アルジェリア人質事件の真相推理と、「日揮」も所詮サタニスト大企業のひとつ (9)

(8のつづき)


21. ★★★★★ MKウルトラ・ソルジャーの暗殺 
MK-ULTRA Super Soldier Assassin

[つたない訳ですが、聞き取れたところを要約しました]

最初に登場する歩道の上で何やら書類を燃やしている男の人は、MKウルトラ・ソルジャーの契約書を破棄しているのだと思われます。よほど辛い思いをしてきたのでしょう。

二番目に登場する男の人は、MKウルトラ・ソルジャーになったいきさつを話しているようです。この男の人は、赤ん坊の時に誘拐されて、他の赤ん坊たちと共にカナダ軍の秘密施設で育てられ、MKウルトラ・ソルジャーになるため、つまり、特殊なスパイになるための秘密訓練を受けていたようです。
サイボーグになるような移植をされたとか。
そして、やや大きくなって幼児期6歳になると、どうやら「シバの女王のひとり」らしき女性にイギリスに連れて行かれ、養父(何人か替わる)と養母(シバの女王らしき)と一緒に暮らしていたようです。その際には幼児性虐待を受けていたようです。毎日、学校が終わると、養父に郊外の秘密の軍事施設に連れて行かれて訓練を受けていたようです。マインドコントロールで、暗殺する仕事をさせられた。(15〜16歳頃)
1982年、マレーシアで仕事をした。ハロウィーンの日に、ジャングルにエイリアンが降りてきた。スターゲートが開いて、ルッキンググラス
(おそらく、サングラスのような宇宙人グレイの大きな黒目のことかも?)(←2015.05.11訂正:スターゲイト=ルッキンググラスとも呼ばれているドアが開いて、中から)人が現れた。その後、ウルフの顔をした高位の衣装を着た人が現れた。
世界中にスパイ活動で派遣された。ETたちが自分たちのグループを組織し命令していた。レプタリアンが関わっていた。
そして、その後、アメリカ軍の秘密施設に移り、その後、「デルタフォース」*に救出された。


* デルタフォース

★★★★★
おそらく、日揮の最高顧問だった新谷正法さんも赤ん坊の時に誘拐されて、上のビデオの人のようにMKウルトラ・ソルジャーとして、どこかの国(日本とは限らないかも?)の軍の秘密基地で育てられて、CIAのスパイ活動をさせられていたのではないでしょうか?

だから、私が一昨年の9月に'タムドクもどき'に義兄の谷本Tさんが中島タコや田部陽子に似ていることをメールした後、'タムドクもどき’にそのことを調査され、新谷さんのことがバレることを恐れたサタニストたちは、新谷さん殺害計画を立てたのではないでしょうか?もしかしたら、ドコモ(写真では、新機種発売の宣伝をしておられ相当偉い人だったようです)を退職して日揮に派遣されていた山田隆さんもそうだったのかもしれません。


アルジェリア人質事件での日本人犠牲者10名の中には、スパイ養成されるなどしていなくても、ただ単に赤ん坊の時に入れ替えられたりした人も他にも多少いたかもしれません。そういうサタニストたちにとってバレると不都合な人から先に殺害リストに入れられた可能性があります。

20年位前のことですが、実は、'タムドクもどき’(レオポルド・ロスチャイルドの息子)のお姉さんの子供も生まれてすぐに看護婦さんに集中治療室に入れるからと言って連れて行かれ、何日後かにやっと会えたらしいです。ところが、そのお子さんがダウン症と分かり、'タムドクもどき’の家族は大変な努力をして育てられたようです。しかし、一昨年末に、そのお子さんは島根県大田市(旧:邇摩郡)温泉津の山田元教育長(山田タコ)の孫で、わたしと同級生の漆谷Nさんの子供だと分かったのでした。結局、話し合いで、そのお子さんたちは本来の家族のところへ戻ったようです。

つまり、山田元教育長は、自分の娘に生まれた赤ちゃんがダウン症だと生後の検査で分かり、'タムドクもどき’のお姉さんの赤ちゃんが生まれるのを待って取り替えたのでした。

このようにサクソン王族たちは自己中極まりないのです。そもそも、彼らは純血種を尊ぶため近親結婚が多く障がい児が生まれる確立が非常に高いのです。←(p.s.)

戦前などは、サクソン王族たちは障がい児は水子として川に流していたようです。今は、そのようなことは許されないので、サクソン王族たちは子供を簡単に取り替えているようなのです。

わたしは以前から、産婦人科では、なぜ赤ちゃんが母親のそばに置かれず、離れた所に他の赤ちゃんと大勢で置いて置かれるのか不思議でなりませんでした。しかし、これもサクソン王族が子供を取り替えるのにとても都合が良くありませんか?

病院には、イルミナティの看護婦さん、お医者さんもけっこう多いらしいのです。

だから、生まれたばかりの赤ちゃんは絶対にお母さんやその家族などから1分たりとも離さないようにすべきだと思います。先天性とされている病気だって、生後すぐにイルミナティの産婆さん、看護婦さん、お医者さんから何かされてなる場合だって考えられるのです。家で生まれたわたしも、産婆さんに顔を踏まれたくらいです。

とにかく、出産時は家族(絶対的に信頼できる友人、知人;とはいえ、サクソン王族はよく友人、知人として近づいて来ますので要注意)など誰かが絶対に立ち会い、その後も"母子同室" で、赤ちゃんには母親と家族などが常に付き添って見張っていたぐらいのほうが良いのではないですかね!


(2013.02.21 5:20 p.m. 記述完了)


< p.s. 1 >

サクソン王族純血種に障がい児が多く生まれる原因には、もう一つ、彼らがアイゼンベルグによって造られたさまざまな動物とアイゼンベルグ(おそらく、火星かどこかの星で生まれた新ネアンデルタール人)とのハイブリッド(異種交配)であることが大きな要因として考えられます。なぜなら、非常に進化の段階のかけ離れた生物たちのハイブリッドなので生物の系統から完全に外れた存在であり、血液ひとつとってみても、ヘモグロビンの血液をもつ哺乳類と、タコ・イカなどのようにヘモグロビンをもたない血液をもつ軟体動物をハイブリッドすると血液的な病気が起こりやすいようです。

わたしの同級生にも、ジョゼッペの子孫らしき女の子には、血液型がRH−で傷ができると出血が止まらない人(同級生の友人から聞いた話)や、長時間歩くと脚全体が赤くうっ血してくる人や、わたしの若い時の職場の同僚にも、脚に物がぶつかってアザができるとナカナカ消えずにものすごく大きなアザになる女の子などがいました。もっと深刻な血液の病気になっている人も多いと考えられます。

また、わたしの偽姉Y子も、わたしが30歳くらいの時に(偽姉は38歳くらい)母から聞いた話では、難病の一つとされる「膠原病」*(こうげんびょう)なのだとかって聞きました。しかし、偽姉Y子は、きっとジョゼッペの勧めで早くから治療を受けていたせいか、そんな病気があるとは信じられないほど非常に元気な人ですけれど。。。

* 膠原病 wikipedia
膠原病とは
膠原病の皮膚症状とは - コトバンク

以上のように、サクソン王族純血種には、障がい者が多く生まれるというだけにとどまらず、彼らはさまざまな難病・奇病になったりする可能性も高いといえます。

さらに、恐ろしいことに、サクソン王族純血種サタニストたちは、そういったことによるコンプレックスのためと、彼らの本来の目的であるヤハウェ系のジェノサイド(民族浄化=民族撲滅ぼくめつ)もあって、ヤハウェ系や、ヤハウェ系以外の庶民に対して、さまざまな病原菌(小児まひになるウィルス)をバラまいたり、水俣病(ここが熊襲=ヤハウェ系の居住地である熊本県であることに注目)などのように難病になる原因をわざとバラまいたりしてきたのではないでしょうか?!
(2013.07.12 11.40 a.m. 追記)

< p.s. 2 >

なかなか難しい問題なので、避けようと思いましたが、やはり、これも事実なので言わないわけにもいなかいだろうと思い、書くことにしました。

ヴィクトリア女王の子孫に「血友病」**が多いのもやはり、このタコ・イカ系(他の動物も入っていますが)とアイゼンベルグのハイブリッドということが原因でしょう。

** 血友病
血友病 wikipedia
血友病 nifty

それでは、かつて、「ミドリ十字」社の非加熱(血液)製剤による薬害エイズ事件*のようにどうしてサクソン王族たちの身内の病気ともいえる血友病の患者たちにこのような殺人的な医療行為を行ったのだろうか?と疑問に思われるところですが。。。
* 薬害エイズ 日本の公害・薬害(akimasa net)


それは、おそらく、彼らの中では大昔から行われていたのではないかと推察されるのですが、「血友病」の因子を持った子孫を撲滅するために行われてきた非道な措置だったのではないかと推察されます。以前のウィキには書かれていたことなのですが、なにしろ、古代ギリシャで強大な権力をもっていた都市国家スパルタ(=後のスファラディム・ユダヤ=ユダ国=シヴァ系)では、身体の弱い赤ん坊は捨てられていたとかいうことです。(また、スパルタでは定期的にウィルスをバラまいて人口調整もしていたそうです!!今もやってるダコ!!!)血友病の患者さんたちには、ほんとうにきつい話で申し訳ありません。しかし、血友病患者に限らず、多くの皆さんが真実を知って対処することが大事なのではないかと。。。

でも、”サクソン王族純血種”の身内の血友病患者に対してだったら、たとえ子孫は残さないようにするなどしても、もっとまともな対応をしていたのではないかという気がします。なので、このような薬害エイズ患者の血友病患者さんたちには、ヤハウェ系と混血していて比較的サクソンの血流が薄い人も多いのかもしれません。

アッ、下の動画サイトを見たら、どうやら、血友病患者だけでなく、手術や、出産などの輸血でもミドリ十字の非加熱血液製剤が使われていたようです。
「検証C型肝炎 第4章」非加熱血液製剤での感染

ということは、これは、サクソン王族劣性遺伝子撲滅と共に、その八つ当たり的にヤハウェ系などを始めとする庶民に対するジェノサイドの一環でもあったのでは?つまり、サクソン王族純血種サタニストたちには両方の狙いがあったのかもしれません。

(2013.07.12 1:20 p.m. 追記)
[PR]
by Ulala-lov | 2013-02-23 12:29 | サタニストの攻撃 | Comments(0)