沖縄戦は想像していたよりずっと激戦だった!

2014−06−23


昨日は「沖縄戦慰霊の日」でした。沖縄戦で亡くなられた戦没者の方々の御霊が安かになられますよう心よりお祈り申し上げます。また、ご遺族の皆様にお見舞い申し上げますとともに、後遺症などで今も苦しんでおられる方々には 少しでも良くなられますように お祈り申し上げます。


わたしは昨日の沖縄全戦没者追悼式からの中継をラジオで聞いていたのですが、、沖縄戦の被災体験者の方がインタビューに答え、「雨のように焼夷弾が降ってきました。。。」という証言や犠牲者が20万人を越えることなどを聞き、あまり報道されてこなかったけれど、沖縄でも東京大空襲のような大規模な米軍機の総攻撃があったことを初めて知りました。また、以前、テレビで、沖縄のある村の家の土台だけが残された跡地を見て、また、調査してきた人が「こういった家々の跡地だけが残る村落があちこちにある」と証言し、「一体そこで何があったのだろう?」と語っていた時に、わたしも、さまざまな疑問がふつふつと湧いてきたことを想い出しました。

誓った平和、忘れない 69年目の沖縄戦・慰霊の日

沖縄戦から69年 きょう「慰霊の日」

沖縄 地図
沖縄県 地図

慰霊の日 ウィキペディア

石垣島や与那国島なんて台湾に隣接していて、鹿児島なんかよりもメチャクチャ近いんですね〜!

沖縄の特別の日 6/23

「今でも、まだ大量の不発弾が残されていて爆発事故が後を絶たないとか、さびついてひび割れた状態の手榴弾が住民の目に触れる場所にむき出しでさらされているものもある」ですって〜!ええ〜、戦後何の処理も行われてこなかったのですかあ?ビ、ビックリです〜!!!日本政府は中国には第二次世界大戦中に日本軍が埋めた不発弾の処理のために莫大な金額を払って処理活動を継続しているんですよ〜 自国には何もしてこなかったなんて〜 呆れました〜 酷すぎる〜〜〜!沖縄蔑視じゃないですか!!!(と書いた後で、下のほうにリンクさせたブログに自衛隊が現在も不発弾などの処理を継続してやっていると書いてありました。それにしても戦後69年ですよ〜 ちょっと時間かかりすぎなんじゃあ?しかし、それだけ大量にあるってことなのかなあ?)

「兄貴 ヤーカイ」 元隊員、琉歌で鎮魂 少年護郷隊之碑

沖縄戦「慰霊の日」に不再戦を誓う << 澤藤統一郎の憲法日記

国の政策でサイパンやパラオなどの南洋諸島に移住して、戦争に巻き込まれた沖縄人もたくさんいたんですね〜 本当に気の毒でなりません。きっと、アングロサクソ脳族たちは、事前に綿密な計画というか作戦を立てて、わざと沖縄の民間人をたくさん殺害したのでしょう。

というのも、どうやら、古代に、沖縄にはラピュタ人も移住していったようですから。

慰霊の日

旧日本軍の指示により犠牲者の数が大量に増えたのでしょうか?それとも、ほんとうに米軍の捕虜になったら、拷問されたり、レイプされたり、奴隷として売り飛ばされたりする心配があったのでしょうか?米軍も、旧日本軍も敵だったのでしょうか?答えは知る由もありませんが(下の幾つかのリンク先ブログを読んで判明しました!)、どちらにしても残酷すぎます〜!また、本土などに逃げ出すこともできなかったのでしょうか?集団疎開しようとしていた子供たちを乗せた船まで米軍機に撃沈されたとのことですからね〜 まさに、カーチス・ルメイは鬼畜米大将です!

しかし、それを操っていたトップが、アイゼンベルグやジョゼッペはもちろんのこと、それよりもっとキチガイで鬼畜で悪魔な吸血鬼モンスターがスリーシスターズです。つまり、エリザベス2世女王(ジュリー・アンドリュース)やヴィクトリア女王(当時は(偽)宋慶齢)やエリザベス1世女王(アレクサンドラ王女)たちです!!!

日本の若者たちを自爆させる特攻隊の最後の突撃文句「トラ、トラ、トラ!」(タター{サ}ル シファカ=トラの遺伝子を組み込んだシファカ)を言わしめ、自分たちを賛美させ命を捧げさせたスリーシスターズ(タターサルシファカの遺伝子がハイブリッドされている)ということですかね〜

特にヴィクトリア女王が一番凶悪らしいです〜!!!英国のアフリカ植民地政策においても、『人間たち(彼らにとっての植民地の人民)には弾圧が一番!』と豪語してみなが躊躇(ちゅうちょ)するような残虐な命令を強行させてきたということですから。。。
 

【6・23は沖縄戦慰霊の日】沖縄戦体験した高齢者の4割、PTSD発症の可能性 - NAVER まとめ

沖縄各地でひめゆり学徒ら慰霊祭 沖縄戦から67年 2012/06/23 - 47 ニュース


(沖縄戦の前哨戦)
硫黄島探訪

硫黄島 画像集

?? 映画「硫黄島からの手紙」 動画集

?? 映画「父親たちの星条旗」 動画集

硫黄島の星条旗が日章旗に変わっていた~西村真悟講演会より

硫黄島の星条旗 [昭和20年2月23日]

沖縄戦 ウィキペディア

やはり、日本軍も米軍も両方とも、沖縄の住民たちにとっては敵だったのですね!!まさに地獄のような状況だったのですね〜 酷すぎます〜!!!?? こんな神も仏もない状況を造るなんて〜〜〜奴ら最低な悪魔です〜 ??

あのウチ(浦◎家)の偽姉で長女の「郁子」=『新生ヴィーナス』(=ヴィクトリア女王)ときたら、わたしにもさんざん酷い目にあせてきた陰険極まりない性格ですからね〜〜〜! まったくウチの母親が一生懸命大事に育てたのに。。。(といっても、その前の話ですけどね〜 )とにかく、アングロサクソ脳族の場合、昔の記憶は人工知能でず〜っと何万年も受け継がれているので、沖縄戦にしても、それ以前の数々の戦いにしても百戦錬磨で記憶されているはず。

まだ、郁子姉が結婚する前に、母親が内職で忙しく、いつも夕方にはたいがい掃除をしているのですが、姉が仕事から帰ってきてもまだミシンを踏んで内職の布切れなどを部屋に置いているのを見た姉が母にブーブー文句を言い出したのです。「いっつも、散らかして〜 わたしが帰る前に片付けといてよ!」とかなんとか。いつも姉には怒ったことなど一度もなかった母もその時の姉のバカにしたような文句にはさすがに切れて、「だれに育ててもらったか、恩も忘れて、よくそんな口が聞けるな!」と側にあった三尺定規(90センチくらい)で姉の背中か腰をしたたか叩いたのです。わたしも、母の大変さをよく知っているので、だって、その後、部屋を掃いたり、夕食を作ったりするのもいつも母なのですから。そして、母は、毎朝、姉たち2人にお弁当を作ってもたせてもいたのです。

だから、姉があのような言い方をすれば、母が怒るのも無理はないとわたしも母の味方で当然のお仕置きとわたしも納得していました。きっと、わたしが万が一あのようなことを言えば母はもっと怒ったことでしょう。それぐらい姉の言い方はバカにした酷い言い方でした。

しかし、姉はそれから家に帰ると誰とも一切口をきかず、氷のような恐ろしい冷たい顔をしていました。おそらく、2~3ヶ月くらいの間そうでしたが、その後、母のよく行く食料品店のおばさんが山根家からのお見合いの話を母にされて、山根光男とのお見合いが決まってからは、姉はやっと普通に母と接するようになりました。母もあの時の姉の強情(ごうじょう)さには懲りたようで、「郁子は水の性だから強い。」とことあるごとにわたしに言っていました。


そして、近年、国際問題にもなって、ニュースで大きく取り上げられいる旧日本軍の中国や韓国での従軍慰安婦問題、戦時中のレイプなども、サクソンの生物学的人造ロボット兵士たちは太古の昔からず〜っと世界各地でやってきたことなのです。今日のようなメディア社会では、一番最近の戦争である第二次世界大戦ではドイツと日本の軍隊のサクソン兵士の蛮行は、被害者も生存しており、より明白であり、目立つということなのでしょう。また、何かと旧日本軍の蛮行が世界で大々的に報道されているようですが、ドイツ兵(中でも主にサクソン人)もユダヤ人収容所や研究所で多数のレイプや人体実験をしています。なので、実際のところ、太古の昔からサクソン軍団がず〜っとやってきた蛮行のひとつがレイプなのです。

また、知っておくべき重要なことは、近代では(わざと同一民族を分断するように)アングロサクソ脳族主導で国境が作られ、国と国とで戦争をするので、サクソン兵士もヤハウェ系兵士も同じ国という枠のなかで同一の軍隊に包括されているわけですが、いざ実戦になると、実は、軍部の上層部の多数派を占める陰謀好きなアングロサクソ脳族指揮官たちによって、兵士たちは、明確に分類というか仕分けされているのです。きっと、サクソン兵士たちはヤハウェ系兵士を敵軍だろうが自国軍だろうが、また民間人だろうが関係なくヤハウェ系(人間)を殺害するという裏約束によって戦場で動くような仕組みができているのでしょう!ですから、ヤハウェ系(人間)兵士には死やひどい障がい者となることなどが待ち受けているのみなのです!!このことを忘れてはいけません!!!(また、悪知恵の働くアングロサクソ脳族たちは一部のヤハウェ系などにもお金や甘言や脅迫により自分たちの仲間にして同じヤハウェ系を殺させる手伝いをさせたりもしますので要注意です!)


沖縄戦

沖縄の人たちには、想像を絶する"砲弾の嵐" と、"残酷な蛮行"と、"衣食住などの危機" などがあったのですね!まったく筆舌に尽くしがたい苦悩や苦痛だったことでしょう!!!これだけの辛い記憶を語ることなんて、想い出すだけで苦しくなって、なかなかできなかったでしょうね〜 今、やっと重い口を開いて、話し始めたオジイやオバアたちもいるようです。ぜひ、記録に残して後世の人々に語り継いでいってほしいですね〜 そして、それを聞いたり、読んだりする方もそうとうに覚悟してでないと精神的に持ち応えられないでしょうね〜

沖縄戦体験の証言

(まだ、一つの証言しか読んでいません。また後日、感想を書きたいと思います。)


それから、沖縄戦の戦死者の数はおよそ20万人とされているようですが、上のウィキの内容から察して、実際は、もっともっと多いのが真相のようです。わたしの推測では、おそらく、実際の沖縄戦の犠牲者は30~40万人ぐらい(沖縄人以外の兵士などの死者も含む)で、関連死も含めれば50万人くらいになるのではないかと。沖縄県人の犠牲者の数は10万人近いとのことですが(沖縄出身の兵士を含めて)、かなり、統計学的な魔術を駆使してゴマカしているようです。なので、実際の沖縄県民の戦争犠牲者は20万人ぐらいで、関連死を含めれば30万人くらいかも?

沖縄県の人口統計

第二次世界大戦前の数十年の沖縄県民の人口は約60万人で推移しています。しかし、1945年の人口は約30万人ちょっとで激減しています。ですから、やはり関連死も含めた戦争による犠牲者は約30万人だったと考えられます。

つまり、沖縄戦を含めた第二次世界大戦による沖縄県民の犠牲者は約30万人で、沖縄の人々のおよそ半数(2人に1人)が亡くなるという大惨事だったのです!!!( まさに "民族浄化" とアングロサクソ脳族たちが呼んでいる大虐殺です!)これでは、沖縄の人々が日本国家(特に皇室や政府)に不信感をもつのも尤(もっと)もです〜!

[PR]
Commented by Ulala-lov at 2014-06-25 19:41
昨日書いた本文に、硫黄島での戦いの動画などをリンクさせたり、第二次世界大戦中の沖縄のほんとうの犠牲者数についての推察を加筆しました。
by Ulala-lov | 2014-06-24 21:45 | サタニストの攻撃 | Comments(1)