サタニスト・ヴァンパイアの「ローゼンバーグ財閥」+「M資金」1

2014−04ー11

この記事は2014年1月25日の記事を全面的に書き換えたものです。

★★★ このブログのタイトルを訂正しました!そして、ローゼンバーグ家の説明をすべて訂正します!ローゼンバーグ家はアングロサクソン王族サタニスト(悪魔崇拝者)でヴァンパイア一族です!!!下のリンク先ブログは、おそらく、上の部屋にいる『新生ヴィーナス』=エリザベス女王=ジュリー・アンドリュース&ジェーン・フォンダ(などなど)と、象二郎=今上天皇明仁=ハロルド(などなど)が、ネット上に提供したガセネタではないかと思われます。(2014.04.15 訂正)

このブログはガセネタでした〜!ローゼンバーグ家:紅蓮狐 糾蝶

ということは、ローゼンバーグ一族とはヤハウェ王族がヴァンパイア(アングロサクソン王族トップ〜血吸いコウモリ系)に噛まれて、ヴァンパイアのような不死の性質を得たものの、人間を殺して血を飲むのではなく、動物の血を飲んで生きている人たちのことでしょうか?(訂正:そうではなく、人間の生き血を飲んでいるようです)

奴隷貿易商人の末裔=麻生太郎首相の系譜 byオルタ:さてはてメモ帳

(引用)「キャボット一族」=「アルバート・ヴィクター(=新生ヴィーナス)&象二郎」(←ここも訂正しました!)は、21世紀現在、ロスチャイルド(偽ロスチャイルドたちに)と、ロシアのプーチン(ウソ!ローゼンバーグ一族でしょ!!)に資金提供を行っているスイス金融界の源流である、ヴェネチア金融界の一画を占める、ジェノア生まれの銀行家ジョバンニ・カボートを源流としている。この一族はロシア・キエフのローゼンバーグ一族と縁戚にあり、ロシア=スイスの地下金融水脈を形成している。」(引用終わり)
また、麻生財務大臣のことは、アングロサクソン王族なのかどうか?よく分かりません。

ローゼンバーグ事件 ウィキペディア

『逮捕』(から引用)
「米ソ冷戦中の1050年に、アメリカの(スファラディム・)ユダヤ人夫妻「ジュリアス・ローゼンバーグ」(A)と「エセル・グリーングラス・ローゼンバーグ」(B)は、エセルの実弟で、第二次世界大戦中はロスアラモスの原爆工場に勤務していたソ連のスパイ・デイヴィッド・グリーングラスから原爆製造などの機密情報を受け取り、それをソ連に売った容疑でFBIに逮捕された。」


<< ロシアのスパイ「ローゼンバーグ夫妻」って、いったい何者? >>

逮捕されたジュリアス&エセル・ローゼンバーグ夫妻 画像・・・C

エバ・ブラウン(ヒットラーの最後の愛人) 拡大画像・・・D

CとDのサイトの画像を2つのウィンドウにして並べ、エセル・ローゼンバーグ(B)とエバ・ブラウンの顔をよ〜く見てください。眉の描き方が少々違っていますが、他は非常によく似ています!!つまり、1945年4月までには、エバ・ブラウン*はヒットラー(ジョゼッペ)はUFOか超高速飛行機でアメリカに逃飛行していたのでしょう。

*このブログ内の関連記事:ヒトラーと愛人エバ・ブラウン

『フルシチョフ回顧録』(より引用)
「当時のソ連の指導者だったニキータ・フルシチョフ首相が失脚後に書いた回想録の中には、ヨシフ・スターリンが、ローゼンバーグ夫妻の名前を挙げて「情報が役に立った」と述べていたという記述がある。」

他のスパイが罪を認めて減刑されたのに、ローゼンバーグ夫妻は認めず処刑されたということですが、実際は処刑などされずに逃がされていたのです。それに大統領と電話の直接回線が引かれていたなんてかなりな特別待遇ですよ〜!そして、ジョゼッペは1943年初頭には、すでに身体はジョン・F・ケネディ*になっていたのです。

ジョン・F・ケネディ ウィキペディア

身長は170センチ以上ありそうです。そして、ジュリアスの身長5.7フィートをメートル法に換算すると、約173センチでした。終戦間近のジョン・F・ケネディー版ヒットラーも背が高くなっていたようです。最初のトロツキー版との中間の甘粕正彦版ヒットラーはやや背が低かったようですが。

ジュリアス・ローゼンバーグの身長 拡大画像

ジョン・F・ケネディ / クリック20世紀

(引用)「四〇年ハーヴァード大を卒業、海軍を志願、太平洋戦線で魚雷艇の艇長として活躍した。 四三年、彼の魚雷艇が日本軍の駆逐艦に沈められ、以前から持病を抱えていた背中にさらに重傷を負ったにもかかわらず、 生存していた部下を無事に救出、海軍と海兵隊から勲章をもらったことは有名な話である。」

ジョン・F・ケネディは、1943年に乗船中の魚雷艇が撃沈され重傷を負い海軍病院に入院していた時に、ジョゼッペ脳を移植され、身体を乗っ取られてしまったのでしょう。

ローゼンバーグ夫妻は1950年に逮捕され、53年に電気椅子で処刑されたということです。

< P.S. >ジュリアス・ローゼンバーグのほうはジョン・F・ケネディーではなく、ストーケロ・ローゼンバーグヘンリー(グロスター公)だと分かりました!上のサイトCの写真と合せて三人の写真を並べて、その顔をジッ〜くりと比べてみてください!

エバ・ブラウン(=喜多文磨ことアイゼンベルグの正妻「珠子」さんみたいです)はパートナーを度々変えるんですね!! 『新生ヴィーナス』とか、他のシバの女王たちもそんな感じです。

★★★ なので、原爆スパイのジュリアス・ローゼンバーグはハノーヴァー朝(サクス・コーブルグ・ゴータ家)のグロスター公ヘンリーでした!!!

そして、ウィキにあるようにジョン・F・ケネディの身体を乗っ取ったジョゼッペは戦後、1946年には下院選挙に出馬し29歳の若さで当選しています。さらに、1952年には上院議員に鞍替え出馬し、ヘンリー・カボット・ロッジ・ジュニア(キャボット親子の子孫で、おそらく、英のチャーチル首相が別人に変装?)を破り、上院議員になっているのです。ジョゼッペは悪い意味で、やり手だから〜(なにしろナポレオン・ボナパルトだったんですから)

43年目のJFK そしてRFK:ばってんの独り言

どうして、ジョン・F・ケネディの兄弟姉妹が暗殺されたり、事故死したりと不幸な事件が続いたのかというと、おそらく、父親ジョセフ・P・ケネディ* の妻である母親のローズ・フィッツジェラルド・ケネディ(父親はジョン・F・フィッツジェラルド**)がヤハウェ王族だったからではないかと。。。つまり、ジョン・F・フィッツジェラルドの妻メアリー・ジョセフィン・ハノンがヤハウェ王族だったのでは?

* ジョセフ・P・ケネディ・シニア

** ジョン・F・フィッツジェラルド

とにかく、ケネディ家もフィッツジェラルド家のアイルランド系移民ですが、ジョセフやジョンはアングロサクソン系の名前ですし、上の二人の写真からもアングロサクソン系の顔です。あるいは、ケネディ家は元々ジョゼッペ(人間100%)の家系で生物学的人造ロボットとの女性との結婚をしてきたのかもしれませんが、美智子さんのケースと同じで人間100%の女性と結婚したため、エリザベス2世の怒りをかったのかも?(要するに、自分たち生物学的人造ロボットの存在価値が危うくなるからです!)


< エバ・ブラウン=エセル・ローゼンバーグ=三笠宮百合子妃でした!>

1950年逮捕時のエセル・ローゼンバーグの横顔 拡大画像・・・E

1950年7月 ホタルの贈呈を受ける三笠宮ご一家・・・F

EとFの画像を比べると、から横顔のエバ・ブラウンと三笠宮百合子はよく似た髪型で、横顔もよ〜く似ています!そして、エバ・ブラウンは、わたしの幼なじみで隣家だった隅田の洋子ちゃんのお母さん(「隅田多恵子」・旧姓「和田多恵子」)によく似ています!!

隅田のおばさんは、第二次世界大戦中は父親の「和田のおじいさん」(=澄田元日銀総裁)が朝鮮の郵便局長をしていたので朝鮮に住んでいて、女学校を卒業したばかりだったらしいです。終戦の時にはロシア兵がたくさん侵攻してきたとか、それで、おばさんはロシアの将校さんの家にお手伝いさんとして働きに通って生活費を稼いだのだとか。でも、全部ウソだったんですね〜!

わたしの一家が町営住宅に入居して隅田家の隣になったのは1959~60年くらいでした。隅田のおばさんは、戦後1年くらいして朝鮮から一家(和田家の両親と三姉妹:おばさんは長女とか)で宅野の自宅に帰って来てミシンの仕事をして生活費を稼いだとか、その後、農協で事務をして、隅田のおじさんと結婚して、仁万の泉医院の隣にある"隅田のおじいさん" (昭和天皇)の親戚の家の二階に住んでいたけど、農協で働くのが大変だとグチったら、お父ちゃんに「そんなら辞めてしまえ」と言われたので退社して専業主婦になったのだとかって。こういう話も全部ウソだったんでしょうね〜!

そして、洋子ちゃんはわたしと別の幼稚園に通っていたけれど、ある男の子に虐められたので幼稚園を止めて自宅にいたようです。それで、わたしが幼稚園から帰ってくると、いつも一緒に遊ぶようになりました。要するに、わたしと親しくさせる目的で、洋子ちゃんが幼稚園を止めるような算段を仕組んだのでしょう。そうでなければ、同じ幼稚園の子供たちと親しくなっていたことでしょうから。子供同士が親しくなれば、親同士も親しくなるのは当然のこと。そうやって、ウチの家と親しくなって、いろいろと観察というか偵察というか見張っていたんでしょうね〜!

このブログ内の関連記事:
平和を求めて! (14) 三笠宮家=隅田洋子ちゃん家だった!

さらに、三笠宮百合子さんは、梶美奈子さんによ〜く似ていて、以前から『新生ヴィーナス』だとこのブログにも書いてきましたが。。。下のサイトの上から2番目の写真が梶美奈子さんソックリです!

三笠宮家:直球感想文 和館

どうやら、その母親系のチビタコ女王のようです!下のサイトを見ても、非常に背が低いようです。

皇室の愛した塩原 【三笠宮崇仁親王殿下御歌碑】
この写真の三笠宮(=全日本狩猟倶楽部の金山さんというエリザベス2世=寿美ちゃんの熱烈なファンで用心棒)は身長160センチくらいです。そして、隅田のおばさんは身長145センチくらいだったような。。。この写真では、百合子妃(=隅田多恵子)はハイヒールを履いているから少ししか身長が違わないのでしょう。

1950年(昭和25年)頃、百合子妃と甯子内親王・寬仁親王・宜仁親王

この写真は着物を着ているので、髪を結っているので、少し感じが違いますが、顔の大きさから判断すると、百合子妃が非常に背が低いのが分かります。非常にプライベートの写真のようなので、こっちのほうが本当の身長かも?(140センチ未満?チビタコ系でも多少の伸び縮みはできるようですから、普段はちょっと背伸びして大きく見せているのかも?)

それにしても、百合子妃=田部陽子=森光子たちということかな?それとも、それぞれがクローン姉妹というかクローン子孫なのかしら?

★★★ とはいえ、百合子妃と"隅田のおばさん" は同一人物に間違いありません!そして、エバ・ブラウンであり、エセル・ローゼンバーグでもあります!!

御一同様(百合子妃、高松宮喜久子妃、秩父宮勢津子妃:直球感想文 和館

この三人の妃もよく似ています!まさか、これが隅田のおばさん(=百合子妃)が言っていた『和田家の三姉妹』のことですかね?

この写真を見ると、百合子妃は、わたしの母の弟で、母方の祖父「服部朝太郎」の長男「健太郎」(=安田善次郎にソックリ)の妻「智恵子」さんにも似ています。身長が145~150センチくらいのようでした。

★★★ヒトラーの愛人エバ・ブラウン=エセル・ローゼンバーグ=三笠宮百合子妃=隅田多恵子でした!!!(=ポンパドゥール夫人=マリア・ヴァレフスカ=キャサリーン・ヘップバーン=江利チエミ=ナディーヌ・偽ロスチャイルド=マリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズ=タレント・堀ちえみ=歌手・松本伊代=歌手・Aiko。。その他に変装するチビタコ女王たち、つまり、これらはクローン子孫たちです。)

三笠宮家の肖像

★★★ この三笠宮家の人たちは全員ヴァンパイアですよ〜!!!

(このブログもガセネタでした〜!→)ローゼンバーグ夫妻を原爆スパイとして処刑 l ロシアNOW
どうやら冤罪だったようです!宿敵をワナに嵌(ハメ)めて電気イスで処刑ですか!無実の人に対して、あまりにも非道で残酷な仕打ちですね!!←( 訂正2014.04.18 間違いでした!冤罪ではなく、ほんとうに大物スパイ犯だったのです!!そして、二人は死刑になったけれども、他の死刑囚に死刑執行を行ったのか、原爆スパイのローゼンバーグ夫妻は今も生きています。次の言葉は真実で、ローゼンバーグ夫妻にピッタリすけれどネ!ただし、ジョゼッペは人間ですが精神的にはイカ・タコ系とほぼ同じみたい。まあ、ちょっとはマシなところもあるらしいですが→)冷たい深海で生まれた「ダイオウイカの神たち」は冷たすぎますよネ!!まさに『冷血』!!!

につづく)
[PR]
Commented by Ulala-lov at 2014-04-18 23:32
上の本文の下のほうの <<ミュージシャンとして活躍するローゼンバーグ一族>> を大幅に訂正加筆しました。度々で済みませんが、ぜひ、見ていただけたらと思います。よろしくお願いします。??
by Ulala-lov | 2014-04-11 08:16 | サタニストの攻撃 | Comments(1)