけのようです。ギタリストは最後のところだけは特別に真剣に弾いていたようですが。。。(ギターの音も消せるようになたのでしょうかね?!)












↑インスタオケを使わずに唱っているようですネ!この顔は藤間明子=タレントの千秋=小島奈津子アナウンサーに似ています。



マイクを使っていません。ということは、インスタオケを使って唱った録音を流していて、本番は口パクをしているんでしょうネ! やはり、タレントの千秋の顔に似ています。ということは林文子横浜市長=鷹司景子=高橋尚子=エドワード8世=梶美奈子=エリザベス2世ということかしら?








[PR]
Commented by Ulala-lov at 2015-10-08 22:26
上の本文をやっと完成させましたので、ぜひ、ご覧くださいマセ。
ピッピッピ!??????
by Ulala-lov | 2015-10-05 09:39 | サタニストの攻撃 | Comments(1)