ヘンリー英王子の父親は?はともかくも『ヒットラーの正体は?』

2014−02−05


<<< 世界を揺るがす新たな事実!!! - ゆらぎ >>>

プリンセス・ダイアナの乗馬トレーナー「ジェームズ・ヒューイット」氏とヘンリー・オブ・ウェールズが似ていてほんとうのパパではないかと憶測されているのは前々からですが。。。

【英国王室】フィリップ殿下写真集&ハリー王子 スーパーでお買い物をしたり、ウエイトレスとデート?:Time Tested Beauty Tips
ん〜、でも、フィリップ殿下にもよく似てますけどね〜!

【英国王室】ヘンリー王子 兄ウィリアム王子の「スペア」から軍人として紛争地帯へ。生き様が映画化?:Time Tested Beauty Tips
まあ、顔は父系似でも、ダイアナの母系の血が流れているから良かったですね〜!


< ヒトラー=ジョージ6世という説に関して >

「ジョージ5世」の愛妾の息子とかってウワサがあるナチス指導者「ヒットラー」ですが(これは以前ベンジャミン・フルフォードさんのブログで読んだのです)、ベンジャミンさん自身がムッソリーニにソックリですからね〜!事実かどうか怪しいもんでしょう。ところで、左のジョージ5世の写真って何か違ってるみたいですよ。この人プロシア皇帝ヴィルヘルム2世じゃないですか?ヒットラーとは違いますよ〜!ヴィルヘルム2世(母親はヤハウェ系王族)はわりと立派な人だったらしく、悪党のビスマルク(象二郎)とは相性が悪く、ビスマルクはイヤになって宰相の職を放り出したくらいなのですから。。。

その下を見たら、ヒットラーはジョージ6世なんですか?。。。え〜っ!ウッソ〜!!でも、一応検証してみましょうネ!


英国王のスピーチ(2010) - 映画鑑賞覚書

ヒットラー(1936年)

ジョージ6世とエリザベス王妃 - 東京三十五区 物語 〜 モダン東京・・・A

この一番上のジョージ6世の写真は、わたしの母親の偽妹(わたしの祖父・服部朝太郎の偽三女)の「寿栄子」叔母さんのひとり娘「陽子」ちゃんのご主人「俊雄」(としお)さんにソックリです。叔母は東京の品川区大崎に住んでいて、最近(多分5年くらい前に)亡くなったそうですが、こうなると(ヴァンパイアなら)ほんとうかどうか?

その娘の服部陽子ちゃん(叔母は離婚したので祖父の名字に)は、バッファリンで有名な萬有製薬に勤めていたのですが、社内アナウンスが掛かって「服部さん!」と呼び出されて行ったら、もう一人の服部俊雄さんがやって来て初顔合わせしたのが交際の切っ掛けだったとか=親たちのでっち上げ見合いネ!

というわけで、職場結婚なわけですが、相手の俊雄さんのほうの実家〜東京都葛飾区柴又の服部家は「服部半蔵」(=忍者ハットリ君のモデルだけれども漫画はフィクションね!)を長男が代々襲名していた家なのだそうです。ですから、島根のわたしの祖父・服部朝太郎の父方の家系とはもともと親戚関係にある家だったのではないかと思われます。寿栄子(偽)叔母さんは、俊雄さんは養子に入ったのだけれど、名字が同じ服部同士だから、傍目には養子と分らなくていいわと言っていました。

きっと、オリジナルの服部半蔵一家は明治維新の頃に惨殺されたのでしょうか?それとも、維新後、アングロサクソン王族のお嫁さんを迎え入れさせられたり、子供を取り替えるなどされて徐々に乗っ取っていったのでしょうか!柴又の服部半蔵家の三男坊である俊雄さんはとても大人しい感じの人でしたが、営業職のためず〜っと単身赴任でいつもは家にいなかったようです。陽子ちゃんと俊雄さん夫婦には子供は男の子ばかり三人がいましたが、長男はすごい威張っていて乱暴らしく、ケンちゃんという次男の弟をいつも虐めていたようで、そのせいか、ケンちゃんはオーストラリアに留学し、なんだか長い間あちらに滞在していたようです。三男の末っ子の太(たい)ちゃんは確か京都の同志社大学在学中にシアトルだったか?の大学に留学したとか寿栄子叔母さんに聞きました。

(訂正してお詫びします!)下記の説明は勘違いでした!!やはり、アドルフ・ヒトラーはジョゼッペだと思われます。だって、ヒトラーの身長も政権最初の頃と、中期と最後のほうで変化していますから、やはり、トロツキー→甘粕正彦→ケネディーとジョゼッペの人工知能を移植されていったのに対応しています。それにジョージ6世は英国国王として戦争中のさまざまな対応をしなければならず、忙しかったことでしょうからヒットラーになるなんて無理な話です。

(ここの紺字の段落は全部間違いでした!)ともかく、ジョージ6世に吃音(きつおん)があったというのも、病弱だったというのも大ウソで演技だったのでしょう。要するにアドルフ・ヒットラーのような人物になることを前々から予定していて、絶対に疑われないような人物に成りすましていたのでしょう。そして、病気がちのふりをして度々入院しては(入院中その他のほとんどはクローンが代役していたような)、本人はドイツでヒットラーをやったり、また、アメリカではケネディー大統領をしていたのでしょう。もちろん、普段のヒットラーはクローン人間を使っていたはずですし、ケネディ大統領にもクローンの代役がいたでしょうけれど。。。

アドルフ・ヒットラー・・・B
ヒットラーの演説のようですが、彼らの陰謀がよく分かります。最後のほうはバカバカしくてキチガイの戯言(たわごと)ようです!(これはホントです!)

AとBの写真を見比べると。。。
Aの上から2番目のジョージ6世の写真と、Bの右側のヒットラーの写真がなんとなく似ています。
また、Aの下のほうのエリザベス王妃と一緒の写真のジョージ6世と、Bの左のヒットラー写真がなんとなく似ています。

ヒットラーは口元をグッと噛んで引き締めています。ジョゼッペが唇をわざと細く見せるためかな?
ヒットラー 画像集・・・C

三島由紀夫「やつは人類の行く末を知っていた」:五島勉の「ヒトラー予言」への出発:Kazumoto Iguchi's blog

三船敏郎 画像集・・・D
三島由紀夫 画像集・・・E

上のDとEを比べてみると、ハッキリ分るように三船敏郎(アイゼンベルグ)=三島由紀夫です(これはずいぶん前から気づいてました)。ノーベル文学賞の川端康成も以前にも述べましたがアイゼンベルグでしたよね。まあ、そんな大したことないような?ノーベル賞を受賞できるように工作もしたんでしょうから。三島なんてなんだか小難しく書いているだけのようですし。もしかしたら、奴隷のようにこき使っているヤハウェ王族たちをゴーストライターにして、かなりの部分を書かせたりして。。。そして、おいしいところだけ自分のものにしているのかも?

ところで、ヒットラーと三島の画像集CとEを比べると、かなり似ている写真があちこち見受けられますネ!

★★★ ということは、ヒットラー=ジョージ6世=三島由紀夫=アイゼンベルグ=ジョゼッペでしょう!!!(←済みません!これ大間違いでした!!!)

『新生ヴィーナス』は、アイゼンベルグが「動物たち50%+アイゼンベルグ50%」にハイブリッド(異種交配)して創ったのですから、アイゼンベルグの子供か兄弟のジョゼッペが似ているのも当然ですし、母親が『新生ヴィーナス』で父親が「ヴィルヘルム6世」である「ジョージ6世」も、結果的にアイゼンベルグに多少の差はあれ、似ているのです。

*このブログ内の関連記事:
’81米映画「スリーパーズ」&米銀行家&ウィンザー朝

このバーナード・バルークの写真とジョゼッペ(=松任谷正隆)の写真がソックリさんなのですが、この顔ってジョン・キャボット(=アイゼンベルグ)にもソックリなのです!!!(訂正:ジョン・キャボットは『新生ヴィーナス』と『象二郎』だと思われます。彼らはバーナード・バルーク(=ジョゼッペ)の変装している顔をさらに真似しているのです。)

**このブログ内の関連記事:
ジョゼッペ・マッツィーニとアルバート・パイクの野望

ジョゼッペ・マッツィーニ 画像集・・・F
ジョゼッペ・ガリバルディ 画像集・・・G

FとGの写真を比べると、ジョゼッペ・マッツィーニが目のところをわざと引っ込めたように細工をするとジョゼッペ・ガリバルディになるのでは?(←親子か兄弟らしいです)

ところで、アルバート・パイクがジョゼッペ・マッツィーニに送ったとされる『世界(征服)操作計画』=『未来計画』のことですが。。。

最近、分かったのですがアルバート・パイク=アルバート・ヴィクター=『新生ヴィーナス』です!!!

アルバート・パイクの予言

「KKKの創始者」はジョン・キャボットだそうですから『新生ヴィーナス』です〜!

また、アルバート・パイクこと『新生ヴィーナス』がジョゼッペに『世界操作(征服)計画』の書簡を送ったことになります。

[PR]
Commented by Ulala-lov at 2014-04-19 03:12
上の本文のヒットラーに関する説明がかなり頓珍漢(トンチンカン)なところがあり(これを書いた時は頭がボーとしいたようです)、大幅に修正加筆しましたので、申し訳ありませんが、再度見ていただければ幸いです。?????? ??
by Ulala-lov | 2014-02-05 10:06 | サタニストの攻撃 | Comments(1)