神戸「理研」のスーパーコンピューター『京』=『BEAST』   (=新生ヴィーナスの人工知能と接続)2

2014−04ー19

のつづき)

/++/「理化学研究所」とスーパーコンピューター『京』/++/

京(スーパーコンピュータ)

2005年に開発プロジェクトが立ち上げられ、2010年くらいにポートアイランドに建設されたとありますが、その原型は島根の大根島にあるか、それを改良したものをポートアイランドに移設したのかのどちらかのような。。。

理化学研究所 地図:Google マップ
(「京コンピューター前」のところを見ながら右下の『+』ボタンを3〜4回クリックすると理化学研究所の表示が現れます。)

理化学研究所 ウィキペディア
『沿革』(より一部引用)
・1917年(大正6年)に渋沢栄一を設立者総代として皇室からの御下賜金、政府からの補助金、民間からの寄付金を基に「財団法人理化学研究所」を東京都文京区駒込に設立。
伏見宮貞愛親王が総裁、菊池大麓(ヤハウェ王族?)が所長に就任。
(途中省略)
1937年(昭和12年)に仁科芳雄研究室が日本で最初のサイクロトロンを完成させた。1943年(昭和18年)に大型サイクロトロン*(加速器:おそらく核ミサイルに搭載する弾頭プルトニウムを抽出をする機械)を完成させた。
1941年(昭和16年)、陸軍の要請を受け、仁科芳雄が中心となって原子爆弾開発の極秘研究(ニ号研究)を開始。
1946年(昭和21年)、太平洋戦争終結とともに連合国軍最高司令官総司令部の指命により理化学研究所、理研工業(理化学興業の後身)、理研産業団は解体され、仁科研究室のサイクロトロンも海中に投棄された。(しかし、なぜか京都大学の研究者が保管し続けていたと最近になって判明)公職追放された大河内所長に代わって仁科芳雄が第4代所長に就任。

*サイクロトロン

『業務解説』(より一部引用)
・仁科加速器研究センターは仁科芳雄名誉教授を記念する研究センターで、主として重イオン加速器やリニアック、放射光実験などの研究を行うセンターである。現在はRIビームファクトリー** の運用に向けた準備が進められている。
** RIビームファクトリー

★★★ こういうことに詳しくないので、よくは分かりませんが、現在の水準をはるかに越える性能の加速器でプルトニウムの抽出が格段に早く大量にできるということでしょうか?中性子爆弾って、確か、御巣鷹山事変(日航ジャンボ123便撃墜の時の)でも使われた非常に長期にわたって放射能を放出し被害を拡大する核爆弾だとか。


・神戸研究所は京都大学再生医科学研究所等とのコラボレーションによって設置され、発生医学の基礎的研究と再生医学の実用化に向けた研究が行われている。製薬関連の研究も行っており、分子イメージング技術の研究設備を併せ持つ。また、2012年9月(多分、ほんとうは1980年に神戸ポートアイランドができた頃)から近隣に次世代スーパーコンピュータ「京」を稼働している。

理研グループ
リコー
理化学研究所 HP


ノーベル化学賞を受賞した野依良治博士がスーパーコンピューター京の開発の陣頭指揮を執っているとネット・ニュースで見たことがあります。野依良治博士は、サタニストに強要されてやっている気の毒なヤハウェ王族(おそらく、『新生ヴィーナス』と結婚させらている本物のロスチャイルド)のような気がします。

野依良治 近現代・系図ワールド

父親の野依金城は、野依辰治(三井生命保険会長)の養子にされ、その弟の野依次郎氏の娘・鈴子(=こちらも『新生ヴィーナス』か、そのクローン子孫)と結婚させられています。しかし、野依良治博士は鈴子の子ではなく、ヤハウェ王族の娘との子ではないかと推察されます。

野依良治 ウィキペディア

科学への信頼は失われたか?:こころの時代

また、今、連日、ニュースになっている小保方晴子氏のSTAP細胞に関するニュースですが、これも、『新生ヴィーナス』が関わっているような気がします。

今日のトップニュース

彼女のアゴの形は非常に鋭角で(鼻は擬態で人間に近いように造っている?)、これもアングロサクソン王族の顔に多い特徴です。つまり、彼女は『新生ヴィーナス』のクローン子孫かもしれません。それで、彼女にインチキでノーベル賞でも受賞させようと企んでいたのかも?ところが、そうは桑名の焼き蛤!、世界の一流の研究者たちに早々にインチキとバレてしまった!ようです。

【衝撃】理研・小保方晴子氏のお涙頂戴会見に対する、著名研究者らの絶句ツイート - NAVERまとめ

小保方晴子捏造『演出だった!かっぽうぎもピンクの研究室も』疑惑【STAP細胞】 YouTube

「笹井氏は小保方氏を大舞台に押し上げようと奮闘。会見に備え、理研広報チームと笹井氏、小保方氏が1ヶ月も前からピンクや黄色の実験室を準備し、かっぽう着のアイデアも思いついた。」んですって!呆れた!!?? ?? ??

小保方晴子 ウィキペディア

小保方晴子 動画集

小保方氏“譲れない”STAP細胞「成功」 認識めぐり「上司・笹井氏」ともズレ

笹井芳樹 ウィキペディア
笹井芳樹 画像集

この人の鼻は造りもののようです。アゴが三日月のように尖(とが)って出っぱっているのもアングロサクソ王族の特徴です。

【STAP細胞】 笹井芳樹氏の責任逃れの言い訳 会見の内容 主張まとめ #STAP細胞 #nhk - NAVERまとめ

笹井芳樹の陥穽 - Nature論文リバイズを「企画」した責任者は誰なのか

わお〜、このインチキ発明は、笹井芳樹氏の京大の山中伸弥教授(IPS細胞を発明しノーベル賞受賞)に対する嫉妬が原因だったのですか〜!

しかし、自分の代わりに小保方晴子を持ち上げて晴れ舞台に立たせようとするなど、やはり、『新生ヴィーナス』の強い意向が後ろ盾になっていたのでは?

理化学研究所の理事長は、2003年からは野依良治理事長(ヤハウェ王族)がなっているものの、それ以前までは、初代長岡理事長(高校の同級生に長岡君がいましたが、アングロサクソン王族系の顔でした。確か三菱研究所みたいな所に就職)を始めみなアングロサクソン王族たちのようですし、研究員にもアングロサクソン王族が多いのではないでしょうか?多少はヤハウェ系の人もいるかもしれませんが。

★★★ 元々、理研は伏見宮家(明治維新以降の伏見宮家は伏見宮邦家親王*こと『新生ヴィーナス』が祖となっている)が始めた研究所のようですしネ!!!

* 伏見宮邦家親王・・・理研設立の際の総裁だった伏見宮貞愛親王の父親

ところで、このブログで以前書いた記事「サタニストらは透明人間・怪獣に人々を襲わせようと企んでいる! その1」・・?? の中のリンク先にあった下のYouTube動画に透明化する薬品を発明した人の所属が『理化学研究所』でした。

60秒でわかる? 生体を透明化する不思議な薬「SCALE」

理化学研究所「脳科学総合研究センター」の細胞機能探索技術開発チームの「濱 裕」(はま ひろし or ゆう)という人が、おそらく " 告発 " をしています!!!おそらく、この人はヤハウェ王族で,
、もしかしたら本物のロスチャイルドかもしれません。サタニストたちから生物を透明化する薬品を作るように長年の間、様々に脅迫されて、とうとう偶然も重なって発明してしまったのだろうと思われます。(←訂正:ところが、これはサタニストの陰謀だったと、すぐ後に判明!一番下のところで説明しています!)

(動画内に書かれていた字幕)
「Scale法 60秒で生き物の身体を透明にすることができる。これによって、生き物(生体組織)の構造が詳しく分かる。しかし、透明人間にできるわけではない。 表面から深さ4mmまでの脳組織が透けて見えた。」

★★★要するに、理研は米国のペンタゴン同様に物理学、科学、生物学などあらゆる分野の研究を駆使しての兵器開発をしている所のような。。。

しかし、先の海に多くいた透明モンスターたちは、すでに、本物のロスチャイルドたちの主導によって、ほとんど回収され陸に揚げられて干涸(ひから)びて死んだようです。陸にいた透明動物も同様だと推察されます。

先のこのブログ内の記事 ??の中のリンク先「UMA3」の最後のほうの「ニューネッシー」の姿は海から回収された様子だと気がつきました!しかし、シャドーピープルの映像が亡くなっていました!もしかしたら、(見えなくなって)シャドーだけになるような布を被(かぶ)っていただけなのかも?

日本昔話にも、姿が見えなくなる箕笠(みのがさ)*の話がありましたよね!

* 稲と衣食「稲はすてるとこなし」 稲と衣:くぼたのたんぼ

上のサイトの一番下のところを読むと、昔話での(姿を隠すことができる)蓑笠の持ち主は天狗が多かったようです。天狗はおそらく生物学的人造ロボットです。ということは、サタニストたちはすでに透明になる薬品を何百年か、いや、何千年も前から所有していたのでは?

★★★ということは、先ほどの理研の「濱 裕」氏の告発は、サタニストたちが自分たちの保身のために、ヤハウェ王族(本物のロスチャイルド?)の濱氏に強要して「SCALE」の公表させ、濱氏に汚名(冤罪)を着せようと "お膳立て" した「でっち上げ」というか、「まさにヤラセな公表」だったというわけですか?

よく考えたら、何万年か何千年か前にアングロサクソン王族サタニストたちは、ヤハウェ王族たちからアトランティス文明の高度な技術を盗んでいて、その中に透明かする薬品もあったのでしょう。もちろん、ヤハウェ王は医学的な治療のためとか生物研究などのために善用していたのでしょう。ところが、サタニストたちは何でも悪用してしまいます。生物を透明化する実験もはるか昔、おそらく、古代から実施されてきたのではないでしょうか?
[PR]
by Ulala-lov | 2014-04-19 02:10 | サタニストの攻撃 | Comments(0)