イルミナティの攻撃・倫理観・研究など(ボコハラムも、イスラム国もアングロサクソ能族・ET女王たちの手下)

2015−05−11

大変済みませんが、この記事はまだ書きかけです。


<ボコハラム→ナイジェリアの市民を攻撃>











<インド>





<ドイツ>

「愛の営み」に待った!行政命令で人体標本にカバー ドイツ:2009.08.10 AFPBB News



<アメリカ・ロサンゼルス>



<イスラム国→シリア・イラクの市民を攻撃>



<インドネシア>


この男の人の顔を見て分かるように、スティック鼻で下アゴが長いレアかゼウス系のサクソン人です。アングロサクソ能族たちは、いつか、こういうことをやるだろうとわたしは何となく以前から思ってました!

人間の魂をもつ各種植物(A)や、植物各種の遺伝子をもつ人間(B)で(A)たち戦士やスパイを操るための司令官の役割を果たす(A)&(B)はセットになっている生物学的人造ロボットたちです。必ずしも動物とは限らない可能性があるのです。例えば、食虫植物なども、もしかしたら、アングロサクソ能族たちが造らせたのかも?それに、近年製作された映画や物語などでも、樹木が動物のように動いて戦うシーンがありました。


なぜ、インドネシアの保険相までお見舞いに行くのかというと、同じサクソン系、あるいは、アングロサクソ能族(黒人、褐色人、黄色人、白人のどれにも変化できます)だからでしょう。そして、この樹木人間は大事な樹木の戦闘員の司令官を造るための第一段階なのです。そのうち、外見は普通の人間と変わらないけれども遺伝子には樹木のDNAを含む生物学的人造ロボットの司令官たちが造られるのです。


<フィリピン>


もちろん、犯人はイルミナティのメンバーか、その手下でしょう。フィリピンのイルミナティのメンバーたちが自分たちの邪魔者を暗殺してもらいたいと上部組織のメンバーに報告を上げると『新生ヴィーナス』のデスノート(閻魔帳えんまちょう)に登録され、その結果、『新生ヴィーナス』が命令を出せば、国や各地のイルミナティ・メンバーが総出で対応して確実に暗殺されるというのがイルミナティの仕組みではないかとわたしは推察しています。



[PR]
by Ulala-lov | 2015-05-11 20:19 | サタニストの攻撃 | Comments(0)